NFTゲームで稼ぎたいんだけど、初期費用は必要?
NFTゲームで稼ぐには初期費用が必要だよ!ただ、ゲームによって初期費用額は異なるね

NFTゲームは稼ぎやすいと話題ですが、始める際に初期費用が必要になります。

本記事では初期費用がどれくらいかかるのか、少ない初期費用で始められるNFTゲームを紹介します。

本記事をまとめると…

  • NFTゲームで稼ぐには初期投資が必須。その相場が平均して40,000円ほど。
  • なかには1,000〜1,500円ほどで始められるゲームもある。
  • NFTゲームで稼ぐには仮想通貨取引所の口座開設が必須。おすすめはCoincheck。

初心者におすすめCoincheckで無料口座開設する

NFTゲームで稼ぐには初期投資が必須

NFTゲームで稼ぐには初期投資が必須です。

なぜなら、従来のゲームと同じで費用をかけた方がNFTゲームを早いスピードで始められたり、稼ぎやすいアイテムやキャラクターが手に入ったりするからです。

もちろん初期投資なしでも継続すれば稼げるようにはなると思いますが、初期投資をしている人と比べて稼ぎやすさは低下します。

NFTゲームのなかには一定の初期投資をしないと始められないゲームもあり、数万円ほどの費用が必要になるでしょう。

多くのNFTゲームでは仮想通貨orNFTアイテムの購入が必須

NFTゲームの初期投資は一般的に仮想通貨の購入orNFTアイテムの購入になります。

NFTアイテムの購入はゲーム内に存在するアイテムを購入する必要があり、例えばAxie infinityは初期投資としてNFTを3体購入しなければ始められません。

仮想通貨は主に仮想通貨取引所で購入ができ、NFTアイテムは取引所やNFTマーケットで購入できます。

初期投資に対して、どれくらいの期間で回収できるのかが重要

NFTゲームに初期投資する際は、初期投資にかけた金額をどれくらいの期間で回収できるのかが重要です。

なかなか稼げないと継続できないね。

回収期間はプレイする時間や運にも左右される部分はありますが、3〜4ヵ月ほどで回収できると稼ぎやすいと判断してよいでしょう。

回収期間を確かめるにはSNSやGoogle検索でNFTゲームをプレイしている人の回収状況を追うと最新の情報を入手できます。

多額の初期費用がかかるうえに回収できるまで長時間かかるNFTゲームは、稼げない可能性や詐欺の可能性があるので必ず情報収集をしておきましょう。

NFTゲームの初期投資の平均はいくらかかる?

NFTゲームの初期投資はゲームによって異なりますが、本記事で紹介するNFTゲームの平均初期投資額は4万円ほどです。無料でも稼げるNFTゲームはあるものの、早く稼ぐには数万円の出費は必須になってしまいます。

現状NFTゲームは稼ぎやすい環境ですが、環境はいつ変化してもおかしくないため、NFTゲームに数万円を投資して生活に支障がでる方はやめておきましょう。

必ず余剰資金で始めよう。

有名NFTゲームの初期費用を調べてみた

NFTゲームのなかでも話題を集めているゲームの初期費用を紹介します。

本記事で紹介するNFTゲームは下記の8つです。

  • Axie Infinity(アクシーインフィニティ)
  • The Sandbox(サンドボックス
  • Sorare(ソラーレ)
  • BombCrypto(ボムクリプト)
  • GalaGames(ギャラ・ゲーム)
  • Pegaxy(ペガシー)
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  • MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)

1つずつ解説していきます。

 

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)|50,000円〜

名称 Axie Infinity
初期費用 50,000円〜
回収期間 4〜5ヶ月
公式HP https://axieinfinity.com/

Axis infinityはキャラクターを戦わせたりNFTアイテムを売却したりして、ゲームトークンであるSLPAXSを稼ぐゲームです。

2021年ビットコインやDeFiの利回り低下により資金がNFTへ流れ、稼げるゲームと話題になりました。

Axis infinityを始めるには初期投資でキャラクターNFTを3体購入する必要があり、平均で50,000円ほどかかります。

ゲームが流行り始めた当初は稼ぎやすい環境で50,000円を1〜2ヵ月で回収できるような環境でしたが、現在は競合が増え、ブームが過ぎ去ったため回収するのに4〜5ヵ月はかかるでしょう。

The Sandbox(サンドボックス)|150,000円〜

名称 The Sandbox
初期費用 150,000円~
回収期間 5カ月~
公式HP https://www.sandbox.game/en/

The Sandboxは、Minecraft(マインクラフト)のようにブロックや土地を利用して建設物を立て、そこで行われるイベントやゲームを楽しむゲームです。

The Sandboxで稼ぐ手段は、保有している土地の売却や土地の貸し出しなど、基本的に不動産と似た仕組みを持ちます。

そのため、土地ひとつあたりの値段は高く、稼ぐには150,000円以上の初期投資が必要になります。

初期費用はNFTゲームのなかでもトップクラスに高く、始めるまでのハードルが高いですが、その分リターンも大きいです。

また、The Sandboxは土地の売買だけでなく、ゲーム内アイテムの作成をして稼ぐことも可能です。許可申請は必要なものの、初期費用を抑えて収益化を狙えるでしょう。

Sorare(ソラーレ)|3,000円〜10,000円

名称 Sorare
初期費用 3,000~10,000円
回収期間 5~6カ月
公式HP https://sorare.com/

Sorareは現実のサッカーの試合と連動しており、選手の活躍度や試合の勝敗によって報酬がもらえるトレーディングカードゲームです。

始めるにはSorareのマーケットで選手のトレーディングカードを購入する必要があり、人気度の高い選手や有名選手は高額になります。

実際に2021年3月にはクリスティアーノ・ロナウド選手のカードが約3,200万円で取引されました。

初期費用はそこまで高額ではなく、将来的な活躍が期待される穴場選手を獲得できれば大きく初期費用額を回収できるチャンスがあります。

サッカー好きの人は将来性のある選手を発掘できそうだね。

ただ、Sorareは収益方法が現実のサッカーに影響されてしまい、初期費用を回収するのに時間がかかる場合もあるでしょう。

 

BombCrypto(ボムクリプト)|30,000円

名称 BombCrypto
初期費用 30,000円
回収期間 3カ月ほど
公式HP https://bombcrypto.io/

BombCryptoは放置して稼げるNFTゲームです。ヒーローと呼ばれるNFTキャラクターが自動でフィールドを探索し、探索中に壊した宝箱からゲーム内仮想通貨を得られる仕組みになっています。

BombCryptoを始めるにはヒーローを手に入れる必要があり、ヒーローはガチャを引くことで手に入ります。

レアなヒーローほど稼ぎやすく、30,000円分ほどガチャを回してヒーローを揃えるとよいでしょう。

ガチャを回すにはゲーム内通貨の「BCOIN」が必要となり、現在の価格だと約2,000円で1回分回せます。

GalaGames(ギャラ・ゲーム)|5,000〜10,000円

名称 Gala Games
初期費用 5,000~10,000円
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://app.gala.games/

Gala Gamesはひとつのブロックチェーン上に複数のゲームが開発されているNFTゲームです。

現在はまだすべてのゲームが開発されておらず、「Town Star」のみがプレイできます。Town Starはどうぶつの森に似た農業ゲームで、始めるには約5,000〜10,000円の土地購入が必要です。

また、約16,000円追加で支払うとGala Gamesの「ゴールドメンバー」になることができ、デイリーチャレンジで仮想通貨を獲得できるようになります。

これから新しいゲームが複数リリースされる予定なので、リリース直後にプレイすると先行者優位で稼ぎやすくなるでしょう。

Pegaxy(ペガシー)|50,000円〜

名称 Pegaxy
初期費用 50,000円
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://pegaxy.io/

Pegaxyは競馬をモチーフにしたNFTゲームです。自分の保有する馬が競走で3位以内に入るとゲーム内通貨の「VIS」を獲得でき、稼ぐことができます。

始めるには競馬で走らせる馬を購入するかレンタルで借りる必要があり、USDTかVISで購入できます。VISの価格が下落していれば安く購入できるチャンスです。

Pegaxyの収益性はVISの価格に左右され、大幅な下落をしなければ1か月ほどで回収できる可能性はありますが、草コインなので価格変動は大きくなるでしょう。

 

CryptoSpells(クリプトスペルズ)|10,000円〜

名称 CryptoSpells
初期費用 10,000円~
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://cryptospells.jp/

CryptoSpellsはブロックチェーン上に構築されたトレーディングカードゲームです。カードがすべてNFTになっており、リリース初日に売上金額が600ETHに達したことでも話題を集めました。

CryptoSpellsは無料でも始められますが、稼ぐにはNFTカードの購入が必要になります。レアなカードほど高価格で、初期費用も10,000円以上かかることを覚えておきましょう。

収益方法はカードの売却やデイリーミッションをこなすと得られる「MCHコイン」の売却が基本になります。

CryptoSpellsはゲームシステムが豊富で、稼ぐ手段がたくさんあります。毎日コツコツとプレイすれば堅実に稼げるゲームになるでしょう。

MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)|10,000円〜

名称 MyCryptoHeroes
初期費用 10,000円
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://www.mycryptoheroes.net/ja

MyCryptoHeroesは歴史上のヒーローを集め、武器や装備させて戦うNFTゲームです。MyCryptoHeroesは無課金でも遊べますが、稼ぐ目的なら有料ヒーローを購入しましょう。

ヒーローや武器はすべてNFTになっており、売却したりゲーム内の特定クエストに参加したりすると仮想通貨やトークンを稼げるようになっています。

公式が「ゲームにかけた時間もお金も情熱もあなたの資産となる世界」というキャッチコピーを掲げていて、収益にかなり前向きなNFTゲームだとわかります。

初期費用はどれだけレアなNFTを揃えるかにより、最低でも10,000円以上は用意しておきたいです。

初期投資が安いNFTゲームは?

平均的に初期投資額が高いNFTゲームですが、1,000円前後で始められる下記2つのゲームもあります。

  • Splinterland
  • God Unchained

1つずつ解説していきます。

 

Splinterland(スプリンターランド)|1,000円〜

名称 Splinterland
初期費用 1,000円~
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://splinterlands.com/

Splinterlandはシャドーバースに似たトレーディングカードゲームです。

過去7日間のアクティブユーザー数がAxie infinityを抜いて1位になったこともあり、初期費用の安いNFTゲームとして有名です。

1,500円ほどNFTカードを購入するとバトル報酬で仮想通貨の$DECが得られるようになり、他のゲームと違って安い初期費用で収益化を狙えます。

もちろん初期費用額が大きいほど収益化までのスピードは早まりますが、Splinterlandは多くの稼ぎ方があります。

自分に合った稼ぎ方を見つけてみよう。

デイリーミッションからカードのレンタルまで幅広い手段で収益化を狙えるので、さまざまなことに取り組めば回収期間も早まるでしょう。

 

God Unchained(ゴッド・アンチェーンド)|1,500円〜

名称 God Unchained
初期費用 1,500円~
回収期間 3~4ヵ月
公式HP https://godsunchained.com/

God Unchainedはハースストーンに似たトレーディングカードゲームです。

公式ブログ(https://blog.godsunchained.com/)で無課金ながら23ETH(当時は50万円)を稼いだ人を取り上げ、無課金でも稼げるとゲームと注目を浴びました。

初期費用は1,500円〜になっており、カードの売却や大会の賞金などで稼ぐことができます。

将来的に価格が上昇しそうなカードを保有しておけば、安い初期費用で大きな利益を上げられる可能性もあるので、初期費用をかけたくない人にもチャンスがあるNFTゲームです。

 

NFTゲームを始めるには仮想通貨口座開設が必須

NFTゲームを始めるには仮想通貨取引所の口座開設が必須です。なぜなら、NFTゲームを始める際に必要なアイテムや通貨はすべて仮想通貨でしか購入できないからです。

ほとんどのNFTゲームの通貨は国内取引所で購入できず、海外取引所で購入するのが一般的です。そのため、まずは国内取引所のCoincheckで口座開設をしましょう。

Coincheckは国内アプリダウンロード数3年連続No.1とアプリの使いやすさに定評のある取引所です。NFTゲームで稼ぐために口座開設を済ませておきましょう。

まとめ-NFTゲームは初期投資がなければ稼げない

NFTゲームは基本的に初期投資をしないと稼げません。始めるだけなら無料でプレイできるゲームもありますが、稼ぐには初期費用をかけてレアアイテムなどを購入する必要があります。

ただ、最初から大金をかけるのはリスクが高いですから、SplinterlandやGod Unchainedのような1,000円程度の初期費用で収益を狙えるFTゲームから始めることをおすすめします。

まずは上記2つのゲームを始めるためにCoincheckで口座開設を済ませ、必要な仮想通貨を購入しましょう。

本記事をまとめると…

  • NFTゲームで稼ぐには初期投資が必須。その相場が平均して40,000円ほど。
  • なかには1,000〜1,500円ほどで始められるゲームもある。
  • NFTゲームで稼ぐには仮想通貨取引所の口座開設が必須。おすすめはCoincheck。

初心者におすすめCoincheckで無料口座開設する

監修者

(監修者)内山 貴博 http://ufp.webin.jp/

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士CFP®︎)、MBA(九州大学院経済学府 経営修士課程終了)九州共立大学経済学部非常勤講師 証券会社に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座を担当。また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティングや、日本の生活やお金のことに疑問を抱える外国人向けのFP相談業務を開始。主な著書:「駆け出しFPの事件簿」「お金の使い方テク」。

おすすめの記事