OpenSeaは誰でも簡単にNFT取引できるって聞いたけど、今からチャレンジしても遅いのかなぁ。

ここ最近OpenSeaは爆伸びしてるから、今始めればブームに乗れるかもしれないよ。

世界最大のNFTマーケット・OpenSea(オープンシー)は2021年の後半から急速に市場を拡大しており、NFT投資において今からでも十分に成功を狙えるチャンスがあります

出典:OpenSea monthly volume (dune.xyz)

※データは2021年12月9日時点

この記事では、OpenSeaの使い方や出品方法を分かりやすく解説します。最先端のNFT技術を使いこなして、収益の獲得を目指しましょう!

この記事をまとめると…

コインチェック
  • OpenSeaは世界最大のNFTマーケットで、誰でも簡単にNFTの作成・出品・転売が可能。
  • NFT販売は有名人だけでなく、一般のクリエイターも成功をつかんでいる。
  • OpenSeaの取引に必要なイーサリアムはCoincheckで買うのが圧倒的におすすめ。使い方が分かりやすく、初心者でも購入しやすい。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSeaとは、NFTコンテンツの販売・購入・二次流通(転売)が可能なプラットフォームです。

アート・ゲームアイテム・音楽など、さまざまなNFTを取り扱っています。

NFT…仮想通貨のブロックチェーン上で発行される「代替不可能なデジタルデータ(Non Fungible Token)」のこと。NFTはデジタル資産を識別できるため、唯一無二の資産を保有できる

世界初・世界最大のNFTマーケットプレイス

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイスで、NFT取引量は世界No.1を誇ります。

使い方が簡単な上に、誰でも簡単にNFTを出品できるのが特徴です。著名人から一般のクリエイターまで、幅広く利用されています。

NFTマーケットでは自分の作品に値がついたり、転売されたときに売り上げの一部がもらえたりするから、クリエイターとしては挑戦したくなるよね。

2017年にニューヨークで創業。現在の評価額は100億ドル

OpenSeaはNFT業界の中では最古参レベルの企業で、2017年に運営を開始しました。

近年の世界的なNFTブームの流れに乗り、事業規模を急速に拡大しています。20218月時点、OpenSeaの評価額は100億ドル(約1.14兆円)相当といわれています。(参考:Yahooニュース)

たった4年で世界的な大企業まで上り詰めたんだね。

2021年8月時点で月間取引高1,300億円を突破

OpenSeaの取引高は2021年後半にかけて一気に増加しました。

7月の売上高は約3億ドルでしたが、翌8月には10倍以上となる30億ドル(1,300億円)を記録しています。

最高記録をつけた8月以降も売上高は安定しているし、今後もさらなる発展が期待できるよ。

OpenSea(オープンシー)を使用するメリット

OpenSeaを利用するメリットは以下の4点です。

  • NFTの作成が誰でも簡単にできる
  • 取り扱えないNFTはほぼない
  • マルチチェーン対応でガス代を抑えられる
  • ジャンルごとの価格変動が一目瞭然

NFTの作成が誰でも簡単にできる

OpenSeaは使い方が簡単で、誰でもNFTを作成可能です。公式サイト内は部分的に日本語化が進んでいるため、英語が分からなくても利用できます。

NFTの作成や出品に費用がかかるマーケットプレイスもありますが、OpenSeaでは無料でNFTを作成できます。

なお、OpenSeaの出品時にかかる手数料は以下の通りです。

  • NFTの作成…無料
  • NFTの出品…初回の販売のみガス代(手数料)が発生
  • 販売手数料…NFTが売れた段階で、販売額の2.5%が徴収される

他のマーケットプレイスよりも出品手数料が安く済むため、クリエイターから人気を集めています。

ガス代(Gas代)はイーサリアムの価格によって変動するんだ。出品時のガス代には5,000~15,000円前後を見積もっておこう。

OpenSea(オープンシー)で取り扱えないNFTはほぼない

OpenSeaでは、ありとあらゆるNFTに対応しています。例として、以下のNFTが挙げられます。

  • アート
  • 音楽
  • ドメイン
  • 仮想空間
  • トレーディングカード

NFT化できるデジタルデータであれば、基本的に何でも出品可能です。

作品の幅が広く数も多いため、他のNFTマーケットプレイスよりも購入者が集まっています。有名アーティストの作品はもちろん、将来性のある一般クリエイターの作品を購入できるのもポイントです。

でも、あらゆるNFT作品があるってことは、作品を探すのも大変なんじゃないの?

OpenSeaは、作品の検索・絞り込み機能が整っているよ。予算に合った作品探しもできるんだ。

イーサリアム・Polygonのマルチチェーンに対応し、ガス代を抑えられる

基盤のブロックチェーンはイーサリアムですが、PolygonMATICKlaytnなどのブロックチェーンにも対応しています。

イーサリアムネットワークは利用者が圧倒的に多いものの、ガス代(手数料)が高いのがデメリットです。

コストを抑えて取引をしたいなら、イーサリアム以外のネットワークを使ってみるのも良いでしょう。

OpenSeaは今後も対応ブロックチェーンを増やしていくと予想されているよ。マーケットのさらなる拡大が期待できるね。

NFTのジャンルごとの価格変動等が一目瞭然

OpenSeaのランキング機能には、価格変動のデータが明記されています。

NFT市場は比較的新しい分野であり、統計や分析を見つけるのが難しいものです。しかし、OpenSeaの販売量別ランキングや、売り上げに関するアクティビティを見れば、最新のトレンド調査に生かせます。

また、急激に売り上げを伸ばしたクリエイターを見つけられるため、将来性のあるNFT作品をいち早くチェックできます。

いつ・誰が・いくらでNFTを買ったのかも、すべて記録されているんだね!

OpenSea(オープンシー)のデメリット・注意点

OpenSeaはイーサリアムチェーンが基盤となっているため、高いガス代が発生する点はデメリットです。数千円のNFT作品を購入する場合、作品よりも手数料の方が高くつくケースもあります。

OpenSeaのデメリットをまとめると、以下の点が挙げられます。

  • ガス代が高い
  • 作品が売れない可能性もある
  • 偽サイト・詐欺商品に注意

OpenSeaは誰でもNFTを販売できるプラットフォームですが、作品を売るには地道な準備が必要です。SNSを運用したり、人気のジャンルを調べたりしながら、売れるNFTづくりを目指しましょう。

また、OpenSeaを騙った偽サイトによるデータ流出も発生しています。盗作・コピーなどの詐欺商品も出回っているため、利用の際は注意が必要です。

世界的に人気のあるNFTマーケットだけど、使い方を間違うとリスクもあるんだね。まずは国内大手で日本語サイトがしっかりしているCoincheck NFT(β)をチェックするのも良さそうだよ。

OpenSea(オープンシー)の始め方・登録方法

ここからは、OpenSeaの始め方や登録方法をお伝えします。以下の流れで作業を行うとスムーズです。

  • Coincheckで無料口座開設をする
  • 日本円を入金する
  • イーサリアム(ETH)を購入する
  • イーサリアムをMetaMaskに送金する
  • OpenSea(オープンシー)に登録する

それぞれ詳しく解説します。

STEP1:Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

 

OpenSeaでNFTの売買を行うには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要です。国内大手の取引所であるCoincheckなら、初心者でもイーサリアムを簡単に購入できます。

まずはCoincheck公式ホームページの「会員登録」から、口座開設を行ってください。途中の本人確認作業に備えて、運転免許証・個人番号カード・パスポートのいずれか1つを準備しておきましょう。

登録作業は5分ほどで終わるけど、口座が開設されるまでは最短1日かかるよ。先にCoincheckの登録作業を終わらせておこう。

STEP2:Coincheck(コインチェック)に日本円を入金する

仮想通貨を購入するために、Coincheckに日本円を入金しましょう。入金方法は以下の通りです。

  • 銀行口座から入金…入出手数料は無料。銀行への振込手数料は利用者負担※
  • コンビニ入金…入金手数料770円~1,018
  • クイック入金…入金手数料770円~

※GMOあおぞらネット銀行・住信SBIネット銀行の口座なら振込手数料無料

「銀行口座から入金」を選べば手数料を抑えられるよ。アプリからサクッと入金しておこう。

STEP3:Coincheck(コインチェック)でイーサリアム(ETH)を購入する

入金が完了したら、イーサリアムの購入に進みます。

  1. スマホアプリ内の「販売所」をタップ
  2. 「イーサリアム」→「購入」をタップ
  3. 購入したいイーサリアムの金額を入力
  4. 「日本円でイーサリアムを購入」をタップ

以上でイーサリアムの購入は完了です。

アプリからイーサリアムを簡単に買えるのは便利だね。

STEP4:CoincheckからMetaMaskに送金する

MetaMaskとは、イーサリアム系の仮想通貨を保管できるウォレットアプリで、デジタル上のお財布のようなものです。NFTの入庫・出庫にはMetaMaskが必要になるため、インストールしておきましょう。

ブラウザ版とアプリ版が用意されており、どちらも無料で簡単に利用できます。

アカウント作成でパスワードを登録する際は、他のサイトで利用しているパスワードの使い回しは避けましょう。
財布の鍵となる大切なパスワードとなるため、無くしたり他人に知られたりしないよう注意してください。

MetaMaskの準備が終わったら、Coincheckの「コイン送金」から「Ethereumを送る」を選択します。送金先アドレスが正しいかどうかをよく確認し、イーサリアムを送金してください。

送金先を間違うと、イーサリアムを失う可能性もあるんだ。しっかりチェックしよう。

STEP5:OpenSea(オープンシー)に登録する

MetaMaskへの送金が完了したら、OpenSeaへの登録を行いましょう。

登録方法の流れは以下の通りです。

  1. OpenSeaの公式ホームページにアクセス
  2. 「作成」をクリックしてアカウントを作成
  3. My Account Settings」を選択
  4. Sign In」をクリックしてMetaMaskアカウントを接続
  5. 「署名の要求」画面に移動後、「署名」をクリック
  6. ユーザー名とメールアドレスを登録・認証

OpenSeaとMetaMaskの紐づけが完了すれば、いよいよNFTの売買が始められるよ。

OpenSea(オープンシー)で売買可能なアイテム・売れるもの

デジタルデータとしてNFT化できるコンテンツなら、基本的に何でも売買可能です。OpenSeaで売れるものは、以下のジャンルに分類されます。

  • NFTアート
  • NFT音楽
  • ドメインネーム
  • 仮想空間
  • トレーディングカード
  • コレクターズアイテム
  • スポーツ系アイテム

NFTアート

出典:onigiriman's cute girl Collection - Collection | OpenSea

  • CryptoPunks24×24ピクセルのデジタルアート。最古のNFTプロジェクトとして絶大な人気を誇り、数千万で落札されている。
  • onigiriman…日本トップクラスのNFTクリエイター。取引総額は200ETHを超えている。
  • CryptoNinja…仮想通貨系インフルエンサーのイケハヤさんが運営。二次創作を積極的に推進している

VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品が1,300万円で落札されるなど、NFTアートは高値での取引が話題に上りやすいジャンルだね。

NFT音楽(ミュージック)

出典:Async Music - Collection | OpenSea

  • Async Music…音楽とNFTを融合させた新サービスを展開。アートと音楽のコラボレーションを目指す
  • Audioglyphs…ドット絵NFTのデータを元にした音楽をNFT
  • 酒井法子さん…「蒼いうさぎ2021」の限定音源と写真を出品

小室哲哉さんがNFT音楽に参入したことも注目されているね。

ドメインネーム

出典:ENS: Ethereum Name Service - Collection | OpenSea

OpenSeaでは「.eth」「.coin」など、ブロックチェーンに関連するドメイン名が人気を集めています。

売上高が多いのは「イーサリアム・ネーム・サービス」で、「.eth」ドメインのNFTを数多く作成しています。

魅力のあるドメイン名には、10万ドルの値がつくこともあるよ。

仮想空間(バーチャルワールド)

出典:The Sandbox - Collection | OpenSea

The SandboxはCoincheck NFT(β)でも取り扱われている、世界的に人気のあるタイトルだよ。

トレーディングカード

出典:Sorare - Collection | OpenSea

NFTゲームは楽しみながら稼げるのが魅力だね!

コレクターズアイテム

出典:CryptoPunks - Collection | OpenSea

  • CryptoPunksNFT界を代表するシリーズの1つ。20218月にはVISA1,700万円で購入
  • Meebits…CryptoPunksを手掛けるLarva Labs20215月にリリース。レアカードは億単位の金額で取引されている
  • 1SEC…日本初のバーチャルスニーカーをOpenSeaRaribleに出品。わずか9分で140万円の値がつく

Meebitsは2021年11月からCoincheck NFT(β)でも取扱いが始まっていて、日本でも注目度が高まっているよ。

スポーツ系アイテム

出典:F1® Delta Time - Collection | OpenSea

  • F1® Delta Time…F1公式ライセンスを受けたブロックチェーンゲーム。レーシングパーツNFTを売買できる
  • ZED RUN…デジタル競走馬を所有して優勝を狙う競馬ゲーム
  • Blue United eFC…日本初のプロeスポーツチームによるNFT発行

Jリーグや西武ライオンズなど、日本のスポーツチームによるNFT事業進出が進んでいるんだ。

OpenSea(オープンシー)でのNFTの出品方法

ここからは、OpenSeaにおけるNFTの出品方法をお伝えします。出品の流れは以下の通りです。

  1. トップページから「作成」を選択する
  2. 出品・販売するNFTを選ぶ
  3. 出品・販売するNFTの価格などの条件を設定する

それぞれ順番に解説します。

STEP1:OpenSea(オープンシー)のトップページから「作成」を選択する

まずはNFTの作成を行います。OpenSeaのトップページから「作成(Create)」を選択し、NFTを作りましょう。

Create new item」のページに移動したら、作品情報を入力します。作品名・外部リンク・取引通貨などの項目を記入して「Create」をクリックすれば、NFTの作成は完了です。

NFTの作成や出品は無料だよ。ただし、初回はガス代(手数料)が発生することを覚えておこう。

STEP2:出品・販売するNFTを選ぶ

出品・販売したいNFTを選ぶ作業に移ります。画面右上のアイコンから「My Profile」をクリックしましょう。

保有しているNFTの一覧が表示されたら、出品したいNFTをクリックし、「売る」を選択してください。

STEP3:出品・販売するNFTの価格などの条件を設定する

続いて、NFTの出品方法を選択します。

  • Set Price:決められた価格で販売する
  • Highest Bid:期間を設定して行うオークション販売
  • Include ending price:ダッチオークション(高値から開始して徐々に安くなり、最初の入札者が購入する)
  • Privacy:任意の1名に販売する

Highest Bid(オークション形式)を選択した場合は、以下の情報を入力しましょう。

  • Minimum Bid:始値
  • Reserve price:最低落札価格
  • Expiration Date:入札期間

入力後、「Post your listing」をクリックすれば、出品・販売の手続きは完了です。

OpenSea(オープンシー)でのNFTの購入方法

続いて、OpenSeaにおけるNFTの買い方をお伝えします。購入方法の流れは以下の通りです。

  1. 購入したいNFTを検索
  2. 販売ページから購入

STEP1:購入したいNFTを検索もしくはジャンルなどから検索する

まずは購入したいNFTを見つけましょう。検索バーに目当てのクリエイター名を入力したり、ランキング一覧から探したりできます。

また、絞り込み機能や並び替え機能も便利です。値段・ブロックチェーン・カテゴリーなどのフィルタリング機能を使えば、予算や目的に合ったNFTを簡単に探せます。

気になっているNFTクリエイターがいるなら、Twitterなどの公式SNSからNFTの出品ページに直接飛ぶといいよ。

STEP2:販売ページからBuy Nowで購入完了

買いたいNFTが決まったら、「BUY NOW」をクリックします。

購入確認の画面が表示されたら、購入希望のNFTに間違いがないかをよく確認し、購入してください。

OpenSeaでNFTを購入する場合、「ガス代」と呼ばれる手数料が発生するんだね。

ガス代はイーサリアムの価格によって変動するんだ。相場の状況にもよるけど、少なくとも数千円は見ておいた方がいいね。

このタイトルのNFTならCoincheck NFT(β)もおすすめ!

「まずは日本語版のNFTマーケットでNFTを買ってみたい」という方には、Coincheck NFT(β)の利用がおすすめです。

  • 出品・購入時のガス代が不要
  • 取引所と一体化しており決済が簡単
  • NFT専用ウォレットで安全
Coincheck NFT(β)の主な取扱いタイトル
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)ユーザー同士で自由な売買ができる人気トレーディングカードゲーム
  • The Sandbox(サンドボックス)メタバース(仮想空間)の土地で自由に行動を楽しめる。マインクラフトに似たゲームシステム
  • Sorare(ソラーレ)現実のサッカーの試合結果が反映されるサッカーカードゲーム
  • Meebits(ミービッツ)…人気NFTCryptoPunks」を手掛けるLarva Labs社が開発。3Dキャラクターをメタバース内のアバターとして利用できる

Coincheckは国内の大手取引所で、アプリの使い方が直感的に分かりやすいのが便利だね。

今後もNFTの取扱いが追加されると明言されているから、NFTに興味があるなら登録しておいて損はないよ。

OpenSea(オープンシー)の利用に際し、よくある質問

ここからは、OpenSeaに関するよくある質問を紹介します。

Q.「OpenSeaのロイヤリティ設定とは何ですか?」

ロイヤリティとは作品が二次販売(転売)された際に、クリエイターにも報酬が支払われる仕組みのことです。

NFTの出品時に、010%の間でロイヤリティ設定ができます。二次販売されるたびに数%のロイヤリティが還元されるため、クリエイターにとって嬉しい仕組みです。

ロイヤリティ設定は無料で簡単にできるので、出品の際は確認しておきましょう。

ロイヤリティ設定をしなくても、NFTは作成できてしまうんだよね。設定をうっかり忘れないようにしよう。

Q.「OpenSeaで売れないNFTはある?」

デジタルデータであれば、何でもNFTとして出品できます。

NFTとして売れるもの(一例)

  • 写真
  • ゲーム内の土地
  • Twitterのツイート

ただし、出品しただけで何でも売れる訳ではないよ。買い手がいなければ当然売れないから、販売戦略はしっかり立てておこう。

Q.「OpenSeaでクレジットカード決済はできる?」

現状、OpenSeaはクレジットカード決済に対応していません。

OpenSeaでNFTを売買する際は、イーサリアムなどの仮想通貨が必要です。国内大手取引所のCoincheckなどを利用して、イーサリアムを準備しましょう。

今後、OpenSeaがクレカ決済に対応する可能性もあるといわれているよ。

Q.「OpenSeaにアプリはある?」

OpenSeaにはアプリが用意されています。iOSAndroidに対応したアプリが20219月に発表され、リリースされました。

ただし、OpenSeaのアプリにはNFTの決済機能はありません。自分の持っているNFTコレクションの閲覧や、出品されているNFT作品の確認を目的に作られています。

スキマ時間にアプリでNFTをチェックしつつ、取引はブラウザ版から行おう。

OpenSea(オープンシー)の始め方まとめ

本記事では世界最大のNFTマーケット・OpenSeaの始め方を解説しました。NFT投資は今から始めても全く遅くありません。むしろ、2021年はNFT元年と言えるでしょう。

急速な拡大を続けるOpenSeaを利用して、NFT作品を取引する楽しさを味わってください。

5分で無料登録

コインチェック
  • OpenSeaの取引にはイーサリアムが必要。仮想通貨の購入経験がないなら、簡単操作でイーサリアムを買えるCoincheckが圧倒的におすすめ。
  • Coincheck NFT(β)は国内最大級のNFTマーケット。日本語サイトでNFTコンテンツに触れられるため、NFTへの知識を身に付けるのに最適。
  • 口座開設までに最短1日。今すぐ登録作業を終わらせて、OpenSeaへの取引に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

OpenSea(オープンシー)の運営企業

名称 OpenSea
本社所在地 New York City (SoHo)
公式HP https://opensea.io/

(監修者)祖父江 仁美 https://jin-design-official.com/

2級FP技能士DCコンサルタント® 企業型確定拠出年金の導入や従業員向けの投資教育、数字が苦手な女性経営者を専門に「事業」と「家計」2つのマネーサポートをしております。

おすすめの記事