GameFiが熱いらしいね!今からでも稼げる銘柄はあるのかな?
NFTゲームは急速に進化しているから、稼ぐチャンスは十分あるよ。

ブロックチェーンゲームは世界中で人気を博しています。「注目しているNFTプロジェクト」のアンケートでも、NFTゲームが堂々の1位に輝きました。

注目しているNFTジャンル

出典:個人投資家に聞く「高額アート」や「稼げるゲーム」で話題のNFTに関するアンケート調査

今回は、2022年に躍進が期待できるGameFi関連銘柄を紹介します。稼げるゲームを見極めて、先行者利益を狙いましょう。

本記事をまとめると…

  • GameFiはゲーム×金融のNFTゲーム。ブロックチェーン技術を用いており、稼げるゲームとして注目されている。
  • NFTやメタバースと相性が良く、GameFiの経済圏には続々と大手企業が参入している。
  • GameFi銘柄は海外取引所で購入できる。まずはCoincheckでビットコインを準備し、海外取引所に送ってGameFi銘柄を買うのがおすすめ。

話題のエンジンコインが買えるCoincheckで無料口座開設する

GameFi(ゲームファイ)とは?特徴について

GameFiとは、金融の仕組みが取り入れられたブロックチェーンゲームを指しています。GameFiの特徴は以下の通りです。

  • GameとFinanceを組み合わせた造語で別名・Play-to-Earnと呼ばれる
  • ブロックチェーン技術とゲームを組み合わせて、稼げるゲームとして話題

GameとFinanceを組み合わせた造語で別名・Play-to-Earnとも呼ばれる

GameFiとは、「Game(ゲーム)」と「Finance(金融)」を組み合わせた造語です。ゲームをプレイして報酬を得る「Play to EarnP2E/遊んで稼ぐ)」も、GameFiに含まれています。

GameFiのゲームをプレイすると、換金可能な独自トークンを獲得可能です。トークンにはゲーム内アイテムの購入や、メタバース内の経済圏での買い物など、さまざまな用途が生まれています。

ブロックチェーンゲームを軸に、トークンを使った経済圏が生まれているんだ。

ブロックチェーン技術とゲームを組み合わせて、稼げるゲームとして話題

暗号化技術のブロックチェーンによって、GameFiの仕組みが実現しました。GameFiで稼ぐ方法として、以下の3つが挙げられます。

  • Play to Earn…プレイすると独自トークンがもらえる
  • NFTアイテムの取引…希少なキャラクターやアイテムを売買して稼ぐ
  • レンタルによる収益化…土地やNFTキャラクターを貸し出して利益を得る

デイリークエストをコツコツ続けるだけで、稼げるゲームもあるんだね。

なぜGameFi関連の仮想通貨銘柄に注目が集まっているのか

GameFi関連銘柄に注目が集まる理由として、以下の3つが挙げられます。

  • ゲーム市場は1,780億ドルの市場であり、2020年から14.4%も成長している
  • 巨大企業が投資しているメタバースと相性が良い
  • NFTゲームのクオリティは日々進化している

ゲーム市場は1,780億ドルの市場であり、2020年から14.4%も成長している

世界のゲーム市場は1,780億ドル市場と言われており、年々拡大を続けています。また、仮想通貨のDeFi(分散型金融)分野も指数関数的な成長を見せており、今後1兆ドル規模の市場になるという予測も出ています。

参考:ULTCOIN365

ブロックチェーンゲームは急速な発展を続けています。ゲームと金融を組み合わせたGameFiを、手軽にプレイできる日も近いかもしれません。

DeFiは少し難しそうだけど、稼げるNFTゲームと聞くと始めたくなるよね。

巨大企業が投資しているメタバースと相性が良い

GameFiの中には、オンライン上の仮想空間である「メタバース」を提供するNFTゲームも数多く存在します。メタバースは世界的なトレンドとなっており、あらゆる分野の企業が参入を開始しています。

  • マイクロソフト…メタバース関連のゲーム会社を買収
  • アディダス…NFT事業を推進。The SANDBOX内の土地を購入
  • ディズニー…メタバースの技術特許を取得
メタバース内では独自の経済圏が生まれるから、たくさんの企業がビジネスチャンスをつかもうとしているんだ。

NFTゲームのクオリティは日々進化している

出典:Illuvium公式

稼げるゲームとして大流行した「Axie Infinitty」は、NFTゲームの火付け役と言われています。ただ、2Dのシンプルなグラフィックが採用されており、ゲームへの没入感はやや薄めです。

しかし、NFTゲームは急速な進化を続けており、ビジュアルやシステム面のクオリティが高いゲームが次々に開発されています。最近ではIlluviumSTARATLASなど、美しいグラフィックのNFTゲームに熱い視線が注がれています。

単に稼げるだけじゃなく、楽しくてクオリティの高いNFTゲームが増えているんだね。

注目のGameFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄ランキング

ここからは、GameFi銘柄のおすすめランキングをお伝えします。稼げるNFTゲームを探している方は参考にしてください。

  • Decentraland(ディセントラランド/MANA)
  • The Sandbox(サンドボックス/SAND)
  • Gala(ガーラ/GALA)
  • Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)
  • Illuvium(イルビウム/ILV)
  • DEAPCoin(ディープコイン/DEP)
  • Pegaxy(ペガシー/PGX)
  • StarAtlas(スターアトラス/ATLAS)
  • Axie Infinitty(アクシーインフィニティ/AXS)
  • GameFi(ゲームファイ/GAFI)

1位:Decentraland(ディセントラランド/MANA)

Decentraland

出典:Decentraland

通貨名 Decentraland(ディセントラランド)
シンボル MANA
注目度
取扱取引所 Binance・Coinbase・KuCoinなど
時価総額 ¥594,015,283,237(2022年3月1日時点)
公式HP https://decentraland.org/

Decentraland(ディセントラランド)は、広大なメタバース空間で過ごせるVRプラットフォームです。メタバース構想のブロックチェーンプロジェクトの中では、最も歴史が長いと言われています。

  • メタバース×NFTVRプラットフォーム
  • 土地やアイテムをNFTとして売買できる
  • DAO(自律分散型組織)によるユーザー主導の運営が行われる

Decentraland内の土地やアイテムはNFT化されており、取引したりビジネスを行ったりできます。プレイヤーによる新たなアイテムも作成可能です。

また、DAOによる運営が行われており、ユーザーが開発方針の投票に参加できるのも特徴です。

海外ドラマ「ウエストワールド」のような、西部劇や日本をモチーフにした世界観なんだ。

2位:The Sandbox(サンドボックス/SAND)

出典:The Sandbox公式

通貨名 The Sandbox(サンドボックス)
シンボル SAND
注目度
取扱取引所 Binance・Bybit・KuCoinなど
時価総額 ¥412,044,436,479(2022年3月1日時点)
公式HP https://www.sandbox.game/jp/

The Sandbox(サンドボックス)は、マインクラフトのような世界観を楽しめるNFTゲームです。メタバース内でLAND(土地)を購入し、ボクセルアートやオリジナルゲームを作成できます。

  • マイクラのように自由にオブジェクトを作れる
  • 無料でNFTアイテムやゲームを作成できる
  • 有名企業が続々と参入している

大手企業がThe Sandbox内での開発を進めており、最近は日本企業の参入も進んでいます。

  • スクウェア・エニックス…アクションRPG「ダンジョン・シージ」を開発中
  • エイベックス…浜崎あゆみ・ピコ太郎などのNFTアイテムイベントを開催予定
  • SHIBUYA109…「SHIBUYA109 LAND」を建設

メタバース内で渋谷に行けたり、人気のアーティストに出会えたりする日が楽しみだよ!

3位:Gala(ガーラ/GALA)

GALAはPlay-to-Earnで稼げる

出典:Gala Games

通貨名 Gala(ガーラ)
シンボル GALA
注目度
取扱取引所 Binance・Coinbase・KuCoinなど
時価総額 ¥214,494,566,899(2022年3月1日時点)
公式HP https://app.gala.games/

Gala(ガーラ)は「実際にプレイしたくなるようなブロックチェーンゲーム」を目標に掲げたプロジェクトです。優秀な開発陣がそろっており、楽しみながら仮想通貨を稼げるゲームを展開しています。

  • プレイの楽しさを最優先しているNFTゲーム
  • ゲーム業界で活躍してきた開発陣がそろっている
  • デイリーミッションで仮想通貨が稼げる

箱庭系シミュレーションゲームの「Town Star」は、作物を育てながら街づくりを楽しめるのが特徴です。デイリーチャレンジをこなしたり、ランキング上位に入賞したりすれば、仮想通貨を稼げます。

Gala Gamesは複数のゲームを開発中だよ。アメリカで人気の「ウォーキングデッド」など、今後も注目のタイトルが増えそうだね。

4位:Enjin Coin (エンジンコイン/ENJ)

Enjin Coin

出典:Enjin

通貨名 Enjin Coin(エンジンコイン)
シンボル ENJ
注目度
取扱取引所 Coincheck・Binance・Coinbaseなど
時価総額 ¥153,844,197,645(2022年3月1日時点)
公式HP https://enjin.io/

Enjin Coin(エンジンコイン)はEnjinのプラットフォーム内で流通する仮想通貨です。すでに全世界で2,000万人に利用されており、39種類以上のNFTゲームを楽しめます

  • 2,000万人がプレイする巨大プラットフォーム
  • 異なるゲーム間でNFTアイテムを共有できる
  • 国内取引所でENJを購入できる

NFTでできたゲームアイテムは、エンジンプラットフォームの別のゲームと共有可能です。不要なNFTは、メルト機能を使えばエンジンコインに戻せます。

また、エンジンコインは国内大手取引所のCoincheckで購入できます。GameFi銘柄の中でも、購入しやすい仮想通貨の1つです。

エンジンプラットフォームでは、3,000近いプロジェクトがテストされているよ。今後も伸びが期待できそうだね!

5位:Illuvium(イルビウム/ILV)

出典:Illuvium公式

通貨名 Illuvium(イルビウム)
シンボル ILV
注目度
取扱取引所 Binance・KuCoin・Gato.ioなど
時価総額 ¥43,771,616,649(2022年3月1日時点)
公式HP https://www.illuvium.io/

Illuvium(イルビウム)は3Dの美しいグラフィックが話題のNFTゲームです。イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、オープンワールドのファンタジーバトルRPGが楽しめます。

  • 美しいグラフィックで注目度が高い
  • NFT化したモンスターを取引可能
  • ゲーム内報酬でILVトークンが手に入る

100種類以上のイルビアル(モンスター)を捕獲し、育成してバトルを行います。イルビアルはすべてNFT化されるため、NFTマーケットプレイスで取引可能です。

DAO関連銘柄としても人気を集めており、上場直後に異例の6,000円台を記録しました。

モンスターとプレイヤーが共闘できるシステムを採用しているんだ。従来のNFTゲームとはひと味違ったゲーム性が楽しめそうだね。

6位:DEAPCoin(ディープコイン/DEP)

Play to Earnを体現した「PlayMining」とは?出典:playmining.com

通貨名 DEAPCoin(ディープコイン)
シンボル DEP
注目度
取扱取引所 BITPOINTなど
時価総額 ¥15,876,479,907(2022年3月1日時点)
公式HP https://dea.sg/

DEAPCoin(ディープコイン)は日本人が開発しているNFTゲームプロジェクトです。GameFiプラットフォームの「Play Mining(プレイマイニング)」では、ゲームをプレイすることでディープコインを獲得できます。

  • 日本人が開発するGameFiプラットフォーム
  • 人気クリエイターが続々参入
  • 国内取引所でDEPを購入できる

カードバトルRPGJob Tribes」は、日本の人気クリエイターが手掛けたNFTカードを使ってプレイできます。

  • 佐藤秀峰…「ブラックジャックによろしく」作者
  • 藤原カムイ…「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」作者
  • 天野喜孝…「ファイナルファンタジー」シリーズ

ディープコインは国内取引所のBITPOINTで取引できるよ。日本発のGameFi銘柄だし、チェックしておきたいね。

7位:Pegaxy (ペガシー/PGX)

Pegaxy

出典:pegaxy.io

通貨名 Pegaxy(ペガクシー)
シンボル PGX
注目度
取扱取引所 Uniswap・KyberSwap・QuickSwapなど
時価総額
公式HP https://pegaxy.io/

Pegaxy(ペガシー/ペガクシー)は、ペガサスを走らせるレーシングゲームです。

競馬がモデルとなっており、3着以内に入賞すれば報酬が得られます。

スカラーシップが採用されており、購入したペガサスを貸し出して稼げるのが特徴です。また、Polygonブロックチェーン上に構築されているため、ガス代(手数料)が安く済むメリットがあります。

無料で馬を借りられるレンタル方式もあるから、お試し感覚で始められるよ。

8位:StarAtlas(スターアトラス/ATLAS)

出典:Star Atlas公式

通貨名 StarAtlas(スターアトラス)
シンボル ATLAS
注目度
取扱取引所 FTX・Gato.io・Krakenなど
時価総額 ¥8,118,470,046(2022年3月2日時点)
公式HP https://staratlas.com/

StarAtlas(スターアトラス)は、2620年の宇宙を舞台にしたメタバースゲームです。圧巻のグラフィックと映画のような世界観が話題を呼んでおり、リリース前から独自トークンの価格が高騰しています。

  • 近未来の宇宙をテーマにしたメタバースゲーム
  • 最新ゲーム機に劣らないグラフィックを実現
  • Solanaブロックチェーンで手数料が安い

宇宙船やアイテムはNFT化されており、NFTマーケットで取引できます。宇宙の探索や資源集めに加え、他のプレイヤーとの協力対戦も可能です。

処理速度の速いSolanaブロックチェーン上に構築されており、ハイクオリティなNFTゲームを実現しています。

DAO形式を採用しているから、ガバナンストークンを持っていればゲームの運営に関われるんだね。

9位:Axie Infinitty(アクシーインフィニティ/AXS)

出典:Axie Infinity公式

通貨名 Axie Infinitty(アクシーインフィニティ)
シンボル AXS
注目度
取扱取引所 Binance・Coinbase・KuCoinなど
時価総額 ¥399,219,566,614(2022年3月2日時点)
公式HP https://axieinfinity.com/

Axie Infinitty(アクシーインフィニティ)は、モンスターを集めてバトルする対戦ゲームです。遊んで稼げる「Play to Earn」の先駆けとなったNFTゲームで、2021年に大ブレイクしました。

  • モンスターの育成や戦闘ができるNFTゲーム
  • Play to Earnの先駆けとして世界中で人気を集める
  • 今後のアップデートに注目

トークンやNFT価格の下落に伴い、全盛期よりもゲームプレイで稼げない点には注意が必要です。報酬体系のシステム変更など、アップデート情報は常にチェックしましょう。

SLPトークンのインフレが起きていて、アクシーインフィニティ公式の対応に注目が集まっているんだ。

10位:GameFi(ゲームファイ/GAFI)

GameFi

出典:GameFi Aggregator

通貨名 GameFi(ゲームファイ)
シンボル GAFI
注目度
取扱取引所 Gato.io・KuCoinなど
時価総額 ¥4,434,470,184(2022年3月2日時点)
公式HP https://gamefi.org/

GameFi(ゲームファイ)は、既存のブロックチェーンゲームの課題解決を目的としたプロジェクトです。スカラーシップやNFTマーケットプレイスに力を入れており、ゲーマーや投資家が使いやすいプラットフォームを構築しています。

  • NFTゲームの課題を解決するプロジェクト
  • BSC・Polygonネットワークのゲームを提供
  • 投資やレンタルによる「遊ばずに稼ぐ」モデルを展開

P2Eゲームだけでなく、収益性の高い投資やNFTアイテムの貸し出しによって、利益を得られるプラットフォームを展開しています。

Play to Earnの経済圏をつなぐプロジェクトとして、GameFiの今後に注目だね。

GameFi関連仮想通貨銘柄を取り扱う日本の取引所

GameFi関連の仮想通貨の中には、日本の取引所で購入できる銘柄もあります。国内取引所は日本円で手軽に購入できる上に、金融庁からの認可を受けているため安心して利用できます。

GameFi銘柄を扱っているおすすめの国内取引所は以下の通りです。

Coincheck(コインチェック)

取引所名称 Coincheck(コインチェック)
取扱通貨種類 17種類
取引手数料 無料
安全性/セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証
登録までの時間 5分
レバレッジ取引 ×
貸仮想通貨(レンディング)
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長第000014号
公式HP https://coincheck.com/ja/

GameFi銘柄の購入には、国内大手取引所のCoincheckの利用がおすすめです。スマホアプリの操作性が良く、初心者でも簡単に仮想通貨を購入できます。

  • アプリダウンロード数No.1
  • エンジンコインを取引できる
  • The Sandboxと提携している

取り扱い銘柄数は国内取引所の中でもトップクラスを誇り、GameFi銘柄のエンジンコインも取引できます。

また、CoincheckThe Sandbox内でメタバース都市の「Oasis TOKYO」を開発中です。NFTゲームへの事業を積極的に進めており、今後のGameFi銘柄の取扱いにも注目が集まっています。

BITPOINT(ビットポイント)

 

取引所名称 BITPOINT(ビットポイント)
取扱通貨種類 12種類
取引手数料 無料
安全性/セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証
登録までの時間 5分
レバレッジ取引 ×(サービス終了)
貸仮想通貨(レンディング)
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長第00009号
公式HP https://www.bitpoint.co.jp/

BITPOINTは人気のアルトコインをいち早く取り扱うことで知られる取引所です。トロンエイダコインジャスミーなど、さまざまな銘柄を取引できます。

  • アルトコインを幅広く扱っている
  • ディープコインを取引できる
  • キャンペーンが豊富

国内取引所で唯一ディープコイン(DEP)を扱っているのが大きな特徴です。日本発のGameFi銘柄を取引したい方は、DEPがもらえるキャンペーン期間内に登録しておきましょう。

2022年3月31日までに無料口座開設すれば、3,000円相当のDEPがもらえるよ!他にも複数のキャンペーンを開催しているから、チャンスを逃さないようにしよう。

GameFi関連の仮想通貨銘柄を海外取引所で買う方法

日本の取引所で取り扱いのないGameFi銘柄は、海外取引所を使って購入する必要があります。海外取引所は日本円が使えないため、事前に国内取引所で送金用の仮想通貨を用意し、海外取引所に送る手順が発生します。

GameFi銘柄の買い方は以下の通りです。

  • Coincheckで無料口座開設をする
  • 日本円を入金し、ビットコインを購入する
  • 海外取引所にビットコインを送金して購入する

STEP1:Coincheckで無料口座開設をする

まずは国内取引所の口座を開設しましょう。国内大手取引所のCoincheckを使えば、初心者も簡単に仮想通貨を購入できます。

Coincheck公式ホームページの「会員登録」から、無料口座開設を行ってください。

登録作業は5分ほどで終わる内容です。本人確認作業があるため、免許証かマイナンバーカードを手元に用意しておきましょう。

無料登録の後、最短1日で口座開設完了のお知らせメールが届くんだ。GameFi銘柄の取引をすぐに始められるように、先に口座開設を済ませておこう。

STEP2:日本円を入金し、ビットコインを購入する

コインチェック

口座開設メールが到着次第、仮想通貨の取引を始められます。海外送金用の仮想通貨を購入するために、取引口座に日本円を入金しましょう。

入金方法は3種類から選べます。手数料が安いのは銀行振込、スピーディな入金に対応しているのはクイック入金です。

取引口座に日本円の入金が反映されたら、送金用の仮想通貨を購入します。取引に利用しやすいビットコインを選ぶとスムーズです。

Coincheckのスマホアプリなら、いつでも簡単にビットコインを買えるね。

STEP3:海外取引所にビットコインを送金して購入する

海外取引所

ビットコインを用意できたら、海外取引所にビットコインを送金しましょう。

海外大手取引所のBinanceでは、多くのGameFi銘柄が取り扱われています。送金したビットコインを使って、目当てのGameFi銘柄を取引してください。

日本語に対応している海外取引所も増えているし、意外と簡単に口座開設できるよ。
 海外取引所は日本の金融庁からの認可が下りておらず、利用は自己責任です。詐欺や倒産などのリスクに備え、余剰資金による取引を推奨します。

GameFi関連の仮想通貨銘柄のおすすめまとめ

NFTゲームの急速な進化を受けて、GameFi関連銘柄の注目が高まっています。

GameFi銘柄の多くは海外取引所で取引できます。まずはCoincheckでビットコインを用意し、海外取引所に送って取引するとスムーズです。

これから伸びる可能性のあるGameFi銘柄を、今のうちから見極めておきましょう。

5分で登録完了

  • Coincheckはエンジンコインの取扱いがある。GameFi銘柄が買える数少ない国内取引所の1つ。
  • 初心者も簡単にビットコインを購入できるため、海外取引所のGameFi銘柄を買う際も便利。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行って、GameFi銘柄の買い時を逃さないようにしよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

恩田 雅之

(監修者)恩田 雅之 http://onda-fp-jimusho.com/

CFP(R)認定者証券外務員2種金融知力インストラクター 1959年 東京生まれ 専修大学経営学部卒業後、16年間IT業界の営業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちNPO法人日本FP協会のAFP®の資格を取得。2004年3月にCFP®の資格後同年6月に、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用のセミナーの講師、ブログやコラムの執筆や監修などの業務を中心に活動中。

 

おすすめの記事