最近はNFT不動産投資っていうのが流行っているらしいんだけど、普通の不動産投資と何が違うの?
NFTを活用した、次世代の不動産取引だよ!

IT化が進むにつれ、オンライン上のデータにも価値が付くようになり、ネット上における取引は盛んになりました。最近では学校の授業や、仕事のミーティングにも、PC・タブレットなどを通して自宅やカフェから参加できます。

NFTの登場により、できることはさらに広がり、不動産物件の売買や賃貸もオンラインで可能となりつつあるのです。

この記事では、NFT不動産投資の仕組みやメリット、やり方について解説するので、興味がある方はご一読ください。

本記事をまとめると…

  • NFT不動産投資は、メタバース内の土地や物件を売買すること
  • メタバース内には人が集まるため、現実の不動産同様に価値が付く
  • NFT不動産投資には、Coincheckへの登録が必須!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

そもそもNFTとは?

NFTはNon-Fungible Tokenの頭文字をとった用語で、日本語訳をすると非代替性トークンとなります。しかし、複数のトークンから、該当する特定のトークンを識別するため識別子を持っているという点で、他の仮想通貨と大きな違いがあるのです。

NFTという技術が可能とするのは「デジタル資産に唯一無二の価値を持たせられること」です。これまでデジタルコンテンツはコピーが容易でした。画像1つにとっても保存さえしてしまえば、誰がもともとの所有者かなどが分からないため、資産性に乏しいのが特徴です。

しかし、NFTではオリジナルである証明や所有者の記録ができるため、デジタルのモノにも資産性を付与できるようになったのです。

メタバースの流行で注目されるNFT不動産投資とは?

NFTの概要を知ったところで、具体的なNFT不動産投資の内容を確認していきましょう。

NFT不動産投資に関して、概要は以下の通りです。

  • メタバース内の土地を売買する投資のこと
  • 2020年以降の情勢が人々をデジタル資産に駆り立てた
  • 現実の不動産との違いは実体の存在のみ

それぞれ詳しく解説していきます。

メタバース内の土地を売買する投資のこと

NFT不動産投資は、具体的にはメタバース内における土地の売買を意味します。

メタバースって?

メタバースとは、メタ(超越した)+ユニバース(宇宙)の造語で、仮想空間内でさまざまな取り組みを行える技術の総称です。要するに、仮想空間内で土地を売ったり買ったり、もしくは貸し借りすることで収益を得ることが、NFT不動産投資の目的となります。

2020年以降の情勢が人々をデジタル資産に駆り立てた

2020年以降、世界はパンデミックにより世界情勢が変わりました。人と人との極力接触を避けるため、仕事はリモートワーク化し、会議もほぼオンラインへと移行した業種も多いです。

これらの背景に加え、情報技術の進歩も相まって、デジタル資産における価値はここ最近で急激に高まっているのです。

最近は資産も「ヒト・カネ・モノ・情報」って言われるね!

デジタル資産の価値が高まったことにより、実際には存在しないオンライン上での不動産にも高い価値が付き、投資として成り立つようになってきました。

現実の不動産との違いは実体の存在のみ

NFT不動産投資は、メタバース上での不動産取引になるため、実体が存在しません。しかしながら、NFTによってメタバース上におけるすべての存在に価値が付くため、実体がなくても価値が上昇するのです。

将来的に価値が上がりそうな物件を購入することで、予測通りに価値が上がればリターンを得られる仕組みです。

違いは実体が「ある」か「ない」かだけだよ!

なぜNFTの不動産に価値がつくのか?

NFT不動産投資の仕組みはわかったけど、本当に実体のない不動産に価値なんてつくのかな?

NFT不動産投資の仕組みがわかったところで、実体のない建物が本当に価値を持つか半信半疑と言った方も多いことでしょう。

なぜ実体のない建物に価値が付くか、その理由は2つ考えられます。

  • メタバース内の土地でさまざま取引が行われるため
  • 人々が集まるプラットフォームはビジネスとなる

メタバース内の土地でさまざま取引が行われるため

メタバースゲーム「The Sandbox」を例にとってみましょう。The Sandbox内の土地LANDでは、カジノや商業施設など、取引が行われる施設を建てることができます。取引が盛んになるということは、それだけその土地に人が集まり価値が生まれます。

商取引がメタバース内で行われるということは、その商取引によって儲かる人がいるということです。つまり、儲かる場所を提供できる土地は、実体のあるなしに関わらず、紛れもなく価値となります。

日本で例えても東京や大阪など、人が集まる土地が高いことは言うまでもありません。

確かに、田舎と都会だと土地の値段は全然違うよね!

オンライン上でも人が集まる場所は価格が高くなるのは同じ原理です。

人々が集まるプラットフォームはビジネスとなる

メタバース内に人が集まることにより、商取引だけでなく広告産業の参入など新たなビジネスが広がる可能性は高いです。

2022年現在、メタバースに参入を決定している企業は下記の通りです。

人が集まれば集まるほどさまざまなチャンスが生まれ、そのチャンスをつかむために土地に訪れる人が増えると言ったループが起こり、価値は上がり続けていきます。

NFT不動産に投資するメリット

通常の不動産投資と比較して、あえてNFT上で投資するメリットってあるの?

NFT不動産投資のメリットも確認しておきましょう。

具体的には以下の2点が挙げられます。

  • 現実の不動産に関わるリスクを払拭している
  • 賃貸契約も可能。賃貸相手は世界中に存在する。

現実の不動産に関わるリスクを払拭している

現実世界の不動産投資にはリスクが含まれます。具体的には災害による偶発的なリスクから、老朽化による自然の原理によるリスクなどさまざまです。

一方、オンライン上であれば災害も老朽化も起こりえないため、現実世界における不動産投資のリスクを払拭していると言えます。

賃貸契約も可能。賃貸相手は世界中に存在する。

NFT不動産投資は売買だけでなく賃貸契約も可能です。そして、賃貸の相手は世界中に存在する点も大きなメリットといえます。

例えば日本で不動産投資を行うとして、その不動産が新宿にあれば、顧客となる層は新宿付近で賃貸を借りようとしている層など限定的にとなってしまいます。

一方、オンライン上であれば世界中の人すべてが対象になるので、不動産市場が一気に広がるわけです。

NFT不動産投資のデメリット

NFT不動産投資のメリットはわかったんだけど、逆にデメリットとかもあるの?

NFT不動産投資をする場合、メリットだけでなくデメリットも念頭に置いておかなければいけません。

NFT不動産投資におけるデメリットは以下の2点です。

  • 法的な整備が整っていないことがある
    • 物理的に所有できない

    それぞれ見ていきましょう。

    法的な整備が整っていないことがある

    NFT市場は急速に広がった市場です。

    したがって、法的な整備が整っておらず、仮にトラブルがあった場合も100%守ってもらえるとは限りません。

    また、日本ではあまり考えられませんが、法規制により利用を停止されると言ったリスクも考えられます。

    中国で仮想通貨のマイニング規制があったように、日本で規制される可能性も0ではないよ!

    物理的に所有できない

    NFT上の不動産は実体がないため、自分で住んで生計を立てることはできません。

    保有している実感もわきにくく、現物主義の方には相性が悪い投資になる可能性もあります。

    現在投資できるNFT不動産の代表例

    これからNFT不動産投資をするとしたら、どこでできるのかな?

    NFT不動産投資ができるゲームの具体例として、以下の2つが挙げられます。

    • The Sandboxのランド(LAND)
    • Decentralandのランド(LAND)

    それぞれのゲームについて、概要を確認していきましょう。

    The Sandboxのランド(LAND)

    引用:https://blockchaingame.jp/asset/7290

    ゲーム名 The Sandbox
    トークン SAND
    平均取引価格P 3.55ETH
    公式HP https://www.sandbox.game/jp/

    The Sandboxのゲーム内では、定期的にLAND SALEと呼ばれる土地の売買が行われています。

    ゲーム内のマーケットプレイスやCoincheck NFT(β)を経由して購入可能で、ほかのプレイヤーにLANDを貸与して不動産収入を得ると言った稼ぎ方も可能です。

    世界的に有名な箱庭ゲーム、マインクラフトと連携することも可能で注目を浴びているゲームの一つです。

    Decentralandのランド(LAND)

    引用:https://blockchaingame.jp/asset/8144

    ゲーム名 Decentraland
    トークン MANA
    平均取引価格P 0.0089ETH
    公式HP https://decentraland.org/

    Decentraland内の土地は、ギャンブルだけでなく教育施設や観光施設に用いられることもあります。

    カナダの投資会社が2021年11月にゲーム内の土地を2億8,000万円で購入したときは大きなニュースになりました。

    ゲーム内でのNFT不動産投資によって稼いだ通貨を外部NFTマーケットに持ち出すことで、イーサリアムなど別の通貨に換えられる点も大きな魅力です。

    主要通貨に換金できると用途の幅も広がって嬉しいね!

    NFT不動産投資のやり方・買い方〜The Sandboxの場合〜

    実際にNFT不動産投資をやってみたいんだけど、どんな手順でできるのかな?

    NFT不動産投資の流れですが、以下の3STEPにわけられます。

    • 1.Coincheckで無料口座開設をする
    • 2.Coincheckでイーサリアムを購入する
    • 3.Coincheck NFT(β)でLANDを購入する

    それぞれのSTEPについて確認していきましょう。

    1.Coincheckで無料口座開設をする

    まずはCoincheckにて無料口座を開設します。

    公式サイトの会員登録ボタンからフォームに移動し、メールアドレスと簡単な個人情報を入力しましょう。

    メールアドレスに送られてきたメールのURLから本人確認をすることで、簡単に口座開設が完了します。

    本人確認には免許証やマイナンバーカードが必要だから、用意しておこう!

    2.Coincheckでイーサリアムを購入する

    Coincheckで口座開設を行ったら、イーサリアム(ETH)を購入しましょう。

    NFTはイーサリアムを基盤としているため、他の通貨を購入してしまうと次のステップに進めません。

    購入にあたっては間違えないように注意しましょう。

    他通貨からイーサリアムに交換もできるけど、手数料がかかるからもったいないよ

    3.Coincheck NFT(β)でLANDを購入する

    イーサリアムを購入したら、Coincheck NFT(β)を経由してLANDを購入しましょう。

    2022年1月段階で1LANDあたりの価格は約30~40万円です。

    初期費用としては高いですが、大きな収益を上げられる可能性があるので夢があります。

    ハイリスク・ハイリターンだけど億り人も狙えるよ!

    NFTという不動産投資を選択肢のひとつとして検討しよう

    今回はNFT不動産投資について解説しました。

    NFT不動産投資はオンライン上での投資であり、現実空間での不動産売買や賃貸を行うわけではありません。

    したがって、腑に落ちなかったり不安に思ったりする方もいることでしょう。

    しかし、NFT市場が広がれば広がるほど、投資の選択肢としてNFT不動産投資が増えてくる可能性は高いです。

    時代の流れに先駆けて投資をしておくことで、将来的に大きな収益を生み出せる可能性は高まるので、興味がある方はCoincheck経由でLANDを購入し、チャレンジしてみてください。

    本記事をまとめると…

    • NFT不動産投資は、メタバース内の土地や物件を売買すること
    • メタバース内には人が集まるため、現実の不動産同様に価値が付く
    • NFT不動産投資には、Coincheckへの登録が必須!

    国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

    (監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

    日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

    おすすめの記事