最近よく耳にするアバランチ(Avalanche/AVAX)ってどんな仮想通貨なんだろう?

2021年9月には過去最高価格を突破した今注目されている仮想通貨だよ!

アバランチ(Avalanche/AVAX)はDeFi環境の構築や、ツール開発を行うためのプラットフォームで、処理速度が速く手数料が格安といった特徴を持っています。

セキュリティ対策も万全で、DeFi市場が注目されている昨今、注目されている仮想通貨です。2021年に入ってから価格は十数倍まで跳ね上がり9月には過去最高を記録しました。

アバランチを購入するためには海外の取引所を利用する必要があります。この記事ではAvalancheの買い方を含め、特徴や将来性なども紹介していきます。

本記事をまとめると…

  • AvalancheはDeFi市場の拡大に寄与する注目の仮想通貨
  • 将来的には30,000円近くにまで上昇するのではないかといった予想もあり
  • 国内では購入できないが、Coincheckを経由で購入可能

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

アバランチ(Avalanche/AVAX)とはどんな仮想通貨?特徴を解説

通貨名 Avalanche
シンボル AVAX
注目度 ★★★★☆
取扱取引所 海外取引所
時価総額
(2021年10月現在)
¥83,000,000,000
公式HP https://www.avalabs.org/
アバランチ(Avalanche/AVAX)って、どんな特徴があるのかな?

アバランチ(Avalanche/AVAX)の特徴ですが、以下の4点が挙げられます。

  • DeFi向けのパブリックなブロックチェーン
  • Visaの決済システム並みのスケーリング性能
  • イーサリアムとの互換性がある
  • プログラミングの知識がなくても簡単にNFT発行が可能

それぞれの特徴について確認しておきましょう。

DeFi向けのパブリックなブロックチェーン

アバランチ(Avalanche/AVAX)はDeFi市場の拡大をサポートするブロックチェーンです。

DeFi市場ってよく聞くけど、なんだっけ??

DeFiは分散型金融のことで、取引所や銀行などといった中央集権的な管理者が存在しない市場のことです。管理者がいなくてもブロックチェーンを活用することでユーザ同士が取引できるため、迅速かつ安い手数料で取引できるメリットがあります。

Avalancheのエコシステムを使って、現時点でも多くのプロジェクトがDeFiのプラットフォームを利用しているのです。

具体的なプロジェクトの例として以下のようなものが挙げられます。

  • BENQI
  • Curve
  • DeBank
  • KUU

参考:The Avalanche Ecosystem

また、アバランチの場合は誰でも比較的簡単にDeFiを構築できるため、市場の拡大にも寄与しているのです。

 

DeFi市場については以下の記事でも解説してるよ!

Visaの決済システム並みのスケーリング性能

アバランチ(Avalanche/AVAX)はスケーリング性能も高く、主要通貨であるビットコインイーサリアムの比ではありません。

スケーリング?

スケーリングとは取引量が増加することにより手数料が跳ね上がってしまったり、取引完了までの時間が極端に増加してしまったりする特性です。アバランチ(Avalanche/AVAX)はすべてのノードで各取引を承認するわけではなく、一部のノードにおいて特定のトランザクションを承認するといった手法を用いています。この手法により同時に複数のトランザクションを承認することを可能としています。

結果的にAvalancheは1秒間に4,500を超えるトランザクションを処理できます。

ちなみに、ビットコインは1秒間に7~8トランザクション、イーサリアムは15トランザクションくらいだから差は大きいね!

取引手数料も安く、1回の取引で100円未満と言われています。

イーサリアムなどは取引手数料も高い傾向にあるため、最近では手数料の安さからAvalancheに乗り換える方も多いです。

イーサリアムとの互換性がある

Avalanche(AVAX)は、イーサリアムのEVM(Ethereum Virtual Machine)と、その配下にあるツールをすべてサポートしているため互換性があります。

ブロックチェーン上の問題点として、異なるブロックチェーン同士は従来であれば互換性がないため取引ができないといった問題点があります。しかし、Avalancheはこの問題を見事クリアしているわけです。

ところで、EVMとは?

EVMはEthereumVirtualMachine(イーサリアムバーチャルマシーン)の頭文字をとったもので、開発者が作成したプログラムを変換してコンピュータへ伝えるシステムのことです。

互換性があるためイーサリアム上で稼働するDeFiシステムなどが、Avalanche上でも稼働できるのです。

プログラミングの知識がなくても簡単にNFT発行が可能

Avalanche(AVAX)では、専用のウォレットであるAvalanche Walletを用いることで誰でもNFTの発行が簡単にできます。

NFTもよく聞く言葉だね

NFTはブロックチェーン技術を用いてデジタル上のアイテムにユニークな価値を与える技術です。

AvalancheによってNFTを発行することで、それを別のウォレットへ送ることも可能となります。

NFTを作成する場合の手数料は100円以内なので少額で済みます。

また、Avalancheと他の仮想通貨についてもNFTマーケットプレイスで売買可能なため、利便性が高いです。

アバランチ(Avalanche/AVAX)の2021年現在のチャートと今後の価格動向


Avalanche (AVAX)の特徴はわかったけど、実際どれくらい注目されているのかな?

Avalancheが2021年に入ってからどれくらい注目されているのかも確認しておきましょう。

見ておくべきポイントとしては以下の4点です。

  • 2021年2月:海外取引所への上場をきっかけに1,400円台から6,000円台まで上昇
  • 2021年7月:仮想通貨市場全体の下落による影響を受け一時1,000円台まで下落
  • 2021年8月:「Avalanche Rush」を発表し、1,400円台から6,400円台まで上昇
  • 2021年9月:250億円以上の資金調達に成功などの要因で8,500円台を記録

2021年2月:海外取引所への上場をきっかけに1,400円台から6,000円台まで上昇

引用:CoinMarketCap

Avalanche (AVAX)は2021年2月に海外取引所に上場しています。

そのことをきっかけに価格は急上昇しており、月初めが1,400円前後だったにも関わらず1週間後には6,000円ほどになりました。

2021年7月:仮想通貨市場全体の下落による影響を受け一時1,000円台まで下落

引用:CoinMarketCap

2021年7月になるとビットコインやイーサリアムといった主要通貨を始め、仮想通貨市場全体が落ち込みました。

Avalanche (AVAX)も例外なく落ちており、一時期1,000円まで下がっています。

Avalancheに投資するなら、ビットコインやイーサリアムの動きにも注目しておいた方がよさそうだね!

2021年8月:「Avalanche Rush」を発表し、1,400円台から6,400円台まで上昇

引用:CoinMarketCap

2021年8月になるとAvalanche (AVAX)は再び価格を上昇させ、6,400円台まで上がっています。

この背景にはAvalanche Rushと呼ばれるインセンティブプログラムが影響しています。

インセンティブプログラムの内容としてはDeFi経由で通貨を預けて流動性を提供することで利息を得られる制度です。

通貨をたくさん持っていたほうが利息も大きくなるから、一気に需要が増えて価格が上がったんだね!

2021年9月:250億円以上の資金調達に成功などの要因で8,500円台を記録

引用:CoinMarketCap

2021年9月にはVC(ベンチャーキャピタル)によって250億円以上の資金調達に成功しています。

調達をリードしたのはThree Arrows CapitalPolychainなどで、世界的にも有名なVCです。

資金調達が成功したことでさらなる期待の高まりから、過去最高である8,500円まで上昇しました。

参考:仮想通貨Avalanche(AVAX)、機関投資家から250億円調達

アバランチ(Avalanche/AVAX)の将来性は?今後の見通しを解説

Avalanche (AVAX)の過去における値動きはわかったけど、将来性はあるのかな?

Avalancheの将来性についてですが、仮想通貨自体多くの要因が重なって価格が決まるため、一概に上がるまたは下がるとは断言できません。

しかし、以下の3点を押さえておくことでそれなりに予測を立てることは可能です。

  • 今後も価格は上昇するのではないかとの予想
  • 2025年の時点で19,000円台、2028年に28,000円台に到達する可能性ありとの海外投資家の意見
  • 1年後には10,000円台に到達するとの強気の予測も

今後も価格は上昇するのではないかとの予想

Avalanche (AVAX)の将来性ですが、以下の要因からも上昇するといった予想がよく見られます。

  • 海外の大手ベンチャーキャピタル(VC)がAvalancheに注目
  • 2021年8月:DeFi運用資産が2,000億円以上を突破
  • 2021年9月:250億円以上の資金調達に成功

先ほども触れましたが、大手ベンチャーキャピタルに注目されているということは資金調達能力が非常に高いと推測できます。

ベンチャーキャピタルのおかげで今後も資金には困らない可能性が高いため、さまざまなことに投資をできるといった点で将来性は高いと予測できるのです。

2025年の時点で19,000円台、2028年に28,000円台に到達する可能性ありとの海外投資家の意見

海外において仮想通貨を予測するサイト、Digitalcoinによると2025年には19,000円、2028年には28,000円に伸びると予想されています。

あくまで予測であるため100%信頼できるものではありませんが、伸びる可能性は十分あると考えられるでしょう。

毎年のAvalanche (AVAX)の予想価格を表にまとめてみました。

レートは2021年10月段階の$1=113円で計算しているため、多少の誤差が生じる可能性がある点はご了承ください。

USD 円($1=113円)
2021 $84 9,492円
2022 $98 11,074円
2023 $118 13,334円
2024 $142 16,046円
2025 $169 19,097円
2026 $184 20,792円
2027 $167 18,871円
2028 $253 28,589円

参考:Avalanche (AVAX) Price Prediction - Avalanche (AVAX/USD) Price Forecast

1年後には10,000円台に到達するとの強気の予測も

上記の予測からもわかる通り、1年後にも10,000円台に達するといった予測が見られます。

2021年段階で最高額が8,500円なので、当時よりも1割以上伸びている計算です。

短期的な投資としても稼げる可能性は十分に考えられます。

参考:Avalanche Price Prediction

アバランチ(Avalanche/AVAX)の購入方法・買い方

Avalanche (AVAX)を実際に買ってみたいんだけど、どうやって買えばよいのかな?

アバランチは残念ながら、国内で直接購入できません。したがって海外の取引所から購入することになります。

しかし、ほとんどの海外取引所では日本円から直接の入出金は不可能です。

そこで、いったんCoincheckなど、国内の取引所を経由してアバランチへ換金する必要があります。

今回はCoincheckを経由した購入方法を紹介します。

  • Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  • Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  • 海外取引所でAvalancheを購入する

それぞれ開設していきます。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

CoinCheck

最初のステップとしては、Coincheckにて口座開設をします。

会員登録のボタンを押し、専用のフォームからメールアドレスや氏名などの情報を入力しましょう。

その後本人確認書類の提出が求められます。スマホで写真を撮って送るだけでよいので手間も時間もほとんどかかりません。

早いときは5分くらいで登録完了するよ!

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

Coincheckの口座が無事に解説できたら、日本金を入金しビットコインなどを購入しましょう。

どの通貨でもあまり問題ないけど、海外でも取り扱い件数が多いビットコインが無難だよ

ビットコインで購入する場合は日本円で指定する場合とBTC数で指定する場合のどちらでも購入可能です。

coincheck-bitcoin

日本円なら500円から買えるんだね!

3.海外取引所でアバランチ(Avaranche/AVAX)を購入する

Coincheckにてビットコインなどを購入したら、その通貨を海外取引所に送金します。

海外取引所はいくつかありますが、なかでも日本語対応しており取引数が多く安心できるバイナンスがおすすめです。

アバランチ(Avalanche/AVAX)に投資するうえで知っておきたいこと

ところで、Avalanche(AVAX)を購入するときに気を付けないといけないこともあるのかな?

これからAvalancheに投資しようと考えている方は、主に以下の3点も押さえておくとよいです。

  • Avalanche(AVAX)にステーキング報酬はある?
  • Avalanche(AVAX)に発行上限数はある?
  • Avalanche Walletとは?

いずれもよくある質問なので、それぞれ確認しておきましょう。

アバランチ(Avalanche/AVAX)にステーキング報酬はある?

アバランチ(Avalanche/AVAX)にはステーキング報酬が用意されています。

ステーキング報酬は通貨を持てば持つだけ利息といった形で報酬がもらえる制度だね!

ステーキング報酬があるため、長期的に保持して利益を上げるガチホにも向いている仮想通貨です。

短期的な乱高下に期待する投資は嫌だという方にも嬉しい制度です。

ステーキングについて詳しく気になる方は以下の記事もご覧ください。

アバランチ(Avalanche/AVAX)に発行上限数はある?

アバランチ(Avalanche/AVAX)の発行上限ですが、7,200,000,000トークン取れています。

これだけ見ると供給過多な気もするね

ビットコインの発行枚数が21,000,000枚であるため、比較するとAvalancheは発行枚数が多く1トークン辺りの価格は安いように思われます。

しかし、Avalancheは他の仮想通貨と異なり、ブロックチェーンを利用することで発生した取引手数料がバーン(焼却)されるのです。

このことにより、Avalancheが供給過多になることを防いでおり、ブロックチェーンが使われれば使われるほど価値が上がる仕組みになっています。

Avalanche Walletとは?

Avalanche Walletはミドルウェアサーバやサーバ通信を行わないWebベースのアプリです。

Walletと名前が付く通り、Avalanche WalletはAvalanche通貨で決済する財布のような役割を果たします。

WalletはJavaScriptで作成されており、ローカルでコンパイルして実行することも可能です。

Walletへのアクセスは以下のページからできるので、気になる方は試してみてください。

https://wallet.avax.network/

アバランチ(Avalanche/AVAX)の今後の将来性予想まとめ

今回はDeFi市場の拡大に大きく寄与すると期待されている仮想通貨、Avalanche(AVAX)について解説させていただきました。

2021年に入ってから価格を大きく伸ばしており、今後も伸びていくといった予測を立てている方が多い仮想通貨です。

気になる方はCoincheckに登録し、海外取引所を経由して投資してみてもよいでしょう。

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

おすすめの記事