DEXで取引してみたいんですけれど、どうすれば良いですか?
DEXを利用するなら、まずはCoincheckなど国内取引所の口座を開設しよう!

DeFi(分散型金融)の一種であるDEX(分散型取引所)では中央管理者である取引所を通さずに、ユーザー同士で直接取引が可能です。一般的な取引所と比べてセキュリティ性が高く、ハッキングを受けてもユーザーのウォレットに影響する心配がありません。

また本人確認が不要であることや、手数料がほとんどかからないなどといった優れた利便性から、今後はDEXが増えていくと考えられます。

本記事ではDeFiとして注目されるDEXの詳細を解説しています。おすすめのDEX銘柄も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事をまとめると…

  • DEXには中央管理者が存在せず、ユーザー同士で直接取引ができる
  • セキュリティ性が高く、発展途上国での普及にも期待が高まっている
  • DEXに送金するためのイーサリアムを購入するならCoincheckがおすすめ

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

話題のDEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)とは?

DEX(Decentralized Exchange)を日本語に訳すと、分散型取引所と表現されます。DEXには以下3つの特徴があるので確認しておきましょう。

  • 中央管理者のいないP2Pの仮想通貨取引所
  • 主にイーサリアムネットワーク上で構築されるDeFiの1つ
  • 2021年第1四半期のみで2,170億ドルの取引がされる規模へ成長する

中央管理者のいないP2Pの仮想通貨取引所

DEXは従来の取引所とは異なり、中央管理者の存在しない個人間(P2P)の仮想通貨取引所です。

従来の取引所はDEXに対してCEX(Centralized Exchange)と呼ばれ、特定の企業によって取引所が管理されています。CEXでは通貨の預け入れに必要な秘密鍵を、中央管理者が管理するのが一般的です。

対してDEXでは中央管理者を介することなく、ユーザー同士が直接的に取引を行います。秘密鍵に関しても各ユーザーが個別に管理するため、情報をハッキングされる心配がありません。

DEXはセキュリティ性が高く、ユーザー同士で直接取引を行える取引所だよ。

主にイーサリアムネットワーク上で構築されるDeFiの1つ

DEXのシステムはイーサリアムのスマートコントラクトを利用して構築されています。

スマートコントラクトとは、あらかじめ決められたルールに従って自動で取引や契約を行うプログラムです。DEXでは以下のプロセスをスマートコントラクトにより管理しています。

  • 流動性の供給
  • 取引の約定
  • 違反者の自動利用停止

このためCoincheckなどの取引所のように中央管理者を必要とせず、ユーザー同士で直接的な取引が可能です。

中央管理者が存在しない分、取引手数料が安いのもDEXを利用する魅力ですね。

2021年第1四半期のみで2,170億ドルの取引がされる規模へ成長する

DEXは2021年に入ってから第1四半期のみで、取引規模が2,170億ドルへと成長しています。2020年の第4四半期の取引規模が650億ドルであり、その成長率は約236%です。

短期間でここまで大きな成長を遂げた理由は、従来の取引所よりも大口の取引が行われていることが要因であると考えられています。

またDEXは規模の大きな暗号資産市場を持つ国で人気が高く、全般的なDeFiの成長率とリンクしながら取引量を拡大していることも特徴です。

日本を含めアメリカやイギリス、中国などでDEXへの人気が高まっているね。

参考:coindesk JAPAN「競争激化のなか、分散型取引所(DEX)が大幅に成長:チェイナリシス

DEX(Decentralized/Exchange)の種類

DEXには大きく分けてオーダーブック形式とAMM形式があります。オーダーブック形式はさらに、オンチェーン・オーダーブックとオフチェーン・オーダーブックに分かれるのが特徴です。

それぞれの違いを簡単に紹介しておきましょう。

  • オンチェーン・オーダーブック:すべての注文がブロックチェーンに書き込まれる
  • オフチェーン・オーダーブック:最終的な注文のみがブロックチェーンに書き込まれる
  • AMM(オートメイテッド・マーケット・メーカー):オーダーブックを介することなくユーザー同士で取引を行う

DEXの形式は取引所ごとに異なっているので、取引所を利用する前に確認してみてください。

DEXには3種類があることだけ覚えておきましょう。

DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)の仕組み

DEXでの取引はオーダーブック形式、またはAMM形式によって行われています。取引所によってどの形式が採用されているかが異なるため、自分で形式を選んで取引することはできません。

一般的にオーダーブック形式を採用する場合、売買注文のマッチングはオフチェーンで実施され、決済はオンチェーンで行われるのが特徴です。オーダーブック形式のDEXには以下があります。

  • BitShares(ビットシェアーズ)
  • 0x(ゼロエックス)
  • dYdX(ディーワイディーエックス)

AMM形式が採用されたDEXでは、オーダーブックを必要とせずにユーザー同士で通貨の取引が可能です。2020年からAMM形式に注目が集まっており、現在では人気の形式として多くのDEXで採用されています。

AMM形式を採用したDEXは以下のとおりです。

  • Binance DEX(バイナンスデックス)
  • Uniswap(ユニスワップ)
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)

参考:Crypto Basics「What Is Decentralised Exchange,DEX?」

DEX(Decentralized Exxhange/分散型取引所)のメリット

従来の取引所のような中央管理者が存在しないDEXには、以下のようなメリットがあります。

  • 仮想通貨の上場審査がなく豊富な種類の銘柄を取引できる
  • 中央管理者がいないためハッキングリスクが少ない
  • トレーダーの匿名性が担保されている
  • 発展途上国でも使用可能

実際にDEXを利用する前に、どのようなメリットを受けられるか確認してみてください。

参考:coinbase「What is a DEX?」

仮想通貨の上場審査がなく豊富な種類の銘柄を取引できる

DEXへの上場に審査はなく、従来の取引所と比較して豊富な種類の銘柄を取引できます。

例えば国内取引所で最も取り扱い銘柄数の多いCoincheckでは、20銘柄が取引可能です。対してDEXであるUniswapには1,000種類以上の銘柄が上場されています。

上場審査がないことから、誰でも簡単に通貨を上場させられるのが特徴です。このため今後の価値上昇に期待できるトークンを見つけたい方にも適しています。

ただし中には詐欺コインも混じっているので、安易な取引には注意が必要です。

取り扱い銘柄数がとにかく多いから、マイナー通貨を取引したい方にもぴったりだね。

中央管理者がいないためハッキングリスクが少ない

DEXには従来の取引所のように中央管理者が存在しておらず、イーサリアムのスマートコントラクトによって取引が行われています。

ユーザーの資産はそれぞれのウォレットに保管されており、取引に必要な秘密鍵もユーザー自身で管理するのが特徴です。このためDEXが外部からハッキングを受けても、秘密鍵の情報が漏れずユーザーの資産に影響を与える心配がありません

またユーザー同士で直接取引することで、カウンターパーティーリスクを気にしないで済むこともメリットです。

カウンターパーティーリスクは、取引相手が利用している取引所の信用リスクのことですね。

トレーダーの匿名性が担保されている

DEXを利用するには本人確認の必要がなく、トレーダーの匿名性が担保されています。

一般的に取引所の口座開設では、運転免許証やパスポートによる本人確認が必要です。対してDEXでは資産を保管するウォレットを持っていれば、誰でもすぐに取引を始められます

無料で提供されているMetaMaskなどのウォレットをDEXと連携すれば、面倒な手続きが必要ありません。DEXの中にはクリックひとつで取引を開始できるところがあるのも、大きなメリットでしょう。

従来の取引所と比べて、取引開始までの手間をだいぶ省けるよ。

発展途上国でも使用可能

DEXは銀行インフラが整っていない発展途上国でも利用が可能です。スマートフォンを持っていてインターネットに接続さえできれば、誰でもDEXを介して取引ができます。

世界銀行の調査では銀行口座を持たない成人の人口は17億人を超えています。発展途上国には従来の金融サービスを使えない方が多く、DEXはこの問題を解決する可能性を持った存在です。

また従来の金融サービスと比べて手数料も安いため、今後は発展途上国での普及に期待が集まっています。

銀行口座がなくてもDEXを利用すればP2Pで迅速な取引ができますね。

DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)のデメリット

DEXの利用には従来の取引所のように面倒な手続きがなく、国や地域を制限しない取引が可能です。DEXが普及することで大きなメリットを得られますが、利用にはデメリットも存在しています。

実際に取引を始める前に、以下3つのデメリットを確認しておきましょう。

  • まだ使い方がわかりにくい側面がある
  • スマートコントラクトに問題が発見されれば致命的
  • 詐欺コインでも上場が可能となる

まだ使い方がわかりにくい側面がある

DEXの利用者はまだ少ないため、適切な使い方が明らかになっていません。中央管理者がいないことでサポートも得られないので、初心者にとっては使いにくい取引所です。

取引に必要な秘密鍵がわからなくなったり、誤って送金したりしても取引所による補償はなく、完全に自己責任となります。

またDEXに関する制度や法律も整っておらず、政府の方針によっては今後DEXの利用が制限される可能性もあるでしょう。

システムとしてはすごく便利だけど、まだ使い方がわからない部分も多いんだよ。

スマートコントラクトに問題が発見されれば致命的

DEXを利用した取引はイーサリアム上のスマートコントラクトに依存しています。このためスマートコントラクトに欠陥があれば、DEXのシステム自体が破綻してしまうでしょう。

従来の取引所のような中央管理者が存在しないが故のデメリットと言えます。

またスマートコントラクトは一度契約を実行すると、その後の変更が困難です。プログラム自体にミスがあれば脆弱性を突かれて、情報が悪用される可能性もゼロではありません

中央管理者がいれば対処できるような問題でも、管理者がいないからこそ致命的な状態につながりますね。

詐欺コインでも上場が可能となる

上場審査がなく誰でも簡単に通貨を上場できることはDEXの魅力のひとつでしょう。

しかし裏を返せば、DEXには詐欺コインの上場も可能ということです。豊富な銘柄の中から選んで取引できるのはメリットですが、選ぶ通貨を間違えると一瞬にして資産を失う可能性もあります。

特にDEXは金融庁の認可を受けていないため、詐欺コインの被害に遭ってもすべて自己責任です。マイナー通貨の中から将来性に賭けて投資をする方もいますが、怪しい通貨にはできるだけ手を出さないようにしてください。

また徐々に知名度が上がってきてはいるものの、まだ参加しているユーザーが少ない点もデメリットと言えるでしょう。ただこの点は今後参加者が増えていくにしたがって解消され、流通量も増加していくことが予想されます。

実際に詐欺コインも含まれているから、マイナー通貨には手を出さないようにしてね。

価値が上昇中!DEXのガバナンストークンとは?現在のチャートも

DEXには注目が集まっており、各取引所が発行するトークンの価値も上昇中です。

ここでは勢いのあるトークンとして以下の3銘柄を紹介します。

  • Uniswap(UNI)
  • PancakeSwap(CAKE)
  • SushiSwap(SUSHI)

上記3つのトークンを発行するDEXはAMM形式を採用しています。このためDEXに通貨を預けることで、対価としてそれぞれUNI・CAKE・SUSHIの受け取りが可能です。

また3つのトークンはDEXが注目されたことで、2021年に入ってから価格が大きく上昇しています。今後DEXが普及すれば、トークンの価値上昇にもさらに期待できるでしょう。

UNI・CAKE・SUSHIのチャートも確認しておきましょう!

UNI(Uniswapのガバナンストークン)


CAKE(PancakeSwapのガバナンストークン)


SUSHI(SushiSwapのガバナンストークン)


DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)のおすすめランキング

2021年現在、DEXの種類はどんどん増えています。DEXでの取引に興味のある方に向けて、おすすめランキングを紹介するので参考にしてみてください。

  1. Uniswap(イーサリアムネットワーク)
  2. PancakeSwap(BSC)
  3. SushiSwap(イーサリアムネットワーク)

また番外編として1inchについても解説しています。

1位:Uniswap(イーサリアムネットワーク)

名称 Uniswap
取引高 35,097,810,132.75円(2021年11月27日現在)
ネットワーク イーサリアムネットワーク
取引手数料 無料
ガバナンストークン UNI
公式HP https://uniswap.org/

Uniswapは2018年から運営されており、DEXの中でも最大級の取引所です。イーサリアムのブロックチェーン上に存在するためセキュリティが高く、従来の取引所よりも安心して利用できます。

また取引手数料が発生せず、取引にかかる費用はイーサリアムのガス代のみです。

最近はイーサリアムのガス代が高騰しているけど、それでもUniswapの人気は衰えないね!

2位:PancakeSwap(BSC)

名称 PancakeSwap
取引高 53,972,149,377.31円(2021年11月27日現在)
ネットワーク BSC
取引手数料 無料
ガバナンストークン CAKE
公式HP https://pancakeswap.finance/

PancakeSwapはイーサリアムのネットワークではなく、バイナンス・スマートチェーン(BSC)上で動作する分散型取引所です。

ほかのDEXと同じように独自トークンを発行しており、ユーザーはPancakeSwapに資産を預ける見返りとしてトークンのCAKEを受け取れます。

CAKEを預けることで、BSC系トークンを受け取れる「シロッププール」も魅力のひとつです。

PancakeSwapのネットワークはBSCだから、イーサリアムよりもガス代が安いですね!

3位:SushiSwap(イーサリアムネットワーク)

名称 SushiSwap
取引高 49,864,167,350.71円(2021年11月27日現在)
ネットワーク イーサリアムネットワーク
取引手数料 無料
ガバナンストークン SUSHI
公式HP https://sushi.com/

SushiswapはUniswapから派生した分散型取引所であり、イーサリアムのブロックチェーンをベースとしています。Sushiswapにも流動性を供給するための仕組みがあり、通貨の預け入れによる独自トークンの受け取りが可能です。

Uniswapから派生した当初はコピーという感じでしたが、最近ではステーキングレンディングなどオリジナルサービスも展開しています。

Sushiswapはローンチから2週間で、約1,500億円の資金を集めたことで話題になったんだよ。

番外銘柄:1inch

名称 1inch
取引高 33,060,975,399.57円(2021年11月27日現在)
ネットワーク マルチチェーン
取引手数料 無料
ガバナンストークン 1INCH
公式HP https://1inch.io/ja/

1inchは2020年にローンチされたDEXアグリゲーターです。1inchでは各DEXとネットワークがつながっており、最良レートで取引できる組み合わせを提示してもらえます。

ユーザーは価格レートを比較する手間が省けるので、レート差で損をするような心配もありません。

ほかのDEXのように独自トークンも発行されており、スワップやイールドファーミングにも対応可能です。

現在はイーサリアムネットワークによるものが主流ですが、今後はさらに種類が増えていくことが予想されます。

DEXアグリゲーターには各DEXのレートがまとめて表示されているんですね。

DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)の使い方・登録方法

DEXは以下の4ステップで利用を開始できます。スムーズに取引を始めるために、使い方や登録方法を確認しておきましょう。

  1. Coincheckなど国内取引所で無料口座開設をする
  2. MetaMaskなど対応ウォレットをインストールする
  3. 国内取引所で購入したイーサリアム(ETH)をウォレットに送金する
  4. 各DEXに登録し、取引を開始する

STEP1:Coincheckなど国内取引所で無料口座開設をする

まずはCoincheckなどの国内取引所で無料の口座開設を行いましょう。

Coincheckの場合は公式サイトの右上にある「会員登録」をクリックし、氏名やメールアドレスなどの必要事項を登録します。

国内取引所の口座開設には本人確認があるので、運転免許証などの本人確認書類が必要です。スムーズに取引を始めるためにも、手元に用意しておいてください。

本人確認は早ければ1時間ほどで終了するから、即日で取引を始められるよ。

STEP2:MetaMaskなど対応ウォレットをインストールする

DEXを利用するにはウォレットが必要になるので、MetaMaskなどの対応ウォレットをインストールしてください。

MetaMaskはWebブラウザの拡張機能からインストールできます。

MetaMaskに対応したWebブラウザには以下があります。

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave

任意のWebブラウザからMetaMaskをインストールしましょう。

スマホアプリのGoogle Chromeからは利用できないから注意してくださいね。

STEP3:国内取引所で購入したイーサリアム(ETH)をウォレットに送金する

Coincheckに資金を入金したら、イーサリアムを購入しましょう。Coincheckへの入金方法は以下の3つから選択してください。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

またイーサリアムを送金するためにMetaMaskを開き、ウォレットアドレスをコピーします。Coincheckの取引画面で送金したいイーサリアムの金額を入力して「送金する」を押せばウォレットへの送金は完了です。

ちょっと手間はかかるけど、ここまででDEXを利用するための準備はOKだよ。

STEP4:各DEXに登録し、取引を開始する

ウォレットにイーサリアムが準備できたら、UniswapなどのDEXに登録して取引を開始します。

Uniswapの場合はまずサイト右上の「Launch App」をクリックしてください。

「ウォレットに接続」から、任意のウォレットを選択することで登録が完了します。

またPancakeSwapでは公式サイト右上の「Connect Wallet」から、利用するウォレットの登録が可能です。

ウォレットの登録は口座開設と比べて簡単に行えますね!

DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)の今後の将来性・見通しについて

DEXの将来性について以下3つの観点から考察してみました。

  • イーサリアム2.0を始めとしたアップデートが鍵
  • DEXの市場規模は年々と拡大。今後は政府不安定でありながら富裕層がいる国での普及などが後押しする
  • DEXの普及とともにCEX(中央集権型取引所)のメリットも見直されている

イーサリアム2.0を始めとしたアップデートが鍵

イーサリアムは常に開発が進められており、スケーラビリティ問題を克服するためにアップグレードを控えています。2021年10月27日にはアップグレードの「アルタイル」がメインネットに実装されました。

イーサリアム2.0はフェーズ0からフェーズ2.0まで、4段階のアップデートが予定されています。

最終的には現在のPoW方式からPoS方式に移行する予定であり、移行が完了すればトランザクションの改善や手数料の削減も実現可能です。

イーサリアムのアップデートでガス代が下がれば、DEXはもっと使いやすくなるよ。

DEXの市場規模は年々と拡大。今後は政府不安定でありながら富裕層がいる国での普及などが後押しする

DEXは発展途上国で今後シェアが拡大すると予想されています。現在、発展途上国では国民の多くが身分証明書を持っておらず、従来の金融サービスを利用できない状態です。

しかしDEXはスマートフォンさえ持っていて、インターネットにつながっていれば誰でも取引できます。口座の開設には、本人確認のような面倒な手続きも必要ありません。

また従来の金融サービスと比べて送金スピードが速く手数料も抑えられるので、富裕層を中心とした普及に期待できるでしょう。

国によってはDEXが従来の金融サービスに取って代わる時代が来る可能性もありますね。

DEXの普及とともにCEX(中央集権型取引所)のメリットも見直されている

DEXの普及が進んでおりCEX(中央集権型取引所)のシェアを追い越しそうな勢いですが、実はCEXのメリットも見直されつつあります

DEXはスマートコントラクトにより自動的な取引が可能です。しかし中央管理者が存在しないことで、ユーザーは取引所からのサポートや補償を受けられません

適切な取引が行われていれば問題ありませんが、万が一トラブルが発生した際にはCEXのように迅速な対処はできないでしょう。このためDEXの普及がどれだけ進んでも、CEXからDEXへと完全に移行することはないと考えられます。

DEXならではの課題もあるから、今後どう対処していくかに注目したいね。

DEX(Decentralized Exchange/分散型取引所)まとめ

DEXの登場によって、中央管理者を介さない新しい取引の形が確立されました。DEXを筆頭にDeFi分野への注目は高まっており、投資家としてはブームの波をしっかりと追いたいところです。

今後はイーサリアムのアップデートも控えているため、DEXの使いやすさ向上に期待できます。一方でDEXは使い方がまだわかっていない部分も多く、初心者にとっては難しいアプリケーションです。

注目されているからと安易に投資せず、DEXに関する知識を身につけてから利用しましょう。

本記事をまとめると…

  • DEXには中央管理者が存在せず、ユーザー同士で直接取引ができる
  • セキュリティ性が高く、発展途上国での普及にも期待が高まっている
  • DEXに送金するためのイーサリアムを購入するならCoincheckがおすすめ

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

おすすめの記事