【2023年】ビットコインが下落した理由とは?仮想通貨の冬の時代にやるべきこと・さらなる下落への対策方法を解説

最近ビットコインは下がり気味らしいけど、なんでなのかな?

理由としては、金融引き締め政策やステーブルコイン・テラ(LUNA)の大暴落、FTXの経営破綻が大きいよ。

ビットコインの価格は2021年に伸びたものの、2022年を迎えてから下がり気味で冬の時代とも呼ばれています。

ビットコインはアメリカでの金融政策引き締めやテラ(LUNA)の大暴落、FTXの経営破綻が原因で価格下落したと考えられています。

下落相場ではリスクを極力減らし、資金を溜めることで次のチャンスに備えることが望ましいです。

この記事では、ビットコインが下落した理由と取るべき対策方法について解説します。これからビットコインなどの仮想通貨に投資しようと考えている方は参考にしてください。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • DMM Bitcoinは、レバレッジ取引銘柄数が国内No.1
  • 取引手数料が無料。(※BitMatch取引手数料を除く)サポート面が充実しているため初心者におすすめ。

\ 大手DMMで安心安全/

目次

【2022年】ビットコインが下落した理由とは?

ビットコインが下落しちゃった理由を詳しく知りたい!

ビットコインが下落した理由ですが、主に以下の3つが考えられます。

  • アメリカの金融引き締め政策による市場の冷え込み
  • ステーブルコインUSTとテラ(LUNA)の大暴落
  • 仮想通貨交換業大手FTXが破産を申請

それぞれの原因について、さらに詳しく見ていきましょう。

アメリカの金融引き締め政策による市場の冷え込み

2022年には前例のない戦争や世界規模の感染症が流行し、30年ぶりのインフレが起こりました。インフレに対応するため、アメリカの金融引き締め政策が行われ、債券や仮想通貨の価値が下落しています。

さらに、2022年8月になると米ドル利上げの継続を発表しています。これまでは段階的に利上げをしてきた米ドルでしたが、ストップがかからず継続する形となったのです。

結果、米ドルの価格上昇は仮想通貨市場にさらなる影響を与え、ビットコインを含めた仮想通貨全体の価格が下落しています。

ステーブルコインUSTとテラ(LUNA)の大暴落

2022年5月にはステーブルコインとして1単位=1ドルと担保されていたはずのUSTが暴落し、デペッグにより当時時価総額ランキング9位のテラも大暴落するといった事件がありました。

結果的にテラに限らず、多くの仮想通貨が信用を失い価格を下げています。ビットコインですらも例外なく暴落し、500万円台から300万円台まで下落しました。

テラの暴落は投資家の間で大きな話題を呼びましたね。

仮想通貨交換業大手FTXが破産を申請

仮想通貨交換業大手でもあるFTXは、2022年11月11日米連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻をしました。破綻のきっかけは、CoinDeskによってFTX関連企業のアラメダ・リサーチの資産状況が公開されたことです。

アラメダ・リサーチが持つ資産は約146億ドル、負債が約80億と6月に発表していました。しかし、11月2日に資産状況が公開され、資産の60億ドルはFTTトークンで構成されていたことが判明したのです。

他にも仮想通貨や株を保有していて、実際の現金は約1.3億ドルしかないことが判明したんだ!

隠された財務状況が露わになったんだんね。

その後、大手取引所BINANCEもFTTを全売却したことで、価格が暴落しました。仮想通貨市場全体にも影響を与え、ビットコインの価格も下落する結果となっています。

今後想定されるビットコインの下落要因

ビットコインはこれからも下落するのかな?

ビットコインは2022年上半期の段階でもかなり暴落していますが、今後も下落する可能性はあります。具体的には以下の要因が考えられます。

  • 仮想通貨大国での規制強化による下落
  • 株式市場・為替市場の下落に連動してビットコインも下落
  • 仮想通貨のハッキング被害による下落
  • FTX破産による仮想通貨市場へのマイナスイメージ
  • ビットコインは時間とともに環境的に持続不可能になる可能性もある

ただしあくまで要因であり、逆に上がる可能性もあります。あくまで参考程度にしておいてください。

仮想通貨大国での規制強化による下落

仮想通貨大国と言われる中国やアメリカで仮想通貨の規制があると価格が暴落する可能性があります。

過去にも中国でマイニング規制が入ったときには、価格を大きく下げました。今後上場廃止や取引停止などのニュースが出たときは注意しておきましょう。

株式市場・為替市場の下落に連動してビットコインも下落

金融引き締めなどで債券価値が下落すると、株式市場や為替市場が変動することもあります。

そのときはあわせてビットコインも下落する可能性が高いため、ビットコインに限らず他の債券市場も確認しておくようにしましょう。

現金とかの流動資産の価値が上がると、他の債券の価格は下がるよ

仮想通貨のハッキング被害による下落

仮想通貨は暗号資産とも呼ばれており、度々ハッキングされることがあります。

過去にはCoincheckにてネムコインが流失したり、Binanceにてアクシー・インフィニティと呼ばれるNFTゲームの通貨がハッキングされたりしました。その都度、該当する通貨の価格が下落しています。

FTX破産による仮想通貨市場へのマイナスイメージ

FTXが破産するという事件は、仮想通貨市場に多大なる悪影響を与えています。市場に対するマイナスイメージがついたことによって、新規参入者が激減する可能性が高くなりました。

また、ビットコイン保有者の仮想通貨離れも注意すべきポイントです。全体的にイメージが悪くなったことから、仮想通貨投資を止める人が増える危険性もあります。

ビットコインを利用する人が減り続ければ、仮想通貨全体の下落は避けられませんね。

ビットコインは時間とともに環境的に持続不可能になる可能性もある

ビットコインを中心とした仮想通貨取引では、マイニングが必要です。マイニングとは仮想通貨の承認作業を意味し、通貨の売買取引を記録する作業を意味します。

ビットコインのマイニングは多額の電気代がかかり、環境に悪影響を与えることが問題視されている状態です。そのため、長期的に見るとビットコインは持続できなくなる可能性が高く、結果として下落する恐れもあります。

そんなマイニング問題の打開策として、PoS型システムの導入が考えられていますよね。

PoSになれば仮想通貨を多く持っている人が取引の承認者になるため、計算マシンによる電力消費負担が緩和されるメリットがあるんだ。

下落時はチャンス?ビットコインが下落中にやるべきこと

下落した時は安いから、むしろ買い時じゃないの!?

ビットコインが下落中のときは、相対的に現金の方が高く、ビットコインを購入しやすいです。

このままビットコインの価格が下がり続ける場合リスクにしかなりませんが、途中で回復すると一気に利益を出せる可能性もあります。

ビットコインの下落時に投資するべきかどうか、他にやるべきことがあるのかどうかを確認しておきましょう。

  • いつ上げ相場になるのか情報分析をする
  • リスクを抑えて少額投資や積立投資をする
  • 下落が終わったときに備えて資金を蓄えておく
  • 下げ相場でも稼げる投資手法(ショート)を身につける
  • ナンピン買いをする
  • 複数の仮想通貨取引所を開設しておく

いつ上げ相場になるのか情報分析をする

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、急に価格が下がったかと思えば、逆に跳ね上がるケースもあります。

100%上がる、下がるといった予測はできないものの、ある程度情報を分析することで回復の予測を建てられます。情報をしっかりと収集して分析しておきましょう。

具体的には著名人がツイートする、該当する通貨が焼却される、新たな取引所に上場するなどが考えられるよ!

リスクを抑えて少額投資や積立投資をする

仮想通貨が下落中でも、その通貨に絞って全額を投資することはおすすめできません。その通貨が上がらない場合や廃止されてしまうと投資をした分すべてを失うことになります。

複数の銘柄に投資するなどしてリスクを分散しましょう。

仮想通貨に限定せず、他の金融商品や株に投資することも選択肢としてアリだよ!

下落が終わったときに備えて資金を蓄えておく

下落が終わると、再度価格が上がり始める傾向にあります。少し上がり始めると、今度は上げ相場が続くことも多いため、その投資タイミングを逃さないように資金を蓄えておくことは大事です。

現金や預金をあえて投資に回さず、資金として蓄えておく選択肢も頭に入れておきましょう。

下げ相場でも稼げる投資手法(ショート)を身につける

仮想通貨には、下げ相場でも稼げるショートと呼ばれる取引方法があります。具体的には価格の高いときに売却して、低くなったときに購入する手法です。

買戻しをすることで利益が出るため、タイミングさえ逃さなければ下げ相場でも稼げる可能性があります。空売りができる取引所は限りがあるため、利用する際には注意しましょう。

ナンピン買いをする

仮想通貨にはショート以外にも、ナンピンと呼ばれる購入単価を下げる手法も存在しています。

こちらも完全な暴落市場ではリスクがありますが、通常の下げ相場や、回復の兆しがみられる市場では利益を上げられるテクニックとして利用されています。

複数の仮想通貨取引所を開設しておく

ビットコインが下落した今だからこそ、複数の仮想通貨取引所への口座開設を行いましょう。FTX破産からもわかるように、大手の取引所だからといって安心はできません。

もし複数の仮想通貨取引所にて口座開設をしておけば、自分の大切な資産を分散できます。ハッキングやシステムトラブルによるリスク分散にも繋がるため、仮想通貨投資を続けるなら今のうちに手続きを済ませましょう。

仮想通貨の冬の時代で実践したいショート(空売り)のやり方

ビットコインが下落しているときに有効な手段のショートってどうやってやるの??

ビットコインのショートの方法ですが、まずはショートをできる口座を開設する必要があります。

具体的な手順としては、以下の3STEPが挙げられます。

  • 1.DMM Bitcoinで無料口座開設をする
  • 2.DMM Bitcoinに日本円を入金する
  • 3.DMM Bitcoinで空売り(ショート)を実践する

それぞれの手順について確認していきましょう。

1.DMM Bitcoinで無料口座開設をする

DMM Bitcoin

まずはDMM Bitcoinにて口座開設をしましょう。Coincheckなど、一部の国内取引所ではショートができません。

開設する口座を間違えてしまうと、せっかく口座開設後に入金してもショートによる取引ができないので注意してください。

DMM BitcoinならBitMatch取引手数料を除く手数料が無料だよ!

2.DMM Bitcoinに日本円を入金する

DMM Bitcoinにて口座開設ができたら日本円を入金しましょう。入金方法としては以下のようなものが挙げられます。

  • クイック入金:インターネットから入金できて、リアルタイム取引が可能
  • 振込入金:銀行窓口やATMからの振り込みが可能

急ぎならクイック入金がおすすめ!

3.DMM Bitcoinで空売り(ショート)を実践する

DMM Bitcoinで入金できたら、ビットコインを購入して空売り(ショート)を実践しましょう。ビットコインを購入して空売りする手順をまとめると、以下の通りです。

  • マイページのメニュー「取引開始」をクリックする
  • 現物 BTC/JPYを選択し、購入金額を決めて「Ask/買」をクリックする
  • 「Bid/売」をクリックして空売りをする

ショートを行う場合、注文方法を理解したうえで追加証拠金やロスカットといった用語も押さえておくと失敗しづらいです。

仮想通貨の冬の時代はいつまで続く?

仮想通貨の冬の時代っていつまで続くのかな?

仮想通貨の下落市場ですが、専門家の間でも意見は分かれております。感染症や戦争、FTX破綻を考慮するとしばらくは冬の時代が続くと予想している投資家は多いです。

いずれにしてもしばらくは回復の見込みがないと考えられるので、今のうちに資金を蓄えておきましょう。

資金をしっかり蓄えて、回復したときに投資できるように備えておこう!

仮想通貨の冬の時代でも注目が集まっている事業を紹介

仮想通貨が下落している今でも注目されているNFTアプリがあるって聞いたけど、本当なの?

仮想通貨が冬の時代と言われていても、注目を集めている事業は少なくありません。

以下の3つは特に最近注目を集めています。

  • STEPNを始めとする歩いて稼ぐMove to earn
  • ゲームをすることで稼ぐPlay to earn
  • NFTアートや有名人のNFTグッズ

これらの事業は単純に稼げるだけでなく、楽しんだり健康を維持できたりとほかのメリットもあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

STEPNを始めとする歩いて稼ぐMove to earn

STEPNをはじめとするMove to Earnは、歩くことで稼げます。歩くことで、健康維持を図れるといったメリットも大きいです。

今まで感染症対策による巣ごもり需要で家にこもり、運動不足が気になっていた方から非常に注目されています。

ゲームをすることで稼ぐPlay to earn

Play to Earnはゲームを楽しみつつ、ゲーム内で得た通貨やアイテムを現金化できるサービスです。

ゲーム内の土地やレア武器などを高く売って現金化することで稼げるため、こちらも注目を集めています。

バリエーションも豊富なので、ゲームが好きな方はぜひトライしてみてください。

カードゲームやスポーツゲームもあるよ!

NFTアートや有名人のNFTグッズ

最近ではNFTアートやNFTグッズといった、デジタル上で唯一性が担保されている資産にも注目が集まっています。具体的には写真・3Dモデル(アバター)・ドット絵など様々です。

自分で独自のものを作り出すことも可能で、高値で取引できるケースもあります。NFTアートは簡単に作れるため、興味がある方はぜひ挑戦をしてみてください。

自分で作成したデジタルの絵が数万円~数十万円で取引されることもあるよ!

決済手段として普及していく可能性がある

ビットコインを含めた仮想通貨は、決済手段として普及する可能性が高いです。近年、仮想通貨を決済方法の1つとして取り入れている店舗やサービスが増え続けています。

例をまとめると以下の通りです。

  • PayPal
  • Mastercard
  • コカ・コーラ
  • KFC
  • Pizza Hut

今後、仮想通貨を利用する事業が増え続ければ、ビットコインの需要も高まる可能性があるでしょう。

    ビットコインの下落時によくある質問

    ビットコインが下落しているときに気を付けるべきことってあるかな?

    ビットコインが下落しているときに注意すべきポイントや、よくある質問をまとめました。

    • Q.「暴落が止まらない場合はどうすれば良いですか?」
    • Q.「今日・最新の仮想通貨に関する情報はどこで確認できる?」
    • Q.「ビットコインの下落は今後も続くの?」

    それぞれのポイントについて詳しく確認していきましょう。

    Q.「暴落が止まらない場合はどうすれば良いですか?」

    ビットコインがさらに暴落しそうだけど、その分安くなるからもっと買うべき!?

    ビットコインがさらに暴落しそうなときは、ナンピンやショートを含めあまり投資しないことをおすすめします。理由として、投資した分を取り戻せず損失が膨れ上がるリスクがあるためです。

    「ここまで下がったら損切りしよう」といったラインを決めておきましょう。

    投資した分を取り戻そうと躍起になるとさらに損失が大きくなるから注意しよう!

    Q.「今日・最新の仮想通貨に関する情報はどこで確認できる?」

    仮想通貨に関する最新情報は、以下のサイトにて確認できます。

    CoinMarketCapでは仮想通貨の取引価格やチャート、時価総額を確認できます。また、新しく出た通貨の最新情報をチェックすることも可能です。

    CoinPostは、仮想通貨に関するニュースがチェックできるメディアサイトになります。最新ニュースがすぐにUPされるため、情報収集をする際の参考にしましょう。

    Q.「ビットコインの下落は今後も続くの?」

    ビットコインはもう回復しないの?

    ビットコインの将来ですが、上がる要因も下がる要因も多く、確実に予測することはできません。

    しかし、今までのビットコインの動向を見ていると、毎年下落しつつも成長しています。したがって、今後さらに伸びる可能性は十分にあります。

    毎回の変動に一喜一憂せず、長期間保有するつもりで運用していく方法も十分に有用です。

    ビットコインの下落理由と対策まとめ

    ビットコインの価格が下落したことにより、仮想通貨はオワコンだと感じる方も多いかもしれません。確かに、ここ数か月のビットコインの値動きを見ていると投資はやめた方が良いと感じることと思います。

    しかし、ビットコインは今までも下落と高騰を繰り返しながら成長してきました。これからどこまで下落するかはわかりませんが、また伸びる可能性も十分に考えられます。

    価格が落ちている今のうちに投資することで、大きな利益を上げられる可能性もあるため、興味がある方は今回紹介したテクニックなども活用して購入してみてください。

    仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
    • DMM Bitcoinは、レバレッジ取引銘柄数が国内No.1
    • 取引手数料が無料。(※BitMatch取引手数料を除く)サポート面が充実しているため初心者におすすめ。

    \ 大手DMMで安心安全/

    (監修者)佐野孝矩

    (監修者)佐野孝矩

    https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

    保有資格
    日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士

    プロフィール
    一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

    専門・得意分野
    企業経営理論、経済学、経営情報システム

    >>監修者ページをみる

    あわせて読みたい
    2030年に仮想通貨(暗号資産)ビットコインはいくら?今までの価格推移や専門家の意見をもとに考察 2030年にビットコインはいくらぐらいの価格になっているかな? 世界中の専門家が予想しているけど、「価格は大きく高騰する」といった前向きな意見が多く見られるよ! 2...
    あわせて読みたい
    Coincheck(コインチェック)が危ないといわれている理由は?|ハッキング事件以降のCoincheckの安全性に... Coincheckが危ないって聞くけど、実際のところどうなのかな? 過去にハッキングや不正アクセスといった事件はあったけど、今は補償対応をしたりセキュリティを強化した...
    あわせて読みたい
    WETHとはどんな仮想通貨?イーサリアム上の標準規格「ERC-20」を備えたWETHの買い方やETHとの違いについ... WETHって、イーサリアムを基盤にした仮想通貨があるみたいだけどどんな特徴があるの? WETHはWrapped ETHの略で、イーサリアムと価格がペッグ(連動)された仮想通貨だよ...
    あわせて読みたい
    【2023年】仮想通貨/ビットコインの買い時はいつ?分析方法はある?過去の暴落から今後の価格予想まで徹... ビットコインの買い時っていつですか?価格が激しく変動するからタイミングがわからないです……。 ざっくり説明すると価格が下がったときに買うのがおすすめだよ。 2022...
    あわせて読みたい
    ビットコインは儲かる?ビットコイン投資が今からでも儲かると言われる理由と知っておくべき注意点 ビットコインは今からでも儲かるかな?やめたほうがいいって声も聞くけど、まだ間に合う? 絶対に儲かると言い切れる投資商品はないけど、ビットコインの将来性に期待す...
    あわせて読みたい
    【2024年】ビットコイン(BTC)の購入方法・買い方は?今後の見通しや将来性・買い時を徹底分析! ビットコインを購入したいけれど、難しそう・・・ わかる。それに、1BTCあたり数百万もするって聞くと買えないって思う人も多いね ビットコインは仮想通貨の中でも最も...
    あわせて読みたい
    【今からは遅い?】仮想通貨・ビットコインはもうオワコン?それともまだ間に合う?今後も伸び続けるの... 仮想通貨はもうオワコン?今から買うのは遅すぎますか? 仮想通貨に興味はあっても、今から参戦するのは勇気がいりますよね。 しかし、今後の仮想通貨の展望を調べると...
    あわせて読みたい
    仮想通貨ビットコイン(BTC)はほったらかしでも稼げる?ほったらかしのメリットやおすすめの稼ぎ方を紹介 ビットコインはほったらかしてても稼げるの? 常に一定額を定期的に積み立てる「ドルコスト平均法」を活用すれば、稼げる可能性は十分にあるよ! 仮想通貨(暗号資産)...
    あわせて読みたい
    ビットコインは将来1億円になる?2030年の価格予想や仮想通貨で儲かるための注意点も解説 ビットコインは今まで暴落と急騰を繰り返しながらも時価総額を伸ばしてきました。 将来的に1BTCの価格が1億円まで行くと期待する投資家は多いです。 ビットコイン(BTC)...
    あわせて読みたい
    円安・ドル高が仮想通貨にもたらす影響を解説|為替変動で稼げる仮想通貨の特徴・銘柄も紹介 最近は円安・ドル高だけど、仮想通貨(暗号資産)にも影響はあるのかな? 為替相場の変動が大きいときは、リスクが高いから慎重に投資すべきだよ! 円安・ドル高は仮想通...
    あわせて読みたい
    仮想通貨dYdX(DYDX)とは?入金・出金方法や使い方を解説|将来性やチャートについても紹介 仮想通貨(暗号資産)dYdXにはどんな特徴があるの? dYdXは、クロスマージン取引に対応した分散型取引所dYdXが発行したガバナンストークンだよ! イーサリアムレイヤー2上...
    あわせて読みたい
    仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の買い方・始め方をわかりやすく解説|将来性や活用事例についても紹介 IOTAってどんなことに活用されている仮想通貨なんですか? IOTAはIoT分野を発展させるために開発された銘柄だよ! IOTA(アイオタ)は2016年7月にリリースされた仮想通貨(...
    あわせて読みたい
    仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?注目のbrave独自トークン「BAT」の仕組みや今後の将... 仮想通貨(暗号資産)BATにはどんな特徴があるの? BATはブラウザ「Brave」で使われている独自トークンだよ! BAT(ベーシックアテンショントークン)は2021年に上場を果た...
    あわせて読みたい
    ビットコインの売り買いの繰り返しについてメリット・デメリットと利益を出すコツを紹介 ビットコインは繰り返し売り買いをすれば儲けられる? ビットコインの売り買いの繰り返しで儲けるにはコツが必要で、知らないと一瞬の判断ミスで大きく損をするリスクが...

    当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

    ※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次