NFT投資が熱いと聞いたのですが、始め方がよくわかりません……。

難しい言葉が多く見えるけど、意外と簡単に始められるよ。わかりやすく解説しよう。

NFTはゲームやアートの分野で注目が集まっており、世界中で市場が広がっています。最近は国内生まれのNFTマーケットが登場し、誰でも簡単にNFT取引を始められるようになりました。

今回は、デジタル資産になるNFTについて解説します。実用化が進みつつあるNFTを今のうちにチェックして、最先端のコンテンツを体感しましょう。

本記事をまとめると…

  • NFT(非代替性トークン)は代替ができないデジタル資産のこと。
  • NFT市場は2021年に入り急速に拡大。デジタルアートが約75億で落札された事例もある。
  • NFTを気軽に始められるのはCoincheck NFTβ)。仮想通貨の取引経験がなくても簡単に操作できる。

NFTブームの波に乗ろうCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

仮想通貨NFTとは?仮想通貨NFT投資が今アツいわけ

NFT(非代替性トークン)とは、仮想通貨のブロックチェーン上で発行される代替不可能なデジタルデータを指しています。

主な特徴は以下の通りです。

  • 「デジタル資産」を識別する
  • 唯一無二の所有物を持てる
  • 異なるゲーム同士でもアイテムが共有できる
  • NFT市場の拡大が見込まれる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ブロックチェーン技術を応用して「デジタル資産」を識別する仕組み

仮想通貨に用いられるブロックチェーン技術が使われているんだ。

ブロックチェーンの高度な暗号化技術を活用し、デジタルコンテンツのやり取りを可能にしたのがNFTです

仮想通貨とNFTは、どちらもブロックチェーン上に流通するデジタルデータです。仮想通貨はデジタル空間で通貨としての価値を持っており、NFTはデジタルコンテンツやデジタルアイテムとしての価値を有しています。

ブロックチェーン技術とは?
  • 取引の信用性を確保できる
  • 不正な取引を防げる
  • コストカットできる

ブロックチェーン上の取引は可視化されるため、信用を担保しつつ不正取引を排除できます。取引の承認システムを構築すれば、作業負荷が軽くなりコスト削減が可能です。

コピペやスクリーンショットではない唯一無二の所有物を持てる

まったく同じものが存在しない、世界に1つだけのアイテムが手に入るんですね!

NFTには「代替不可能」という性質があります。NFTのデジタル資産はそれぞれを個別に識別できるため、独自の価値を保有できます。

代替不可能…他のものと替えることができない、唯一無二の価値を持つもの

例)野球選手のサイン入りホームランボール…ボールに「○○選手が○○日に打ったホームランボール」「サイン入り」という付加価値がつき、代替不可能なボールとなった

これまでのデジタルデータは、コピペやスクリーンショットによって簡単に複製できてしまうものでした。しかし、NFTに紐づけられたデジタルデータなら、作者本人のオリジナル作品だと証明でき、資産価値も上がります

真贋証明に役立つNFTは、今後もさまざまな分野で広がりを見せると考えられています。

Dappsを使用して異なるゲーム同士などでもアイテムが共有できる

Dapps(分散型アプリケーション)とは、ブロックチェーンを用いたアプリの総称だよ。

共通のプラットフォーム上に作られたDapps内において、アイテムやキャラクターの移動ができるのもNFTデータの特徴です。

  • ゲームAの中で作成したアイテムをゲームBに移動させて使用できる
  • ゲーム内で手に入れためずらしいアイテムを仮想通貨で取引できる

NFTゲームでは各アイテムに固有の価値を持たせられる

相互交流が一般化するのはもう少し先かもしれませんが、あるゲーム内のアイテムを別のゲームに流用できる画期的なシステムとして注目を集めています。

NFT市場の規模は年間6,000億円規模と予想。さらなる拡大も見込まれる。

2018年 約4,000万ドル
2019年 約1億ドル
2020年 約3億ドル
2021年(1~3月) 約15億ドル

2021年に入って、市場が急拡大したんですね!

NFT市場の伸びは顕著で、2021年の1~3か月間だけで前年度の約4.4倍である1,500億ドルの取引額が発生しました

2021年上半期の売上高は247,000万ドル(約2,700億円)を記録し、年間6,000億円規模の市場にまで成長しています。

仮想通貨NFTの技術的な仕組みについて

NFTはブロックチェーン技術を応用して作られています。イーサリアムのプラットフォーム上で行われることが多く、支払いにもETHが用いられるケースが多いです。

  1. コンテンツ作者がブロックチェーン上に情報を記録してNFTを発行
  2. NFTマーケットでNFTが購入され、購入記録がブロックチェーン上に残る
  3. NFT購入者による転売(二次流通)が可能。転売時にはコンテンツ作者に収益が発生するように設計できる

 

さまざまな分野でコンテンツのNFT化が進んでおり、世界中であらゆる活用方法が模索されています。

  • アート・GIF
  • ビデオ
  • ゲームアイテム
  • 音楽
  • ライブチケット

2021年9月現在までに取引されたNFT投資の事例

NFTを用いたデジタル資産が高値で取引され、話題になるケースも増えています。ここからは、実際に高値がついたアートやコンテンツについて見ていきましょう。

Everydays: The First 5000 Days by Beeple

デジタルアートに6,900万ドルの値がつきました!

デジタルアーティストのBeepleによるコラージュ作品の「EverydaysThe First 5000 Days(毎日-最初の5000日)」は、オークションで6,900万ドル(約75億円)の値で取引されました

歴史あるオークションハウスの「クリスティーズ」において、ブロックチェーン上のデジタルアートが受け入れられたことが大きな話題となっています。

ここまでの高値がついた理由の1つとして、仮想通貨投資家がデジタルアート分野の活性化を狙った可能性が挙げられます。多くの入札によって価格が跳ね上がり、NFTは一躍脚光を浴びました。

Banksy(バンクシー) : SPIKE

オークションで高値がついたものの、作者に無許可で取引されたことが判明したんだ。

イギリスのストリートアーティストであるバンクシーの作品「SPIKE」が、NFTアートとしてオークションに出品されました。「SPIKE」は65ETH(約1,817万円)の高値で取引されたものの、作者の許可を得ずに取引が行われたことが判明しました

SPIKE」の所有者は、作品を無許可でNFT化してオークションに出品しており、波紋を広げています。

マイケル・ターナー:Fathom

歴史あるコミックの表紙がNFT化され、高値で落札されました!

故マイケル・ターナーの作品「Fathom No.1」の表紙が、出版社のAspen社によってNFT化されオークションにかけられました。1,000万円以上の値がつき、熱心なコレクターによって落札されています。

ターナーは2008年に他界しており、今後新作が発表されることはありません。ただ、ターナーのアートをNFT化して復刻する動きが進んでおり、ファンからの熱い期待が寄せられています。

NFTの技術がもたらすメリット・デメリット

ここからは、NFT技術のメリット・デメリットを解説します。

メリット:クリエイターの創作の幅やチャンスが広がる

個展を開かなくても、たくさんの人に作品を見てもらえる機会が増えますね!

NFTマーケットに出品すれば、自分の作品を多くの人に見てもらえる可能性があります。価値のあるデジタルアートとして、収益が発生するかもしれません。

  • 作品を多くの人に見てもらえる
  • デジタルアートに価値を持たせられる
  • 無断転載などの不正利用を防げる
  • 二次流通すると作者に売り上げの一部が入る

NFTコンテンツは誰が作者かを証明できるため、無断転載などの不正利用を防ぎやすくなります。転売による二次流通でも売り上げの一部が還元されるため、クリエイターにとってメリットの大きいシステムといえます

デメリット:デジタル資産の価値のあり方が不透明

NFTの伸びは期待できるけど、どこまで広く浸透するかは未知数なんだ。

デジタル資産はデータ上のコンテンツであり、実体はありません。NFTが拡大していくためには、人々が実体のないデータに価値を見出せるかどうかが鍵になります

  • デジタル資産が浸透するかは不透明
  • 取引ハードルが高い
  • 手数料がかかる

また、NFTを取引するには仮想通貨取引所での操作が必要です。取引未経験の方にとっては、始めるまでのハードルがやや高く感じるかもしれません。

なお、海外のNFTマーケットでは、取引の際に「GAS」と呼ばれる1%程度の手数料が発生するケースが多いです。現在は各プラットフォームがGAS代の値下げに尽力しています。

仮想通貨NFT投資・購入ができるマーケット

以前は海外のNFTマーケットでしか取引ができませんでしたが、今年に入り国内生まれのNFTマーケットが続々と登場しました。

ここからは、手軽に利用できる国内NFTマーケットを紹介します。

  • Coincheck NFT(β
  • LINE BITMAX NFT マーケット
  • Adam by GMO

Coincheck NFT(β

名称 Coincheck NFT(β)
決済可能通貨 BTC・ETH・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ
手数料 GAS代:無料
運営会社 コインチェック株式会社
特徴 ゲーム内アイテムが売買できる
公式HP https://coincheck.com/ja/

 

国内最大級の取引所がリリースしたNFTマーケットだよ。

Coincheck NFT(β)は、20213月にCoincheckがリリースした国内初のNFTマーケットです。国内大手の仮想通貨取引所が提供しているため安心感が高く、堅牢なセキュリティのもとでNFT取引が行えます。

NFTマーケットに対応している仮想通貨は13種類と多岐にわたります。簡単操作で取引できるので、仮想通貨初心者でも手軽に購入可能です

  • 13種類の仮想通貨で取引可能
  • ゲーム内のNFTが売買できる
  • GAS代が無料

Coincheck NFT(β)で扱っているのは、「Crypto Spells(クリプトスペルズ)」・「The Sandbox(サンドボックス)」・「Sorare(ソラーレ)」のゲーム内で使えるアイテムです。

  • Crypto Spells…人気トレーディングカードゲーム。初日の売り上げは600ETH(当時のレートで約2,000万円)を達成
  • The Sandbox…ゲーム内の土地やNFT作品を取引可能。マインクラフトに似ており、建築やオリジナルゲーム作成ができる
  • Sorare…サッカーカードゲーム。現実のサッカーの試合がゲーム内スコアに反映される

NFTの出品や購入に必要なGAS代が、Coincheck NFTβ)では発生しません。また、仮想通貨取引所の口座を持っていれば、その情報をそのまま移行できるため、新規登録の必要がなく、すぐに利用することができます。

気軽にNFTの出品が楽しめるマーケットプレイスとして注目が集まっています。

 

 

LINE BITMAX NFT マーケット

名称 LINE BITMAX NFT マーケット
決済可能通貨 LINK
手数料 GAS代:無料
運営会社 LVC株式会社
特徴 LINEが提供するNFTマーケット
公式HP https://www.bitmax.me/?lang=ja

LINEアカウントを使ってNFTアイテムを出品・購入するサービスです!

LINE BITMAX NFT マーケットは、LINE上のサービスでNFTを取引できるサービスです。LINEアカウントがあれば簡単に始められます。

  • LINEアカウントを使ったサービス
  • LINK(リンク)を使って取引できる
  • 3種類のNFTアイテムが取引可能

LINE BITMAXだけで購入できる仮想通貨の「LINK(リンク)」を用いて取引を行います。現在はβ版となっており、「LBgreen」「LBsky」「LBblue」のみ取引可能です。

LINEユーザーは世界中で2億人を超えており、LINE BITMAX NFT マーケットの開発が進めばNFT市場がさらに盛り上がるかもしれません。

Adam by GMO

名称 Adam by GMO
決済可能通貨 ETH・日本円
手数料 GAS代:有料
運営会社 GMOアダム株式会社
特徴 デジタルコンテンツを取引できる
公式HP https://adam.jp/

 

GMOインターネットグループもNFTマーケットに参入したんだ。

2020年8月にリリースされたAdam by GMOは、アート・マンガ・イラストなどを扱うNFTマーケットプレイスです。クレジットカード払いや銀行振込に対応しているので、仮想通貨を持っていない方も日本円で気軽に購入できます。

  • 日本円での決済に対応
  • アートやイラストが購入できる
  • 二次流通でもクリエイターに売り上げが還元

現在は1,000点を超えるデジタルコンテンツが出品されており、有名なクリエイターが手掛けた作品が取引可能です。

  • YouTuberヒカル
  • K-1 WORLD GP
  • 総勢36名の漫画家・イラストレーター

購入したアートやイラストをAdam by GMOで二次販売すると、売り上げの一部がクリエイターに還元される仕組みとなっています。

2021年9月現在はまだβ版であり、一般のアーティストは出品ができないなど一部のサービスに制限が設けられていますが、近日中に提供される正式版では、一般のクリエイターも出品可能なサービスとなる見込みです。

NFTを使って利益を得る!NFT投資・売買の始め方

仮想通貨

ここからは、NFTで利益を得るための具体的な売買方法をご紹介します。

自分でNFTを作って売る

絵や音楽が得意なら、自分の作品で稼いでみたいですよね!

NFTマーケットに自分の作ったNFTを出品すれば、収益を得られる可能性があります。最近ではイラストや動画などのさまざまな作品がNFT化されているので、自信のあるジャンルで作品販売に挑戦するのも1つの手です。

自分でコンテンツを作るのが難しい場合は、外注してコンテンツを作ってもらうのも良いでしょう。

アート取引と同じで安いときに買って、価格が上がったときに売る

安く仕入れて高く売るのは商売の基本だね。

NFTマーケットでデジタル資産を購入し、価値が上がったタイミングで売れば利益が得られます。NFT市場は活性化が進んでいるため、良質なコンテンツを見極めれば収益が出る可能性があります

また、NFTゲーム内で手に入れたアイテムを、価格が上昇したタイミングで出品するのもおすすめです。NFTゲーム内のコミュニティで情報を仕入れながら、値上がりしそうなゲーム内アイテムを探りましょう。最近ではAxie InfinityというNFTゲームも人気です。稼げるNFTゲームとして有名であり、フィリピンではゲーム内で稼いだお金で家を建てた人まで現れました。

NFT投資市場は今後伸びる?将来性や今後の見通しについて

仮想通貨の将来性

NFT市場は注目を集めていますが、将来的な動きも気になるところです。NFTの今後の展望について、複数の観点からまとめました。

2021年10月現在、NFT投資は国内外で盛んに行われており市場は活気を帯びている

市場規模の拡大に注目です!

さまざまな企業やアーティストがNFT市場に参入しているため、市場は活気を帯びています

  • せきぐちあいみ…VRアーティスト。NFT化した作品が1,300万円で落札された
  • 香取慎吾…NFTを利用したチャリティ企画を発表
  • 楽天…2022年春よりNFTマーケットを開始。楽天ポイントと連動予定

NFT取引への敷居が下がれば、利用者のさらなる拡大が期待できます。

ニューノーマルがもたらしたインターネット需要はNFTの価値を高める

オンライン上で知らない誰かとやり取りしたり、ショッピングしたりするのは当たり前の時代になったよね。

ニューノーマル(新しい常識)が浸透し、デジタル資産の地位は向上しました。ブロックチェーン技術の登場によって「唯一無二のデジタルデータ」となるNFTが生まれ、新しい価値観が形成されつつあります。

代替不可能なデジタル資産を保有することが1つのステータスとなる日も来るかもしれません。

NFTの価値は誰かが価値をつけるというところに依存している

「買いたい」と思う人がいなければ、価値がつかないんですね……。

NFT市場も一般的な市場と同じく、需要がないコンテンツに高い価値はつきませんNFTはまだ新興の資産ということもあり、投資の際はリスク管理が必要です。

まとめ:NFT投資は2021年からがアツい!

NFT市場は急速に拡大しており、将来性が期待できる分野です。さまざまなコンテンツでNFTの開発が進んでおり、手軽にNFTアートやゲームアイテムの取引ができる環境も整いつつあります。

  • 代替不可能な唯一無二の所有物
  • 転売時は作者にも収益が入る
  • 高値で取引される事例も増えている

NFTを手軽に始められるのはCoincheck NFT(β)です。GAS代が無料で、簡単な操作でNFT取引を楽しめます。

伸びる可能性のあるNFT市場を開拓し、先行者利益を狙いましょう!

本記事をまとめると…

  • NFT(非代替性トークン)は代替ができないデジタル資産のこと。
  • NFT市場は2021年に入り急速に拡大。デジタルアートが約75億で落札された事例もある。
  • NFTを気軽に始められるのはCoincheck NFTβ)。仮想通貨の取引経験がなくても簡単に操作できる。

NFTブームの波に乗ろうCoincheckで無料口座開設する

 

新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員
個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

 

おすすめの記事