寝るだけで稼げるサービスがあるんだって!?
Sleep to Earnを利用すれば、毎日の睡眠時間を活用して仮想通貨を稼げるよ。

Sleep to Earnは眠ることで稼げる次世代のブロックチェーンプロジェクトです。ネクストto Earnとして注目を集めており、高騰を期待して参入するユーザーや投資家が増えています。

今回は、Sleep to Earnの特徴や始め方・仕組みについて解説します。NFTゲームの技術を活用したSleep to Earnの将来性を、今のうちに探っておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • Sleep to Earnは眠って稼げるNFTゲーム(サービス)。誰でも無理なく始められる上に、習慣化もしやすい。
  • ゲーム内通貨やNFTはまだ価格が安いので、今後の高騰を期待するなら早期参入するのが望ましい。
  • Sleep to Earnで獲得した仮想通貨は、海外取引所と国内取引所を使って日本円に換金できる。大手取引所のCoincheckは操作性が良く使いやすい。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

NFTサービス・Sleep to Earn(スリープ・トゥ・アーン)とは?稼げる仕組みや特徴について

Sleep to Earn(スリープ・トゥ・アーン)とは、眠ることで仮想通貨を稼げるゲームやサービスのことです。

ブロックチェーンやNFTの技術を活用して作られており、日常の睡眠時間を測定するだけでゲーム内トークンを稼げます。

Sleep to Earnの特徴は以下の通りです。

  • Sleep(寝る)とEarn(稼ぐ)を組み合わせた造語
  • 睡眠のスコアに応じて仮想通貨を稼ぐことができる
  • Move to Earnと違い、初期費用をほとんどかけずに開始することも可能

Sleep(寝る)とEarn(稼ぐ)を組み合わせた造語

Sleep to Earn(S2E)とは、「Sleep(寝る)」と「Earn(稼ぐ)」を組み合わせた造語です。

Play to Earn(遊んで稼ぐ)」や「Move to Earn(動いて稼ぐ)」が大ブレイクし、新たな「to Earn」プロジェクトが数多く登場しています。

  • Sleep to Earn…寝て稼ぐ
  • Eat to Earn…食べて稼ぐ
  • Learn to Earn…学んで稼ぐ
  • Listen to Earn…音楽を聴いて稼ぐ
  • Drink to Earn…飲んで稼ぐ
日常生活のあらゆる活動で稼げる時代になったんだね!

睡眠のスコアに応じて仮想通貨を稼ぐことができる

Sleep to Earnは睡眠の質に応じてゲーム内トークンを稼げる仕組みです。スマホやウェアラブルデバイスを使って眠りの長さや深さを計測します。

サービス・睡眠スコア・トークンの価格によって稼げる金額は変わりますが、状況によっては1日の睡眠で1,000円前後のゲーム内通貨が得られる可能性があります。

寝るだけで月3万円稼げるサービスが登場したら画期的だよね。

Move to Earnと違い、初期費用をほとんどかけずに開始することも可能

大流行したMove to Earnの「STEPN」は、初期費用の高さが難点でした。一方、Sleep to Earnのプロジェクトの中には、初期費用をほとんどかけずに始められるサービスも存在します

効率良く稼ぐには、初期投資としてNFTの購入が必要です。まずは無料版を試した後で、NFTの購入を判断するのが良いでしょう。

高いNFTを買わなくても始められるサービスが多いんだ。

Sleep to Earnのメリット

Sleep to Earnのゲームやサービスを利用するメリットは以下の通りです。

  • 寝るだけで仮想通貨を稼ぐことができる
  • 新興サービスのため今後の大幅な価格上昇が期待できる

寝るだけで仮想通貨を稼ぐことができる

Sleep to Earnは寝るだけで稼げる手軽さが大きな特徴です。Move to Earnのように運動をする必要がなく、日常的な睡眠時間が収益につながります。

忙しくて時間がない人でも、無理なく習慣化できるのが他の「to Earn」プロジェクトとの違いです。

寝るだけでいいなら義務感なく続けられるね!

新興サービスのため今後の大幅な価格上昇が期待できる

Sleep to Earnはまだ新しいサービスであり、将来的に価格が大きく上昇する可能性を秘めています。

NFTアイテムやゲーム内トークンの価格が安いうちに始めておけば、トークン価格の高騰による利益を得られるかもしれません。

先行者利益を狙うには、ブームが来てからでは遅いよね。伸びそうなプロジェクトを見つけたら、まずはお試し感覚で始めてみるといいよ。

Sleep to Earnのデメリット・注意点

一方、Sleep to Earnには以下のデメリット・注意点が存在します。

  • 草コインが多く価格が安定しない
  • 国内取引所でトークンが買えるサービスがない

草コインが多く価格が安定しない

Sleep to Earnは新興のプロジェクトであり、ゲーム内トークンの価格は不安定です。時価総額の低い草コインが大半を占めており、ハイリスク・ハイリターンな投資先といえます。

Sleep to Earnを始める際は無料版を試すか、少額投資から始めるのが安全です。

Sleep to Earn関連銘柄の上場が増えれば、サービスとしての認知度も上がっていくだろうね。

国内取引所でトークンが買えるサービスがない

Sleep to Earnのトークンは国内取引所で売買できないため、海外取引所やDEX(分散型取引所)を利用して取引する必要があります。

ゲーム内で得たトークンを換金する手間が発生するため、仮想通貨の取引に慣れていない方は注意が必要です。

稼いだトークンをある程度貯めておいて、時間が取れるときにまとめて換金するのが良さそうだね。

注目のSleep to Earnサービス5

ここからは、今後のリリースが予定されている注目のSleep to Earnサービスを紹介します。

Sleep Future(スリープフューチャー)

Sleep Future出典:Sleep Future

サービス名 Sleep Future(スリープフューチャー)
ブロックチェーン名 BNB Chain
基軸通貨 SLEEPEE
ガバナンストークン 未定
ユーティリティトークン SLEEPEE
特徴 睡眠やステーキングでSLEEPEEを稼げる
ホワイトペーパー SleepFuture_Whitepaper_Official Deck.pdf
公式HP https://sleepfuture.com/

Sleep Futureは睡眠の質に応じてSLEEPEEトークンを得られるサービスです。ベータ版アプリは20229月のリリースが予定されており、現在は公式サイト上でSLEEPEEトークンのステーキングが利用できます。

  • 睡眠やステーキングSLEEPEEを稼げる
  • 睡眠に関連する大手企業と提携している
  • 睡眠に関連する製品やサービスがエコシステムに組み込まれている

マットレスの販売を行う「LADY AMERICANA」や、睡眠に関する医療品を販売する「Mysleep」などの大手企業と提携しています。

睡眠に関連する商品や睡眠クリニック、睡眠に関する学びが受けられるサービスなど、様々なエコシステムが組み込まれる見込みです。

ぐっすり眠ってSLEEPEEを稼ぎつつ、SLEEPEEをステーキングしてさらに稼げるのはおもしろいね!

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)

Sleepagotchi出典:sleepagotchi.com

サービス名 Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
ブロックチェーン名 未定
基軸通貨 SHEEP
ガバナンストークン 未定
ユーティリティトークン SHEEP
特徴 睡眠でトークン&NFTアイテムが手に入る
ホワイトペーパー https://whitepaper.sleepagotchi.com/
公式HP https://sleepagotchi.com/ja

Sleepagotchiは睡眠時間や睡眠の質によってSHEEPトークンや無料NFTがもらえるサービスです。仮想寝室の「MetaRoom」が用意されており、手に入れたベッドやライトスタンドなどのNFTを飾れます。

  • f睡眠でトークン&NFTアイテムが手に入る
  • MetaRoom内のインテリアを自分好みにアレンジできる
  • NFTアイテムは他のプレイヤーと取引できる

NFTアイテムには特性やレベルの設定があり、レアなNFTを持っていれば報酬のSHEEPトークンを稼ぎやすくなります。

他のプレイヤーとNFTを取引しつつ、自分好みの仮想空間を作り上げる楽しみがあるのもポイントです。

部屋をアレンジできるゲーム性があるから、モチベーションも高まりそうだね。

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

Sleep ecosystem出典:Sleep ecosystem公式Twitter

サービス名 Sleep ecosystem(スリープエコシステム)
ブロックチェーン名 BNB Chain
基軸通貨 SLEEP
ガバナンストークン 未定
ユーティリティトークン SLEEP
特徴 睡眠×DeFi×メタバースで稼げる
ホワイトペーパー
公式HP Sleep ecosystem公式Twitter

Sleep ecosystemは、Sleep to EarnとDeFiメタバース機能を組み合わせたプロジェクトです。SLEEPのステーキングで利回りを得たり、SLEEPを使って仮想空間上の街づくりを楽しんだりできます。

  • 睡眠×DeFi×メタバースで稼げる
  • SLEEPとBUSDを報酬で得られる
  • メタバース内のNFTミュージアムが楽しめる

ゲーム内通貨のSLEEPの他に、BNBチェーンで発行されるステーブルコインのBUSDが稼げます。

持っているだけで報酬が得られるNFTキャラクター「SleepyRabbits」が販売される予定で、他にもさまざまな稼ぎ方が用意される見込みです。

Sleep ecosystem内のメタバース開発も進んでいて、今後の情報公開が楽しみなプロジェクトだよ。

SleeFi(スリーファイ)

SleeFi出典:SleeFi

サービス名 SleeFi(スリーファイ)
ブロックチェーン名 Avalanche
基軸通貨 SLFT
ガバナンストークン SLGT
ユーティリティトークン SLFT
特徴 クエストシステムを導入
ホワイトペーパー https://sleefi.gitbook.io/whitepaper/v/whitepaper-jp/
公式HP https://sleefi.com/jp/

SleeFiはGameFi要素を兼ね備えたSleep to EarnのNFTゲームです。ベッドNFTには種類ごとに異なる睡眠時間が設定されており、自分の睡眠時間に合ったベッドを用意してゲーム内通貨のSLFTを稼ぎます。

  • GameFi要素を備えたSleep-Fi
  • 睡眠・クエスト・ガチャでSLFTを稼げる
  • 日本人の創業者が手掛けるプロジェクト

稼いだSLFTをベッドのレベルアップや修理に用いながら、収益性を高められるのが特徴です。

日本人ファウンダーが手掛けており、公式サイトも日本語対応となっているため、英語が苦手な人でも始めやすいサービスです。

Move to EarnのSTEPNのように、稼ぐための戦略性が求められるゲームになりそうだね!

DreamN(ドリームン)

DreamN出典:DreamN

サービス名 DreamN(ドリームン)
ブロックチェーン名 BNB Chain
基軸通貨 DreamN
ガバナンストークン 未定
ユーティリティトークン DreamN
特徴 報酬でDreamNとBNBが得られる
ホワイトペーパー https://dreamn-bsc.gitbook.io/dreamn_whitepaper/
公式HP https://dreamn.io/

DreamNは良質な睡眠やミッションクリアで報酬を得られるサービスです。開発にはNEXT STEPNで知られる「Step」の関係者が参加しています。

ゲーム内通貨のDreamNに加え、仮想通貨BNBを稼げるのも特徴です。

  • 睡眠やミッションクリアでDreamNBNBを稼げる
  • 不正行為を防止するメカニズムを採用
  • ランキングシステムを利用できる

GPSトラッキング・モーションセンサー・健康活動トラッカーなどのメカニズムを採用しており、不正行為で稼げない仕組みを構築しています。

睡眠習慣の動機づけにつながるランキングシステムが導入されており、自然と睡眠の質を向上できるサービスとなっています。

効率よく稼ぐには400枚以上のDreamNトークンが必要だから、先行者利益を狙うなら事前準備が必要だよ。

Sleep to Earnサービスの始め方(Sleep Futureを例にとって解説)

Sleep to Earnサービスを効率よく利用するには、トークンの事前準備が大切です。先行者利益を狙いたい方は、サービス内のトークンが高騰する前に購入しておくと良いでしょう。

ここからは、Sleep to Earnの始め方について、「Sleep Future」を例に解説します。

  • Coincheck(コインチェック)で無料口座開設し、ビットコインを購入する
  • 海外の仮想通貨取引所でビットコインを利用しSLEEPEEトークンを購入

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設し、ビットコインを購入する

コインチェック

Sleep Futureで利用できるSLEEPEEトークンは、海外取引所や分散型取引所(DEX)で購入できます。

海外取引所やDEXは日本円が使えないので、まずは国内取引所のCoincheckで送金用のビットコインを購入しましょう。

Coincheckの公式サイトから無料登録を行い、口座が開設されたら日本円を入金します。手軽に購入したい方は販売所、コストを抑えて購入したい方は取引所でビットコインを取引してください。

無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくといいよ。

2.海外の仮想通貨取引所でビットコインを利用しSLEEPEEトークンを購入

用意したビットコインを使って、SLEEPEEトークンを購入します。

海外取引所を使ったSLEEPEEトークンの買い方の流れは以下の通りです。

  • 海外取引所で無料口座開設する
  • Coincheckから海外取引所にビットコインを送金
  • 海外取引所でビットコインとUSDTをトレード
  • USDTを使ってSLEEPEEトークンを購入

DEXのPancakeSwapを使ったSLEEPEEトークンの購入方法は以下の通りです。

  • Binanceで無料口座開設する
  • CoincheckからBinanceにビットコインを送金し、BNBを購入
  • 仮想通貨ウォレットをインストールし、BNBを送金
  • PancakeSwapにウォレットを接続
  • BNBを使ってSLEEPEEトークンを購入
SLEEPEEトークンはBinanceBybitなど、海外大手の取引所には上場されていないんだ。海外取引所のBitMartや、PancakeSwapで取引できるよ。
Sleep Futureのアプリは20229月にリリースされる予定なんだね。価格が安いうちに、早めに準備しておくのも良いかもしれないよ!

Sleep to Earnサービスの稼ぎ方

ここからは、Sleep to Earnの稼ぎ方について、「Sleep Future」を例に解説します。

  • アプリで睡眠を計測しスコアに応じたSLEEPEE Token(スリーピートークン)を獲得する
  • SLEEPEE Token(スリーピートークン)でステーキングサービスを受ける
  • アクティブキャンペーンのステーキングでSLEEPEEトークンを稼ぐ

アプリで睡眠を計測しスコアに応じたSLEEPEE Token(スリーピートークン)を獲得する

Sleep to Earnの基本の稼ぎ方として、睡眠を計測してゲーム内通貨を稼ぐ方法が挙げられます。スマホアプリやスマートウォッチなどを使って睡眠時間や眠りの深さを測る仕組みで、睡眠の質に応じてゲーム内通貨が得られます。

Sleep Futureの場合は、睡眠のスコアに応じたSLEEPEEを獲得可能です。入手したSLEEPEEトークンは取引所やDEXを使って日本円に換金できます。

夜更かしを避けて、しっかり睡眠時間を確保するのが大切だね!

SLEEPEE Token(スリーピートークン)でステーキングサービスを受ける

Sleep to Earnの中にはステーキングを導入しているサービスが存在します。ステーキングとは仮想通貨を保有することで利回りを得る仕組みで、睡眠によって稼いだゲーム内トークンをステーキングして増やせます

Sleep FutureはSLEEPEEのステーキングに対応しており、現時点でも公式サイトからステーキングが可能です。SLEEPEEトークンの値上がりに期待しているなら、早めにステーキングを利用するのも1つの手です。

稼いだゲーム内通貨を運用して、より多くの利益を狙えるよ。

アクティブキャンペーンのステーキングでSLEEPEEトークンを稼ぐ

SLEEPEEキャンペーン出典:SleepFuture

Sleep to Earnサービスによっては、お得なキャンペーンが開催されることがあります。キャンペーンの多くは期間限定となっているため、公式サイトや公式Twitterでキャンペーン情報を見かけたら早めに行動するのがおすすめです。

なお、Sleep Futureではアクティブキャンペーンのステーキングが開催されています。SLEEPEEトークンを預け入れると、報酬としてSLEEPEENFTのホワイトリストが手に入ります。

Sleep to Earnの稼ぎ方として、ゲーム内のNFTを売買する方法もあるんだ。サービスごとにさまざまな稼ぎ方が用意されているから、自分に合った方法で稼ぐといいよ。

Sleep to Earnサービスの今後の将来性について

ここからは、Sleep to Earnサービスの今後の将来性について見ていきましょう。

  • to earn」はWeb3.0サービスのなかでも注目度が高い
  • 睡眠という生活の一部に沿ったサービスのため浸透しやすい
  • 今後正式リリースのサービスも多く、業界として成熟前の段階

to earn」はWeb3.0サービスのなかでも注目度が高い

遊んで稼げる「Play to Earn」、動いて稼げる「Move to Earn」が大ブレイクし、ネクストto Earn市場も拡大を続けています。

ゲーム性の魅力と収益性の高さから人気を集めたSTEPNのように、Sleep to Earnの中から大ヒット作が生まれる可能性もあります。

新しいゲームやサービスが日々登場しているし、洗練されたSleep to Earnが出てくるかもしれないね!

睡眠という生活の一部に沿ったサービスのため浸透しやすい

「○○ to Earn」の中でも、Sleep to Earnは睡眠という日常的な活動を取り入れている点に優位性があります。日々の睡眠で稼げるチャンスがあり、誰でも手軽に始められるのが魅力です。

睡眠時間や眠りの深さで稼げる効率が変わるため、質の良い睡眠をとるための習慣付けに適したサービスです。

仮想通貨を稼ぎながら、健康的な生活習慣を目指せるんだ。

今後正式リリースのサービスも多く、業界として成熟前の段階

ネクストto Earnを目指し、数多くのSleep to Earnプロジェクトが開発を進めています20229月リリース予定のSleep Futureなど、2022年内に本格稼働するプロジェクトに注目です。

Move to Earn市場が一気に広がったように、Sleep to Earn市場も急速に花開く可能性があります。

Sleep to Earnブームが来る前に参入して、トークンの高騰を期待したいね!

Sleep to Earnサービスの始め方や仕組みまとめ

眠って稼ぐSleep to Earnゲームやサービスが続々と登場しており、新たなトレンドを期待するユーザーや投資家から注目を集めています。

Sleep to Earnを始めるには、国内取引所や海外取引所の利用が必要です。Coincheckや海外取引所を使って、事前にゲーム内トークンを用意しておくとスムーズです。

ネクストto Earnと評判のSleep to Earnを、今のうちにチェックしておきましょう。

5分で無料登録

コインチェック
  • Sleep to Earnは無料で始められるサービスが多い。ただし、本格的に稼ぐにはゲーム内トークンの用意が必要。
  • Coincheckでビットコインを用意し、海外取引所やDEXを使って仮想通貨を入手すると良い。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ無料登録して、Sleep to Earnの先行者利益を狙おう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

(監修者)小川 和哉 http://mclinic.jp/

ファイナンシャルプランナー ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能>>監修者ページをみる

 

 

おすすめの記事