イーサリアムがアップデートで大幅上昇目前だって聞いたよ!

アップデートの度に価格高騰しているし、買うなら今のうちだよね。

イーサリアムは無限の可能性を秘めた仮想通貨ですが、注目度が高いだけに手数料の高騰や処理遅延といった問題が指摘されています。

そのため、アップデート前後の時期には注目が集まります。202012月のアップデート前後には、価格が約6万円から11万円台まで高騰しました

今回は、イーサリアム2.0の内容やアップデートの詳細を分かりやすく解説します。

この記事をまとめると…

  • イーサリアム2.0の最終アップデートが完了すれば、スケーラビリティ問題(手数料の高騰・処理速度の低下)が克服される。
  • 過去の大規模アップデート時期に価格の高騰を経験しており、最終アップデートへの期待値も高い。
  • イーサリアムを購入するならCoincheckがおすすめ。アプリで簡単に取引できるため、急な価格変動にも外出先から対応できる。

アプデ前に行動を起こそうCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏が開発したプラットフォームを指しているよ。

プラットフォーム内で利用される仮想通貨がETH(イーサ・イーサリアム)だね。

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨で、アルトコインの中でも抜群の知名度を誇ります。

金(ゴールド)のような資産としての地位を築いているビットコインに対し、イーサリアムはあらゆるネットワークのインフラとなり得るプラットフォームとして、急速に普及しています。

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクト…取引や送金を自動化。ブロックチェーン上に取引の履歴が公開される
  • Dapps(分散型アプリケーション)…中央管理者が存在しないアプリケーションを開発可能。データ改ざんのリスクを減らせる
  • 新しいトークンを発行可能…イーサリアムのプラットフォームを使い、独自のブロックチェーンを持たない新しい仮想通貨を簡単に発行できる

 

今ブームのNFTアートやNFTゲームは、イーサリアムのプラットフォームが主流だよ!

今後大注目のイーサリアム2.0とは?

代表的な仮想通貨の1つであるイーサリアムは、イーサリアム2.0の完了によって更なる発展を遂げることが予想されています。

  • イーサリアム2.0は課題解決のためのアップデート
  • PoWからPoSへ変化
  • シャーディングの実装

イーサリアム(ETH)が抱える課題を解決するためのアップデート

イーサリアムは、利用者が多すぎてデータ処理が追い付かない「スケーラビリティ問題」を抱えているんだ。

手数料の高騰や処理速度の低下などのスケーラビリティ問題を解決するため、イーサリアムは限界を克服するためのアップデートが開発されています。

イーサリアム2.0202012月に実装され、4段階のフェーズを経て移行される予定です。

コンセンサスアルゴリズムがPoWからPoSへ変わる

コンセンサスアルゴリズムは直訳すると「合意の方法」だよ。ブロックチェーンには中央管理者がいないから、ネットワークの参加者たちが取引を承認しているんだ。
  • PoW(プルーフオブワーク)…直訳すると「仕事の承認」。マイニング(ブロックチェーンのデータ計算作業)を行い、最も素早く答えを出せた者が取引の承認者となる
  • PoS(プルーフオブステーク)…Stake(保有する)。仮想通貨の保有量が多いほど、承認者になれる可能性が上がる

従来のPoWは、データ計算作業による膨大な電力消費が問題となっています。マイニングは計算マシンを何百台も用意できる組織しか参加できない作業で、権力の集中も危惧されています。

PoSになれば仮想通貨をたくさん持っている人が取引の承認者になるから、計算マシンによる電力消費負担が一気に緩和されるね!

シャーディングの実装

シャーディングとは「負荷の分散」を指しているよ。ブロックチェーン上の処理作業を分散して、データ処理能力を高めるんだ。

「シャードチェーン」と呼ばれる複数のブロックチェーンにデータ処理を分散させ、スケーラビリティ問題を解決する技術がシャーディングです。

取引の承認にかかる負荷が減り、検証スピードが向上するため、イーサリアムの混雑解消につながります。

PoSへの変更とシャーディングが実装されれば、イーサリアムのガス代(手数料)も下がりそうだ!

イーサリアム2.0へのアップデート予定日

出典:Trenton Van Epps – Medium

イーサリアム2.0のアップデートに伴うスケジュールは以下の通りです。4段階のフェーズを経て、段階的にアップデートが実行されます

開始時期 特徴
フェーズ0 2021年12月1日 ビーコンチェーンの実装・PoSの導入段階
フェーズ1 2021年予定 シャードチェーン導入
フェーズ1.5 2022年以降 メインネットをシャードチェーンに移行
フェーズ2.0 2022年以降 シャードチェーンがすべて稼働

フェーズ0:ステーキングの実装。すでに開始済み。

イーサリアム2.0の本格的な稼働に向けて、ビーコンチェーンが実装されたよ。ビーコンチェーンとは、イーサリアム2.0の中核となるブロックチェーンのことだ。

2020年121日、イーサリアム2.0「フェーズ0」の運用が開始しました。ステーキングが可能となり、ステーキング参加者には報酬が支払われます。

ステーキングとは
  • 一定量のイーサリアムを保有することで報酬が得られるシステムのこと。
  • ステーキングに参加するとイーサリアムにロックがかかり、一定期間まで引き出せなくなる
  • イーサリアムのステーキングには32ETH(約1,600万円※)が必要

※2021年11月12日現在

フェーズ1移行は2022年以降の予定か

2021年の移行が予定されていたけど、開発に時間がかかっているみたいだ。

フェーズ1では64の「シャードチェーン」が導入されます。シャードチェーンにデータ処理を分散できるようになり、処理速度が大幅に改善される予定です。

フェーズ1.5に到達すると、イーサリアム1.0の「PoWチェーン」と、イーサリアム2.0の「PoSチェーン」が接続されます。なお、PoWはフェーズ1.5まで稼働を続けると明言されています。

公式声明では2022年の第二四半期までにPoSへの移行を目指している

PoSへの移行は2022年の第二四半期までに行われる予定です。

「スケーラビリティ問題の改善」「セキュリティの強化」「環境問題への対応」など、イーサリアムが大きな変化を遂げることが予想されています。

参考:https://ethereum.org/

PoSに移行して、手数料が安くなるのが待ち遠しいね!

イーサリアム2.0は新通貨となるの?

イーサリアム

価値は今以上に高まるけど、ビットコインと共存していくと考えられているよ。

イーサリアム2.0のアップデートが完了すれば、イーサリアムの処理能力は格段に向上します。イーサリアムを用いたサービスが拡大し、イーサリアムの価値が大きく上昇するかもしれません。

一方で、ビットコインは「リリース直後からほぼ完成された仮想通貨」であり、正確に稼働する資産としての強みがあります。

「10年後にはビットコインを超える」「100万円まで値上がりする」という予想もあるんだね。イーサリアムとビットコイン、どちらからも目が離せないよ!

2021年現在・これまでのイーサリアムアップデートの歴史

イーサリアムは多種多様な出来事を乗り越え、現在の地位を確立した仮想通貨です。以下の4つのアップデートによって、イーサリアムは進化を遂げてきました。

  • フロンティア
  • ホームステッド
  • メトロポリス
  • セレニティ

ここからは、イーサリアムの歴史について、各アップデートの特徴とともに解説します。

2013年1127日:ヴィタリックブテリン氏によるホワイトペーパーの発表

施行日 2013年11月27日
特徴 イーサリアムの誕生

2013年、当時19歳だったヴィタリック・ブテリン氏によってイーサリアムは考案されました。

当時のホワイトペーパーによると、イーサリアムは「ブロックチェーンを利用したDapps(分散型アプリケーション)を開発しやすくするプラットフォームの構築」を目的に作られたと記されています。

高校時代にビットコインに興味を持ったブテリンが、大学生の頃にイーサリアムを考案したんだって!

2014年41日:ギャビンウッド博士によるイーサリアムプロトコルを記したイエローペーパーの発表

施行日 201441
特徴 学術的に定義

イーサリアムの共同創設者であるギャビンウッド博士は、イーサリアムのスマートコントラクトについて定義したイエローペーパーを発表しました。

ギャビンウッド博士はポルカドットの創設者としても知られているよ。

2014年722日〜92日:イーサリアムの売買開始

施行日 2014年7月22日~9月2日
特徴 イーサリアムの販売開始

ICO(仮想通貨を新規発行するための資金調達)を行って、開発資金を獲得したんだ。

イーサリアムはICOを行い、2週間で5,000万以上のイーサリアムを販売しました。その結果、約1,800万ドル(約18億円)のビットコイン調達に成功しています。

2015年730日:フロンティア(Frontier)アップデート開始

名称 フロンティア
施行日 2015730
特徴 開発者向けアップデート

第1のアップデートが行われたよ。フロンティアとは「未開拓地」という意味で、まだ実験段階のリリースなんだ。

フロンティアアップデートによって、イーサリアムが一般公開されました。この時から、マイニングやアドレス間の資金移動が可能となりました。

バグの発生を考慮した開発者向けのアップデートとなっており、あえてブロックチェーンへの記録ができない仕様となっています。

2015年97日:少しの変更を加えたフロンティアソーイング(Frontier Thawing)アップデート開始

名称 フロンティアソーイング
施行日 201597
特徴 フロンティアアップデートの修正

フロンティアアップデートによって見つかった問題に対し、修正を入れるアップデートが実施されました。

2016年314日:ホームステッド(Homestead)アップデートの開始

名称 ホームステッド
施行日 2016314日/12ドル
特徴 イーサリアムが本格始動

「開拓地」の意味を持つホームステッドアップデートが行われ、イーサリアムは本格的に始動しました。利便性の向上、ガス代の引き上げなどが行われ、取引スピードが大幅にアップしました。

2016年720日:DAO攻撃を受け、イーサリアムクラシックとのハードフォークがされる

名称 DAO攻撃によるハードフォーク
施行日 2016720日/12ドル
特徴 イーサリアムが分岐

ハードフォークとは、1つの仮想通貨が2つに分かれる(分岐する)ことだよ。The DAO事件を機に、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分岐したんだ。

2016年6月、イーサリアムがハッキングされる「The DAO事件」が起こります。イーサリアムを利用したプロジェクト「The DAO」のシステム欠陥を突き、50億円相当のイーサリアムが盗まれました。

事件を受け、イーサリアムはブロックチェーンを盗まれる前の状態まで巻き戻し、ハードフォークを実施します。

巻き戻しに賛同しなかった人々は、イーサリアムから分岐した「イーサリアムクラシック」の運営を開始しました。

2016年1018日:タンジェリンホイッスル(Tangerine Whistle)の実施

名称 タンジェリンホイッスル
施行日 20161018日/12ドル
特徴 サイバー攻撃への対策

サイバー攻撃を受けて遅延が発生したため、対策が取られたんだ。

2016年9月~10月にかけて、イーサリアムは悪意ある第三者からスパム攻撃を仕掛けられます。これを受けて、手数料(GAS代)の仕様を変更する措置を行いました。

2016年1122日:スプリアスドラゴン(Spurious Dragon)アップデートの開始

名称 スプリアスドラゴン
施行日 20161122日/9ドル
特徴 サイバー攻撃への対策

サイバー攻撃への2度目の対策として、スパム攻撃を防止する調整が行われました。スパム攻撃によって膨れ上がったデータ量を減らす措置も実行されています。

2017年1016日:ビザンチン(Byzantium)アップデート実施

名称 ビザンチウム
施行日 2017年10月16日/334ドル
特徴 メトロポリスアップデートの第1弾

大型アップデート「メトロポリス(都市)」に伴う第1弾アップデートだよ。

フロンティア・ホームステッドに続く第3の大規模アップデート、「メトロポリス」の運用が始まりました。メトロポリスは「ビザンチウム」と「コンスタンティノープル」の2段階で構成されています。

ビザンチウムアップデートによって、マイニング(データ計算作業)の難易度・報酬の調整が行われました。その結果、決済時間の短縮化に成功しています。

また、利用者のプライバシーを守るための変更も行われました。

2019年228日:コンスタンティノープル(Constantinople)アップデート開始

名称 コンスタンティノープル
施行日 2019228日/136ドル
特徴 メトロポリスアップデートの第2

メトロポリスアップデートの第2弾となる「コンスタンティノープル」によって、コスト削減や速度向上に関する調整が入りました。PoWからPoSへの移行を視野に入れて、段階的にアップデートされています。

後の「セレニティアップデート」で実装されるPoSへの準備として、ネットワークを安定稼働するための措置が取られました。

PoWはマイニング(データ計算)の早い人が、PoSは仮想通貨をたくさん持っている人が取引の承認者になれる仕組みだね。

2019年128日:イスタンブール(Istanbul)アップデート開始

名称 イスタンブール
施行日 2019128日/151ドル
特徴 各機能の調整・仕様変更

「イスタンブール」によって、特定の仮想通貨との相互運用性の改善、手数料(GAS代)の仕様変更などが行われています。

不正アクセスに対し、安全性を向上する措置も取られました。

2020年12日:ミュアーグレイシア(Muir Glacier)アップデート開始

名称 ミュア・グレイシャー
施行日 202012日/127ドル
特徴 イスタンブールの調整アップデート

「ミュア・グレイシャー」はイスタンブール・アップデートの補助的な役割を持っています。

取引の実行速度・待機時間などに調整が加えられました。

2020年1014日:ステーキングサービスが実装される

施行日 20201014日/379ドル
特徴 ステーキングの実装

2020年10月、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の要となるステーキングが実装されました。

ステーキングとは、仮想通貨を自由に動かせない「ロック状態」にして、ネットワーク維持を助ける見返りに報酬を得る仕組みです。

PoSを採用している仮想通貨にはカルダノ・エイダコイン(ADA)テゾス(XYZ)ポルカドット(DOT)などがあるよ。

2020年121日:ビーコンチェーンが実装される

施行日 2020121日/586ドル
特徴 セレニティアップデート(フェーズ0

ついにセレニティ(イーサリアム2.0)が始まったよ。セレニティには「安定」と意味があるんだ。

2020年12月、イーサリアムはセレニティアップデートを開始しました。フェーズ0ではビーコンチェーンが実装されています。

ビーコンチェーンはイーサリアム2.0PoS)での中核を担うブロックチェーンです。セレニティが完了するまでは、現行のイーサリアム(PoW)と並行して稼働します。

2021年415日:ベルリン(Berlin)アップデート開始

名称 ベルリン
施行日 2021415日/2454ドル
特徴 ガスコストの調整

「ベルリン」によって、ガスコストの調整やネットワークの向上といった措置が取られました。開発者向けのアップデートという側面を持ち、各種の調整がメインとなっています。

ちなみに、アップデートに「ベルリン」「ロンドン」という名前がついているのは、イーサリアムの開発者会議が行われた都市名に由来しているよ。

2021年85日:ロンドン(London)アップデート開始

名称 ロンドン
施行日 202185日/2621ドル
特徴 バーン(Burn)の導入

バーン(Burn・焼却)とは、仮想通貨の一部を永久に使えなくする処理のことだよ。供給量が減るから、希少性が上がるんだ。

「ロンドン」は手数料(ガス代)の緩和に関連するアップデートです。バーンが導入され、イーサリアムの供給量を減らすことで価値の安定を図っています。

2021年1027日:アルタイル(Altair)アップデート開始

名称 アルタイル
施行日 20211027日/4024ドル
特徴 ビーコンチェーンのアップグレード

「アルタイル」によって、ビーコンチェーンの機能がアップグレードされました。イーサリアムをステーキングしている人向けの調整で、一般の利用者には影響しないアップデートとなっています。

ちなみに、アルタイルとは星の名前だよ。アップグレード名に星の名前をアルファベット順につけることが、イーサリアムのコミュニティ投票で決まったんだ。

イーサリアム(ETH)のこれまでの価格変動とアップデートの相関性

アップデートの前後に価格が高騰しているね!

仮想通貨はアップデート前後に価格が上昇する傾向にあります。新機能の実装や問題の改善が行われるため、「買いたい!」と考える人が増えるからです。

実際に、イーサリアムは過去の大規模アップデート時期に高騰しています

  • ホームステッドアップデート前後…約500円→約1,600円
  • ビザンチウムアップデート前後…約5万円→約16万円
  • セレニティアップデート前後(フェーズ0)…約6万円→約11万円

最終アップデートのセレニティ(イーサリアム2.0)を控え、イーサリアムへの期待度は高まっています。

高騰してからじゃ間に合わないよ!今が買い時と言えそうだね。

イーサリアム2.0へのアップデートはイーサリアムの価値を更に高めると期待!

今後のアップデートによって、イーサリアムは更なる進化を迎えます。値上がり前のチャンスを逃さず、タイミングよく購入するのがベストです。

イーサリアム2.0とは
  • スケーラビリティ問題の解決…手数料の高騰や処理速度の遅延を解決
  • PoWからPoSへ移行…環境問題(電力消費)の改善・権力集中を防ぐ
  • シャーディングの実装…処理作業を分散させ、イーサリアムの混雑解消を図る

イーサリアムの購入には、積み立てサービスNFTの取扱いがあるCoincheckがおすすめです。

イーサリアム上昇を見込んだ収益獲得を検討しているなら、値上がり前のタイミングでの購入がおすすめです。記念すべきアップデートの日を後悔なく迎えることができるでしょう

最短5分で登録

  • Coincheckは取り扱い銘柄数がトップクラス。ステーキングにも対応している数少ない取引所。
  • イーサリアムが注目される分野の「NFTマーケット」に参入しており、最新のNFTブームを体感できる。
  • 口座開設までに最短1日かかる。今すぐ登録作業をしておけば、購入タイミングを逃さずに済む。

イーサを買うなら今すぐ登録Coincheckで無料口座開設する

柴沼 直美

(監修者)柴沼 直美 https://caripri.com/

CFP(R)認定者 生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

おすすめの記事