【2023年】ライトコイン(LTC)のおすすめ取引所は?最新情報や今後の将来性についても徹底解説

ライトコインって今後も人気が続きそうですか?

送金時間が短くて決済手段としても期待されているから、興味があるなら今のうちに購入しておこう!

ライトコインは代表的な仮想通貨であるビットコインをベースとした銘柄です。日常シーンでの利用を想定して開発されているため、決済手段としての需要が拡大すれば価格の上昇にも期待できます。

本記事ではライトコインの概要や価格動向を解説し、今後の予想についても考察しました。ライトコインの購入を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてください。

本記事をまとめると・・・

コインチェック
  • ライトコイン(LTC)は、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決し、日常での決済にフォーカスした仮想通貨。
  • ライトコインは発行上限枚数がビットコインの4倍、決済スピードはビットコインの4分の1であり、米国PayPalでの決済通貨として採用など、高い将来性が期待されている。
  • ライトコイン(LTC)の購入でおすすめの取引所は、Coincheck。国内最大級の仮想通貨アプリ。

ライトコインの普及が高騰の鍵Coincheckで無料口座開設する

目次

ライトコイン(LTC)とは?

通貨名 ライトコイン
シンボル LTC
注目度 ★★★★★
取扱取引所 Coincheck
GMOコイン
DMM Bitcoin
時価総額 14,098,234,965円(2021年9月4日現在)
公式HP https://litecoin.com/en/

ライトコイン(LTC)は2011年にリリースされたアルトコインです。ビットコインをベースに開発されており、取引システムに「Segwit(セグウィット)」を採用したことで送金時間の短縮を実現しました。

ビットコインと比べてスピーディーな送金ができるから、決済手段としての普及を期待されているんだ。

発行上限がビットコイン(BTC)の4倍、ビットコインの補完通貨

ビットコインの補完通貨として誕生したライトコインの発行上限は8,400万枚です。ビットコインの発行上限である2,100万枚と比べると、その差は4倍となっています。

仮想通貨は希少性や価値の低下を防ぐために発行上限が決められているのが一般的です。また半減期を設けることで市場に流通する通貨量をコントロールし、通貨のインフレを抑制しています。

ライトコインも上記の理由から発行上限を設けていますが、枚数が多いのはビットコインの補完と日常シーンでの利用を想定してるからです。ライトコインを市場に広く流通させるために、発行上限はビットコインの4倍となっています。

通貨が市場に流通していないと決済手段として使ってもらえないですもんね。

モナコイン(MONA)と同様に高速なSegwitを採用。送金時間はピカイチ

ライトコインはモナコインと同様に「Segwit」を採用したことで、スピーディーな決済を実現しました。

Segwit(セグウィット)とは「Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域)」の略語です。Segwitはトランザクション情報をコンパクトに圧縮することで、ビットコインの抱えていたスケーラビリティ問題の解決が期待される技術です。2017年8月にビットコインに実装されました。

まずはビットコイン・イーサリアム・ライトコインの送金時間を確認しておきましょう。

通貨名 送金時間
ビットコイン(BTC) 約10分
イーサリアム(ETH) 約5分
ライトコイン(LTC) 約2.5分

3つの銘柄を比較してみると、ライトコインの送金時間がいかに短いかがわかります。

ライトコインに採用されたSegwitは、トランザクション情報を圧縮することでスピーディーな送金を実現しています。

ビットコインと比べてひとつのブロックにより多くのデータを入れられるため、取引量が増加しても承認作業の遅れが発生しにくいのも特徴です。

決済手段として実用化するには、スケーラビリティ問題の解消が必須だね。
[getpost id=”3440″ ]

PayPalにも導入検討される日常決済を目的とした通貨

2020年10月21日にアメリカの大手決済会社「PayPal」が仮想通貨市場への参入を発表しています。PayPalでの取扱いが決定していたビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコインの価格が一時的に上昇しました。

また2021年3月30日には、PayPalでライトコインを含む仮想通貨による決済サービスが開始されています。これによりライトコインは「日常的な決済での利用」という開発当初の目的を達成したと言えるでしょう。

米決済大手ペイパル(PayPal)は30日、約2900万の加盟小売店で暗号資産(仮想通貨)による決済サービスを始めると発表した。

ユーザーは店舗で決済する際、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をクレジットカードやデビットカードと同じように利用することができる。

 

仮想通貨によるPayPal決済はまだ米国のみで利用されていますが、利用者が増えれば今後は世界中での普及にも期待できます。

アメリカの大手企業からも将来性に期待されているんですね!

ライトコイン(LTC)を取扱う仮想通貨取引所

2021年9月4日現在、ライトコインを取り扱う金融庁から認可済みの取引所には14社があります。その中から取引手数料や最小取引単位などに注目して、特におすすめの5社をピックアップしました。

名称 取引所 販売所 取引手数料 最小取引単位(LTC) 送金手数料
Coincheck
コインチェック
販売所…無料
取引所…Maker:-0.01%,Taker:0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
Maker:-0.03%,Taker:0.09%(その他)
500円相当額(円建て) 変動手数料制
GMOコイン
GMOコイン
無料 販売所:0.01LTC
取引所:0.1LTC
0.1LTC
DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
無料
※BitMatch手数料を除く
販売所:0.1LTC 無料
BITPOINT
BITPOINT
無料 販売所:0.00000001LTC
取引所:0.01LTC
無料

ライトコインを購入する取引所を選ぶ際には、最小取引単位や送金手数料がいくらかかるのかに注目するのがおすすめです。

また販売所の取引手数料は無料ですがスプレッドが広い傾向にあるため、利用する取引所が販売所形式であるか取引所形式であるかもチェックしておきましょう。

どの取引所も利用しやすいけれど、Coincheckのツールがわかりやすくて初心者でも安心して取引できるよ。

1位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック

 

名称 Coincheck
取引所
販売所
取引手数料 無料
最小取引単位(LTC) 500円相当額(円建て)
送金手数料 変動手数料制

Coincheckは2020年のアプリダウンロード数でNo.1を獲得しており、初心者でも利用しやすい取引所です。

販売所形式のみのため取引手数料が無料で、日本円の入金も銀行から無料で行えます。また円建てで500円相当額から取引を始められるので、少額投資を行えるのもCoincheckの魅力です。

 

[getpost id=”2069″]

2位:GMOコイン

GMOコイン

 

名称 GMOコイン
取引所
販売所
取引手数料 無料
最小取引単位(LTC) 取引所:0.1LTC
販売所:0.01LTC
送金手数料 0.1LTC

GMOコインでは取引所と販売所の両方でライトコインの取引が可能であるため、初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

取引所を利用する際にMakerとして取引を行えば、マイナス手数料により取引金額の0.01%が還元されるのも魅力です。

  • Maker:取引板にない価格で注文して約定した取引
  • Taker:取引板に並ぶ価格から注文して約定した取引

ライトコインを取引所形式で購入できるので、取引にかかる費用を抑えたい方はチェックしておきましょう。

 

[getpost id=”2230″]

3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

 

名称 DMM Bitcoin
取引所
販売所
取引手数料 無料
※BitMatch手数料を除く
最小取引単位(LTC) 販売所:0.1LTC
送金手数料 無料

DMM Bitcoinはゲームや動画でお馴染みのDMM.comが運営する取引所です。取引手数料や送金手数料が無料であり、ライトコインのレバレッジ取引を行えます。

ライトコインの現物取引はなくレバレッジ取引のみなので取引に慣れた方向けですが、レバレッジ取引に挑戦したい方にはおすすめです。高度な取引ツールが提供されているため、上級者も取引に満足できるでしょう。

[getpost id=”1972″]

 

4位:BITPOINT

BITPOINT

 

名称 BITPOINT
取引所
販売所
取引手数料 無料
最小取引単位(LTC) 取引所:0.01LTC
販売所:0.00000001LTC
送金手数料 無料

BITPOINTもGMOコインと同様に取引所と販売所の両方でライトコインを購入できます。セキュリティ性が高く、顧客資産と会社資産を別々で管理しているため万が一取引所が破産した際も顧客資産は守られることになります。

また口座開設の申し込みから最短当日で取引を開始できるので、すぐにライトコインを購入したい方にもおすすめです。

[getpost id=”3732″]

ライトコイン(LTC)の購入方法・買い方について

ライトコインの購入は以下2つのステップで簡単に行えます。

  1. Coincheck(コインチェック)で無料口座開設する
  2. ライトコイン(LTC)を購入する

ライトコインの購入を検討している方はお手持ちのスマホから、口座開設の申し込みを行いましょう。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設する

まずはCoincheckにて無料で口座開設を行います。公式サイトから「会員登録」をクリックし、必要情報を入力するだけで申し込みは完了です。

申し込みの際に本人確認があるので、運転免許証などの本人確認書類を手元に用意しておくとスムーズに行えます。

2.ライトコイン(LTC)を購入する

Coincheckで口座開設が済んだら、公式サイトにログインしてください。

ライトコインの購入準備として、まずは日本円を入金します。日本円の入金方法には以下3つがあり、手数料のかからない銀行振込がおすすめです。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

日本円の入金を確認したら「販売所(購入)」をクリックして、表示された銘柄の中からライトコインを選択します。購入する数量を入力し、交換する通貨を選択したら「購入する」をクリックしてください。

以上の操作でライトコインの購入が完了します。

購入する際に気をつけることってありますか?

日本円が入金されているかと、購入する数量に間違いはないかを確認しておこうね。

ライトコイン(LTC)の現在のチャートについて


ライトコインは2021年9月4日現在、24,000円前後のレートで推移しています。

2021年5月上旬に一時的に40,000円台を記録しましたが、その後は15,000円台まで価格が下がりました。

現在は徐々に価格が上がっており、1か月前の8月上旬と比較すると1万円近くの値上がりを見せています

ライトコイン(LTC)の今後の見通しは?10万円まで到達する?その将来性について

ライトコインの10万円到達を期待する声もありますが、現状から見て今後の価格が上昇する可能性はあるのでしょうか。

ここではライトコインの価格が上昇する可能性について考察しています。

  • イーサリアムと異なり日常決済にフォーカスしているため、決済手段として普及する
  • ビットコインが普及するほど、よりスピードの早いライトコインが注目される
  • 2023年には50,000円台に達するとのWalletInvestorの考察

それぞれ詳しく解説していきます。

イーサリアムと異なり日常決済にフォーカスしているため、決済手段として普及する

ライトコインはアルトコインを代表する銘柄であるイーサリアムとは異なり、日常的なシーンでの決済手段となることを目的に開発されました。

トランザクションを処理する技術としてSegwitを採用したことで、ビットコインやイーサリアムよりスピーディーな送金を実現しています。

実際に大手決済企業であるPayPalがライトコインを用いた決済サービスを開始しており、アメリカでは約2,900万の加盟店でライトコインによる決済が可能です。

ライトコインによる決済の利用者が増加すれば、アメリカだけでなく世界中に決済手段として普及する可能性が広がっています。

将来的には日本国内でも仮想通貨を利用したPayPal決済を利用できるかもしれませんね。

ビットコインが普及するほど、よりスピードの早いライトコインが注目される

ライトコインはビットコインをベースに開発された補完通貨です。ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解消しており、スピーディーな送金に期待がかかっています。

ビットコインはブロックのサイズが1MBに制限されているため、大量の取引を行うとデータ処理が追いつかずに遅れが発生していました。しかしライトコインはSegwitを採用したことでデータを圧縮し、スムーズな処理を行えます。

ビットコインは仮想通貨の中でも人気が高いため、ビットコインが普及すればするほど補完通貨であるライトコインへの注目も集まるでしょう。

送金スピードの速さは高額な手数料の問題を解消するから注目が集まるね。

2023年には50,000円台に達するとのWalletInvestorの考察

仮想通貨の相場予想サイトである「WalletInvestor」では、2023年にライトコインの価格が50,000円台まで上昇すると予想を立てています。

この予想はPayPalがライトコインの有用性に目をつけて協業に乗り出したことや、ビットコイン相場との相関性を考えてのことでしょう。

実際に2021年5月上旬にはライトコインの価格が40,000円台まで上昇しており、今後1年間で50,000円台への到達は現実的な数値でしょう。

決済手段としてどこまで普及できるかが、今後の価格上昇にかかっていますね。

ライトコイン(LTC)の取引所まとめ

ライトコインはビットコインの補完通貨としての役割を持つ銘柄です。2021年9月4日現在は24,000円台を推移しており、今後の価格上昇にも期待できます。

本記事では5社の取引所を紹介しましたが、ライトコインを購入するならCoincheckの利用が最もおすすめです。シンプルで使いやすい取引アプリが用意されているため、初心者でも安心して取引ができます。

ライトコインは決済手段として普及すれば価格が上昇する可能性が高いので、興味のある方はCoincheckの口座を開設して今のうちに保有しておきましょう。

本記事をまとめると・・・

コインチェック
  • ライトコイン(LTC)は、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決し、日常での決済にフォーカスした仮想通貨。
  • ライトコインは発行上限枚数がビットコインの4倍、決済スピードはビットコインの4分の1であり、米国PayPalでの決済通貨として採用など、高い将来性が期待されている。
  • ライトコイン(LTC)の購入でおすすめの取引所は、Coincheck。国内最大級の仮想通貨アプリ。

ライトコインの普及が高騰の鍵Coincheckで無料口座開設する

監修者

(監修者)内山 貴博 http://ufp.webin.jp/

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士CFP®︎)、MBA(九州大学院経済学府 経営修士課程終了)九州共立大学経済学部非常勤講師
証券会社に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座を担当。また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティングや、日本の生活やお金のことに疑問を抱える外国人向けのFP相談業務を開始。主な著書:「駆け出しFPの事件簿」「お金の使い方テク」。

[getpost id=”1474″][getpost id=”3618″][getpost id=”2860″][getpost id=”2665″][getpost id=”2041″][getpost id=”1797″][getpost id=”1293″]

 

 

 

あわせて読みたい
仮想通貨のナンピンの方法やタイミングとは?ナンピンするメリット・デメリットも解説 仮想通貨の取引方法でナンピンってテクニックがあるみたいだけど、どんな取引なのかな? ナンピンは株とかFXでもあるけど、価格が下がった仮想通貨を買い増しする方法だ...
あわせて読みたい
仮想通貨取引所クラーケンの口コミ評判は?登録方法から取引方法まで徹底解説 仮想通貨取引所のクラーケンは2011年と取引所の中でもかなり前から設立されている取引所で、セキュリティに定評があります。 ただ、取引できる仮想通貨の種類や評判を知...
あわせて読みたい
Bitgate(ビットゲート)の口コミ評判は?口座開設方法や手数料に関しても徹底解説 Bitgateは国内取引所の1つで、セキュリティや使いやすさに定評のある取引所です。 本記事ではBitgateの特徴や評判、口座開設方法などを解説していきます。Bitgateは使い...
あわせて読みたい
Solana(ソラナ/SOL)のステーキングのやり方を解説|おすすめの取引所や利回り・利率を紹介 Solanaってステーキングサービスを利用できるみたいなんだけど、どの取引所が良いのかな? 取引所によって利率や利回り、それに取引手数料もばらばらだから、どの取引所...
あわせて読みたい
仮想通貨の先物取引について徹底解説|レバレッジ取引のやり方や先物と現物の違いも紹介 仮想通貨の先物取引をしたいんだけど、先物は現物と何が違うの? 先物取引は、期日までに決済をすれば良い取引で、特徴や取引のやり方を解説するね。 仮想通貨の先物取...

 

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次