最近歩いて稼ぐゲームが話題だけど、どういう仕組みなの?稼げるの?
それはMove to Earnと言われるゲームだね!稼ぎ方も解説していくよ。

Move to Earnは最近流行り始めていて、歩いたり運動したりすると仮想通貨を稼げる仕組みになっています。

運動して健康状態を保ちながらお金を稼げる画期的なゲームになっているので、乗り遅れないよう知っておきましょう。

本記事をまとめると...

  • Move to Earnは動きながら仮想通貨を稼げる特徴がある
  • 将来的に稼げるかは不安定な部分もある
  • Move to Earnを始めるには仮想通貨の購入が必要。Coincheckで仮想通貨を買ってMovetoEarnを始めよう!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

話題のNFTゲーム・Move to Earn(ムーブ・トゥ・アーン)とは?稼げる仕組みや特徴について

Move to Earnとは?

Move to Earnは運動して稼げる仕組みになりますが、仕組みを知らない人からすると怪しい部分もあるでしょう。

Move to Earnは一体どのような仕組みで稼げるのか、主に3つの特徴があります。

  • Move(動く)とEarn(稼ぐ)を組み合わせた造語
  • アイテムはNFT化されているため価値がある
  • トークンには投資をする人・ユーザーがいるため価値がついている

1つずつ解説していきます。

Move(動く)とEarn(稼ぐ)を組み合わせた造語

Move to Earnは、Move(動く)とEarn(稼ぐ)と組み合わせた造語です。同じジャンルとして、以下の造語もあります。

  • Play to Earn(遊んで稼ぐ)
  • Learn to Earn(学んで稼ぐ)
  • Eat to Earn(食べて稼ぐ)

これらはすべて何かのアクションを起こすと対価として仮想通貨がもらえる仕組みになっており、仮想通貨を現金に換金できるのです。

例えばPlay to Earnはゲームで遊び、成果を出すと報酬で仮想通貨がもらえます。最近話題のNFTゲームは、このPlay to Earnにカテゴリ分けされます。

一方Move to Earnは「動く」が中心となり、フィットネス系と結びついたサービスが多く見られます。

Move to Earnは1番簡単そうだね。

アイテムはNFT化されているため価値がある

Move to Earnが稼げる仕組みについては、NFTが深く関係します。

Move to Earnで使われるアイテムはNFTになっているため、価値のあるアイテムになり、価値の大きさもアイテムによって異なります。

さらに、アイテムがNFT化されていると稼げる手段も多くなります。

  • NFTアイテムを使用して稼ぐ
  • NFTアイテムを売却して稼ぐ
  • NFTアイテムを貸して稼ぐ

一般的にはアイテムを使用して稼ぎますが、価値があるので売却や貸して稼げます。

トークンには投資をする人・ユーザーがいるため価値がついている

Move to Earnサービスの1つとして「STEPN」がありますが、STEPNは、Solana VenturesやAlameda Research、SEQUIA Capitalなど、さまざまなVCや個人投資家がトークンに投資をしています。

投資をする人が増えればトークンの価値は必然的に上昇し、興味を持ち始め利用するユーザーも増えます。

ただ、サービスに投資する人が減るとトークンの価値が大幅に下落すると予測できるので、トークン価値の担保は不安定ではあるでしょう。

サービスの人気度はこまめに確認しておくといいかも。

注目のMove to Earnサービス6選

Move to Earnはすでにさまざまなサービスが出ていますが、中には詐欺のようなサービスや人気のないサービスもあります。

本記事で紹介するMove to Earnサービスはすでに人気で注目を集めているサービスなので、安心して始められるでしょう。

  • STEPN(ステップン)
  • Genopets(ジェノペッツ)
  • Fitmint(フィットミント)
  • THE SNKRS(ザ・スニーカーズ)
  • STEP(ステップ)
  • Dustland(ダストランド)

1つずつ解説していきます。

STEPN(ステップン)

STEPNとは?

サービス名 STEPN
ブロックチェーン名 ソラナブロックチェーン
基軸通貨 GST
ガバナンストークン GMT
ユーティリティトークン GST
ホワイトペーパー https://whitepaper.stepn.com/
公式HP https://stepn.com/

STEPNはMove to Earnの代表的なサービスで、歩いて稼ぐゲームです。

具体的にはSTEPNのスニーカーNFTを購入し、スニーカーを保有しながら歩くと、歩いた距離に応じて仮想通貨の「GST」が獲得できます。

種類は「歩き用」「ジョギング用」「走る用」の3つがあり、自分好みのNFTスニーカーを保有できるのもユーザーにはありがたいです。

初期費用に約8万円ほどかかりますが10分歩くと1日2,000〜3,000円ほど稼げ、1か月半ほど継続すれば元が取れる計算になります。

STEPNは有名なVCから投資を受けており、Twitter公式アカウントがスペース機能で実際に直近の状況や情報提供をしているため、プロジェクトの信頼性が高いと言えるでしょう。

Genopets(ジェノペッツ)

サービス名 Genopets
ブロックチェーン名 ソラナブロックチェーン
基軸通貨 KI
ガバナンストークン GENE
ユーティリティトークン GENE
ホワイトペーパー https://medium.com/@genopets/introducing-genopets-3e96201c2103
公式HP https://www.genopets.me/

Genopetsは無料のMove to Earnゲームです。ゲーム開始時にキャラクターの「Genopet」がもらえ、キャラクターを育てながらトークンの「GENE」を稼ぎます。

基本的に自分が動くとGenopetが育ち、それに応じてGENEをもらえる仕組みです。Genopetは育つとバトルへの参加や売却ができ、より多くのトークンが獲得できます。

Genopetsは、Solanaブロックチェーンを開発しているSolanaが運営しており、信頼性は担保されているでしょう。

Genopetsは開発者が「無料で遊びながらプレイヤーが収入を得れる方法を提供する」と掲げており、お金稼ぎにあまりフォーカスしていない点が良心的です。

もちろん課金した方が効率的に稼げますが、無料でもGenopetを育て、価値がついた時に売却すれば利益を獲得できます。

そして、獲得した利益で違うGenopetを購入すれば課金なしでも稼げるサイクルが作れるので、まずは無料でMove to Earnを始めてみたい人におすすめです。

Fitmint(フィットミント)

サービス名 Fitmint
ブロックチェーン名 イーサリムブロックチェーン
基軸通貨 FITT
ガバナンストークン FITT
ユーティリティトークン FITT
ホワイトペーパー https://fitmint.gitbook.io/whitepaper-fitmint/
公式HP https://fitmint.io/

Fitmintは第2のSTEPNと呼ばれているMove to Earnサービスです。仕組みはSTEPNと似ていて歩くと仮想通貨の「FITT」が稼げ、スニーカーのアップグレード機能なども付いています。

ただ、FitmintはSTEPNと違って初期費用無料で始められ、獲得したFITTトークンをステーキングすると金利収入が得られます。

無料なので誰でも始められ、リスクを伴わずに収益化ができる強みがあるでしょう。

スニーカーも自分好みにカスタマイズできる機能がある他、ジムでの運動も収益化できるようになる仕組みが差別化されています。

THE SNKRS(ザ・スニーカーズ)

サービス名 THE SNKRS
ブロックチェーン名 VeChain
基軸通貨 SKZ
ガバナンストークン FNF
ユーティリティトークン SKZ
ホワイトペーパー https://swell-oss.oss-cn-shanghai.aliyuncs.com/website/snk-whitepaper-en-US.pdf
公式HP https://www.thesnkrz.com/

THE SNKRSは韓国発のMove to Earnサービスです。SNSではSTEPNの競合サービスとも言われており、歩きだけでなくサイクリングやハイキングにも対応しています。

また、トラップアイテムがあり、他のユーザーのスタミナを奪って自分の耐久性を向上させて稼ぐことも可能な、他にはないMove to Earnサービスです。

基軸通貨にはSKZトークンが使用され、主に靴の修理やレベルアップなどサービスに関わるトークンです。

ガバナンストークンにはFNFトークンがあり、レア度の高いスニーカーから入手できる特徴があります。

将来的にはメタバース内でも使用でき、ファッションブランドともコラボ予定です。メタバースとファッション系は相性がよいので、経済圏がより大きくなる期待もできるでしょう。

ロードマップやホワイトペーパーも充実していて、Discordにはすでに25,000人ものメンバーが集まっているため、プロジェクトの信頼性はある程度担保されています。

STEP(ステップ)

サービス名 STEP
ブロックチェーン名 バイナンススマートチェーン
基軸通貨 BNB
ガバナンストークン STEP
ユーティリティトークン STEP
ホワイトペーパー https://www.walkwithstep.io/_files/ugd/e70a13_958d3876f8e74d129426e32b80986e56.pdf
公式HP https://www.walkwithstep.io/

STEPは報酬をBNBでもらえる珍しいMove to Earnサービスです。BNBはBinanceが発行している仮想通貨で、Binanceの手数料支払いに使えたりBSCの支払いに使える便利な仮想通貨です。

報酬がもらえる条件は、1日4,000歩以上30,000歩未満と決められており、ほどよく散歩をしながら稼げます。

STEPは初期費用がかかり、20,000STEPを専用ウォレットに入金すると始められます。草コインなので価格は低く、低いリスクで始められるでしょう。

Dustland(ダストランド)

サービス名 Dustland
ブロックチェーン名 イーサリムブロックチェーン
基軸通貨 DOSE
ガバナンストークン DOSE
ユーティリティトークン DOSE
ホワイトペーパー https://dosetoken.com/whitepaper.pdf
公式HP https://www.thedustland.com/

Dustlandは歩くとNFTチケットがもらえ、引き換えると基軸通貨のDOGEと交換できるMove to Earnサービスです。

また、他のMove to Earnサービスとは違ってストーリーがあります。

具体的には、「気候変動により地表が廃墟と化した未来の世界で、重要な荷物を配達する任務を果たすために走る」ゲームとなっており、没入型で楽しみやすいサービスです。

Dustlandの通貨であるDOSEはすでに取引所にも上場していて、供給量も5,000,000,000枚と限りがあります。

そのため、Dustlandのユーザーが増えれば需要が高くなり、早期から保有していた人は大きな利益を狙える可能性が高まるでしょう。

Move to Earnサービスのやり方・始め方

Move to Earnを始めるには仮想通貨の購入が必要となり、以下の3ステップを行います。

  • STEP1:Coincheckで無料口座開設する
  • STEP2:各Move to EarnのウォレットにSolana(ソラナ)やイーサリアムを送金する
  • STEP3:アプリをダウンロードする
  • STEP4:毎日歩いたり走ったりしてトークンを稼ぐ
  • STEP5:稼いだトークンはそのまま保有するか換金する

1つずつ解説していきます。

STEP1:Coincheck(コインチェック)で無料口座開設する

まずはCoincheckで口座開設をしましょう。 各Move to Earnサービスが、どのブロックチェーン上につくられているのかをチェックして、必要な通貨を買いましょう。

人気のMove to Earnサービスのブロックチェーンは下記の通りです。

  • STEPN(ステップン)…Solanaチェーン
  • Genopets(ジェノペッツ)…イーサリアムチェーン

それぞれに必要な、Solanaの買い方、イーサリアムの買い方については下記記事をチェックしてみてください。いずれにしてもCoincheckで無料口座開設をする必要があるので、開設しておきましょう。

>>ソラナ(Solana/SOL)の買い方をチェックする
>>イーサリアム(Ethereum/ETH)の買い方をチェックする

STEP2:各Move to EarnのウォレットにSolana(ソラナ)を送金する

Move to Earnゲームにはウォレットと呼ばれる仮想通貨を入れる財布が存在します。

Move to Earnを始めるにはウォレットに購入したSOLを送金する必要があるので、始めたいゲームでウォレットを作成し、SOLを送金しましょう。

STEP3:アプリをダウンロードする

スニーカーを購入するためのSOLが購入出来たら、始めたいMove to Earnのアプリをダウンロードしましょう。

STEPNとは?

STEPNであれば、画面右上の「DOWNLOAD NOW」をクリックするとアプリダウンロード画面に進みます。

STEP4:毎日歩いたり走ったりしてトークンを稼ぐ

SOLを送金するとMove to Earnで使用するスニーカーが購入できます。購入をすればあとは実際に歩いたり走ったりするだけでトークンを稼げます。

添付画像では、STEPNを用いて20分の運動で22GSTを稼いでいます。1GSTあたり600円と換算し、13,200円の収益となっています。

毎日歩いたり走ったりするのが困難な方は、スニーカーを貸す側になり収益の一部を受け取るのもアリです。

STEP5:稼いだトークンはそのまま保有するか換金する

稼いだトークンの使い道は、保有するか換金するか2択になります。トークンを保有すると価格が高騰した際に獲得時より大きな利益を上げられますが、反対に暴落して損をする場合もあります。

暴落するのが怖い方は、稼いだ時にそのまま換金したほうがよいでしょう。

Move to Earnサービスの開始に必要な初期費用

Move to Earnサービスの開始に必要な初期費用を各サービスごとにまとめました。

  • STEPN:約8~9万円
  • Genopet:無料
  • Fitmint:無料
  • THE SNKRS:未公開
  • STEP:約4,000円
  • Dustland:無料

2022年4月時点ではまだ本格リリースされていないサービスが多く、まずは無料体験を実施している場合が多いです。

STEPNはすでに人気のサービスとなってしまい、初期費用が高額になっていますが、その分稼ぎやすい側面もあります。

初期費用をあまりかけずに始めてみたい方は、初期費用が約4,000円と安いSTEPから始めてみるのもおすすめです。

まずは低コストで始めようね。

Move to Earnサービスの今後の将来性について

Move to Earnの将来性は明るいと考えており、重要なポイントは以下の3つです。

  • Web3.0サービスのなかでも注目度が高い
  • フィットネスという日常に溶け込むサービスのため浸透はしやすい
  • 初期費用の高騰とユーザー数に注目

1つずつ解説していきます。

Web3.0サービスのなかでも注目度が高い

Move to Earnサービスは数あるWeb3.0サービスのなかでも注目度が高いです。

参考:https://twitter.com/masahirochaen/status/1508027883172012038?s=20&t=FAi2qf_2TjB6dPWGJRPOyw

特にSTEPNは人気を集めていて、ユーザー数は日本人が最も多いです。

世界の検索トレンドをチェックできるGoogleトレンドを見てもMove to Earnの検索は上昇しています。上記はSTEPNは動向ですが、急上昇しています。

検索されているということは人々の興味を集めていると同じなので、注目度が高いと言えるでしょう。

フィットネスという日常に溶け込むサービスのため浸透はしやすい

Move to Earnはフィットネスと、誰もが日常で行えるサービスのため取り組みやすいです。

NFTゲームやNFTアートなどは特定のスキルが必要でしたが、Move to Earnは歩くだけなので理解しやすく、浸透しやすいでしょう。

初期費用の高騰とユーザー数に注目

初期費用の高騰とユーザー数の増加はサービスの人気度に直結するため、把握しておくとよいです。

ユーザー数が増えるとNFTアイテムの需要が高くなり、初期費用が高騰します。

将来性のあるMove to Earnサービスを見つける際は、初期費用とユーザー数に注目しましょう。

Move to Earnサービスまとめ

Move to Earnは現在最も波に乗っているWeb3.0市場といっても過言ではなく、健康を保ちながら仮想通貨を稼げる画期的なサービスです。

稼ぎやすさで考えるならSTEPNがおすすめです。初期費用は値が張りますが、その分稼げる金額も大きいでしょう。

今まで仮想通貨は難しいサービスが多かったのですが、Move to Earnであれば簡単に始められます。

興味のある方は、今後より参入者が増えて初期費用が高騰する前に準備しておきましょう。

本記事をまとめると...

  • Move to Earnは動きながら仮想通貨を稼げる特徴がある
  • 将来的に稼げるかは不安定な部分もある
  • Move to Earnを始めるには仮想通貨の購入が必要。Coincheckで仮想通貨を買ってMovetoEarnを始めよう!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

(監修者)大泉 稔  https://www.cfpm.biz/

証券外務員一種貸金業取扱主任者FP1級衛生管理者1種 明星大学で文学を学ぶ。刑務所職員、電鉄系タクシー会社事故係、 社会保険庁電話相談員、FP会社役員、保険代理店役員を経て、現在に至る。

おすすめの記事