流行りのNFTを買ってみたいんだけど、「NFTは危険」という声を聞くと不安になるなぁ。

詐欺が横行しているから、対策方法を覚えてから取引を始めるといいよ。
  • 「海外のNFTマーケットをググったら偽サイトだった」
  • NFTについてツイートしたら怪しいDMが何通も来た」
  • 「他人の作品を勝手にコピーして売っている人がいるらしい」

NFTは画期的な技術である一方、上記のような詐欺や犯罪を行う人も一定数存在します。

今回は、NFT投資が抱える問題点やリスクについて、分かりやすく解説します。トラブルに巻き込まれないようにするためにも、安全性の高い取引方法を身に付けましょう。

この記事をまとめると…

コインチェック
  • NFTはデジタル資産に新たな価値を生み出す画期的な技術だが、盗作・コピー・詐欺などの犯罪行為が発生しているのも事実。
  • 出品元が明確なNFTや、万が一の時にも日本語で問い合わせできる国内NFTマーケットを選ぶのが大切。
  • Coincheckで口座開設すれば、NFTマーケットのCoincheck NFT(β)も合わせて利用できる。NFT取引に必要なイーサリアムも簡単に購入可能。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

そもそもNFT(非代替性トークン)とは?

NFT(ノンファンジブル トークン:非代替性トークン)とは、仮想通貨のブロックチェーン上で発行される「代替不可能なデジタルデータ」のことです。

これまでのデジタル資産はコピーや複製が簡単だったため、資産価値が生まれにくいのが欠点でした。しかし、NFTはデジタル資産を識別する仕組みを備えているため、独自の資産価値を保有できます。

NFTの特徴
  • データを改ざんできない…ブロックチェーン上の取引は可視化されており、不正取引を排除できる
  • 唯一無二の所有物を持てる…作者本人のオリジナル作品だと証明できる
  • 情報を追加して記録できる…購入者の履歴が記録され、所有権が明らかになる
  • 二次流通で作者に利益が還元…作品が転売されると作者に売り上げの一部が入る

デジタルアート・ゲーム・音楽など、さまざまな分野でNFTが盛り上がりを見せているよ。

NFTは危険?NFTが抱える問題点とその理由について

画期的な技術を用いたNFTですが、一方で「NFTは危険」「NFTアートには手を出すな」という声もあります。

現状、NFTが指摘されている問題点は以下の通りです。

  • NFTの価値は取引者同士の価値決定に基づいている
  • 詐欺NFT商品が横行している
  • マネーロンダリングの温床となり得る
  • NFTの生成には大きな環境負荷がかかっている
  • NFTアーティストの責任の所在問題

それぞれ詳しく解説します。

問題点① NFTの価値は取引者同士の価値決定に基づいている

NFTの価値は、具体的な金額が書面に記されている訳ではなく、売り手と買い手の取引行動にのみ担保されています。

NFTを実際に購入する場合、購入者はNFTの適正な価値を見極めなければなりません。不当に価格が吊り上げられたNFTの購入を避けるためにも、購入後に得られるメリットを十分に把握する必要があります。

「NFTは投機目的の取引だ!」なんて批判も聞くけど、やっぱり危険なのかな?

NFTには投機的な側面もあるけど、投機が完全悪という訳ではないよ。転売目的の売買だとしても、クリエイターに利益が還元されるのはNFTの利点だね。

問題点詐欺NFT商品が横行している

NFTには盗作・詐欺商品が数多く出回っているのが現状です。データの改ざんが極めて困難なNFTですが、データ自体が偽物であればどうしようもありません。

よくある詐欺商品として以下の手口が挙げられます。

  • 有名クリエイターの作品をコピーして販売
  • まだNFT化されていない作品を、第三者が勝手にNFT化して販売
  • 著作権を侵害しているNFTを販売

詐欺商品は買いたくないよ!危険なNFTを避けるにはどうしたらいいんだろう。

NFTを購入する前に、クリエイターの公式サイトやTwitterを確認しておこう。加えて、安全性の高いNFTマーケットプレイスを選べばリスクは減らせるよ。

問題点マネーロンダリングの温床となり得る

NFT市場は規制が追いついていない側面があり、マネーロンダリングの温床になり得ると指摘されています。

マネーロンダリングとは

日本語で「資金洗浄」のこと。犯罪や不正取引によって得た資金を、あたかも正当な取引で手に入れたかのように偽装する行為を指す。

資金の出所を隠すために、架空の名義や他人名義の口座を使って送金を繰り返す。捜査機関による摘発を逃れるための行為で、法律で禁止されている。

参考:マネー・ローンダリング対策|金融庁

ブロックチェーンはすべての取引が記録されるから、基本的にはマネーロンダリングは難しいとされているよ。本人確認をしないような、怪しいマーケットや取引所の利用は避けておこう。

危険な取引に巻き込まれるのは困るから、運営元が明確なマーケットを使う方がいいね。

問題点④ NFTの生成には大きな環境負荷がかかっている

NFTは「PoW」で動くイーサリアムのブロックチェーン上に構築されることが多く、環境への悪影響を危惧する声も出ています。

PoW(プルーフオブワーク)とは

マイニング(ブロックチェーンのデータ計算作業)を行い、最も素早く答えを出した者が報酬を受け取れる仕組みのこと。

マイニングには複雑な計算処理が必要となり、計算マシンを何百台も使用するために莫大な電力が消費される。

イーサリアムの電力消費が大きいから、イーサリアムと密接に関係しているNFTも環境問題を指摘されるんだね。

環境負荷を改善するため、イーサリアムは開発が続けられているよ。

問題点⑤ NFTアーティストの責任の所在問題

取引後にトラブルが起きた時、「誰に責任があるのか」が分かりにくいのもNFTの問題点です。

〈例〉

あるNFTを購入し、転売(二次流通)を行った

→該当のNFTが違法性のある商品だったと発覚

NFTを鋳造したアーティストが悪いのか、出品者が悪いのか、責任の所在が不明

転売したNFTが詐欺商品だったら、自分でも気付かないうちに詐欺に加担してしまう恐れがあるんだね。

違法性のあるNFTをうっかり購入しないように、取引前にアーティストやマーケットの信頼性をチェックしておこう。

NFTは危険ではない!問題点とリスクの解決策について

いくつかの問題点が指摘されるNFTですが、正しく利用すれば危険を回避できます。システム面の改善・法整備などの展望と合わせて、リスクの解決策を見ていきましょう。

  • 多くの商取引はお互いの価値決定に基づいている
  • 信頼性のあるNFTマーケットを使用する
  • 出品元が担保されているNFT商品を購入する
  • 基盤であるイーサリアムはPoSに移行中
  • NFT関連の法整備は今後進んでいく予定

NFTに限らず多くの商取引はお互いの価値決定に基づいている

NFTの適正な価値がイマイチ分からないから、買うべきか悩むんだよね。

NFT以外のモノやサービスも、売り手と買い手の価値が合致することで取引が成立するんだ。NFTだからといって難しく考えず、金額に見合った価値だと思えるなら取引を検討すればいいんだよ。

商品の価値は消費者の心情によって決定することがほとんどです。NFTも例外ではなく、価格と購入後に得られるメリットのバランスが合致すると考える人々によって、NFTの購入が行われています。

NFTを買う場合は、該当のNFTやクリエイターの情報をよく吟味した上で、適正価格で購入できるかどうかを見極めてください。

詐欺商品のない信頼性のあるNFTマーケットを使用する

NFT取引の際は、詐欺商品をつかむリスクが少ないNFTマーケット選びが大切です。運営元が明確であり、万が一の時にも問い合わせできる国内NFTマーケットだと安心です。

海外のNFTマーケットは規模が大きいものの、以下のリスクが付きまといます。

  • 詐欺商品の横行…盗作・コピー商品などが出回っている
  • 偽サイトによるデータ流出…OpenSeaなど、規模が大きいNFTマーケットの偽サイトの報告事例あり
  • 海外からの詐欺DM…初心者を狙い、手助けを装って詐欺URLを踏ませようとする
  • 英語表記が複雑…日本語に対応していないマーケットでは購入ミスが起こりやすく、問い合わせ対応も難しい

海外のNFTマーケットを利用する際は、仮想通貨やNFTに対するある程度の知識が求められます。リスクを回避するためにも、まずは信頼性の高い国内のNFTマーケットから利用を始めるのがおすすめです。

国内のNFTマーケットプレイスのおすすめは、CoincheckNFT(β)です。国内最大級の仮想通貨アプリ・Coincheckが運営するNFTマーケットで、多くのNFT作品の売買に対応しています。Coincheck NFT(β)の利用には、Coincheckの無料口座開設が必須なので、済ませておきましょう。

英語のサイトにいきなりチャレンジするのは、ハードルが高く感じるなぁ。

国内のNFTマーケットなら、困った時にサポート対応を受けやすいから便利だよ。

 

できるだけ出品元が担保されているNFT商品を購入する

NFTを選ぶ際は、出品元が担保されている商品を選べばリスクを減らせます。盗作・コピーなど、違法性のある危険なNFTを避けるため、出品者情報は必ずチェックしましょう。

安全性の高い出品元を見分けるには、以下の方法が挙げられます。

  • 出品者情報を調べる…出品者の公式サイトやTwitterなどをよく確認し、偽サイト・偽アカウントではないかを確かめる
  • 出品者の活動状況を確認…活動が不明瞭なクリエイターの作品は、価値が暴落する恐れがある
  • セキュリティの高いNFTマーケットを利用…口座開設やアカウント登録に本人確認が必要なマーケットを選ぶ

国内NFTマーケットの中では、Coincheck NFTのセキュリティ面が優秀だよ。ネット証券大手のマネックスグループを主要株主に持っていて、信頼性も高いんだ。

CoincheckではNFT取引に必要な仮想通貨も買えるから、取引所の口座を持っていないならCoincheckで開設しておくとスムーズだね。

 

基盤であるイーサリアムはPoSに移行中。PolygonはすでにPoSを採用中

NFTの基盤であるイーサリアムは、問題点を解決するための開発が続けられています。イーサリアムはアップデートによって、PoWからPoSに移行予定です。

  • PoW(プルーフオブワーク)…マイニングを行い、最も素早く答えを出した者が報酬を受け取れる仕組み
  • PoS(プルーフオブステーク)…仮想通貨の保有量が多いほど、報酬を受け取れる可能性が上がる仕組み

現状のPoWによるマイニングは、大量の計算マシンによる電力消費が環境負荷をかけていると指摘されています。しかし、イーサリアムがアップデートによってPoSに移行すれば、電力消費が大きく緩和されると見込まれています。

イーサリアム以外では、Polygonのネットワークを利用したNFT売買も行われているよ。PolygonはすでにPoSで取引されていて、環境への負荷が少ないんだ。

イーサリアムはガス代(手数料)が高いのもネックだよね。アップデートが終われば、ガス代や電力消費問題の緩和も期待できそうだよ。

NFT分科会の立ち上げなどNFT関連の法整備は今後進んでいく予定

複数の業界団体がNFTのルール作りに動き出しており、NFT関連の法整備も進んでいくと予想されています。

ルール作りが進んで不正行為が排除されれば、「NFTは危険」というイメージも薄れていきそうだね。

そもそもNFTなど新しい時代の流れには批判の声が殺到する

新たな技術が普及する際には、どうしても批判の声が付きまといます。「NFTは無意味」「詐欺商品で危険」という意見を唱える人の中には、実際にはNFTを理解せずに何となく嫌っているというケースも見られます。

普及が進む仮想通貨でさえ、未だに手を出すな・やめとけといった声が挙げられます。NFTや仮想通貨との向き合い方は、新しいものだから拒絶するのではなく、正しい知識を持った上で、手を出すか出さないかを判断することが大切です。

よく分からないものを「怪しい」と思う気持ちもわかるけど、だからといって新しい技術を活用しないのはもったいないよね。

NFT市場は今後も急速な拡大が見込まれているから、今のうちから正しい知識や活用方法を身に付けておくべきだよ。

NFTを正しく理解して投資を始めよう

デジタル資産に新たな価値を付与したNFTは、今後もさまざまな分野で発展していくと予想されています。

NFT取引において、コピー商品・詐欺行為といった問題が発生しているのは事実です。しかし、信頼性の高い商品やNFTマーケットプレイスを利用すれば、トラブルに巻き込まれるリスクを大きく減らせます。

「仮想通貨の次に流行る」といわれるNFTの技術を体感して、新たな分野に先行投資するチャンスをつかんでください

最短5分で登録

コインチェック
  • Coincheckは利用者が多く、初心者に最適の取引所。NFT取引に必要なイーサリアムを簡単に購入できる。
  • Coincheck NFT(β)は国内最大級のNFTマーケット。今後も取扱いコンテンツの拡大が明言されている。
  • 口座開設までに最短1日。今すぐ登録作業を終わらせて、自分好みのNFTコンテンツを探そう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

(監修者)小川 和哉 http://mclinic.jp/

ファイナンシャルプランナー ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能

おすすめの記事