仮想通貨FTTのユーティリティで獲得できる報酬とは?獲得方法や注意点を紹介

仮想通貨FTTのユーティリティではどんな報酬が獲得できるのかな?
FTTユーティリティでは、紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得できるよ!

FTTとは、仮想通貨取引所FTXが出す独自トークンです。FTX JapanにおいてFTTをロック(ステーク)すれば、ユーティリティ報酬を獲得できます。

この記事では、FTTのユーティリティの特徴や活用するメリット・デメリットについて解説していきます。FTTのユーティリティ報酬の獲得を目指したい方は、この記事を参考にしてみてください。

本記事をまとめると…

HEXA
  • FTTユーティリティでは、紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得できる
  • FTTをロックすれば、ユーティリティ報酬の獲得が可能
  • FTX Japanで口座を開設して、FTTのユーティリティ報酬を獲得しよう!

FTTを購入するならFTX JapanFTXJapanに無料登録する

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)
目次

FTTのユーティリティとは?

FTT(FTXトークン)とは、仮想通貨取引所FTXが出す独自トークンです。FTTはFTXに上場しており、FTX Japanであれば条件を満たすことでユーティリティ報酬を獲得できます。

FTTユーティリティの特徴をまとめると、以下の通りです。

  • FTT(FTXトークン)ユーティリティでは紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を得られる
  • FTTをロック(ステーク)することでユーティリティ報酬を得られる

それぞれ詳しく解説します。

あわせて読みたい
FTT(FTXトークン)とはどんな仮想通貨?話題の取引所トークンの買い方や将来性を徹底解説 FTT(FTXトークン)は、海外仮想通貨取引所のFTXが発行する仮想通貨です。設立2年で世界最大級の取引所に成長したFTXの独自トークンは、2021年に一気に爆上げしました。...

    FTT(FTXトークン)ユーティリティでは紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を得られる

    FTTユーティリティでは、紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得することが可能です。詳しい報酬内容は後述しますが、以下のようにFTTのロック数量に応じて受け取れる報酬内容が変化します。

    ランク FTTロック数量 リファラルリベート メイカー手数料 ERC20出庫手数料無料(回数/1日あたり)
    0 0 25% 0
    1 25 28% 0.0000% 1
    2 150 30% -0.0005% 3
    3 1000 32% -0.0010% 10
    4 10,000 34% -0.0015% 30
    5 50,000 36% -0.0020% 100
    6 250,000 38% -0.0025% 300
    7 1,000,000 40% -0.0030% 1000

    参照元:FTX Japan|FTTについて

    FTTのロック数が多いほど、より良い報酬が期待できるんですね。

    FTTをロック(ステーク)することでユーティリティ報酬を得られる

    FTTのユーティリティ報酬を受け取るためには、FTTをロック(ステーク)しなくてはいけません。仮想通貨取引所FTX Japanでは、FTTのロックを条件にユーティリティ報酬を日本人ユーザーに支払っています。

    ただし、ロックされたFTTは証拠金として使用できません。また、FTTのロックを解除したとしても、最低14日間はロックされた状態が続くため注意が必要です。

    仮想通貨の「ユーティリティ」とは

    仮想通貨のユーティリティとは、実用性の高い権利をブロックチェーン上で発行した電子証票です。プロダクトを所有したりサービスを使用できる権利を持つユーティリティトークンとして、さまざまなシーンで活用されます。

    ユーティリティという言葉には、「実用性」「有用性」といった意味が込められているよ!

    ユーティリティトークンの価値はサービスを提供する場所に依存し、質の高いところほどトークンの価格も高騰します。逆に、質の低いサービスを提供する場所ではトークンの価格が下がる傾向にあるため、利用する際には注意が必要です。

    仮想通貨の「ロックアップ」とは

    仮想通貨のロックアップとは、仮想通貨を発行した企業が一定の量の通貨を一定期間凍結することを意味します。一度凍結をすれば、凍結が解除されるまで通貨の売却はできません。

    もともとロックアップは株式市場でよく用いられる言葉で、企業が株式を新規公開する際に持株を一定期間売却できない仕組みです。上場直後に株の大量売却が起こると株価が大幅に下がる危険性があるため、ロックアップを採用しています。

    仮想通貨のロックアップも同様で、上場直後に通貨を大量に保有している企業が大量売却を行えば、価格が暴落する恐れもあります。そのため、新たな仮想通貨が上場する際にはロックアップを約束する企業が多いです。

    FTTのユーティリティのメリット・おすすめポイント

    仮想通貨FTT(FTXトークン)のユーティリティ報酬を獲得するメリットをまとめると、以下の通りです。

    • FTX Japanへのユーザーの紹介によって得られるリファラルリベートが増額する
    • メイカー手数料が割引される
    • ERC-20とETHの出庫手数料が無料になる

    それぞれ詳しく解説します。

      FTX Japanへのユーザーの紹介によって得られるリファラルリベートが増額する

      FTTのユーティリティを活用すれば、FTX Japanへのユーザーの紹介によって得られるリファラルリベートが増額します。

      リファラルリベートってなんですか?
      リファラルリベートは、いわゆる「紹介料」を意味しますよ!

      FTX Japanを第三者に紹介することで、紹介された側の取引手数料の25〜40%を報酬として受け取れます。さらに、リファラルリベートは毎日発生するため、紹介する人が多いほど高利益獲得のチャンスです。

      メイカー手数料が割引される

      FTX Japanにてパーペチュアル取引もしくは現物取引を行なった際には、以下の手数料が発生します。

      レベル 直近30日間の取引量(USD) メイカー手数料率 テイカー手数料率
      1 0 0.020% 0.070%
      2 >2milion 0.015% 0.060%
      3 >5milion 0.010% 0.055%
      4 >10milion 0.005% 0.050%
      5 >25milion 0.000% 0.045%
      6 >50milion 0.000% 0.040%

      参照元:FTX Japan|手数料と紹介制度

      ただし、FTTのユーティリティを活用すれば、メイカー手数料が最大で0.0030%割引されるためお得です。また、割引が適用されるとMM(マーケットメイカー)レベルに基づくディスカウントにも積立がされます。

      ERC-20とETHの出庫手数料が無料になる

      ERC-20やETHなどの仮想通貨を出庫する際には、ネットワーク手数料に基づいて算出された手数料を支払わなくてはいけません。しかし、FTTを保有しつつロックをしておけば、出庫手数料が無料になるためお得です。

      また、FTTのロック数量に応じて、1日に無料で出庫できる回数が変化します。

      最大で1,000回までは出庫手数料が無料になるから、お得にFTX Japanを活用できますね!

      FTTのユーティリティのデメリット・注意点

      仮想通貨FTT(FTXトークン)のユーティリティにはメリットがある一方で、デメリットも存在します。デメリットをまとめると以下の通りです。

      • FTXトークンは最低でも2週間(14日間)はロックされすぐには引き出せない
      • ユーティリティ報酬を獲得するためにはKYCを完了する必要がある
      • ロックされたFTXトークンはFTX Earnのステーキング報酬の対象にはならない

      それぞれ詳しく解説します。

        FTXトークンは最低でも2週間(14日間)はロックされすぐには引き出せない

        FTTのユーティリティを活用した場合、通貨がロックされてしまいます。一度ロックをしてしまうと、最低でも2週間(14日間)はロック解除ができないため注意が必要です。

        市場の動きに合わせてFTTを売却しようと思っても、解除されるまで引き出しできないから注意しないとですね。

        ユーティリティ報酬を獲得するためにはKYCを完了する必要がある

        FTTのユーティリティ報酬を獲得するには、事前にKYCを済ませておく必要があります。

        KYCってなんですか?
        KYCとはコンプライアンスチェックの略称で、本人確認を行う手続きを意味するよ。

        FTX Japanの登録自体は無料ですが、本人確認を行わない限り仮想通貨の取引ができません。そのため、ユーティリティ報酬を獲得するなら本人確認書類を準備してからKYCを済ませておきましょう。

        ロックされたFTXトークンはFTX Earnのステーキング報酬の対象にはならない

        一度ロックされたFTTは、FTX Earnステーキング報酬の対象外となるため注意が必要です。

        FTX Earnとは、FTX Japan内にて保有する通貨の数量に応じて利息を獲得できるサービスを意味するよ。

        FTX Earnを活用すれば、対象となる通貨を保有しているだけで年5%(1万ドル相当以下)、または年8%(1万1ドル相当以上)の利回りを獲得できます。しかし、一度ロックしてしまうとステーキング報酬の対象にはなりません。

        そのため、ユーティリティ報酬とステーキング報酬どちらが自分にとってお得なのか、利用目的に応じて選択することが大切です。

        FTTのユーティリティ報酬の獲得方法

        FTTのユーティリティ報酬を獲得するためには、何をしていけばいいのかな?

        FTTのユーティリティ報酬は、国内にある仮想通貨取引所FTX Japanの口座を開設する必要があります。詳しい手順をまとめると、以下の通りです。

        • STEP1:FTX Japanの口座を開設しFTTを購入する
        • STEP2:FTTをステークする
          2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
          参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)

          1.FTX Japanの口座を開設しFTTを購入する

          FTTのユーティリティ報酬を獲得するために、まずはFTX Japanで無料の口座開設を行いましょう。口座開設は公式HPの「無料アカウント作成」から申し込めます。

          メールアドレスと任意のパスワードを入力するだけで、アカウントの作成は完了です。口座開設が済んだら、トップ画面の販売所からFTTを購入してください。

          口座開設には本人確認書類が必要なため、運転免許証やマイナンバーカードを用意しておきましょう。

          2.FTTをステークする

          FTTの購入が完了したら、FTTの概要を説明したページへと移動します。移動が完了したら、以下の手順通りに手続きを進めていきFTTをステークしていきましょう。

          • FTTの概要説明欄にある「FTTユーティリティ」をクリックする
          • 通貨として「FTXトークン(FTT)」を選択
          • ロックするFTTの数量を入力
          • 「FTTユーティリティ」をクリック
          一度ロックしてしまうと最低でも2週間は引き出しができないから、数量を入力する際には注意してくださいね。

          仮想通貨FTTの2022年現在のチャートと価格変動

          FTTは2019年5月8日にローンチされ、2021年の9月には最高値の8,800円台を更新しました。その後は価格が下落しており、2022年9月には3,000円台を推移しています。

          ここからは、2021年9月以降におけるFTTの価格動向を日本円レートで見ていきましょう。

          • 2021年9月:SOLの高騰に影響を受け最高値の8,800円台を更新
          • 2022年3月:Move to earn系ゲームが人気と連動し6,000円を突破
          • 2022年9月:春の仮想通貨市場全体の下落に影響を受けつつも3,000円台を堅調に推移

            2021年9月:SOLの高騰に影響を受け最高値の8,800円台を更新


            出典:CoinMarketCap

            2021年8月時点では5,000円台を推移していたFTTですが、2021年9月には過去最高値の8,800円台を更新しました。価格が上昇した理由として、FTXが推進するSolana(SOL)に注目が集まったからです。

            2020年の8月には350円台だったFTTも、1年ちょっとで約25倍も価格が上昇したことで話題を呼びましたね。

            2022年3月:Move to earn系ゲームが人気と連動し6,000円を突破


            出典:CoinMarketCap

            一時期4,000円台まで下がっていたFTTですが、2022年3月に入ると6,000円を突破しました。価格が上昇した理由は、Move to earn系ゲームとして有名なSTEPNが注目を集めたからです。

            仮想通貨に興味がなかった人もSTEPNを始めたことで、FTTの価格も連動して上昇したと考えられます。

            STEPNは一時期すごいブームでしたよね!

            2022年9月:春の仮想通貨市場全体の下落に影響を受けつつも3,000円台を堅調に推移


            出典:CoinMarketCap

            2022年4月以降は仮想通貨市場全体が下げ相場となり、FTTの価格も下落しました。2022年5月には、米金利の引き上げやCPIへの市場不安によってLUNAやステーブルコインのUSTが大暴落し、仮想通貨全体の価格が暴落したのです。

            他にも、世界同時株安や中国のマイニング規制も主な原因として考えられます。

            ただ、2022年9月時点では3,000円台を堅調に推移しているため、今後の価格高騰に期待ですね!

            FTTのユーティリティに対する評判・口コミ

            FTTのユーティリティに対する評判・口コミを調査していくと、極端にポジティブ・ネガティブな評判は見られませんでした。紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得できる仕組みですが、「可もなく不可もなく」といった意見が多い模様です。

            FTTのユーティリティに関してよくある質問

            最後に、FTTのユーティリティに関するよくある質問に回答していきます。

            • 割引されるメイカー手数料は他の手数料割引と併用できる?
            • 国内でFTX Japan以外のFTTの購入先は?

              Q.「割引されるメイカー手数料は他の手数料割引と併用できる?」

              FTTのユーティリティ報酬によって割引されたメイカー手数料は、他の手数料割引と併用することが可能です。例えば、過去30日間の取引量によってメイカー手数料は安くなります。

              他にも、アフィリエイトリンクから登録をすれば、手数料が5%割引になるサービスを展開中ですよ。

              FTTの保有量によっても割引は適用されるため、お得に通貨を売買したいならFTTを積極的に購入した方が良いと言えるでしょう。

              Q.「国内でFTX Japan以外のFTTの購入先は?」

              FTTを国内で購入できるのは、国内取引所FTX Japanのみとなっています。他の国内取引所ではFTTの取り扱いをしていないため、購入する際には注意が必要です。

              海外の取引所でも購入できますが、金融庁に登録していない事業者である可能性もあり、国内取引所を利用した場合には生じないリスクを抱えることになります。また、日本円で入金できない場合がほとんどのため、比較的手続きが煩雑でおすすめできません。

              FTX Japanであれば、金融庁が認めている取引所だから安心ですね!

              FTTのユーティリティ報酬や注意点まとめ

              専門家・鮫島 久彦

              FTXは現在、「CoinMarketCap」が発表する取引所ランキング大手取引所Binanceに次いで2位に位置づけています。

              FTTはFTXが発行するネイティブエクスチェンジトークンです。つまりFTXの利用者が増えサービスを利用するほどFTTの価値は安定し、上昇する可能性があると言えます。

              そして記事内にもあるようにFTT保有者に非常に良い優遇を与えていますのでこれからも新規層の流入や取引量の増大が期待できます。

              FTXはFTTのバーン(一定量の通貨を消去する)を行っていて、FTXで発生した取引手数料の3分の1を実質的な買い戻しに使用し、バーンすることで流通量を減少させています。すると供給が絞られ価格上昇のファクターになり得るのです。

              FTXは伸びしろのある取引所と言えますし、そのFTXのトークンであるFTTもこれから上昇する余地を充分に秘めています。現在は仮想通貨相場は下げですので最高値から言えば40%程度の値段になっているFTT購入をリスクを理解して購入するならば止める理由はありません。

              FTTユーティリティでは、紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得することが可能です。FTX JapanにおいてFTTをロック(ステーク)すれば、ユーティリティが適用されます。

              FTX Japanは利用するほどお得な報酬が獲得できるため、今のうちに投資を検討したいところです。この機会にFTX Japanで口座開設の上、投資をしてみてください。

              本記事をまとめると…

              HEXA
              • FTTユーティリティでは、紹介ボーナスの増加や手数料割引などの報酬を獲得できる
              • FTTをロックすれば、ユーティリティ報酬の獲得が可能
              • FTX Japanで口座を開設して、FTTのユーティリティ報酬を獲得しよう!

              FTTを購入するならFTX JapanFTXJapanに無料登録する

              2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
              参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)
              あわせて読みたい
              Liquid by FTX(旧Liquid by Quoine/リキッドバイコイン)の手数料を他の取引所と比較してみた|レバレッ... Liquid by FTXを利用したいけど、手数料が高いのか気になる方も多いでしょう。 手数料を知らずに取引を始めてしまうと「こんなはずじゃなかった!」と、損をしてしまう...

               

              FTTのユーティリティに関する公式の問い合わせ先・運営企業

              FTTのユーティリティについて問い合わせをしたい場合は、以下を参考にしてみてください。

              法人名 FTX Japan株式会社
              事業内容 暗号資産交換業
              資本金 約20億円(資本準備金含む)
              CEO Seth Melamed
              設立日 2014年11月25日
              本社所在地 〒101-0054
              東京都千代田区神田錦町3丁目17番地廣瀬ビル4階
              問い合わせ先 https://www.liquid.com/ja/

              (監修者)鮫島 久彦 監修者ページはこちら/

              ファイナンシャルアドバイザー 個人むけの保険や金融商品、不動産、年金、資産運用の相談・金融知識を含む記事の監修・保険の見直し相談・家計に関する相談やアドバイス・税制についての相談・補助金支援金についての相談・起業等の相談。1000件以上の相談実績。40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能。

              あわせて読みたい
              仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の買い方・将来性は?|匿名性の仕組みやマイニングについても解説 仮想通貨のMoneroって将来性のある通貨なのかな?特徴やどんな時に価格が上昇するのか教えてほしい。 仮想通貨Moneroはプライバシー保護に長けていて、匿名性の高いリッ...

               

              当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

              ※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

              よかったらシェアしてね!
              • URLをコピーしました!
              • URLをコピーしました!
              目次