仮想通貨のGALが熱いと聞いたよ!
個人の信用情報を取り扱う、唯一無二のプロジェクトだよ。

GAL(Project Galaxy)は、資格・経歴や金融情報などの「クレデンシャルデータ」を扱うプロジェクトです。ローンチ前から注目が集まっており、すでにBinanceやコインベースへの上場を果たしています。

今回は、仮想通貨GALの買い方や将来性を徹底解説します。さまざまなプロジェクトとの提携が進むGALの価格動向を、今のうちに探っておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • GAL(Project Galaxy)は個人の信用情報である「クレデンシャルデータ」を扱うプロジェクト。
  • 一部の機関や大企業に独占されていた信用情報を、ブロックチェーン技術の開発に取り入れやすい仕組みを構築している。
  • GALは海外取引所で購入可能。まずはCoincheckで仮想通貨を準備し、海外取引所に送金してGALを買うのがおすすめ。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

GAL(Project Galaxy)とはどんな仮想通貨?特徴や使い方を解説

仮想通貨GALとは

通貨名 Project Galaxy
シンボル GAL
注目度
取扱取引所 Binance・Bybit・Gate.ioなど
時価総額 ¥20,684,805,788
(2022年6月上旬時点)
公式HP https://galaxy.eco/

GAL(Project Galaxy)とは、「クレデンシャルデータ」のネットワークを構築するプロジェクトです。

クレデンシャルデータは資格・経歴などの信用情報を指しており、ユーザーの認証に用いられています。

GALの主な特徴は以下の通りです。

  • Web3におけるクレデンシャルデータをオープンにしたネットワーク
  • サービス開発者へキュレーション済みのデータを提供
  • コミュニティに対してNFTのエアドロップキャンペーンを実施できる
  • ウォレットアドレスに代わるGalaxy IDへ経歴や実績を登録できる
  • Solanaと提携して「2022 is gonna be SOL Cool」を実施

Web3におけるクレデンシャルデータをオープンにしたネットワーク

GAL出典:Project Galaxy

Project Galaxyは開かれたクレデンシャルデータのネットワーク構築を目指すプロジェクトです。

従来のクレデンシャルデータは、政府機関や金融機関・大企業などが独占する情報でした。しかし、個人の信用情報が閉鎖的な状態にあると、これらのデータを活用するアプリケーションの開発に支障をきたします。

「中央集権型から分散型へ」という動きが加速化するWeb3において、Project Galaxyは保有するクレデンシャルデータを公開し、Web3プロジェクトを開発しやすい環境を構築しているのです。

資格・経歴や金融情報などのクレデンシャルデータを、ブロックチェーンの技術開発に取り入れやすくしているんだ。

サービス開発者へキュレーション済みのデータを提供

キュレーションとは、インターネット上の情報を収集して分類し、新しい価値を持たせることです。

Project Galaxyのクレデンシャルデータは、サービス開発者が使いやすいようにキュレーション済みのデータが提供されています

例えば、「特定のNFTを保有している人」「ステーキングを行っている人」などの条件で該当者を絞り込めるイメージだね。

マーケティングに利用しやすい形で、クレデンシャルデータを活用できるのは便利だね!

コミュニティに対してNFTのエアドロップキャンペーンが実施できる

GALのNFT出典:Project Galaxy

GAL(Project Galaxy)を利用すれば、コミュニティ活性化のためのエアドロップキャンペーンを実施できます

すでに300を超えるプロジェクトに活用されており、毎月50万個以上のNFTが作られています。

コミュニティでNFTが受け取れるなら、参加している人のモチベーションアップにつながりそうだね!
NFTを配布することで、プロジェクトに長期的に貢献してくれた人を特定できるメリットもあるよ。継続的なコミュニティの発展につなげられるんだ。

ウォレットアドレスに変わるGalaxy IDへ経歴や実績を登録できる

Project Galaxy上で利用できる「Galaxy ID」は、保有中のNFTや個人の経歴などのデータを登録できます

ブロックチェーン上に残っている成果の履歴をまとめ、実績として活用可能です。

GalaxyIDは、Web3版のLinkedIn(ビジネス特化型SNS)を目指しているよ。

Solanaと提携して「2022 is gonna be SOL Cool」を実施

GALとSolana出典:Project Galaxy Presents: 2022 is gonna be SOL Cool | by Project Galaxy

Project GalaxyはSolanaと提携を行い、マーケティング支援のキャンペーンを実施しました。

キャンペーンには3万人以上の新規ユーザーが参加し、Solanaの利用者増加に貢献しました。

Solanaエコシステム上に27種類のタスクが用意され、ユーザーがタスクをこなせば限定のNFTがもらえるキャンペーンだよ。

GAL(Project Galaxy)の2022年現在のチャートと価格変動


ここからは、GAL(Project Galaxy)のチャートと価格動向について見ていきましょう。

  • 2022年51週目:5日に上場、価格上昇し6日には最高値2,300円台を記録
  • 2022年52週目:仮想通貨市場全体の下落により一時300円台まで下落
  • 2022年6月:価格を戻し600円前後で推移、今後の動きにも注目

2022年51週目:5日に上場、価格上昇し6日には最高値2,300円台を記録

GALチャート出典:Binance Spot

上記はBinanceにおける、202255日~8日のGAL/USDTチャートです。

GALは55日にBinanceFTXに上場しました。話題性の高さから買いが集まり、6日には約2,300円台まで急騰しました。

アメリカの大手仮想通貨取引所のCoinbaseも上場を発表していて、注目度の高さがうかがえるよ。

2022年52週目:仮想通貨市場全体の下落により一時300円台まで下落

GALチャート出典:CoinMarketCap

上記は202258日~31日のGAL/JPYチャートです。

株式市場の急落やステーブルコイン「UST」の崩壊の影響を受けて、5月は仮想通貨市場全体が大きく落ち込みました。ビットコインを筆頭にあらゆる銘柄が下落し、GALも引きずられる形で急落しました。

5月11日には、GALは一時310円台まで価格を下げる場面もありました。

市況が悪かったのは残念だけど、ここからまた上げてほしいね!

2022年6月:価格を戻し600円前後を推移、今後の動きにも注目

GALチャート出典:CoinMarketCap

5月には高騰と急落を見せたGALですが、6月にはやや落ち着きを見せています。一時の300円台から価格を戻し、600円前後で推移しています。

2022年67日時点、GALの価格は約590円です。時価総額ランキングは230位台につけています。

海外の大手取引所に続々と上場しているし、期待値の高い銘柄なんだ。買い時をしっかり見極めよう。

GAL(Project Galaxy)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

GAL(Project Galaxy)は国内取引所の取扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。国内取引所で送金用のビットコインを準備し、海外取引所に送ってGALを取引しましょう。

GALの購入方法・買い方の流れは以下の通りです。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

まずは国内取引所で仮想通貨の取引口座を開設します。スマホの操作性に優れるCoincheckを使えば、誰でも手軽にビットコインを購入できます。

Coincheck公式ホームページにアクセスし、「会員登録」から無料登録を行いましょう。

登録には運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。「かんたん本人確認」を利用すれば、5分ほどで登録作業が終わります。

登録後、最短1日で口座が開設されるよ。GALをいつでも買えるように、先に口座開設を済ませておこう。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

コインチェック取引口座の開設後、ビットコインの購入に使う日本円を入金します。3種類の入金方法のうち、送金制限がなく手数料の安い銀行振込を使うとスムーズです。

入金反映後、海外取引所に送金するビットコインを購入してください。

  • 販売所で購入…スマホから手軽に購入できる。難しい知識がなくても利用できるため投資初心者におすすめ
  • 取引所で購入…ブラウザから購入できる。難易度は上がるが、コストカットできるため取引に慣れてきた人におすすめ
取引しやすいビットコインや、送金手数料の安いXRP(リップル)を選ぶといいよ。

3.海外の仮想通貨取引所でGAL(Project Galaxy)を購入する

海外取引所でGALを購入出典:Binance Spot

Coincheckで用意したビットコインを、GALが購入できる海外取引所に送金しましょう。日本語対応のBinanceBybitの利用がおすすめです。

CoincheckからBinanceに送金する流れは以下の通りです。

  • Binanceのビットコイン入金用アドレスを取得する
  • Coincheckの「暗号資産の送金」からビットコインを選択
  • 送付先の宛先にBinanceの入金アドレスをコピペし、送金先に登録する
  • 送金額を設定してBinanceに送金する
 送金先アドレスや送金先ネットワークを誤ると、ビットコインが失われる恐れがあります。送り先にミスがないか確認した上で送金してください。

着金したビットコインを使って、GALを購入しましょう。

Binanceでは現物取引の他に、Binance Convertを使った手軽なトレードに対応しています。

なお、海外取引所は日本の金融庁の許可が下りていないから、利用は自己責任だよ。余剰資金での取引を徹底しよう。

GAL(Project Galaxy)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ここからは、GAL(Project Galaxy)の今後の将来性や、価格動向・上げ幅について見ていきましょう。

  • 2027年には楽観的な予測で$11.1(1,400)、現実的な予測で$8.8(1,100)に達するとの海外投資家の意見あり
  • NFT市場は一般投資家の間でも認知され始めている
  • クレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクトとして注目度が高い

2027年には楽観的な予測で$11.1(1,400)、現実的な予測で$8.8(1,100)に達するとの海外投資家の意見あり

海外の仮想通貨価格予想サイト「DigitalCoinPrice」による、2027年のGALの予想価格は以下の通りです。

  • 2027年の最低価格…7.88ドル(約1,040円)
  • 2027年の平均価格…8.23ドル(約1,090円)
  • 2027年の最高価格…9.97ドル(約1,310円)

※2022年6月上旬の為替レートで計算

2022年6月に590円台をつけていたGALが、5年後には約2倍に上昇するという強気な予想も出ているんだね!

NFT市場は一般投資家の間で認知され始めている

2021年に急成長したNFT技術は、2022年に入ってさらなる発展を続けています。NFTがメディアで取り上げられる機会も増え、一般投資家の間でも認知度が広まっています。

  • 有名人や大企業のNFT事業参入…楽天・吉本興業・阪神タイガースなど
  • デジタル通貨フォーラムのNFT分科会が設立…凸版印刷・KDDINTTドコモなどが実証実験を行う
  • 国によるNFT分野の環境整備…経済産業省がNFTの実証実験に乗り出すと発表

2022年5月には自民党が「岸田総理トークン」を配布し、大きな話題になりました。NFTやブロックチェーンに関する環境整備が進めば、日本でもNFTが急速に広がる可能性があります。

NFT市場が盛り上がれば、NFTを活用できるGALのプロジェクトは一層注目を集めそうだね!

クレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクトとして注目度が高い

GAL(Project Galaxy)はクレデンシャルデータを扱う唯一無二のプロジェクトとして、各方面から注目を集めています。

ローンチ直後からBinanceCoinbaseなどの大手取引所に上場しており、今後も各取引所への上場や新規プロジェクトとの提携が期待できます。

GalaxyIDの発行数はすでに130万人を超えているよ。今後も順調に利用者を増やしていってほしいね。

GAL(Project Galaxy)に関するよくある質問

ここからは、GAL(Project Galaxy)に関するよくある質問を紹介します。

GAL(Project Galaxy)は国内の取引所で購入可能?

GAL(Project Galaxy)は国内取引所では購入できません

購入の際は、国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を準備し、海外取引所に送金してGALを取引する必要があります。

使い方が簡単なCoincheckや、日本語対応のBinanceを利用すれば、GALの購入はそれほど難しくないよ。

GAL(Project Galaxy)の買い方や将来性まとめ

GAL(Project Galaxy)はクレデンシャルデータのネットワークを構築するプロジェクトです。Web3の開かれた技術開発に貢献しており、今後のさらなる拡大が期待されています。

GALは海外取引所で購入できます。国内取引所のCoincheckでビットコインを準備し、海外取引所に送金してGALを買うのがおすすめです。

経歴情報・金融情報を扱う唯一無二のプロジェクトを、今のうちにチェックしておきましょう。

5分で無料登録

コインチェック
  • GALは海外取引所で購入可能。国内取引所からビットコインを送金するとスムーズに取引できる。
  • ビットコインの購入には国内大手取引所のCoincheckがおすすめ。アプリダウンロード数No.1を誇る人気の取引所。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行って、GALの取引に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

柴沼 直美

(監修者)柴沼 直美 https://caripri.com/

CFP(R)認定者 生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

 

おすすめの記事