仮想通貨のGSTが熱いと聞いたよ!
歩いて稼ぐ「STEPN」のブームを受けて、GSTの価格も上昇したんだ。

GST(Green Satoshi Token)とは、Move to Earnアプリの「STEPN」で稼げる仮想通貨です。着実に価格を上げており、初上場から数か月でBinanceやコインベースへの上場を果たしました

今回は、GSTの買い方や将来性を徹底解説します。大流行のSTEPNとともに注目を集めるGSTの価格動向を、今のうちに探っておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • GST(Green Satoshi Token)は、歩くことで稼げる「STEPN」のユーティリティトークン。
  • 海外大手取引所への上場、大手VCからの資金調達など、明るいニュースが多く将来性が高い。
  • GSTは海外取引所で購入できる。まずはCoincheckで仮想通貨を購入し、Bybitに送ってGSTを取引するのがおすすめ。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

GST(Green Satoshi Token)とはどんな仮想通貨?特徴を解説

GST

通貨名 Green Satoshi Token
シンボル GST
注目度
取扱取引所 Bybit・Gate.io・KuCoin
時価総額 ¥1,349,339,038
(2022年5月中旬時点)
発行枚数 上限なし
公式HP https://stepn.com

GST(Green Satoshi Token)とは、歩いて稼げるNFTゲーム「STEPN」で流通している仮想通貨です。STEPNの人気に伴い、GSTの価格も上昇しています。

GSTの特徴は以下の通りです。

  • STEPNのユーティリティトークンとして歩くことで稼げる仮想通貨
  • 複数のブロックチェーンに対応しており今後の流動性UPが期待できる
  • 上限発行枚数は決められておらず無制限

STEPNのユーティリティトークンとして歩くことで稼げる仮想通貨

STEPNとは?出典:STEPN

仮想通貨GSTは「Move to Earn(歩いて稼ぐ)」で流行中のSTEPNにおける、ユーティリティトークンです。※ユーティリティトークン…特定のサービス内において実用性を持つトークン

NFTスニーカーを購入して歩くことで、時間やスニーカーのレベルなどに応じたGSTを獲得できます。毎日歩くことでスニーカーのレベルも上がり、購入費用も十分に回収できるでしょう。

GSTはゲーム内で稼ぐだけでなく、海外取引所を使った購入も可能です。

獲得したGSTはUSDCやSOLと交換することもできるため、ゲーム内での利用にとどまらず、投資先としてもGSTの人気は高まっています。

歩くだけで稼げるなんて、ものすごく画期的だよね!

複数のブロックチェーンに対応しており今後の流動性UPが期待できる

STEPNはSolanaブロックチェーン上に作られたゲームですが、20224月よりBSC(バイナンススマートチェーン)にも対応しました。※BSC…海外取引所のBinanceが手掛けるブロックチェーン

マルチチェーン対応によってユーザーの選択肢が増えたため、STEPNの利用者がさらに増加すると見込まれています。

BinanceがSTEPN×アシックスのNFTスニーカーを販売して、大きな話題になったんだ。

STEPNが盛り上がれば、GSTの流通量がさらに増えそうだね。

上限発行枚数は決められておらず無制限

発行枚数は無制限出典:STEPN

ゲーム内のユーティリティトークンであるGSTは、発行枚数に上限がなく無制限に発行されます

発行上限のないトークンはインフレが起こりやすく、価値が付きにくいのがデメリットです。しかし、GSTは独自のバーン(焼却)システムによって、価格のコントロールに成功しています。

歩くことで発行されたGSTは、レベル上げや修理費に使われるとバーンされる仕組みなんだね。

GST(Green Satoshi Token)のSTEPNでの使い方・使用用途

GSTの使い方・使用用途出典:STEPN

STEPNのゲーム内で稼いだGSTは、換金以外にも使用用途が存在します。ゲーム内におけるGSTの主な使い方は以下の通りです。

  • スニーカーの修理
  • スニーカーのレベルアップ
  • スニーカーのミント
  • ジェムソケットのロック解除・アップグレード

スニーカーの修理

STEPNのNFTスニーカーには耐久性というパラメーターが存在し、歩くたびに耐久性が低下します。

  • 耐久性50/100GSTを稼ぐ効率が90%にダウン
  • 耐久性20/100GSTを稼ぐ効率が10%にダウン

耐久性が低下すると収益率が一気に落ちるため、定期的にスニーカーを修理する必要があります。

スニーカーのレベルが高いほど、修理代として多くのGSTが必要だよ。

スニーカーのレベルアップ


NFTスニーカーをレベルアップするにはGSTが不可欠です。スニーカーのレベルを上げれば、効率よく稼げるようになります。

  • 属性ポイントを獲得できる
  • 自由にパラメーターを割り振りできる
  • ミントやソケット機能を開放できる
高レベルになるほど多くのGSTを消費するよ。特定のレベルだとGSTとGMTの両方が必要になるんだ。

スニーカーのミント


STEPNでは、2つのNFTスニーカーを掛け合わせて新たなスニーカーを生みだす「ミント」が可能です。

ミントの際は、スニーカーに応じたGSTが必要です。レア度の低いCommon同士のミントでも、最低200GSTを消費します。

相場の状況によっては、新しいスニーカーを購入する方がお得になる可能性はあります。その一方、スニーカー同士の掛け合わせを楽しめるのはミントの利点です。

レア度の高いスニーカーや、双子のスニーカーが生まれたら最高だよね!

ジェムソケットのロック解除・アップグレード


スニーカーの強化に欠かせないジェムやソケット機能を活用するには、状況に応じた量のGSTが必要です。

効率良く稼ぐためには、ソケットのロック解除やジェムのアップグレードが大切です。

その他、ミステリーボックス開封などのイベントでも、GSTを消費することがあるよ。

GSTを使う優先順位を考えるのが楽しいんだよね!

STEPN内でGSTを稼ぐ際の注意点

STEPNのゲーム内でGSTを稼ぐ際は、以下のポイントに注意が必要です。

  • 立ち止まっている間はGSTが加算されない(信号待ちの時間など)
  • エネルギーがないと稼げない(エネルギーは、10:00、16:00、22:00、4:00の6時間ごとに回復)
  • スニーカーの数や能力値などの様々な要素に応じて、獲得できるGSTは変動する
レベル上げやミント費用にGSTを消費しつつ、原資回収用のGSTをコツコツ貯めていこう。

GST(Green Satoshi Token)の2022年現在のチャートと価格変動


ここからは、GST(Green Satoshi Token)のチャートと価格動向について見ていきましょう。

  • 2022年1-2月:仮想通貨市場全体の下落にも影響を受けず300円前後を堅調に推移
  • 2022年3月:海外大手取引所の発行するBNB(バイナンスコイン)決済への対応を発表、500円台まで高騰
  • 2022年4月:STEPNのメディアでの紹介などもあり人気が過熱、1,000円台まで急騰し最高値を更新
  • 2022年5月:仮想通貨市場全体の相場急落により一時200円台まで下落

2022年1-2月:仮想通貨市場全体の下落にも影響を受けず300円前後を堅調に推移

2022年1-2月チャート出典:CoinMarketCap

2022年初頭、仮想通貨市場は全体的に冷え込みを見せていました。しかし、GSTは下落相場の中でも堅実な伸びを見せ、1月初めの180円台から300円前後まで価格を上げています。

なお、2月にはSTEPNのデイリーアクティブユーザーが2万人を超えています。少しずつSTEPNの知名度が上がり、「Move to Earn」という概念が広がり始めました。

下落相場でも勢いのあるSTEPNやGSTに、興味を持つ人が増えたんだ。

2022年3月:海外大手取引所の発行するBNB(バイナンスコイン)決済への対応を発表、500円台まで高騰

2022年3月チャート出典:CoinMarketCap

3月上旬に入り、GSTHuobi GlobalMEXCなどの海外取引所に上場しました。3月中旬には300400円台で推移しています。

3月28日には、STEPNBNB対応が発表されました。安定性のあるBSC(バイナンススマートチェーン)対応が決まり、期待感の高まりからGSTは一時500円台まで高騰しています。

マルチチェーン対応はうれしいニュースだよね!

2022年4月:STEPNのメディアでの紹介などもあり人気が過熱、1,000円台まで急騰し最高値を更新

出典:CoinMarketCap

4月以降、STEPNはさらに知名度を高めていきます。メディアの紹介やインフルエンサーの拡散によって、STEPN人気が過熱しました。

4月28日には、アメリカ最大手取引所・コインベースへの上場が発表されました。上場ニュースを受けて、翌日29日には一時1,000円台まで急騰しています。

地上波のテレビ番組「やりすぎ都市伝説」でも、STEPNが紹介されて話題になったんだ。

2022年5月:仮想通貨市場全体の相場急落により一時200円台まで下落

2022年5月チャート出典:CoinMarketCap

5月に入り、仮想通貨市場は下落相場に移ります。株式市場の急落やステーブルコインUST(LUNA)」の暴落などによって、あらゆる銘柄が下落しました。

GSTも市場の影響を受け、一時200円台まで急落しました。5月中旬時点では、300400円台で推移しています。

5月はどの仮想通貨も落ち込んでいるんだね。下落相場を耐えつつ、GSTの買い時を見極めるのが良さそうだよ。
5月にはFTXへの上場・先物取引の提供といった明るいニュースもあったんだ。着実に認知度を高めているSTEPNの将来性に期待しよう。

GST(Green Satoshi Token)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

GST(Green Satoshi Token)は国内取引所での扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

海外取引所は日本円の取引に対応していないので、国内取引所で送金用の仮想通貨を用意し、海外取引所に送って取引するとスムーズです。

GSTの購入方法・買い方の流れは以下の通りです。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

 

まずは国内取引所の口座開設を行います。おすすめの取引所は、スマホで手軽に仮想通貨を購入できるCoincheckです。

Coincheck公式サイトにアクセスし、「会員登録」より無料登録に進んでください。

「かんたん本人確認」を選択すれば、5分ほどで登録作業が終わります。本人確認書類として、運転免許証やマイナンバーカードを準備しておきましょう。

登録後、最短1日で口座開設完了の通知が届くよ。GSTの購入に備えて、先に登録を済ませておこう。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

コインチェック

取引口座が開設されたら、ビットコインを購入するための日本円を入金します。

入金方法は3種類から選べますが、送金制限がなく手数料も安い銀行振込がおすすめです。

入金反映後、海外取引所に送金する仮想通貨を購入します。取引に利用しやすいビットコインを選ぶとスムーズです。

送金手数料の安いリップル(XRP)など、他の銘柄を選んでもOKだよ。

3.海外取引所(Bybit)USDTを購入後、GST(Green Satoshi Token)を購入する

BybitでGSTを購入する出典:Bybit現物取引

Coincheckで用意したビットコインを、GSTを購入できるBybitに入金します。Bybitは日本語に対応しており、簡単に口座開設できるのでおすすめです。

CoincheckからBybitに送金する流れは以下の通りです。

  • Bybitのビットコイン入金用アドレスを取得する
  • Coincheckの「暗号資産の送金」からビットコインを選択
  • 送付先の宛先にBybitの入金アドレスをコピペし、送金先に登録
  • 送金額を設定してBybitに送金する
 送金先アドレスや送金先ネットワークを間違うと、ビットコインを失ってしまいます。必ず確認を行った上で送金しましょう。

GSTの購入にはUSDTが必要です。Bybitにビットコインが着金したら、まずはビットコインを使ってUSDTを購入しましょう

手に入れたUSDTを使って、GSTを購入してください

なお、海外取引所は国内の金融庁の認可が下りていないから、利用は自己責任となるよ。リスク管理を徹底しつつ、余剰資金で取引しよう。

GST(Green Satoshi Token)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ここからは、GST(Green Satoshi Token)の今後の将来性や、価格動向・上げ幅について見ていきましょう。

  • 2026年には約81ドル(10,400)まで到達するとの海外投資家の意見もあり
  • 2022年の第3四半期以降でSTEPNにてレンタルシステムなど開始予定、ユーザー増加が見込める
  • 海外大手仮想通貨取引所のBinanceをはじめ、多数のVCから資金調達済み

2026年には約81ドル(10,400)まで到達するとの海外投資家の意見もあり

海外の仮想通貨価格予想サイト「Uptobrain」による、GSTの予想価格は以下の通りです。

  • 2024年…年末までに約34.56ドル(約4,420円)に到達
  • 2025年…年末までに約58.93ドル(約7,540円)に到達
  • 2026年…年末までに約81.48ドル(約10,430円)に到達

※2022年5月中旬の為替レートで計算

2022年5月に370円台をつけていたGSTが、4年後には25倍以上に上昇するという前向きな予想が出ているんだね!

2022年の第3四半期以降でSTEPNにてレンタルシステムなど開始予定、ユーザー増加が見込める

レンタルシステム出典:STEPN

STEPNはスニーカーのレンタルシステム導入が予定されています。レンタル機能によって初期費用の負担が減ることで、ユーザー数が爆発的に拡大する可能性があります。

なお、STEPNで今後予定されている主なアップデートは以下の通りです。

  • レンタルシステム
  • アチーブメントシステム
  • クエストシステム

参考:STEPN WHITEPAPER

今後も長くSTEPNを楽しめるように、プロジェクトの開発が進められているんだね!

海外大手仮想通貨取引所のBinanceをはじめ、多数のVCから資金調達済み

多数のVCから資金調達済み出典:STEPN

STEPNは多数のVCから資金調達に成功しており、将来性の高さがうかがえます。

  • Binance…世界最大級の仮想通貨取引所
  • Sequoia Capital…シリコンバレーに拠点を置く、世界最大規模のVC
  • Solana Ventures…ソラナ・ラボの投資部門
  • ALAMEDA RESEARCH…FTXの親会社。仮想通貨業界に投資
資金調達やコラボのニュースなど、STEPNには今後も明るい話題が増えていきそうだね。

GST(Green Satoshi Token)に関するよくある質問

ここからは、GSTに関するよくある質問を紹介します。

  • GSTの日本円への換金方法は?
  • GMTとの違いは?

Q.「GST(Green Satoshi Token)の日本円への換金方法は?」

GSTを日本円に換金する際は、一旦別の通貨に変換した上で国内取引所に送る必要があります。

  • STEPN内のウォレットを使い、稼いだGSTUSDCに変換する
  • USDCをBybitに送金する
  • BybitでUSDCをビットコインに変換する
  • BybitからCoincheckにビットコインを送金する
  • Coincheckでビットコインを日本円に換金して出金する

換金時の注意点は以下の通りです。

  • STEPN内でGSTUSDCに変換する際は、最低10GSTが必要
  • 送金作業でミスがあると資産を失うため、慌てずに行う
  • USDCの変換先は、リップル(XRPなど送金手数料が安い銘柄でもOK
GSTの相場を見ながら、良いタイミングで換金できるように貯めておこう。

Q.「GMT(Green Metaverse Token)との違いは?」

GMTは、STEPNのガバナンストークンです。※ガバナンストークン…プロジェクトの運営に関するガバナンス投票に参加できる

GSTはSTEPNのゲーム内で稼げるユーティリティトークンです。GSTはゲーム内通貨の位置付けが強く、レベルアップや修理費などさまざまな場面で用いられます。

GMTは発行枚数が60億枚と決められていて、希少価値が高まりやすい設計なんだ。

GSTには発行上限がないけど、たくさんのGSTがバーンされる仕組みをうまく作りだしているんだね。

GST(Green Satoshi Token)の買い方や将来性まとめ

GST(Green Satoshi Token)は、STEPNのゲーム内トークンとして注目を集める仮想通貨です。STEPNユーザー数の拡大とともに、GSTの価格上昇も期待されています。

GSTは海外取引所のBybitで購入できます。まずは国内取引所のCoincheckでビットコインを用意し、Bybitに送ってGSTを購入するとスムーズです。

Move to Earn」ブームの火付け役となったSTEPNGSTを、早めにチェックしておきましょう。

5分で無料登録

コインチェック
  • GSTは海外取引所で購入可能。日本円が使えないため、国内取引所から仮想通貨を送金して取引を行うと良い。
  • ビットコインの購入には、国内大手取引所のCoincheckがおすすめ。初心者でも迷わずに購入できる手軽さが特徴。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行って、GSTの買い時に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

おすすめの記事