「Web3.0」の新時代が来るらしいね!仮想通貨と関係があるって聞いたよ。

Web3.0に関連する銘柄を今のうちにチェックしておけば、一獲千金が現実になるかもしれないよ。
  • 「インターネットの広告、検索履歴を反映されてて正直しつこい」
  • 「利用しているSNSが、個人情報の流出問題を起こしてショックだった」
  • 「ネットショッピングはお金の振込に時間がかかるのが困る」

これらの問題は、仮想通貨のブロックチェーン技術を用いた「Web3.0時代」の到来によって解消されると予想されています。

今回は、Web3.0の特徴や、Web3.0に関連する仮想通貨銘柄を詳しくお伝えします。最先端のブームを先取りして、これから収益獲得が期待できそうな銘柄を見定めてください。

この記事をまとめると…

bitflyer
  • Web3.0を迎えれば、特定の企業への中央集権が進んだ現在の問題を打破し、新しいインターネット時代へと移行できる。
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)やポルカドット(DOT)はすでに実用化が進んでおり、Web3.0関連銘柄として注目度が高い。
  • BATやDOTを購入するならbitFlyerがおすすめ。運営歴が長い老舗の取引所で、注目銘柄を数多く取りそろえている。

ビットコイン取引量国内最大級bitFlyerで無料口座開設する

インターネット新時代・Web3.0とは?

Web3.0とは、ブロックチェーン技術による「分散型ネットワーク」が活用される時代を指しています。※分散型ネットワーク…大企業による巨大なサーバーを通さずに、個人間でデータのやり取りが可能となるネットワーク

現在の「Web2.0」時代が抱える問題点を解決し、さらなる利便性を持つネットワークとして世界的に開発が進められています。

  • Web2.0のプライバシー問題特定の企業に個人情報が一極化している
  • Web2.0のハッキングリスク中央集権型であり、サイバー攻撃の対象となりやすい

GAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)による中央集権型の時代から、新しいインターネット時代に移行しようとしているんだ。

一方向性、双方向、そして多方向性のサービスへ

インターネット世界の移り変わりを紐解くと、以下の3つの時代に区分されます。

Web1.0 一方向性。インターネットとユーザーのやり取り。
Web2.0 双方向性。ユーザー同士のやり取り。GAFAMによるデータ独占の時代
Web3.0 多方向性。利用者同士がデータ管理者を介さずに直接つながる時代

Web3.0時代が到来すれば、ブロックチェーン技術による「P2P(ピア・ツー・ピア)」が実現します。※ピア・ツー・ピア…巨大なサーバーを介さずに、端末同士で直接通信すること。

分散型ネットワークであるWeb3.0には特定の管理者は存在しないため、利用者同士による直接的なやり取りが可能になります。

利用者同士が直接つながる「多方向性のサービス」は、具体的に今と何が変わるんだろう?

大きな企業を間に挟むWeb2.0時代は、個人間のやり取りでも企業への手数料が発生してしまうんだ。Web3.0が実現すれば手数料の負担が減り、今以上にスピーディなやり取りができるようになるよ。

中央集権型Appsから非中央集権型DApps

Web2.0からWeb3.0に移行することで、現在使われている中央集権型のAppsは非中央集権型のDAppsに変化すると予想されています。

DApps(分散型アプリケーション)とは…ブロックチェーンの機能を用いたアプリケーション。中央管理者が存在せず、参加者の合意によって決定が行われる

DAppsの例

  • Brave…広告が表示されない次世代型ブラウザ。検索スピードが速い
  • DEX…個人間で取引できる分散型取引所。ユニスワップパンケーキスワップなど
  • DAppsゲームゲームの利用者同士でアイテムの売買ができる

やり取りされるデータは細分化された上で暗号化されているから、利用者同士でしかデータの復元ができないようになっているんだ。

デバイス・OS依存型のサービスの転換

大企業が提供する特定のデバイスやOSを介さず、アプリを開発できるようになります。また、アプリやサービスを利用する際も、デバイスやOSを気にせずに使用することができます。

ブロックチェーンは国籍や性別などによる制限を受けないため、誰もが自由に利用できるのもポイントです。

「iOS対応しかないからAndroidでは使えない!」というような悩みもなくなるんだね。

中央集権型が抱えるセキュリティ問題の解決

現在のWeb2.0では、GAFAMによる中央集権が顕著です。権力が1箇所に集中する場所は悪意あるハッカーにとって格好の攻撃対象であり、セキュリティ面でのリスクが高くなります。

その他、中央集権のWeb2.0時代が抱える問題は以下の通りです。

  • 単一障害点…1つが崩れるとシステム全体が崩壊する(例:サーバーダウンによって多くの利用者が不利益を被る)
  • 個人情報の問題…ユーザーの知らないうちに個人情報を取得され、個人データの売買やマーケティングに利用されている
  • ネット検閲…国や運営企業が、特定のアプリ・サービスの利用を制限する

中央管理者のいないWeb3.0の技術によって、Web2.0の問題は解決されると考えられているよ。

Web3.0に至るまでのWeb1.0Web2.0の歴史の変遷

Web3.0の概念をつかむためには、Webの歴史を知るのが近道です。Web1.0Web3.0の間に明確な定義の線引きはありませんが、以下の特徴からイメージしていただけるでしょう。

  • Web1.0…一方向性・ホームページ時代
  • Web2.0…双方向性・SNS時代
  • Web3.0…多方向性・分散管理・ブロックチェーン時代

Web1.0の歴史

限られた個人がホームページを持ち、情報を発信するようになったのがWeb1.0の時代です。Webによる発信は一方向的なものに限定されており、閲覧ユーザーによる発信やデータ編集はできませんでした。

Web1.0時代に登場したサービス

インターネット黎明期であり、ネットへの接続には時間を要します。画像はデータが重いため、当時のホームページは文字ベースでした。

Web1.0時代のインターネットには、今のような手軽さや利便性はなかったんだ。限られた人だけが利用するサービスだったんだよ。

Web2.0の歴史

双方向での情報のやり取りが可能となり、誰もが発信者となる機会を得た時代がWeb2.0です。SNSが登場し、Web上で簡単に発信できるようになりました。

Web2.0時代に登場したサービス

Web2.0時代にはGAFAMGoogleAmazonFacebookAppleMicrosoft)が躍進し、多くの人々にとってなじみ深いものとなりました。

一方で、特定の企業が個人情報を集めて利益を得る構図が生まれました。情報集中によってハッキングリスクが高くなったことも指摘されています。

2018年には、Facebookが5000万人以上のユーザー情報を流出させて大問題になったんだ。

Web3.0関連の仮想通貨銘柄の特徴

Web3.0に関連する仮想通貨銘柄の特徴は以下の通りです。

  • ブロックチェーン技術を用いたサービスを提供
  • 国や地域に依存しないサービスを提供
  • AI(人工知能)を用いたサービス
  • 3D仮想空間を提供している

ブロックチェーン技術を用いて既存サービスに代わるサービスを提供している

ブロックチェーンはこれまでのデータベースと異なり、システムの中央管理者を必要としません。「非中央集権・分散型」という特徴を生かし、あらゆるビジネスに応用されています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)のBraveブラウザなど、すでに既存サービスに変わる新サービスを提供している仮想通貨もあるんだよ。

DeFiなど国や地域に依存しないサービスを提供している

DeFi(分散型金融)とは、銀行などの仲介者を必要としない、Web3.0時代の金融システムです。DeFiによる金融の非中央集権化が実現されれば、誰もが居住地や国籍に関わらずサービスを利用できるようになります。

DeFiの主な基盤はイーサリアムのブロックチェーンだよ。

AI(人工知能)を用いたサービス

AI(人工知能)がサービスを主導することで、第三者を介さず自由にデータを共有できるインターネット環境が整備されることになります。

また、AI自体にブロックチェーン技術が適用され、個人にとって最適化された情報が提供されるようになると考えられています。

AIや機械学習に注目する投資家は多いから、仮想通貨の関連銘柄にも影響を与えそうだね。

メタバースに代表される3D仮想空間を提供している

メタバースとはインターネット上のデジタル仮想空間のことです。ブロックチェーン技術によって、仮想空間内の土地やアイテムの取引が可能となりました。

メタバースは主にゲームの世界で機能していますが、最近はビジネスプラットフォームに転用する動きも注目されています。

エンジンコインディセントラランドなど、メタバース関連の仮想通貨は要チェックだよ。

注目の2022年!Web3.0関連仮想通貨銘柄

ここからは、Web3.0に関連する仮想通貨を紹介します。おすすめの銘柄は以下の通りです。

  • ベーシックアテンショントークン(BAT
  • ポルカドット(DOT
  • イーサリアム(ETH
  • エンジンコイン(ENJ
  • フラックス(FLUX
  • クサマ(KSM
  • ファイルコイン(FIL
  • ザ・グラフ(GRT

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)

名称 ベーシックアテンショントークン
シンボル BAT
時価総額 \183498945320(2021年12月11日現在)
提供サービス 広告を除外できるWebブラウザ
ホワイトペーパー BasicAttentionTokenWhitePaper-4.pdf
公式HP https://basicattentiontoken.org/ja/

ベーシックアテンショントークンはWebブラウザ「Brave」上で用いられる仮想通貨です。Braveは広告をブロックする機能が実装されており、利用者のプライバシーを保護しながら快適なブラウザ操作が可能となります。

また、Braveが提供する広告を見ることで、利用者に報酬が付与される仕組みになっています。

ベーシックアテンショントークンはbitFlyerと提携していて、Braveで得た報酬をbitFlyer経由で日本円に換金できるよ。

ポルカドット(Polkadot/DOT)

名称 ポルカドット
シンボル DOT
時価総額 \183498945320(2021年12月11日現在)
提供サービス 異なるブロックチェーン同士を運用できる
ホワイトペーパー https://polkadot.network/PolkaDotPaper.pdf
公式HP https://polkadot.network/

ポルカドットはイーサリアムの共同設立者であるギャビンウッド氏が開発した仮想通貨です。インターオペラビリティ(相互運用性)と呼ばれる技術によって異なるブロックチェーン同士をつなげ、相互運用を可能にしました。

パラチェーンと呼ばれるブロックチェーンが処理速度を上げており、スケーラビリティ問題を解消しています。

ポルカドットは2021年4月に5,000円台を記録しているよ。bitFlyerGMOコインで買えるんだ。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

名称 イーサリアム
シンボル ETH
時価総額 \53795431757839(2021年12月11日現在)
提供サービス 分散型アプリケーションプラットフォーム
ホワイトペーパー https://ethereum.org/ja/whitepaper/
公式HP https://ethereum.org/ja/

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨で、あらゆるネットワークのインフラとなり得るプラットフォームとしての地位を築いています。

取引や送金を自動化できる「スマートコントラクト」や、中央管理者が存在しないDApps(分散型アプリケーション)を開発できる点が特徴です。また、イーサリアムのプラットフォームを使えば、独自のブロックチェーンを持たない新たな仮想通貨を簡単に発行できます。

最近流行りのNFTは、イーサリアムのプラットフォームを基盤としているよ。今後のアップデートによって、さらなる発展が期待されているんだ。

エンジンコイン(Enjin/ENJ)

名称 エンジンコイン
シンボル ENJ
時価総額 \237121453922(2021年12月11日現在)
提供サービス ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発
ホワイトペーパー https://cdn.enjin.io/downloads/whitepapers/enjin-coin/en.pdf
公式HP https://ja.enjin.io/

エンジンコインはオンラインゲームのプラットフォーム「Enjin Platform」で利用できる仮想通貨です。ゲーム内でエンジンコインを入手できる仕組みとなっており、遊びながら稼げる通貨として人気を集めています。

また、Enjin Platformを一般向けのゲームやアプリに導入すれば、ブロックチェーンの高度な知識がなくてもゲーム内に仮想通貨やNFTを実装できます。

Enjin Platform上で人気の「マインクラフト」は、ユーザー同士でアイテム売買を楽しめるんだ。エンジンコインはCoincheckで購入できるよ。

フラックス(Flux/FLUX)

名称 フラックス
シンボル FLUX
時価総額 \45811333460(2021年12月11日現在)
提供サービス Fluxネットワーク上でのDApps構築
ホワイトペーパー https://fluxwhitepaper.app.runonflux.io/
公式HP https://runonflux.io/

フラックス(フルックス)はWeb3.0に必要なインターネット技術を包括できる「Fluxネットワーク」を提供しています。Fluxネットワーク上でのDApps(分散型アプリケーション)構築が可能で、OSやウォレットも効率的に利用できます。

ポルカドットなど、他のブロックチェーンとの互換性を持つのも特徴です。

Fluxは日本の取引所では取扱いがないんだ。国内取引所を経由させて、海外の取引所を使って購入しよう。

クサマ(Kusama/KSM)

名称 クサマ
シンボル KSM
時価総額 \272289313729(2021年12月11日現在)
提供サービス ポルカドットのテストネット
ホワイトペーパー
公式HP https://kusama.network/

クサマはポルカドットの姉妹ネットワークで、ポルカドットのテストネット的な役割を持っています。実装に向けたテストを行う開発者には、報酬としてKSMトークンが贈られます。

ポルカドットと同様のシステムを持ちつつ、開発への参入障壁が低い点が特徴です。

クサマという名前は、ポルカドット(水玉)模様の作品で知られる草間彌生さんに由来しているよ。

ファイルコイン(Filecoin/FIL)

名称 ファイルコイン
シンボル FIL
時価総額 \604206948966(2021年12月11日現在)
提供サービス 分散型ストレージシステム
ホワイトペーパー https://docs.filecoin.io/
公式HP https://filecoin.io/

ファイルコインは「IPFS」という手法を使ったピア・ツー・ピアのネットワークを提供しています。1つのサーバーに依存せずにデータを分散管理できるため、リスク軽減につながります。

ファイルコインは2017年のICOで約280億円の資金調達に成功しており、投資家からも高い関心を集めている仮想通貨です。

※ICO…仮想通貨の新規発行によって資金を調達する方法

アメリカの電子証券取引所のナスダックは、ビットコインを超える可能性を持つ仮想通貨の1つとして、ファイルコインを挙げたんだ。

ザ・グラフ(The Graph/GRT)

名称 ザ・グラフ
シンボル GRT
時価総額 \348099771733(2021年12月11日現在)
提供サービス イーサリアム等のネットワークにクエリするための仕組みを提供
ホワイトペーパー https://thegraph.com/docs/
公式HP https://thegraph.com/en/

ザ・グラフはブロックチェーンでデータを検索するための機能を提供しており、「ブロックチェーン界のGoogle」と称されています。イーサリアムなどのネットワーク上でクエリ検索が可能で、すでに実用化が進んでいるプロジェクトです。

※クエリ…データベースからデータを抽出・操作すること

仮想通貨が普及するWeb3.0の未来では、ザ・グラフのような縁の下の力持ち的なプロジェクトも必要不可欠なんだ。

Web3.0関連仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

 

bitflyer

公式HP:https://bitflyer.com/ja-jp/

Web3.0に関連する仮想通貨銘柄は、bitFlyerを利用すればベーシックアテンショントークン・ポルカドット・イーサリアムが購入できます。また、エンジンコインはCoincheckで購入可能です。

ここからは、Web3.0関連銘柄の買い方を紹介します。bitFlyerを使った購入方法を見ていきましょう。

STEP1:bitFlyerで無料口座開設する

bitflyer

公式HP:https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyer公式サイトから無料登録を行います。まずはメールアドレスを入力し、bitFlyerからの登録メールを受け取ってください。

登録の流れは以下の通りです。

  1. パスワードの設定
  2. 2段階認証の設定
  3. 本人情報を入力
  4. 本人確認書類を提出
  5. 銀行口座を登録

クイック本人確認を利用すれば、早ければその日のうちに取引を始められます。

運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類と、自分の顔をスマホで撮影するだけだから、簡単に本人確認が終わるよ。

STEP2:bitFlyerに日本円を入金する

bitFlyerへの入金は、3種類の方法から選べます。

  • 銀行振込…各金融機関所定の振込手数料
  • クイック入金…330円(住信SBIネット銀行から入金すると無料)
  • コンビニ入金…330

銀行振込の場合、営業時間内であれば当日中に入金される可能性があります。しかし、タイミングによっては翌営業日まで反映されないため注意が必要です。

仮想通貨の購入準備を整えるためにも、bitFlyerの登録や入金は早めに済ませておこう。

STEP3:該当仮想通貨銘柄を購入する

bitFlyerのスマホアプリを使えば、Web3.0関連銘柄であるベーシックアテンショントークンやポルカドットを簡単に購入できます。

  • アプリのトップページから「販売所」を選択
  • 購入したい仮想通貨銘柄を選択
  • 購入希望の仮想通貨の数量を選択し、注文を確定する

販売所では数量を選択すれば、レートに合わせた価格が自動的に表示されるから便利だよ。

番外編:海外取引所銘柄は国内仮想通貨口座から送金する

国内取引所で扱われていない仮想通貨銘柄は、海外の取引所を利用すれば購入可能です。

海外では日本円が使えないため、まずは国内の取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金する必要があります。

送金に使う国内取引所は、取扱銘柄の多いCoincheckがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムなど人気のある銘柄を送金する場合、送金スピードに時間がかかる可能性があるんだ。いつでも取引できるように、早めの準備を心掛けよう。
コインチェック

2022年に来る!Web3.0関連仮想通貨銘柄まとめ

Web3.0の時代が近付くにつれて、Web3.0関連の仮想通貨銘柄への期待値は高まると予想されています。値上がり前のチャンスを逃さず、ベストなタイミングで購入を狙うのが望ましいです。

bitFlyerCoincheckを利用すれば、Web3.0に関連する仮想通貨を取引できます。日本円が使えない海外取引所での取引に備えるためにも、国内取引所の口座を開設しておくのがおすすめです。

収益獲得を期待するなら、インターネット新時代を迎える前に、投資を検討するのもいいですね。

5分で無料登録

bitflyer
  • bitFlyerはベーシックアテンショントークン(BAT)やポルカドット(DOT)など、注目の仮想通貨を購入できる取引所。大手企業を数多く株主に持ち、信頼が厚い。
  • Coincheckはエンジンコイン(ENJ)を国内で買える数少ない取引所。アプリの使い勝手がよく、アプリダウンロード数No.1の人気を誇る。
  • bitFlyerは早ければ当日中に取引を開始できる。登録や入金を事前に済ませて、Web3.0関連銘柄の購入に備えよう。

ビットコイン取引量国内最大級bitFlyerで無料口座開設する

柴沼 直美

(監修者)柴沼 直美 https://caripri.com/

CFP(R)認定者 生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

おすすめの記事