NFTプロジェクトBOSO TOKYO(暴走東京)の買い方・購入方法は?|他のNFTとの違いや将来性について解説


BOSO TOKYOのNFTを買いたいんだけど、購入方法を知りたいな。

BOSO TOKYOの購入方法や将来性などを解説していくね。

BOSO TOKYOは複数のメタバースプラットフォームで利用できるアバターを作成しているNFTプロジェクトです。

NFTRANKIGによると2022年8月15日時点で国内No.1の売上を誇っており、NFTを利用してさまざまな収益を得ることもできます。

ただ、今なぜアバタープロジェクトが注目を浴びているのか疑問に感じる方も多いでしょう。

本記事では、BOSO TOKYOの特徴や購入方法、将来性などを解説していきます。

本記事をまとめると...

HEXA
  • BOSO TOKYOは日本トップのクリエイターが手掛けるNFTプロジェクト。
  • 商標利用ができ、ステーキングや限定コミュニティ機能もある。
  • BOSO TOKYOのNFTを購入するには、ETHを購入する必要がある。

送金手数料が無料なのでNFTを安く購入できるFTXJapanに無料登録する

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)
目次

BOSO TOKYO(暴走東京)とは?プロジェクトの概要や特徴を解説

BOSO TOKYO

BOSO TOKYOはメタバース上で利用できるNFTアバターを作成しているプロジェクトで、主な特徴は以下の4つです。

  • BOSO TOKYO(暴走東京)とは、暴走族カルチャー×サイバー SFの世界観で描いたNFT・メタバースプロジェクト
  • BOSO TOKYO(暴走東京)のメインデザイナーとして天神英貴氏が参画
  • 有名ヒップホッパーがBOSO TOKYO(暴走東京)の楽曲制作を担当
  • NFTのデザイン属性は大まかに3種類に分けられている

1つずつ解説していきます。

BOSO TOKYO(暴走東京)とは、暴走族カルチャー×サイバー SFの世界観で描いたNFT・メタバースプロジェクト

BOSO TOKYOの世界観は、日本を代表するイラストレーター「天神英貴」氏が暴走族カルチャー×サイバーSFの世界観で描いたNTF・メタバースプロジェクトです。

暴走族がサイバーSFの世界観に自由を求め、バイクにまたがり縦横無尽にメタバース空間を駆け抜けていきます。

約3,400体のジェネレーティブNFTがリリースされており、NFTの見た目はアルゴリズムによって決められます。

ジェネレーションNFTはプログラミングによって生成されるNFTのことだね。

BOSO TOKYOは東京発のオリジナルアバターをあらゆるメタバースで利用できるようにし、アイデンティティとしての確立を目標としています。

BOSO TOKYO(暴走東京)のメインデザイナーとして天神英貴氏が参画

BOSO TOKYO

出典:https://www.bosotokyo.com/#member

BOSO TOKYOが注目されている背景として、メインデザイナーに天神英貴氏が参画していることがあります。

天神英貴氏はガンダムやスター・ウォーズなどのメカイラストを手がけた日本を代表するクリエイターで、CG表現やアニメーションなど幅広い分野に精通している方でBOSO TOKYOのメインデザイナーになります。

NFTはデザイン性が優れていないと他の作品に埋もれてしまうから、プロのデザイナーさんが関わっているとクオリティが格段と上がるね。

有名ヒップホッパーがBOSO TOKYO(暴走東京)の楽曲制作を担当

BOSO TOKYOの楽曲製作は、ヒップホップ音楽プロデューサーのTRILL DYNASTY氏とヒップホップMCのAklo氏など有名ヒップホッパーが担当しています。

彼らの経歴は以下の通りです。

  • TRILL DYNASTY氏:Billboard HIPHOP,R&B”チャートにて1位を獲得
  • Aklo氏:デビュー作はiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得

2人ともに数多くの実績を残しているアーティストで、BOSO TOKYOのクオリティをさらに向上させています。

NFTのデザイン属性は大まかに3種類に分けられている

BOSO TOKYOのNFTにはデザイン属性があり、大まかに3種類にわけられています。

  • 飛遊曼(ヒューマン)
  • 魔姿隠(マシーン)
  • 鬼滅羅(キメラ)
https://twitter.com/CezaryModzelew1/status/1558980346208993280?s=20&t=RQ9t7wiSyNcNjoOd4WzmWQ

 

BOSO TOKYOの特徴的なデザインは人気を集めている1つの要因となっており、実際に購入した方々からも「デザインがかっこいい」と好評です。

現在はまだリリースされたばかりなので3種類のみですが、今後はより種類が増えて希少性の高い作品も登場する可能性があります。

BOSO TOKYO(暴走東京)が提案するクリエイター応援プロジェクト「YAO」が始動

BOSO TOKYOには「YAO」と呼ばれるクリエイター応援プロジェクトがあります。

YAOとは、BOSO TOKYOに募集したクリエイターの作品へNFTホルダーが投票を行う、コンテスト形式のクリエイター応援プロジェクトです。

投票数が多いプロジェクトはホルダーやBOSO TOKYOからプロジェクトサポートを受けられ、大きなプロジェクトへ成長できるチャンスが得られます。

投票をしたNFTホルダーは、NFTのエアドロップやプロジェクト化した際のホワイトリストが得られ、お互いにメリットのある施策になります。

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTは購入者特典が豪華

BOSO TOKYOのNFTを購入するとメタバース上で利用できるアバターが手に入るだけでなく、以下の豪華特典が付きます。

  • NFTのステーキング(REVVING)ができる
  • NFTを商用利用する権利が与えられる
  • 同じデザインの3Dアバターが無料で付与される
  • 限定コミュニティのアクセス権やイベント参加権が手に入る

1つずつ解説していきます。

NFTのステーキング(REVVING)ができる

BOSO TOKYOのNFTはステーキングができます。

ステーキングは本来コンセンサスアルゴリズムにPoSを採用している仮想通貨にある仕組みで、その仮想通貨を一定期間預けるとその分金利収入が得られます。

しかし、BOSO TOKYOのステーキングはNFTを預けるとRPMというアイテムがもらえ、一定数が溜まると報酬が得られる仕組みです。

RPMの溜まる速度はNFTの属性によって異なり、まだ発表されている情報が少ないので今後に期待です。

[getpost id=”2224″]

NFTを商用利用する権利が与えられる

BOSO TOKYOで購入したNFTには商標利用できる権利が与えられます。購入者は貸し出したり広告起用したりさまざまな活用方法が得られ、収益機会を得られる可能性があるでしょう。

BOSO TOKYOに「自由」というコンセプトがあることで商標利用が実現しており、BOSO TOKYOにとっても認知度の向上になります。

ホルダーは日本トップクラスのクリエイター天神英貴氏の作品を自由に使えるため、売却せずに活用した方が利益を多く獲得できるでしょう。

売り圧を防ぐことに繋がり、BOSO TOKYOの価格も上昇しやすくなるね。

同じデザインの3Dアバターが無料で付与される

購入したBOSO TOKYOのNFTと同じデザインの3Dアバターが無料で付与され、メタバース上で利用できます。

BOSO TOKYOは複数のメタバースで共通のアイデンティティとなることを目指しているため、将来的にさまざまなメタバースプラットフォームで利用できるようになるでしょう。

NFTの主な用途の1つは自分のアイデンティティを周りに披露して承認欲求を満たすことにあるため、BOSO TOKYOのようなデザイン性のあるNFTは人気が出る可能性が高いです。

限定コミュニティのアクセス権やイベント参加権が手に入る

BOSO TOKYOのNFTホルダー限定のコミュニティやイベントも用意されており、海外のセレブリティも参加するコミュニティになるかもしれません。

NFTプロジェクトのコミュニティ機能はすでにBAYCが採用していて、実際にジャスティンビーバー氏やマドンナ氏など、海外のセレブリティが購入しています。

BOSO TOKYOも世界的な知名度を獲得できるポテンシャルを秘めているため、豪華な限定コミュニティやイベントになる可能性があります。

BOSO TOKYO(暴走東京)を買う前にすること

BOSO TOKYOのNFTを購入するには、以下4つの準備をしましょう。

  • 1 仮想通貨取引所FTX Japanで口座を開設し、日本円を入金する
  • 2 FTX JapanでETH(イーサ)を手に入れる
  • 3 メタマスクをインストールし、ETH(イーサ)を送金する
  • 4 公式サイトに接続する

1つずつ解説していきます。

1.仮想通貨取引所FTX Japanで口座を開設し、日本円を入金する

まずはFTX Japanで口座開設をし、日本円を入金しましょう。FTX  Japanは仮想通貨の送金手数料が無料なので、他の取引所より費用を安く抑えてBOSO TOKYOのNFTを購入できます。

FTX Japan口座開設

FTX Japanの口座開設は5分ほどで終わり、本人確認書類を提出するのでマイナンバーカードや運転免許証を準備しておきましょう。

口座開設ができたら、日本円を入金します。日本円を銀行振込で入金する場合は振込手数料が自己負担することになります。

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)

2.FTX JapanでETH(イーサ)を手に入れる

日本円が入金できたら、取引所でETHを購入しましょう。取引手数料はメイカー(指値)で取引すれば0.02%で済みます。

ftxjapan

FTX Japanへログイン後に「マーケット」へ進み、「ETH/JPY」をクリックします。

あとは購入したいETHの価格・数量を入力して購入すればOKです。

3.メタマスクをインストールし、ETH(イーサ)を送金する

次に、購入したETHをウォレットのメタマスクに送金します。メタマスクはウォレットの中で最も人気があり、GoogleChromeから簡単にインストールできます。

metamask

メタマスクが作成できたらログインをし、0x〜から始まるアドレスをコピーしましょう。

そしてFTX Japanに戻り、「ウォレット」をクリックしてETHの出金ボタンをクリックします。

あとは先ほどコピーしたアドレスをペーストして出金したい金額を入力すれば出金完了です。

ETHが足りないと二度手間になるから、事前にBOSO TOKYOのNFT価を確認しておこう!

4.公式サイトに接続する

BOSO TOKYO

最後にBOSO TOKYOの公式サイトへアクセスしてウォレットを接続しましょう。

公式サイトのトップページにある「REV」をクリックします。

BOSO TOKYO

するとメタマスクが反応するので、クリックして公式サイトと接続しましょう。

これでBOSO TOKYOのNFTを買う前の準備は完了です。

BOSO TOKYO(暴走東京)プレセールの買い方・購入方法

BOSO TOKYOのプレセールは事前にホワイトリストを獲得(配布は終了)してBOSO TOKYOのスマートコントラクトにウォレットアドレスを登録した人のみ購入できます。

プレセールで購入できるNFTは販売数が2,500個になっており、購入は先着順です。

購入方法はBOSO TOKYOの公式サイトへアクセスして「RESERVE」をクリックすると購入できます。

プレセールは1つのアドレスにつき3個のNFTを購入でき、パブリックセール後にウォレットへ配布されます。

BOSO TOKYOのプレセールは8/6から始まっているため、すでにNFTは売り切れになっている可能性が高いね。

プレセールのNFTは最低価格が0.4ETHで、0.4ETHしかウォレットに入っていないとイーサリアムのガス代が支払えず購入できないので注意しましょう。

BOSO TOKYO(暴走東京)パブリックセールの買い方・購入方法

BOSO TOKYOのパブリックセールはダッチオークション形式で販売され、NFT価格は1.2ETHで始まり、40分ごとに0.1ETH単位で価格が下がり、最低価格は0.6ETHまで下がります。

ダッチオークションは最高値から徐々に価格を下げ、最初の買い手が購入できる方式だね。

パブリックセールは8/7から始まっており、販売数は6,500前後で先着順です。こちらは購入制限がないので、プレセールより早く売り切れる可能性があります。

ダッチオークションは安い価格で購入しようとすると先に買い手が現れる場合があり、早めに購入すると高値で購入するリスクがある難しい購入方法です。

1.2ETHは数十万円と高額なので、無理に高値掴みする必要はないでしょう。

BOSO TOKYO(暴走東京)二次流通での買い方・購入方法

BOSO TOKYO opensea

BOSO TOKYOは二次流通でも購入できます。2022年8月時点ではOpenSeaに対応しており、フロア価格(1番安い価格)は0.4ETHほどです。

二次流通しているので、購入したBOSO TOKYOが値上がりしたらマーケットプレイスで売却し、売却益を稼げます。

OpenSeaで購入する際もウォレットを接続すれば簡単に購入できるため、OpenSeaで購入したい方は接続しておきましょう。

[getpost id=”6372″]

BOSO TOKYO(暴走東京)の将来性について

BOSO TOKYOはNFTの特典が多く、プロジェクトの質が高いので将来性が高いです。理由は以下の通りです。

  • BOSO TOKYO(暴走東京)は、Bybitとコラボレーションを開始
  • BOSO TOKYO(暴走東京)は、商用利用を積極的に認めている数少ないNFTプロジェクト

1つずつ解説していきます。

BOSO TOKYO(暴走東京)は、Bybitとコラボレーションを開始

BOSO TOKYOはデリバティブの取引量が世界トップ10に入る大手取引所のBybitと提携しており、300名にBOSO TOKYOのホワイトリストが配布されるコラボレーションを実施しています。

参考:CoinMarketCap

Bybitは独自のNFTマーケットプレイスも展開しているから、今後はBOSO TOKYOのNFTが取引できるようになるかもしれないね。

その他にもGate.ioやMEXCなどの取引所とも提携していて、取引所と絡めたコラボレーションプロジェクトが開始される可能性もあるでしょう。

[getpost id=”7681″]

BOSO TOKYO(暴走東京)は、商用利用を積極的に認めている数少ないNFTプロジェクト

NFTプロジェクトには商標利用を認めているプロジェクトがありますが、売上が年間1億円までという上限が定められていたり、デザインすべては商用利用できなかったりなど、制限があるプロジェクトがほとんどです。

一方でBOSO TOKYOは、公序良俗に反することや違法行為を助長すること以外は制限がありません。

そのため、NFTのユーティリティを最大限に活かしながらNFTの価格自体も上昇できるでしょう。

BOSO TOKYO(暴走東京)に関するよくある質問

BOSO TOKYOに関するよくある質問をまとめました。

  • 商用利用権はどこまで可能ですか?
  • コラボの予定はありますか?

1つずつ解説していきます。

商用利用権はどこまで可能ですか?

BOSO TOKYOの商用利用権は、公序良俗に反することや違法行為を助長すること以外は基本的に制限がありません。

BOSO TOKYOのNFTイラストが描かれているTシャツを作ったり、自社のキャラクターにしたりなど、使い道は豊富にあります。

コラボの予定はありますか?

BOSO TOKYOはすでにBybitとホワイトリストを抽選で配布するコラボレーションを実施しています。

今後も取引所と提携したコラボレーションが実施される可能性があるので、公式Twitterをチェックしておきましょう。

NFTプロジェクトBOSO TOKYO(暴走東京)の買い方・購入方法まとめ

BOSO TOKYOは日本トップクラスのクリエイターが集まって製作しているNFTプロジェクトです。

メタバース上でアバターとして利用でき、商標利用が認められているNFTを販売しています。

BOSO TOKYOの購入方法をおさらいすると、以下の手順です。

  • 1.仮想通貨取引所FTX Japanで口座を開設し、日本円を入金する
  • 2.FTX JapanでETH(イーサ)を手に入れる
  • 3.メタマスクをインストールし、ETH(イーサ)を送金する
  • 4.公式サイトに接続する

BOSO TOKYOのNFTを購入するにはまず仮想通貨取引所でETHを準備する必要があるので、送金手数料が無料のFTX Japanで口座開設して購入しておきましょう!

本記事をまとめると...

HEXA
  • BOSO TOKYOは日本トップのクリエイターが手掛けるNFTプロジェクト。
  • 商標利用ができ、ステーキングや限定コミュニティ機能もある。
  • BOSO TOKYOのNFTを購入するには、ETHを購入する必要がある。

送金手数料が無料なのでNFTを安く購入できるFTXJapanに無料登録する

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)
恩田 雅之

(監修者)恩田 雅之 http://onda-fp-jimusho.com/

CFP(R)認定者証券外務員2種金融知力インストラクター 1959年 東京生まれ 専修大学経営学部卒業後、16年間IT業界の営業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちNPO法人日本FP協会のAFP®の資格を取得。2004年3月にCFP®の資格後同年6月に、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用のセミナーの講師、ブログやコラムの執筆や監修などの業務を中心に活動中。 >>監修者ページをみる

あわせて読みたい
Otherside(アザーサイド)とは?メタバースRPGの始め方や土地のNFTの買い方について解説 OthersideというNFTゲームが注目されてるみたいですね! 土地(NFT)の販売が2022年4月から始まっているね。 Otherside(アザーサイド)は、MMORPGとWeb3.0を掛け合わせたメ...
あわせて読みたい
元素騎士ONLINE/オンラインの始め方・稼ぎ方は?【2023年最新】Bybit上場で話題!人気のNFTゲームを解説 人気オンラインゲーム「元素騎士ONLINE」のNFT版がリリースされたって本当ですか? 2022年12月にサービス開始していて、すでに多くのプレイヤーが遊んでいるよ! 元素騎...
あわせて読みたい
仮想通貨ディセントラランド(Decentraland/MANA)の今後の将来性は?VR×メタバース×NFTの注目通貨!始め... ディセントラランドは2017年にリリースされたVRプラットフォームで、3DのVR空間内で土地を所有したり、ビジネスを行ったりできます。2023年4月20日には国内取引所bitban...
あわせて読みたい
The Sandbox(サンドボックス)の始め方|NFT×メタバースゲームでの収益化・稼ぎ方とゲームの始め方まで解説 最近話題になっているThe Sandboxってどんなゲームなの? マイクラみたいに3Dでオブジェクトを作成できるNFTゲームだよ。 The Sandboxはメタバース(Metaverse/仮想空間)...
あわせて読みたい
NFT不動産投資とは?ブロックチェーン技術で注目される不動産投資のやり方と注目のメタバースを紹介 最近はNFT不動産投資っていうのが流行っているらしいんだけど、普通の不動産投資と何が違うの? NFTを活用した、次世代の不動産取引だよ! IT化が進むにつれ、オンライ...
あわせて読みたい
NFTゲームおすすめランキング【2023年最新版】稼げるNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)の始め方や稼ぎ... 2023年はNFTゲームの年ですね!遊びたいタイトルがたくさんあります! ゲームとして魅力的なタイトルに加えて、しっかりとお金が稼げるゲームが増えてきましたね。 NFT...
あわせて読みたい
CNP(CryptoNinja Partners)の買い方・始め方をわかりやすく解説|将来性やNFTの価格動向についても紹介 今、日本で話題になっているNFTプロジェクトのCNPの買い方や将来性を知りたいな。 CNPはOpenSeaで購入できるよ!特徴や今後の将来性も解説するね。 CNPはすでに1ETH以上...

 

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次