クアンタムって最近急騰したらしいんだけど、どんな仮想通貨なのかな?

ビットコインとアルトコインの仕組みを組み合わせたハイブリッドな通貨らしいね!

クアンタム(QTUM)は2021年8月現在こそ1,000円台を推移していますが、2021年上半期は顕著な伸びを示しており4月には2,000円、5月には3,600円超えまで到達しました。

クアンタムの大きな特徴としては、ライトウォレットと呼ばれる仕組みを導入していることです。ビットコインとイーサリアムの仕組みを組み合わせた通貨として、世界的に注目を集めています。

そこで本記事では、これからクアンタムに投資しようと考えている方に向けて、クアンタムの過去における価格推移・これからの将来性・買い方・その他特徴などについて解説していきます。

本記事をまとめると・・・
  • クアンタム(QTUM)は、ビットコインのブロックチェーン技術と、イーサリアムのスマートコントラクト技術を掛け合わせたハイブリッド通貨。
  • ライトウォレットという仕組みを採用し、データ処理の高速化を実現。ビットコインなどに見られるスケーラビリティ問題を克服できるシステムを持っている。
  • クアンタムは注目度の高さから、一時3,000円台を突破するなど、アルトコインのなかでも特に価値がついている仮想通貨の1つ。
  • クアンタムを購入するならCoincheckが一番おすすめ。国内No.1の仮想通貨取引アプリ。

\注目度の高さから一時爆上がり/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

もくじ(タップでジャンプ)

クアンタム(QTUM)とはどんな仮想通貨?クアンタムの特徴を解説

通貨名 クアンタム
シンボル QTUM
注目度 ★★★★☆
取扱取引所 Coincheck
DMM Bitcoin
時価総額
(2021年8月現在)
¥114,000,000,000
公式HP https://qtum.org/en

クアンタムって他の仮想通貨と何が違うの??

それではさっそく、クアンタム(QTUM)の特徴について確認していきましょう。

具体的には、下記といったポイントが挙げられます。

クアンタムの特徴
  • ビットコインのブロックチェーン技術とイーサリアムのスマートコントラクトが融合した画期的な通貨
  • PoSを採用しており、ステーキングサービスが利用できる
  • ライトウォレットにより軽快な動作が可能

それぞれ詳しく解説していきます。

ビットコインのブロックチェーン技術とイーサリアムのスマートコントラクトが融合した画期的な通貨

クアンタム(QTUM)は、ビットコインに用いられているブロックチェーン技術に加え、イーサリアムの持つスマートコントラクトを採用しているため、2つの特徴を併せ持つ仮想通貨です。

ブロックチェーンはよく聞くからわかるけど、スマートコントラクトって何だっけ??

念のため、各用語について確認しておきましょう。

ブロックチェーンはそれぞれの取引履歴(ブロック)を連鎖させ、一つでも改ざんされたら芋づる式にデータがおかしくなることでデータの破壊・改ざんを難しくする仕組みです。(参考:ブロックチェーンって何?

一方で、スマートコントラクトは取引を自動で行う処理のことで、スマートコントラクトを取り入れることで第三者を介することなく信頼性の高い取引を実現しています。(参考:スマートコントラクトとは何か?その仕組みや事例、実装への課題を解説

クアンタムは匿名性が高くセキュリティが確保されたブロックチェーンと、自動契約が行われる仕組みを組み合わせているハイブリッドな通貨として注目されているわけですね。

仮想通貨における二大巨塔の良いとこ取りしてるわけだから、注目されるはずだよね!

PoSを採用しており、ステーキングサービスが利用できる

仮想通貨の多くはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれるマイニングによって報酬が貰える仕組みを取り入れています。

PoWのマイニングでは計算処理能力が求められるため高性能なマシンが必要となります。それに伴って電力が大量に消費されることから環境面への懸念がありました。

一方でクアンタム(QTUM)は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれる、仮想通貨の保有量と時間によって報酬が貰える仕組みを用いています。

このことにより環境へかかる負荷も下がり、クアンタムを持っているだけで恩恵を得られるようになりました。

この持っているだけで報酬が貰える仕組みをステーキングサービスって言うんだ

ステーキングサービスについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

ライトウォレットにより軽快な動作が可能

クアンタム(QTUM)の強みとして、ライトウォレットと呼ばれるストレージ内容を減らすことで挙動を軽くするシステムも挙げられます。

ライトウォレットはデータの圧迫が少なく処理が速いことからもビジネス全般に対して有効であると注目されています。

先ほどのブロックチェーンやスマートコントラクトと組み合わせることにより、強固なセキュリティを保ちつつ迅速に処理を実現しているわけです。

クアンタム(QTUM)の2021年〜今後の価格動向


クアンタムって2021年上期だけでもかなり変動したらしいけど、どんな動きだったのかな?

クアンタムの価格動向についても確認しておきましょう。

特に大きな変動があったのは、下記イベントとなります。

クアンタムの価格動向
  • 2021年4月:4月30日のハードフォーク実施への期待からか、2018年以来の2,000円代突破。
  • 2021年5月:ハードフォーク影響により価格急騰。一時3,600円を突破し、2021年最高値を記録する。(2021年8月現在)
  • 2021年6月:仮想通貨の売り市場の影響もあり500〜600円台を推移
  • 2021年8月:上昇傾向となり1,000円台を突破。1,100円代を推移する。

それぞれ詳しく解説していきます。

2021年4月:4月30日のハードフォーク実施への期待からか、2018年以来の2,000円代突破。

引用:CoinMarketCap

クアンタム(QTUM)は2021年4月30日にハードフォークが実施され、その実施における前段階で期待からも価格を大幅に上げています。

ハードフォークって何だっけ??

ハードフォークとは、簡単に言うとブロックチェーンにおける枝分かれのことです。ハードフォークを行うことで従来と異なる新しい仮想通貨が誕生するケースもあります。(参考:暗号資産のハードフォークとは?基礎知識や過去の事例を紹介

クアンタムにおいても全く新しい特徴を持った仮想通貨が生まれるのではないかという期待から、月初の900円台から一気に2倍以上である2,000円台まで伸びました。

2021年5月:ハードフォーク影響により価格急騰。一時3,600円を突破し、2021年最高値を記録する。(2021年8月現在)

引用:CoinMarketCap

2021年5月にはクアンタム(QTUM)のハードフォークによる影響を受け、3,600円を突破しました。

この額は2021年8月現在時点で、2021年の最高値となっています。

ハードフォークをはじめとするアップデート前後には価格が乱高下する傾向にあるので、今後もこのような価格変動によるチャンスは逃したくありませんね。

2021年6月:仮想通貨の売り市場の影響もあり500〜600円台を推移

引用:CoinMarketCap

一時期2,000円~3,000円台を推移していたクアンタム(QTUM)ですが、仮想通貨の売り市場による影響もあって6月には500円~600円台を推移しています。

でもなんで売り市場になったの??

仮想通貨が売り市場になった理由はいくつかありますが、なかでも6月下旬に中国で暗号資産マイニングが禁止され、ビットコインをはじめとするPoWを採用した仮想通貨の価格がことごとく暴落した影響が大きいです。

ビットコインやイーサリアムといった主要通貨による価格暴落のあおりを受け、クアンタムなどアルトコインも売り市場になったことが大きな原因と考えられます。

2021年8月:上昇傾向となり1,000円台を突破。1,100円代を推移する。

引用:CoinMarketCap

一時期仮想通貨市場全体が売り市場でしたが、8月に入ってからは再び買い市場になり、クアンタム(QTUM)を含む仮想通貨は価格を挙げています。

これから投資をするにあたっても、買い市場が続いてくれると嬉しいですね。

仮想通貨が伸びている理由としては、ツイッター社がビットコインによる決済を導入する可能性を示唆した影響が大きいよ

クアンタム(QTUM)の将来性は?2021年以降はいくらまであがる?今後の見通しを予想

クアンタムの過去の動向だけでなく、将来性も知りたいな!

クアンタム(QTUM)の将来性についても確認しておきましょう。

具体的に注目すべきポイントとしては、下記点が挙げられます。

クアンタムの将来性
  • Qtum CoreやQtum Neutronなど今後の開発計画ロードマップが公開されている
  • 2025年にかけて6,000円に到達するとの海外投資家の意見
  • 中国の仮想通貨のため、中国政府の意向に左右されてしまう
  • GoogleやAmazonなど巨大テック企業との提携を進めている

それぞれ詳しく解説していきます。

Qtum CoreやQtum Neutronなど今後の開発計画ロードマップが公開されている

クアンタム(QTUM)は2021年時点でもアップデートが5つ公開されています。

具体的な内容としては、下記内容となっています。

  • Qtum Core:より高速な処理の実現やハードウェアウォレット・仮想マシンの実施といったクアンタムの基盤となる技術
  • Qtum Infrastructure:イーサリアムやクロスチェーンブリッジとのスマートコントラクト統合
  • Neutron:仮想マシンインターフェースの更新
  • DeFi & DApp Partnerships:DeFiやDAppといったシステムとの連携
  • Community Activities:報酬や役割の見直し、コミュニティへの関与

(参考:Qtum 2021 Roadmap Explanation

仮想通貨はアップデートによりその有用性が向上した際に価格が上がる傾向にあります。Twitterやニュースサイトの情報を見逃さないようにしておきましょう。

2025年にかけて6,000円に到達するとの海外投資家の意見

Lastly, there is a QTUM price forecast by Wallet Investor, which says that QTUM will hit $5 in December 2021, and $11.52 by December 2025. Given the coin's performance over the last three years, this one seems the most likely forecast by far. Of course, there is no way of knowing that for certain until the time comes, and QTUM's performance speaks for itself.

上記発言とあるように、2025年といった少将来には、クアンタム(QTUM)は60ドル(6,000円)に到達すると言った見方をする海外投資家もいます。

クアンタムが伸びる理由に関してはさまざまですが、もっとも大きな要因としてはDeFiへの参入ではないかといった意見が目立ちます。

DeFiは確かブロックチェーンを活用した金融取引の形態のことだから、クアンタムとは相性良さそうだね!

中国の仮想通貨のため、中国政府の意向に左右されてしまう

クアンタム(QTUM)は中国で生まれた仮想通貨のため、中国政府における意向に左右されてしまう点には注意が必要です。

中国ではIoTやAIといったITシステムの活用が進んでいますが、共産党による独裁政治のため突発的に意向が変わり不要と認識された場合に、一気に排除されてしまうと言ったリスクも考えられます。

特に仮想通貨の概念は新しいため、急に取引所で利用できなくなる可能性がある点も押さえておきましょう。

中国の情勢についてもアンテナを張っておいた方が良さそうだね

GoogleやAmazonなど巨大テック企業との提携を進めている

クアンタム(QTUM)はライトウォレットの特性からもビジネスシーンで活躍できることが想定されます。

そのためGoogleやAmazonといったGAFAクラスの巨大テックとも提携を進めています。(参考:アマゾン・ウェブサービス中国部門、Qtumブロックチェーンと提携|仮想通貨QTUMの価格も上昇

今後も世界各国の大規模な企業と提携することが期待できるため、将来性は高いと言えでしょう。

クアンタム(QTUM)の購入方法・買い方

クアンタムって将来性高そうだから買ってみたいけど、どうやって買えば良いんだろう?

クアンタム(QTUM)の購入手順は以下の通りです。

クアンタムの購入手順
  1. Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  2. Coincheck(コインチェック)に日本円を入金する
  3. Coincheck(コインチェック)でクアンタム(QTUM)を購入する

3ステップで簡単に購入できるので確認しておきましょう。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

CoinCheck

クアンタム(QTUM)は人気の高い仮想通貨であるため、国内でも取り扱っている仮想通貨取引所は多いです。

しかし、そのなかでも特にCoincheckがおすすめです。

理由としては3つの点が挙げられます。

  • 初心者でも直感的にわかるUIを搭載
  • 取引手数料が安い
  • 500円からの少額投資も可能

口座開設も非常に簡単で、メールアドレスと氏名を入力しその後送られて来るURLに本人確認書類の写真を送付するだけで登録が完了します。

混み具合とか時期にもよるけど、早いときは数分で登録完了するよ!
\BTC×ETHのハイブリッドに期待/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

2.Coincheck(コインチェック)に日本円を入金する

無事に口座開設ができたら、日本円をCoincheckに入金しましょう。

入金方法は、下記の3つがあります。

  • 銀行入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

ただ、どれもクレジットカードには非対応みたい!

3.Coincheck(コインチェック)でクアンタム(QTUM)を購入する

Coincheckへの入金が完了したら販売所(購入)からクアンタム(QTUM)を選択し購入します。

日本円でいくら分買うと言った金額指定と、クアンタムで何単位購入すると言った指定ができるので好きな方を選んでください。

Coincheckは取り扱う銘柄が多いから買い間違いに注意しよう!

クアンタム(QTUM)に投資するうえで知っておきたいこと

ところで、クアンタムを買うにあたって注意しておいた方が良いこととかあるのかな?

クアンタムを購入するにあたってよくある質問は、下記の2点です。

クアンタムに対するよくある質問
  • Q.「クアンタム(QTUM)の発行枚数に上限はある?」
  • Q.「クアンタム(QTUM)の半減期はいつと予想されている?」

それぞれ詳しく解説していきます。

Q.「クアンタム(QTUM)の発行枚数に上限はある?」

クアンタムの発行枚数ですが、発行された2016年12月19日段階で1億QTUM発行されました。

それ以降は毎年1%(100万QTUM)発行されています。

現時点では購入できますが、アップデートや提携によって需要が上がった場合購入できない可能性もあるので、気になる方は今のうちに確保しておいても良いでしょう。

需要が上がってからだと価格も高くなっちゃうから買いにくくなるよね

Q.「クアンタム(QTUM)の半減期はいつと予想されている?」

クアンタムの半減期ですが、2021年12月ではないかと予想されています。(参考:QTUM(クアンタム)、550円(5.0ドル)ラインが分水嶺?

ただしあくまで予想であり確定事項ではありません。

その点は注意して、慎重に投資しましょう。

クアンタム(QTUM)の今後の将来性予想まとめ

今回はビットコインのブロックチェーンと、イーサリアムのスマート・コントラクトを搭載したクアンタムについて解説させていただきました。

ライトウォレットといった独特の仕組みも持っており、今後注目度が増していく可能性も十分に考えられる仮想通貨です。

興味を持たれた方は、ぜひCoincheck経由で投資してみてください。

\ハイブリッド通貨は注目度が高い!/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士
一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

おすすめの記事