DeFiが注目されているみたいですけど、難しくてイマイチよくわかりません。

DeFiは中央管理者が存在せず、誰でも利用できる金融サービスだよ。

DeFiはイーサリアムのブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションです。仲介する金融機関がなくても取引が可能で、従来の金融機関を提供できない地域での利用にも適しています。

そこで本記事では、DeFiのメリットやおすすめの銘柄を紹介しています。DeFi関連銘柄について理解して、仮想通貨のトレンドに乗り遅れないようにしましょう。

本記事をまとめると・・・
  • DeFi(Decentralized Finance)は、分散型金融のこと。中央銀行を持たない金融システムで、グローバル化で期待されている。
  • DeFiに関連する仮想通貨銘柄は近年で価格が上がっており、今後も価格上昇が期待できる大注目の銘柄。
  • おすすめのDeFi関連銘柄は、イーサリアム(ETH)・アイオーエスティー(IOST)・ユニスワップ(UNI)。
  • イーサリアム(ETH)・アイオーエスティー(IOST)を買うならCoincheck。特にIOSTを買えるのは国内ではCoincheckだけ。

\大流行のDeFi銘柄を買うなら/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

DeFi(分散型金融)とは?特徴やメリットは?

DeFi(Decentralized Finance)はイーサリアムのブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションの総称で、日本語では分散型金融と呼ばれています。

従来の金融サービスとは異なり、中央管理者を必要とせずに取引できるのが特徴です。

まずはDeFiのメリットとして、以下3つを紹介しましょう。

  • スマートコントラクトによる安全性・透明性の高い取引ができる
  • アメリカで話題のイールドファーミングで資産運用ができる
  • 金融機関を介さないため、世界中誰でもボーダレスに金融取引ができる

それぞれ詳しく解説していきます。

スマートコントラクトによる安全性・透明性の高い取引ができる

DeFiは、ブロックチェーンに実装されているスマートコントラクトによって成り立っています

スマートコントラクトとは?
あらかじめ設定されたプログラムに基づいて、契約を自動的に実行するための仕組みです。ブロックチェーン技術と組み合わさることで、高い安全性と透明性を発揮します。

DeFiの安全性・透明性が高い理由は以下のとおりです。

  • ブロックチェーン上に記録されたデータは改ざんされにくい
  • スマートコントラクトが自動的に契約を行うことで二重支払いを防止できる
  • 契約内容や取引履歴をオンライン上で確認できるため不正を発見しやすい

ブロックチェーンの堅牢性とスマートコントラクトの透明性が合わさればセキュリティ面でも安心ですね。

アメリカで話題のイールドファーミングで資産運用ができる

DeFi関連銘柄は暗号資産ポートフォリオの拡大手段としても有効な、イールドファーミング(Yield Farming)で資産運用ができるのもメリットです。

イールドファーミングとは
DeFiサービスに通貨を預け入れると、流動性を提供するインセンティブとして、利息や手数料による収入を得られる仕組みです。

イールドファーミングでの資産運用は2桁の利回りを目指せるとアメリカでも話題になっています。実際にイールドファーミングのランキングを確認すると、利率が30%を超えるものもありました。(参照:CoinMarketCap

またイールドファーミングでは利息や手数料に加えて、新規トークンを獲得できる「流動性マイニング」でも人気を集めています。

2桁の利回りなら銀行に資産を預け入れるよりも効率良く運用できるね。

金融機関を介さないため、世界中誰でもボーダレスに金融取引ができる

DeFiには、従来の金融サービスのように中央管理者が存在しません

今までは国際送金を行うには中継銀行による仲介が必要であり、送金が完了するには時間がかかるうえ手数料が高いのが一般的でした。しかしDeFiなら金融機関が仲介しないので審査などの手続きが発生せず、誰でもスピーディーに取引が可能です。

また従来の金融機関ではバックグラウンドを理由に、金融サービスを利用できない方もいました。しかしDeFiは人や地域を選ばないので、金融サービス利用のハードルを下げられます

スピーディーで手数料の安い国際送金を実現しているのもDeFiの魅力ですね。

DeFi(分散型金融)のデメリット

金融サービスのボーダレス化を実現し、将来性の高いDeFiにも2つのデメリットがあります。

  • スケーラビリティ問題
  • 各国政府による介入

DeFiのベースとなるイーサリアムは現在スケーラビリティ問題を抱えています。

スケーラビリティとは
ブロックチェーンのネットワーク拡大により、処理速度の低下や送金の遅れ、手数料の上昇が発生することです。

この問題を解消できなければ、今後も送金の遅延や手数料の高騰が起こる可能性もあります。

またDeFiは政府が公認した金融サービスではないため、制度や法律が整備されていません。将来的に政府が介入するようであれば、DeFiサービスを利用できなくなる可能性もあります。

DeFiサービスを利用するなら、各国政府の動向もチェックしておこうね。

DeFi(分散型金融)を用いたアプリケーション

DeFiを用いたアプリケーションとして以下2つを紹介します。

  • DEX(分散型取引所)
  • 予測市場

DEX(Decentralized Exchange)は日本語で分散型取引所のことを表しています。仮想通貨ユーザーが取引を行う取引所は中央集権的な立場ですが、DEXには中央管理者が存在していません。

DEXのメリット
  • 仲介者を必要とせずユーザー同士で直接的に通貨を取引できる
  • スマートコントラクトによる取引の透明性
  • 通貨を預け入れて報酬を得られるPoolにより流動性が高い

また予測市場では選挙やスポーツの結果など、将来的なイベントに対する投機やヘッジを目的とした取引が行われています。結果予測が当たるとスマートコントラクトにより、自動的に報酬が付与される仕組みです。

ギャンブル性が高く急速に普及するものではありませんが、予測市場も今後の成長が期待されています。

大注目!DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄ランキング

仮想通貨ユーザーから注目されているDeFi関連のおすすめ銘柄をランキング形式で紹介します。

  1. イーサリアム(ETH)
  2. アイオーエスティー(IOST)
  3. ユニスワップ(Uniswap/UNI)
  4. チェーンリンク(Chainlink/LINK)
  5. メイカー(Maker/MKR)
  6. コンパウンド(Compound/COMP)

それぞれ詳しくみていきます。

1位:イーサリアム(ETH)

通貨名 イーサリアム
シンボル ETH
注目度 ★★★★★
時価総額 35,677,516,211,544円(2021年8月6日現在)
発行上限 -
コンセンサスアルゴリズム PoS
取引所 Coincheck/DMM Bitcoin
公式HP https://www.ethereum.org/

イーサリアムはDeFiのベースとなった銘柄であり、DeFi関連銘柄の中でも人気が高いのが特徴です。DeFiの発展がイーサリアムの発展とも言われており、ユーザーから注目されています。

スマートコントラクトの実装により、大量な取引の高速化も実現しました。

2017年にはイーサリアム企業連合(EEA)が発足され、Microsoftトヨタ自動車などの有名企業からも注目されています。

2位:アイオーエスティー(IOST)

通貨名 アイオーエスティー
シンボル IOST
注目度 ★★★★★
時価総額 35,677,516,211,544円(2021年8月6日現在)
発行上限 21,000,000,000 IOST
コンセンサスアルゴリズム PoB
取引所 Coincheck
公式HP http://iost.io/

IOSTはDeFi関連銘柄として人気が高く、国内で購入できるのはCoincheckのみです。

コンセンサスアルゴリズムとしてProof of Believabilityを採用しており、非中央集権による高速処理を可能としています。1秒間に約8,000件の処理ができるので、送金スピードの速さに期待の声もあがりました。

また金融サービスだけでなく医療分野での実証実験も進められており、医療研究に役立つ可能性が期待されています。

3位:ユニスワップ(Uniswap/UNI)

通貨名 ユニスワップ
シンボル UNI
注目度 ★★★★☆
時価総額 1,613,391,938,683円(2021年8月6日現在)
発行上限 10,000,000,000 UNI
コンセンサスアルゴリズム -
取引所 Binance
公式HP https://uniswap.org/blog/uni/

ユニスワップはDEX(分散型取引所)のひとつで、営利目的で運営されていないため手数料がほとんど発生しません

一般的な取引所のように中央管理者がおらず、本人確認を行わなくても取引できるのが特徴です。2018年に運営がスタートし、現在では1,500種類以上の銘柄を取り扱っています。

通貨を預け入れる流動性マイニングにより、専用ガバナンストークン「UNI」を報酬として得られるのも魅力です。

4位:チェーンリンク(Chainlink/LINK)

通貨名 チェーンリンク
シンボル LINK
注目度 ★★★★☆
時価総額 1,140,708,941,693円(2021年8月6日現在)
発行上限 10,000,000,000 LINK
コンセンサスアルゴリズム -
取引所 Binance
公式HP https://chain.link/

チェーンリンクは2019年にアメリカでローンチされた銘柄で、ブロックチェーンネットワークと外部システムの橋渡し役となるプラットフォームです。

主なメリットには外部データをブロックチェーン内部に安全に取り込めることと、ブロックチェーン技術を外部システムに活用させられることがあります。

2016年にSWIFT(国際銀行間通信協会)との連携をしており、国際送金での活用も期待されています。

5位:メイカー(Maker/MKR)

通貨名 メイカー
シンボル MKR
注目度 ★★★★☆
時価総額 347,246,381,236円(2021年8月6日現在)
発行上限 1,000,000 MKR
コンセンサスアルゴリズム -
取引所 Binance
公式HP https://makerdao.com/

メイカーはイーサリアムをベースとした銘柄で、発行上限100万MKRのうち約61万MKRが発行済みです。

兄弟通貨と呼ばれるDaiとセットで1つの機能を持つ点が、ほかのDeFi関連銘柄と異なっています。メイカーのスマートコントラクトであるCDPを活用して、イーサリアムを預け入れることでDaiの発行が可能です。

Daiの発行や引き出しの際に手数料としてMKRが必要になるので、Daiの成長にメイカーの今後も左右されます。

6位:コンパウンド(Compound/COMP)

通貨名 コンパウンド
シンボル COMP
注目度 ★★★☆☆
時価総額 274,224,612,062円(2021年8月6日現在)
発行上限 10,000,000 COMP
コンセンサスアルゴリズム -
取引所 Binance
公式HP https://compound.finance/governance/comp

コンパウンドは2018年にローンチされたレンディングサービスです。コンパウンドに通貨を預け入れると、流動性を提供した報酬として高い金利を得られます。

分散型取引所のひとつであるため、ユーザー同士で通貨の貸し借りも可能です。また預け入れた通貨量に応じてガバナンストークン「COMP」も得られることでも注目されています。

DeFi関連仮想通貨銘柄を取扱う日本の取引所

DeFi関連銘柄は海外での取り扱いが多く、日本の取引所で購入できる銘柄はごくわずかです。DeFiサービスを利用するにはイーサリアムが必要になる場合があるため、まずは国内取引所で通貨を購入しておきましょう。

ここではDeFi関連銘柄を扱う取引所として以下2つを紹介します。

  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin

それぞれ詳しく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)

名称 Coincheck(コインチェック)
取引手数料 無料
送金手数料 0.005ETH/1.0IOST
スプレッド 約7.6%(2021年8月6日現在/対象通貨はETH)
最小発注量 500円相当額
公式HP https://coincheck.com/ja/
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱い通貨数が多い
  • 国内で唯一IOSTの取り扱いがある
  • レンディングにも対応

Coincheckは取り扱い銘柄数が16種類と国内最多の取引所です。

購入できるDeFi関連銘柄にはイーサリアムとIOSTがあります。特にIOSTを国内で購入できるのはCoincheckだけです。

スプレッドはやや広めですが、最小発注量が少なくワンコイン相当から取引を始められます。

\トレンドのDeFi銘柄に投資/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

DMM Bitcoin

名称 DMM Bitcoin
取引手数料 無料
送金手数料 0.001ETH以上
スプレッド 約3%(2021年8月6日現在/対象通貨はETH)
最小発注量 0.01ETH
公式HP https://bitcoin.dmm.com/
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引対応の銘柄数が多い
  • 両建てに対応している
  • 取引手数料をはじめとした多くの手数料が無料

DMM Bitcoinはゲームや動画配信でお馴染みのDMM.comグループが運営しています。

レバレッジ取引に対応した銘柄数が多く、ハイリターンを目指す方にもおすすめです。またスプレッドが比較的狭いため、余計な費用をかけずに取引ができます。

\トレンドのDeFi銘柄に投資/
DMM Bitcoinで無料口座開設する
※大手DMMが運営

DeFi関連仮想通貨銘柄の購入方法・買い方(イーサリアム・IOST)

DeFi関連銘柄を購入するにはまず取引所で口座を開設しなければなりません。口座開設からDeFi関連銘柄購入までの流れは以下のとおりです。

  1. 希望する銘柄を取り扱う取引所で口座を開設
  2. マイページにログインして日本円を入金する
  3. 販売所にてイーサリアムまたはIOSTを購入

まずは取引所の公式サイトから新規で口座を開設しましょう。メールアドレスとパスワードを入力してアカウント登録後に、本人確認や認証を行えば口座開設は完了です。

DeFi関連銘柄を購入するには、取引所のウォレットに日本円を入金します。入金が済んだら販売所でイーサリアムまたはIOSTを購入できます。

国内取引所での購入ステップはシンプルですね。
\トレンドのDeFi銘柄に投資/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

DeFi関連仮想通貨銘柄の購入方法・買い方(海外銘柄)

海外でしか取り扱いのないDeFi関連銘柄は以下3つのステップで購入できます。

  1. Coincheck(コインチェック)で口座開設をする
  2. Coincheckに日本円を入金し、ビットコインを購入する
  3. 海外取引所で関連仮想通貨銘柄を購入する

それぞれ詳しく解説いたきます。

1.Coincheck(コインチェック)で口座開設をする

まずはCoincheckで口座を新規開設してください。アカウント情報を登録したら、携帯電話番号宛に送られてきた6桁の認証コードをCoincheckのサイトで入力してSMS認証を完了させます。

本人確認では運転免許証などの本人確認書類と自分の顔が一緒に写るように、IDセルフィーを撮影して確認が完了です。

スマホのアプリで開設申し込みができるからスムーズですね。
\トレンドのDeFi銘柄に投資/
Coincheckで無料口座開設する
※最短5分で登録

2.Coincheckに日本円を入金し、ビットコインを購入する

口座開設が完了したらCoincheckのウォレットに日本円を入金しましょう。入金が済んだらまずはビットコインを購入します。

海外取引所を利用する場合には、基本的に国内でビットコインを購入しておかなければなりません。なぜなら海外取引所では日本円による通貨の購入ができないからです。

ビットコインには仮想通貨における基軸通貨の役割があるから、ほかの銘柄の購入に利用できるんだよ。

3.海外取引所で関連仮想通貨銘柄を購入する

Coincheckにて新規口座を開設するのと並行して、海外取引所でも口座を開設しておいてください。海外取引所の口座を開設するなら、日本語にも対応したBinanceやbybitがわかりやすくて良いでしょう。

海外取引所で口座を開設したら、国内取引所で保有しているビットコインを送金します。日本円では海外取引所で仮想通貨を購入できないので、必ずこのステップが必要です。

Binanceやbybitへの送金が完了したら、希望するDeFi関連銘柄を購入しましょう。

まとめ - DeFi関連仮想通貨銘柄は将来を担う!

DeFiサービスは銀行に資産を預け入れるよりも利率が高く、DeFi関連銘柄に注目が集まっています。2020年から話題に上がっていますが、運用する銘柄によっては2桁の利率を目指せるとさらに人気が高まりました。

DeFiにはイーサリアムをベースとした通貨が多く、安全性や透明性が高い取引ができると期待されています。しかしDeFiサービスは政府から公認されているわけではなく、政府の介入より将来性が左右されるかもしれません。

それでもDeFiを用いたアプリケーションの実証実験が進められており、今後もDeFiを活用したサービスの拡大に期待できます。

DeFiはさらなる成長が注目されているので、暗号資産ポートフォリオを充実させる手段として関連銘柄への投資も検討してみてください。

柴沼 直美

(監修者)柴沼 直美 https://caripri.com/

CFP(R)認定者
生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

おすすめの記事