PHA(Phala)の将来性や買い方を紹介|注目の仮想通貨の特徴を解説


PHAにはどんな特徴があるのかな?

PHAは、Phala Network内で利用できるネイティブユーティリティトークンだよ!

仮想通貨(暗号資産)PHAはすべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供する、PolkadotのParachainです。すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供し、データ漏洩を防ぐことを最大の目標としています。

この記事では、PHAの特徴や買い方、将来性について解説していきます。PHAへの先行投資による利益を狙いたい方は、この記事を参考にしてみてください。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • PhalaはPolkadotの実験用ネットワークKusamaのParachain
  • すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供し、データ漏洩を防ぐことが最大の目標
  • PHAを購入する場合、Coincheckを経由して購入しよう!

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

目次

PHA(Phala)とは?プロジェクトの概要や特徴を解説

通貨名 Phala
シンボル PHA
注目度 ★★★☆☆
取扱取引所 Binance、MEXC、Deepcoinなど
時価総額(2022年11月10日時点) ¥7,909,074,228
公式HP https://www.phala.network/

仮想通貨(暗号資産)PHAはPolkadotの関連プロジェクト「Phala Network」内で利用できるネイティブユーティリティトークンです。Phalaには以下の特徴があります。

  • すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供するPolkadotのParachain
  • 一般化されたコンピューティングサービスがターゲット
  • スマートコントラクト内のすべての機密データが漏洩しないようにするのが目標

それぞれ詳しく解説します。

すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供するPolkadotのParachain

Phalaは、Polkadotの実験用ネットワークKusamaのParachainです。Polkadotはすべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供できるという特徴があります。

Parachainってなんですか?
Parachainとは、PolkadotとKusamaのエコシステムにて稼働するブロックチェーンだよ!

Parachainとなることで、別プロジェクトにおけるプライバシー維持に必要なCPUを解放します。Substrateベースの機密型スマートコントラクトブロックチェーンでもあり、プライバシー保護を意識したブロックチェーンアプリの開発も可能です。

一般化されたコンピューティングサービスがターゲット

Phalaは既存のブロックチェーンサービスに限定しておらず、幅広いニーズに応えようとしています。例えば、コンピューティングサービスにおけるデータ収集や分析など、機密保持以外にもさまざまな問題を解決することが可能です。

プライバシーに特化したブロックチェーンの中でも、初めからクロスチェーンとして機能できるのは1つの特徴と言えます。複数のクロスチェーンに対応しており、ターゲットを限定しながらサービスを提供できるのもPhalaを利用するメリットです。

スマートコントラクト内のすべての機密データが漏洩しないようにするのが目標

Phalaの最大の目標は、すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供してデータ漏洩を防ぐことです。プライバシーの保護はもちろんのこと、機密データの保護を最優先に考えています。

現状ではブロックチェーン上にすべての情報を開示するのが一般的ですが、Phalaを利用すれば機密データが公開されません。大切なデータを公開せず、一般的な計算を可能にすることをPhalaは目指しています。

PHA(Phala)の買い方・始め方

仮想通貨(暗号資産)PHAを購入してみたいんだけど、どこで購入できるのかな?

PHAは日本の仮想通貨取引所で購入できません。日本円で購入する場合は、以下の3つのステップを踏む必要があります。

  • STEP1:Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  • STEP2:Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  • STEP3:海外の仮想通貨取引所でPHA(Phala)を購入する

それぞれ詳しく解説します。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

最初に、国内にある仮想通貨取引所にて口座を開設しましょう。初めて仮想通貨を購入するなら、大手取引所のCoincheck(コインチェック)を選べば安心です。

メールアドレスと本人確認書類を用意すれば、口座開設ができます。写真を送れば本人確認が完了するため、免許証かマイナンバーカードを用意して口座の開設を進めていきましょう。

早い時だと、即日で口座開設が完了することもあるよ!

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

Coincheckの購入画面

Coincheck(コインチェック)の口座開設が完了したら、ビットコイン(BTC)を購入していきます。ビットコインを購入するためにも、日本円の入金を済ませましょう。

日本円の入金方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3種類から選べます。銀行振込であれば、振込手数料が必要になるものの入金手数料が無料のためお得です。

日本円を入金したら、ビットコインの購入をしていきましょう。現物取引を選択すれば、初心者でも簡単に購入できます。

3.海外の仮想通貨取引所でPHA(Phala)を購入する

出典:Binance Spot

Coincheck(コインチェック)にて購入したビットコインを、PHAの購入ができる海外取引所に送金しましょう。PHAが購入できる取引所には、BinanceやMEXC、Deepcoinなどがあります。

以下では、CoincheckからBinanceに送金する手順をまとめます。

  • Binanceにてビットコインを入金するための入力アドレスを取得
  • Coincheckの「暗号資産の送金」にてビットコインを選択
  • Binanceの入金アドレスを送付先の宛先をペーストし、送金先として登録
  • 送金したいビットコインの額を入力し、Binanceに送金する

しばらくするとビットコインがBinanceに送金されるため、PHAを購入していきましょう。現物取引を選択し、購入したい数量を入力して「買い」をクリックすれば購入できます。

海外取引所は国内の金融庁から許可が降りていないため、自己責任で購入しましょう。

PHA(Phala)の2022年現在のチャートと価格動向

仮想通貨(暗号資産)PHAは過去、Binanceへ上場し最高値150円を記録していました。その後は価格が下落しましたが、2022年10月には急激に出来高が上昇してPHAの価格も上昇しています。

ここからは、2021年5月以降におけるPHAの価格動向を日本円レートで見ていきましょう。

  • 2021年5月:海外大手取引所のBinanceへ上場し最高値140円を記録する
  • 2021年9月〜2022年5月:ビットコインの下落に伴い価格低下
  • 2022年10月:急激に出来高が上昇して価格も上昇

それぞれ詳しく解説します。

2021年5月:海外大手取引所のBinanceへ上場し最高値140円を記録する

出典:CoinMarketCap

2021年4月下旬の時点で70円台だったPHAは、5月半ばには最高値140円台を更新しています。

価格が倍になってたことから、当時はかなりの注目を集めましたね。

価格上昇の原因は、海外取引所Binanceへの上場が大きく影響している可能性があります。しかし、その後は50円台まで大きく下落したり100円台まで上昇したりと、価格の浮き沈みが目立つ結果となりました。

2021年9月〜2022年5月:ビットコインの下落に伴い価格低下

出典:CoinMarketCap

2021年9月には価格が110円台まで上昇したPHAですが、その後は大きく下落しました。2021年10月にはビットコインの価格が下落したこともあり、PHA(Phala)の価格が下落した可能性が高いです。

主要な仮想通貨が下落すると、他の通貨も下落する傾向にあるよね。

2022年5月にもなると、価格が10円台まで下がる結果となっています。

2022年10月:急激に出来高が上昇して価格も上昇

出典:CoinMarketCap

2022年6月〜9月までは10円台をキープしていたPHAですが、10月に入ると価格が急騰しています。価格は50円台まで上昇し、投資家の間でも話題となりました。

その後は落ち着きを見せ、2022年11月時点では価格が20円台に下落しています。

価格が下がっている今だからこそ、今後に期待ですね!

PHA(Phala)の将来性について

ここからは、仮想通貨(暗号資産)PHAの今後の将来性について見ていきましょう。

  • 2026年には約280円まで価格上昇するとの海外投資家の意見あり
  • 大企業のプライバシー保護の分野でブロックチェーンの技術が活用される可能性がある
  • 大手仮想通貨メディアが価格上昇を予想している

それぞれ詳しく解説します。

2026年には約280円まで価格上昇するとの海外投資家の意見あり

海外の仮想通貨予測サイト「CoinArbitrageBot」によると、2026年には約280円まで伸びると予想されています。以下では、毎年のPHA(Phala)の予想価格を表にまとめてみました。

レートは2022年11月10日段階の$1=146円で計算しているため、多少の誤差が生じる可能性がある点はご了承ください。

USD 円($1=146円)
2023 $0.40886 59円
2024 $0.7277 106円
2025 $1.17742 171円
2026 $1.90507 278円
あくまで予測であるため100%信頼できるものではありませんが、伸びる可能性は十分あると考えられますね。

参考:CoinArbitrageBot

大企業のプライバシー保護の分野でブロックチェーンの技術が活用される可能性がある

Phalaの最大の特徴は、すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供できるという点にあります。プライバシーの保護だけでなく機密データの保護を最優先に考えているため、データ漏洩を防ぐことも可能です。

今後ブロックチェーンを活用する大企業がプライバシー保護を意識する際には、Phalaを活用する可能性があります。利用する企業が増えるほど、PHAの価格上昇が期待できるでしょう。

大手仮想通貨メディアが価格上昇を予想している

海外の大手仮想通貨メディア「capital.com」でも、PHAは今後価格上昇をすると予想していました。予想では2030年には1.39ドルになり2040年には2.78ドルになると発表しています。

The site went on to make a phala network price prediction for 2030 that saw it trade at $1.39, with the forecast sticking its neck out to argue that the coin could be worth $2.78 in 2040.

引用元:capital.com

中には、2026年には現在の4倍近くになっていると予想しているメディアもありました。

前向きな意見が多く見られるね!

ただし、あくまでも予想であり、思ったように価格が上昇しない可能性もあるため注意しましょう。

PHA(Phala)に関するよくある質問

最後に、仮想通貨(暗号資産)PHAに関するよくある質問に回答します。

  • なぜPolkadotを使ってプロジェクトを始めた?
  • PHA(Phala)と他のチェーンの違いは?
  • 今後、日本でPHA(Phala)は人気が出る?

    なぜPolkadotを使ってプロジェクトを始めた?

    PhalaがPolkadotを使ってプロジェクトを始めた理由は以下の3つです。

    • ブロックチェーン上に機密保持機能を搭載したかったから
    • 技術的にも経済的設計においてもPolkadotが最先端だったから
    • 開発者に対して寛大であり、戦略立案にも長けたチームだったから

    PolkadotにはWeb3に長けた多くのサポーターがいます。Polkadotの機能はもちろんのこと、優れたサポーターがいることも採用した理由と言えるでしょう。

    PHA(Phala)と他のチェーンの違いは?

    Phalaは、シークレットスマートコントラクト機能が搭載されたブロックチェーンです。他でも同じ機能を持ったチェーンは存在しましたが、相互運用性とコンポーザビリティに欠けていました。

    両方とも、イーサリアム基盤のDeFiにおいて大切な機能になるよ。

    しかし、Phalaであれば両方の機能が搭載されているため、これまでのデメリットを改善したブロックチェーンと言えます。

    今後、日本でPHA(Phala)は人気が出る?

    日本ではまだ、仮想通貨に対して厳しい意見を述べている人も多いです。しかし、コンプライアンスに対する考え方はしっかりとしている国でもあるため、認知されれば注目される可能性は十分にあるでしょう。

    今後、Web3やNFTといった仮想通貨にまつわる市場が大きくなるほど、PHAは日本で大きく成長することが期待できます。

    今後の動向に注目ですね!

    仮想通貨PHA(Phala)のまとめ

    専門家・小川和哉
    プライバシーや機密データの保護に重点を置いているという点で興味深い暗号資産です。機能の一部においては今はまだ可能性の段階のようですが、今後の展開を期待したいです。

    仮想通貨(暗号資産)PHAはすべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供する、PolkadotのParachainです。すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供し、データ漏洩を防ぐことを最大の目標としています。

    海外取引所を中心にPHAは上場を果たしており、今後注目が集まれば価格が高騰する可能性もあるでしょう。価格が落ち着いている今だからこそ、利確を狙ってPHAの購入を検討したいところです。

    この機会にCoincheckで口座開設の上、投資をしてみてはいかがでしょうか。

    本記事をまとめると…

    コインチェック
    • PhalaはPolkadotの実験用ネットワークKusamaのParachain
    • すべてのブロックチェーンに機密保持機能を提供し、データ漏洩を防ぐことが最大の目標
    • PHAを購入する場合、Coincheckを経由して購入しよう!

    アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

    (監修者)小川 和哉 http://mclinic.jp/

    ファイナンシャルプランナー ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能>>監修者ページをみる

    あわせて読みたい
    アスターネットワーク(Astar Network)の買い方・将来性は?最新プロジェクトとトークンの購入方法につい... アスターネットワーク(Astar Network)って2022年に登場したばかりの仮想通貨らしいけど、どんな特徴があるのかな? ポルカドットのパラチェーンとして登場して、本田圭...
    あわせて読みたい
    Moonriver(MOVR)の買い方や将来性は?【2023年最新】Moonbeamとの関係性やこれまでの価格動向について徹... Moonriverってどんな仮想通貨かな?期待のプロジェクトだと聞いたよ。 ポルカドットやイーサリアムと深く関連していて、縁の下の力持ち的な役割を担っているんだ。 Moon...
    あわせて読みたい
    仮想通貨の暴落はなぜ起こる?過去の暴落や今後の価格上昇が期待できる通貨も紹介 仮想通貨(暗号資産)市場は短期間で高騰と暴落を繰り返してきました。順調に価格が上昇している銘柄でも、将来的に暴落する可能性があります。 仮想通貨の暴落時には利...
    あわせて読みたい
    Web3.0の関連仮想通貨銘柄8選|ブロックチェーンを用いた新時代!Web3.0の特徴やWeb1.0と2.0も違いまで解説 「Web3.0」の新時代が来るらしいね!仮想通貨と関係があるって聞いたよ。 Web3.0に関連する銘柄を今のうちにチェックしておけば、一獲千金が現実になるかもしれないよ。...
    あわせて読みたい
    仮想通貨Suiの買い方や将来性について解説|今後のエアドロップについても言及 Suiってどんな仮想通貨なんですか? スケーラビリティ問題を解決するために開発された仮想通貨だよ Suiは新興L1ブロックチェーンとして誕生した仮想通貨(暗号資産)で...

     

    当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

    ※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次