最近話題になっているThe Sandboxってどんなゲームなの?
マイクラみたいに3Dでオブジェクトを作成できるNFTゲームだよ。

The Sandboxはメタバース(Metaverse/仮想空間)やNFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)を利用したブロックチェーンゲームです。プレイヤーは仮想空間にLANDと呼ばれる土地を購入し、ボクセルアートやオリジナルゲームを作成でき、自由に行動を楽しめる点が特徴となっています。

またゲーム内通貨のSANDは2021年11月以降に高騰しており、1か月で価格が約8倍も上昇しました。

本記事ではThe Sandboxの特徴や収益化の方法について解説しています。マイクラライクなNFTゲームに興味のある方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

本記事をまとめると…

  • The Sandboxはイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したNFTゲーム。ソフトバンクグループの出資も受けており、注目度の高いNFTゲーム。
  • ゲームの開始には仮想通貨口座開設が必須。ゲーム内の土地であるLANDはCoincheck NFT(β版)で購入できる
  • The Sandboxを始めるなら、Coincheckで口座を開設しよう

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

話題のNFTゲーム・The Sandbox(サンドボックス/SAND)とは?

引用:The Sandbox公式

話題のNFTゲームであるThe Sandboxには以下6つの特徴があります。

  • イーサリアムベース・マイクラライクなNFTブロックチェーンゲーム
  • 人気アプリThe Sandbox・The Sandbox Evolutionの続編
  • ユーザーは無料で簡単にNFTアイテム・ゲームを作成できる
  • The Sandboxでは3つのトークンを所有し、収益化できる

イーサリアムベース・マイクラライクなNFTブロックチェーンゲーム

The Sandboxはイーサリアムのブロックチェーン技術を使ったNFTゲームです。ブロックチェーン技術を活用したことで、以下のような特徴を持っています。

  • ゲームデータの改ざんやアイテム取引の不正が起こりにくい
  • キャラクターやアイテムがプレイヤーの資産になる
  • NFT化されたアイテムはマーケットで自由に売買できる

またThe Sandboxは人気タイトルの「マインクラフト」に似たゲームシステムです。このためゲーム内ではマイクラのように自由にオブジェクトの作成が可能です。

マイクラみたいに3Dでオブジェクトを作成できるNFTゲームだよ。

人気アプリThe Sandbox・The Sandbox Evolutionの続編

The Sandboxは2Dで簡単にゲームを制作できるスマホアプリのThe Sandboxや、The Sandbox Evolutionの続編として位置づけられています。

スマホゲームが好きな方ならアプリ版のThe Sandboxを知っている方もいるでしょう。

The Sandboxは元々2Dゲームですが、NFTゲーム化されたことで3Dにパワーアップしています。ソーシャルゲームとしての側面も持っており、自分で作成したアバターでプレイヤー同士の交流も可能です。

The Sandbox・The Sandbox Evolutionは、累計ダウンロード数4,000万件以上の人気タイトルなんですね。

ユーザーは無料で簡単にNFTアイテム・ゲームを作成できる

The Sandboxではゲーム内の土地であるLANDを所有していると、無料で簡単にNFTアイテムやゲームの作成ができます。

プレイヤーが作成したアバターやアイテムを使用できるのは、ゲーム性が高い魅力的なポイントです。

LANDを手に入れるにはCoincheck NFT(β版)などのマーケットプレイスで購入する必要があるよ。

VoxEdit - NFTアイテムを作成できる3Dツール

引用:The Sandbox公式

The SandboxにはVoxEditが用意されており、プレイヤーはキャラクターやアイテムを自由に作成できます。VoxEditを使用すると以下2つの設定が可能です。

  • モデラー:ボクセルを形作る
  • アニメーター:ボクセルに動きをつける

この機能によりプレイヤーは立方体(ブロック)を組み合わせて思い通りの動くアートを表現できます。オリジナルのアイテムを簡単に作れるのもThe Sandboxの魅力です。

ボックスアートはマイクラに近いゲームシステムですね!

Game Maker - The Sandbox内でゲームを作成可能

引用:The Sandbox公式

Game MakerではThe Sandbox内で動作する3Dゲームの作成が可能です。ボクセルと呼ばれるモデルを使用するだけで誰でも簡単にゲームを作れるため、プログラミングなどの専門知識は必要ありません。

制作したゲームを仮想空間内で公開すれば、ほかのプレイヤーが3Dゲームで遊んだ際に利用料を得られるのも醍醐味です。

おもしろいゲームを作成すれば、みんなに遊んでもらえるから収益化につながるね。

The Sandboxでは3つのトークンを所有し、収益化できる

The SandboxではSAND・LAND・ASSETを所有し、収益化できる仕組みも用意されています。具体的な収益化の仕組みは以下のとおりです。

  • LANDの貸し出しによる不動産収入
  • 作成したキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで販売
  • オリジナルゲームやジオラマを有料で公開

上記3つの方法により、The Sandboxを遊びながらSANDを稼げます。投資やボクセルアートの販売など、収益化する手段が複数用意されているのもThe Sandboxの魅力でしょう。

ゲーム内の土地・LAND(ランド)とは?現在の価格は?

引用:The Sandbox公式

The Sandboxではゲーム内の土地であるLANDが重要な資産となります。ゲームを始める前にLANDについて知識を得ておきましょう。

  • 96×96×128mのゲーム内の土地の単位のこと
  • 複数のLANDが合わさったものはESTATEと呼ばれる
  • ゲーム内の土地・LANDの価格は高騰中

96×96×128mのゲーム内の土地の単位のこと

LANDはThe Sandbox内の土地であり、発行上限は166,464個です。1LANDは96m×96mで高さは128mと設定されています。

1つのアバターが1m×1mと定義されているため、1LANDを所有するだけで多数のボクセルアートやオリジナルゲームの作成が可能です。

LANDは発行上限により資産としての価値が付与されているね。

複数のLANDが合わさったものはESTATE(エステート)と呼ばれる

ESTATE(エステート)は複数のLANDが合わさったもので、以下4つの種類が存在しています。

  • ESTATE(S):9LAND
  • ESTATE(M):36LAND
  • ESTATE(L):144LAND
  • ESTATE(XL):576LAND

広大な土地であるESTATEの購入では5~20%の割引を受けられ、作成できるアートやゲームの規模も大きくなります。

LAND1単位ごとの購入にはない割引を受けられるのも魅力ですね。

ゲーム内の土地・LANDの価格は高騰中

LANDはThe Sandbox内で利益を得るための基になることから、2021年11月に入りLANDの価格は高騰しています。現在の平均価格と最高額は以下のとおりです。

  • 平均価格:1,011SAND(約358,848円)
  • 最高額:4,683SAND(約166,265,232円)

※2021年12月4日現在の価格で日本円に換算しています。

LANDは高額で取引されており、大手企業や投資を目的とした方からも注目を集めています

参考:The Sandbox Land Sale Amidst Record Value of SAND Token

ゲーム内通貨・SAND(サンド)とは?

通貨名 The Sandbox
注目度 ★★★★★
シンボル SAND
時価総額 669,010,925,460円(2021年12月4日現在)
取扱取引所 Binance/Huobi Global
公式HP https://www.sandbox.game/jp/

SANDはThe Sandbox内のトークンであり、キャラクターやアイテムの取引に利用できます。国内取引所での取り扱いはなく、海外取引所での購入が必要です。

ゲーム内アイテムなどのASSET(アセット)の購入に必要な通貨

The SandboxではSANDを使用してゲーム内アイテムなどのASSET(アセット)の購入が可能です。

またゲーム内には有料で公開されているオリジナルゲームもあり、有料ゲームをプレイするにはSANDが必要になります。

ゲーム内の取引では基本的にSANDを使用することになるね。

The Sandboxの運営に携われるガバナンストークンでもある

SANDにはガバナンストークンとしての役割があり、保有者にはThe Sandboxの運営に関する投票権が与えられます。SANDを使って投票する場面は以下のとおりです。

  • コンテンツの内容
  • ファンドへの助成金
  • プラットフォームのアップデート
SANDの保有者が運営に関する投票を行って、ゲームをより良くしていくシステムを採用していますね。

ゲーム内アイテム・ASSET(アセット)とは?

引用:The Sandbox公式

ASSETはLAND上で展開できるコンテンツのことであり、キャラクターやアイテム、ボクセルアートのことを指しています。ASSETの種類は以下のとおりです。

  • エンティティ:NPC
  • 装備品:武器・防具など
  • ウエアラブル:衣装
  • アート:彫像やランドマークなど
  • ブロック:水・砂・泥などの環境ブロック

ASSETはVoxEditを使ってすべてのプレイヤーが自由に作成できます。

キャラクターやアイテムなど、ゲーム内のオブジェクトをまとめてASSETと呼ぶよ。

The Sandbox(サンドボックス/SAND)の始め方・やり方

The Sandboxは以下3つのステップで簡単に始められます。

  1. Coincheckで無料口座開設する
  2. Metamask(メタマスク)をインストールする
  3. The Sandboxでアカウント作成する
順番にやっていけば迷うことなくアカウント作成までたどり着けますよ!

STEP1:Coincheckで無料口座開設する

The Sandboxをプレイするには取引所の口座が必要です。まだ口座を持っていない方はCoincheckで無料の口座開設を行ってください。

Coincheckで口座を開設する手順は以下のとおりです。

  1. 公式サイト右上の「会員登録」をクリック
  2. メールアドレスや氏名を入力する
  3. 届いたメールのURLにアクセスし登録を完了
  4. 公式サイトからログインして本人確認を実施
  5. 本人確認が完了したら取引開始

本人確認では免許証などの本人確認書類が必要なので、手元に用意しておきましょう。

Coincheckの本人確認は早ければ2時間ほどで完了するね。

STEP2:Metamask(メタマスク)をインストールする

The Sandboxのアカウント作成にはウォレットが必要になります。ウォレットを用意するなら、日本語に対応しており、無料で利用できるMetamaskがおすすめです。

Metamaskはブラウザの拡張機能として利用でき、以下4つのブラウザが対応しています。

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave

Google Chromeにはスマホ版もありますが、Metamaskを利用できるのはブラウザ版のみなので注意してください。

Google ChromeではChromeウェブストアからMetamaskをインストールできますね。

STEP3:The Sandboxでアカウント作成する

取引所の口座とMetamaskを用意したら、いよいよThe Sandboxのアカウントを作成します。

The Sandboxの公式サイトにアクセスして右上の「サインイン」をクリックしてください。「ログインまたはアカウントの作成」と表示されるので、一番下の「次で続行:Metamask」を選択します。

パスワードを入力し「接続」をクリックするとウォレットの接続が完了です。メールアドレスとニックネームを入力後に「続行」をクリックすると、アカウントを作成できます。

ここまで来ればやっとThe Sandboxをプレイできる環境が整うよ。

The Sandbox(サンドボックス/SAND)の稼ぎ方・収益化方法について

The Sandboxの稼ぎ方や収益化の方法には以下の5つがあります。

  1. Voxel EditでASSETを作成する
  2. Game Makerで3Dゲームを作成する
  3. LAND Saleで土地をゲットし不動産投資をする
  4. ゲーム内通貨SANDを保有し売買益を得る
  5. ゲーム内ASSETSの転売で稼ぐ

1. Voxel EditでASSETを作成する

The SandboxにはVoxEditと呼ばれるクリエイター向けの機能があります。VoxEditを使用してキャラクターやアイテムなどのASSETの作成が可能です。

ASSETはゲーム内のマーケットプレイスで自由に取引でるため、ASSETを作成し販売することで収益化につなげられます。

ASSETはマインクラフトのクリエイトのように、ブロックを積み上げて作成します。初心者でも簡単に作れるため、ASSETの作成に特別なスキルは必要ありません。

ほかのプレイヤーが気に入ればマーケットプレイスで購入してもらえ、SANDが手に入りますよ。

2. Game Makerで3Dゲームを作成する

The Sandboxでは保有するLAND上にオリジナルの3Dゲームを作成できます。

3Dゲームの作成といってもプログラミングの知識は必要ありません。Game Makerを使えば誰でも簡単にオリジナルゲームを公開できるのが特徴です。

またゲームの公開を無料にするか、有料にするかはプレイヤーに委ねられています。有料で公開した場合には、ゲームを遊んだほかのプレイヤーから利用料としてSANDを徴収可能です。

自分でゲームを作成できるアプリなどで、遊んだことがある方に適した稼ぎ方でしょう。

面白いゲームを作成できれば、たくさんのプレイヤーに遊んでもらえるね!

3. LAND Saleで土地をゲットし不動産投資をする

The Sandboxでは定期的にLAND Saleが開催されています。LANDはゲーム内のマーケットプレイスやCoincheck NFT(β版)などで購入可能です。

LANDの保有者はほかのプレイヤーにLANDをレンタルして、不動産収入を得ることができます。

2021年12月現在、1LANDあたりの価格は約35万円です。またLANDには発行上限があることから、プレイヤー人口が増えるほどLANDは価値が上昇します。

LANDを保有してレンタルしてもらうことで、大きな不動産収入を得られる可能性があるでしょう。

最初の費用は大きいですが、リアルな不動産のように収益を得られますね。

4. ゲーム内通貨SANDを保有し売買益を得る

ゲーム内通貨であるSANDを保有して売買益を得ることも可能です。

2021年12月現在、SANDの価格は730円台であり、10月と比べて7倍の値がついています。The Sandboxのプレイヤーが増えて人気タイトルになれば、今後の価値上昇にも期待できるでしょう。

SANDは以下のような海外取引所で扱われています。

  • Binance
  • Huobi Global
  • Bybit
  • Uniswap

価格の安いうちに保有して価格が上がったタイミングで売れば、売却益を得られます。

2021年の1月にたった3円だったことから考えても、SANDの伸びはすごいよね!

5. ゲーム内ASSETの転売で稼ぐ

ゲーム内のASSETを転売することによる収益化も、仮想通貨で稼ぐひとつの方法です。

キャラクターやアイテムなどのASSETは、一般的にゲーム内のマーケットプレイスで取引されています。ただ、相場よりも高額な価格で取引されるケースもあるので、購入する際にはそれが適正な価格かどうか、事前に確認しましょう。

このほかにCoincheck NFT(β版)でもThe Sandboxの作品を取り扱っており、ゲーム内で購入したASSETの取引が可能です。

人気のASSETになれば、外部のNFTマーケットプレイスで転売して稼げます。転売は初期投資が必要ですが、購入するASSET次第で何倍もの収入を得られるでしょう。

どの作品が人気になるかを見抜く力が必要ですね。

The Sandbox(サンドボックス/SAND)の今後の将来性・見通しは?

The Sandboxに関する今後の将来性や見通しとして、以下の3つを考察しました。

  • NFT×メタバースの人気・需要増で将来性は期待できる
  • ソフトバンクグループ・Visiou Fundから105億円の出資を受ける
  • 多くの企業パートナーシップを結んでいる

NFT×メタバースの人気・需要増で将来性は期待できる

仮想通貨界において、NFTメタバースともに世界中の企業や投資家から注目を集めています

実際にNFT化されたアート作品は、イギリスのオークションで約75億円で落札されました。これまで絵画の最高落札額が4億5千円であったことから、NFTアートに付与された価値の大きさはアート界を揺るがすほどのものです。

またメタバースについても、Meta(旧Facebook)を筆頭にMicrosoftやDisneyなどのグローバル企業が参入を始めています

勢いのあるジャンルが組み合わさっているし、今後の需要も増えていきそうだね。

ソフトバンクグループ・Vison Fund 2から105億円の出資を受ける

The SandboxはソフトバンクグループのVison Fund 2」から、約105億円もの出資を受けています。Vison Fund 2が独自のトークンを発行する企業に対して、投資を行ったのはこれが初めてのことです。

Vison Fund 2による投資の決定は、The Sandboxのアクティブユーザー数が急速に増え、プラットフォームでの取引量が1億4,400万ドルを超えたことを受けています。

The Sandboxが発行するトークンの時価総額は6,690億円を超えており、仮想通貨としての信用度も比較的高いと言えるでしょう。

あのソフトバンクが出資しているなら、安心して投資できますね。

参考:ソフトバンクら、メタバースNFTゲーム企業「The Sandbox」に約105億円出資

多くの企業パートナーシップを結んでいる

The Sandboxは多くの企業とパートナーシップを結んでいます。

※2021年12月4日現在

上記の企業はブロックチェーン技術の協力やメタバースの運営、コンテンツの制作などに携わっています。このほかにも出資のみのパートナーも存在しており、多くの企業からバックアップを受けている状態です。

パートナー企業が多いし、今後より良いプラットフォームになっていきそうだね。

The Sandbox(サンドボックス)についてよくある質問

The Sandboxに関するよくある質問として以下の4つを紹介します。

  • The Sandboxのプレイに必要なPCスペックは?
  • The Sandboxのプレイに必要な初期費用は?
  • The Sandboxの日本語対応はいつ?
  • Minecraft(マインクラフト)で作成した3Dモデルを移植できるの?

Q.「The Sandboxのプレイに必要なPCスペックは?」

The Sandboxは一般的なPCでもプレイ可能であり、ハイスペックなゲーミングPCは必要ありません。The Sandboxの推奨スペックは以下のとおりです。

OS Windows10
プロセッサー クアッドコア 3GHz
メモリ  8GB
グラフィックス 2GB
DirectX バージョン11
ストレージ 2GB

プロセッサーの条件がクアッドコアとなっているので、Core i5以上を搭載したPCでのプレイがおすすめです。

The Sandboxで本格的なクリエイトをしたい方は、10万円台のゲーミングPCでプレイするのが良いですね。

Q.「The Sandboxのプレイに必要な初期費用は?」

The SandboxのプレイにはLANDの購入が必要です。現在のLANDは約35万円で取引されており、高額な初期費用がかかります。

LANDを購入できない方にはLANDのレンタルもあります。レンタルだと購入するよりも安い費用でプレイできるので、どちらの方法で始めるか検討してみてください。

Q.「The Sandboxの日本語対応はいつ?」

The Sandboxは日本語を含めた5か国語に対応しています。しかし公式サイトの大部分やサポートは日本語に対応しておらず、細かい情報を得るには英語の知識が必要です。

日本語に対応する可能性は十分あるので、公式のアップデートを待ちましょう。

Q.「Minecraft(マインクラフト)で作成した3Dモデルを移植できるの?」

The Sandboxにはマインクラフトで作成した3Dモデルをインポートする機能もあります。マインクラフトでクリエイトを楽しんでいた方にとっては嬉しい機能です。

The Sandboxとマインクラフトはシステムが似ているから、インポートしても見た目が損なわれないよ。

参考:VoxEdit: How to get your assets into Minecraft

メタバースNFTゲーム・The Sandboxで収益化を目指そう!

The Sandboxはシンプルなゲームシステムで、誰でも簡単にボクセルアートやゲームの作成が可能です。収益化する手段も用意されており、LANDのレンタルにより収益を得る不動産投資も楽しめます。

メタバース×NFTは世界中の企業や投資家から注目されているため、The Sandboxはプラットフォームとしての成長も期待されています。

The Sandboxで理想の世界創造を楽しみながら、収益化を目指しましょう。

本記事をまとめると…

  • The Sandboxはイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したNFTゲーム。ソフトバンクグループの出資も受けており、注目度の高いNFTゲーム。
  • ゲームの開始には仮想通貨口座開設が必須。ゲーム内の土地であるLANDはCoincheck NFT(β版)で購入できる
  • The Sandboxを始めるなら、Coincheckで口座を開設しよう

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

おすすめの記事