ディープコインというゲーム通貨があると聞いたよ。日本人が開発しているらしいね。
国内初上場が決まった、Play To Earn(遊んで稼ぐ)が実現できる仮想通貨だよ。

ディープコインはNFTゲームに関連した仮想通貨です。超有名クリエイターが多数参加したNFTゲームがリリースされており、すでに世界100か国でプレイされています。

出典:『天野喜孝』コラボ特設ベージ | JobTribes公式サイト

今回は、ディープコイン(DEP)の詳細や買い方・購入方法をお伝えします。日本で初めて流通するPlay To Earn銘柄をチェックして、先行者利益を狙いましょう。

本記事をまとめると…

  • ディープコイン(DEP)はGameFiプラットフォーム「PlayMining」内で使われる仮想通貨。
  • ゲーム内アイテムやNFTアートの取引が可能。すでに230万人以上に利用されており、将来性が期待できる。
  • 国内取引所のBITPOINTで初上場された。口座開設をするだけで仮想通貨がもらえるキャンペーンを実施中。

豪華!5つのキャンペーン中BITPOINTで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)とは?BITPOINT上場で話題のP2E通貨

ディープコイン(DEP)

通貨名 ディープコイン(DEAPcoin)
シンボル DEP
注目度
取扱取引所 BITPOINT
時価総額 ¥18,591,173,789(2022年1月24日時点)
公式HP https://dea.sg/

ディープコイン(DEP)は、ゲームで稼げる「Play To Earn(P2E)」に関連した仮想通貨です。

2018年8月に発行を開始し、2021年の後半から大きく価格を変動させています。

2022年124日時点の時価総額ランキングは282位です。また、ディープコインのGameFiプラットフォーム「Play Mining」のTwitterフォロワー数は、20万人を超えています。

  • NFT購入プラットフォーム「Play Mining」で使用されるユーティリティトークン
  • シンガポール在籍企業・Digital Entertainment Assetは日本人(吉田直人)によって運営
  • 2022年1月にBITPOINTに上場(2022年1月26日より取り扱い開始)

NFT購入プラットフォーム「Play Mining」で使用されるユーティリティトークン

NFT購入プラットフォーム「Play Mining」

出典:PlayMining

ディープコイン(DEP)は、GameFiプラットフォーム「PlayMining(プレイマイニング)」で使われるユーティリティトークンです。PlayMining上では、NFTの購入や取引手数料の支払いにディープコインが使われます。

※GameFi…金融の仕組みが取り入れられたゲーム。特に「Play to Earn(遊んで稼げる)」のゲームを指すことが多い

※ユーティリティトークン…特定のサービスを利用できる、実用性のあるトークン

NFT…偽造が難しい唯一無二のデジタルデータ

PlayMiningは100か国・230万人以上のユーザーに利用されているんだ。世界のGameFi領域を引っ張る存在として注目を集めているよ。

シンガポール在籍企業・Digital Entertainment Assetは日本人によって運営

Digital Entertainment Assetは日本人によって運営

出典:Team | Digital Entertainment Asset

ディープコインのプロジェクトを進める「Digital Entertainment AssetDEA)」は、日本人が運営する企業です。シンガポールに拠点を置き、日本語や英語に対応したサービスを展開しています。

DEA社には、さまざまな経歴をもつ経営陣・開発陣がそろっています。

  • 吉田直人氏…創業者兼CEO。エンタメ系の上場企業を複数設立
  • 山田耕三氏…創業者兼CSO。テレビ東京プロデューサー出身
  • 清田貴文氏…ゲームプロデューサー。コーエーや任天堂で活躍
  • 河井裕也氏…ゲームプランナー。バンダイナムコやスクウェア・エニックスで活躍

日本人の開発するゲームは世界でも人気があるし、クオリティの高いNFTゲームが期待できそうだね。

2022年1月にBITPOINTに上場

ディープコイン(DEAPcoin)は、2022126日に国内初上場されました。上場したのはBITPOINT(ビットポイント)で、現物取引や貸仮想通貨サービス(レンディング)に対応しています。

BITPOINTは取引手数料の安さで人気を集める仮想通貨取引所です。エイダコインポルカドットチェーンリンクなど、注目度の高いアルトコインを多く扱っています。

今回の日本初のディープコイン取扱いを記念し、キャンペーンが開催されています。無料口座開設をするだけで仮想通貨がもらえるため、気になる方は是非チェックしておきましょう。

新庄剛志さんを起用して、話題になったBITPOINTだよ。キャンペーンも積極的だし、利用者が増えそうだね。

Play to Earnを体現した「PlayMining」とは?

Play to Earnを体現した「PlayMining」とは?出典:playmining.com

ディープコインが使用される「Play Mining(プレイマイニング)」では、遊んで稼げる「Play To Earn」が体現されています。

PlayMiningの特徴は以下の通りです。

  • 遊んで暮らすためのプラットフォームとしてリリース
  • NFTゲーム「Job Tribes」をプレイしてNFTアイテムをゲットできる
  • ゲームアセット・NFTアートなどを売買できるマーケットプレイスを提供

遊んで暮らすためのプラットフォームとしてリリース

遊んで暮らすためのプラットフォーム

出典:playmining.com

Play Miningは「冒険と探究を通じて報酬を獲得できる、新しい収入のかたち」を目指すプラットフォームです。ゲームをプレイしたり、ランキングで上位入賞したりすることで、ディープコインを獲得できます

また、Play Miningはゲームによる雇用拡大を目標としており、スカラーシップ制度による50万人以上の雇用創出を目指しています。

スカラーシップ…初期費用(アイテムやキャラクター)をレンタルし、雇い主の代わりにゲームをプレイして稼ぐ制度

クリエイターとファンが交流できるような、魅力ある環境の開発も進められているよ。

NFTゲーム「Job Tribes」をプレイしてNFTアイテムをゲットできる

NFTゲーム「Job Tribes」をプレイしてNFTアイテムをゲットできる

出典:JobTribes - ジョブトライブス 公式サイト

Job Tribes」はスマホで楽しめる本格カードバトルRPGです。世界中のあらゆる職業が擬人化されており、個性豊かなキャラクターと壮大な世界観を楽しめます。

Job TribesのキャラクターカードはNFT化されているため、デジタル資産として取引可能です。また、NFTの購入者が参加できる「NFTクエスト」をクリアすれば、報酬としてディープコインがもらえます。

美樹本晴彦さん・真島ヒロさん・藤原カムイさんなど、有名なクリエイターがカードを作画しているよ。

ゲームアセット・NFTアートなどを売買できるマーケットプレイスを提供

ゲームアセット・NFTアートなどを売買できるマーケットプレイスを提供

出典:NFT Marketplace by DEP

NFT取引ができる「NFT Marketplace by DEP」を提供しており、ゲーム内で利用できるNFTNFTアートを売買できます。

日本の人気クリエイターも多数参加し、すでに約300点のNFTが出品されています。

主な参加クリエイター
  • 佐藤秀峰…人気漫画「ブラックジャックによろしく」作者
  • 天野喜孝…代表作「ファイナルファンタジー」シリーズ
  • せきぐちあいみ…世界的VRアーティスト

NFTトレーディングによって10億円以上の総利益が生まれていて、1億円以上がクリエイターに還元されているんだ。

NFTの技術によって、作り手に利益が還元されるんだね!今後も有名クリエイターとのコラボに期待だよ。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)2022年現在のチャートと今後の価格動向


ディープコイン(DEP)は2021年の後半から大きな値動きを見せています。ディープコインの価格動向は以下の通りです。

  • 2021年10月:0.8円台で安定
  • 2021年11月:7.8円と最高値(ATH)となる
  • 2022年1月:BITPOINTに上場。6.2円を記録

2021年10月:ユーザーや知名度も低く、0.8円台で安定

ディープコインチャート2020年

出典:CoinMarketCap

ディープコイン(DEP)の初上場は20204月です。初上場から1年以上、01円の間を堅調に推移しました。

  • 2020年411日…0.5
  • 2021年411日…1.0
  • 2021年1011日…0.8

大きな値動きのない期間が続いたんだね。

2021年11月:日経のインタビューなどメディア露出が増加。7.8円と最高値(ATH)となる

ディープコインチャート11月

出典:CoinMarketCap

2021年11月、ディープコインが一気に高騰し、一時7円台まで急騰しました。

創設者の吉田直人氏が日経新聞に受けたインタビュー記事や、DEA社がBinanceの独自ブロックチェーン上に「PlayMining NFT Premier」を開設するという情報が、価格に好影響を与えた可能性があります。

参考:「ゲーム×金融」が育むメタバース: 日本経済新聞 (nikkei.com)

  • 2021年111日…0.8
  • 2021年1121日…3.5
  • 2021年1125日…7.8
吉田直人氏は、GameFiやメタバースに関するインタビューに答えているよ。

2022年1月:国内取引所BITPOINTに上場。6.2円を記録

ディープコインチャート1月

出典:CoinMarketCap

2022年120日、ディープコインのBITPOINT上場が発表されました。国内初上場のニュースを受けて、ディープコインは一時7.6円まで再び急騰しました

2022年124日時点、ディープコインの価格は5.5円台です。

上場ニュースの影響で、前日の2倍近い値がついたんだね!ゲームの開発も進んでいるし、将来性も期待できそうだよ。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の買い方・購入方法は?

ディープコイン(DEP)は国内取引所のBITPOINTで購入できます。ディープコインの買い方・購入方法の流れは以下の通りです。

  • BITPOINTで無料口座開設をする
  • 日本円を入金する
  • ディープコインを購入する

STEP1:BITPOINTで無料口座開設をする

まずはBITPOINTの公式ホームページにアクセスし、取引に使う口座を開設します。スマホ・パソコンのどちらからでも登録可能です。

口座開設の流れは以下の通りです。

  • 基本情報の入力
  • 認証コードとログインパスワードの設定
  • 本人確認書類・顔写真の撮影

途中で本人確認の作業があるため、免許証かマイナンバーカードを手元に用意しておきましょう。

無料登録後、BITPOINTによる審査が完了すれば取引できるようになります。

BITPOINTはキャンペーン中に登録が殺到しやすく、口座開設に時間が掛かることがあるんだ。利用を考えているなら、すぐに登録しておこう。

STEP2:BITPOINTに日本円を入金する

口座開設のお知らせが届いたら、BITPOINTの取引口座に日本円を入金します。

スマホアプリの場合は「入出金」をタップし、「通貨:JPY(日本円)」の欄の入金をタップしましょう。

入金方法は2種類から選べます。

  • 銀行振込…表示された入金口座に、本人名義の金融機関口座から入金する。銀行振込手数料が発生
  • 即時入金…PayPay銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行のインターネットバンキングに対応。入金手数料無料
銀行振込は平日の9:00~15:59の間ならすぐに入金が反映されるけど、それ以外の時間は翌日9時以降まで待つ必要があるよ。

STEP3:BITPOINTでディープコイン(DEAPcoin/DEP)を購入する

入金が反映されたら、ディープコインを取引しましょう。

スマホアプリの場合は「DEP(ディープコイン)」「買う」の順でタップし、購入したい金額を入力してください。

BITPOINTのアプリはわかりやすい設計になっているから、迷わずにディープコインを購入できるよ。

BITPOINTでは口座開設キャンペーンを実施中

ディープコイン・キャンペーン

出典:DEP(ディープコイン)取扱い開始予定のお知らせ|BITPoint

BITPOINTでは、口座開設キャンペーンが実施されています。

  • ジャスミープレゼントキャンペーン…口座開設で1,000円相当のJMY1万円以上の入金で2,000円相当のJMYがもらえる(202213116時まで)
  • 口座開設キャンペーン(DEP)…口座開設で3,000円相当のDEP(ディープコイン)がもらえる(202213116時~2022331日まで)

また、ディープコインの取扱いを記念して、複数のキャンペーンが開催されています。

  • 入金キャンペーン…1万円以上の入金で1,000円相当のDEPがもらえる(2022126日取り扱い開始~202233116時まで)
  • 購入キャンペーン……DEP購入金額10%相当のDEPがもらえる(2022126日取り扱い開始~202233116時まで)
  • 保有キャンペーン…20,000DEP以上を30日継続して保有した人の中から、抽選で5万円相当のDEPがもらえる(2022126日取り扱い開始~202233116時まで)

口座開設だけでも仮想通貨がもらえるから、登録しておいて損はないね。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の今後の将来性は?

ここからは、ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の気になる将来性を見ていきましょう。

  • NFTゲーム(GameFi)のプレイ人口の増加が価格決定の鍵
  • OKExへの上場など、今後の上場は価格上昇の要因となる
  • NFTマーケットプレイスとの差別化がネック

NFTゲーム(GameFi)のプラットフォームのためプレイ人口の増加が価格決定の鍵

ディープコイン(DEP)はNFTゲームで使われるトークンであり、ゲーム自体の盛り上がりがDEPの価格を左右すると考えられます。

展開されているNFTゲームは以下の通りです。

  • Job Tribes…職業をテーマにしたトレーディングカードゲーム
  • PlayMiningPuzzle×Job Tribes…短時間で遊べるパズルゲーム
  • Lucky Farmer…農業がモチーフのコインプッシャーゲーム
  • Cookin’Burger!…マルチタスククッキングゲーム(2022年春リリース予定)
  • Graffiti Racer…カラーリング・レーシングゲーム(2022年夏リリース予定)

現在はインドネシアやベトナムを中心に、100か国以上でプレイされているんだ。Play to Earnは世界的なブームが来ているよ。

日本で初めて流通するP2E銘柄だから、国内でも注目されるかもしれないね!

OKExへの上場など、今後の上場は価格上昇の要因となる

大手仮想通貨取引所への上場ニュースは、ディープコインの価格上昇につながる好材料となります。

ディープコインはOKExBITTREXなど、すでに海外の大手取引所に上場されています。国内・海外取引所ともに取扱いの拡大が予想されており、今後の動向に注目です。

ロックアップやボラティリティの高さに注意しながら、今後の動向を探るようにしましょう。

CoincheckbitFlyerなど、国内大手取引所への上場に期待したいね。

その他NFTマーケットプレイスとの差別化がネック

ディープコインは独自のNFTマーケットプレイスを手掛けており、他の有力NFTマーケットプレイスとの差別化が成長の鍵となります。

  • OpenSea…世界トップシェア。NFTアートの出品ができる
  • Enjin Marketplace…NFTゲーム業界をリードする「エンジンコイン」のプラットフォーム
  • Coincheck NFT(β)…ゲーム内NFTを取引可能。取引所に登録するだけで利用できる

ライバルは手強いけど、魅力あるゲームやコンテンツで対抗してほしいね!

国内取引所の上場によって怪しいという噂は払拭か?

「ディープコインは怪しい」という噂を検証したよ。

仮想通貨ディープコイン(DEAPcoin)とは別に、「ディープコイン(Deepcoin)」という海外取引所が存在します。

ディープコイン取引所で流れていた噂が、仮想通貨ディープコインと混同されたと考えられます。

仮想通貨ディープコインは日本の認可を受けて上場しており、法律上問題のない仮想通貨だよ。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の買い方・将来性まとめ

日本人の開発チームが手掛けるディープコイン(DEP)は、NFTゲームのブームとともに注目を集める仮想通貨です。

ディープコインは国内取引所のBITPOINTで購入できます。無料口座開設をするだけで仮想通貨をもらえるキャンペーンを行っているため、登録して損のない取引所です。

GameFi銘柄として成長が見込めるディープコインを、今のうちからチェックしておきましょう。

最短5分で登録

  • BITPOINTはカルダノ・ジャスミー・チェーンリンクなど、注目度の高いアルトコインを多く扱う取引所。
  • 取引手数料が安く、スマホアプリが使いやすいため初心者におすすめ。
  • キャンペーン中のため、口座開設に時間が掛かる可能性がある。今すぐ登録を行い、ディープコインの買い時を逃さないようにしよう。

豪華!5つのキャンペーン中BITPOINTで無料口座開設する

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の運営企業

企業名 Digital Entertainment Asset
代表 吉田直人・山田耕三
設立 2018年8月
住所 7 Straits View,Marina One East Tower,#05-01,Singapore 018936
公式HP https://dea.sg/jp/
新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

おすすめの記事