仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の買い方・始め方をわかりやすく解説|将来性や活用事例についても紹介

IOTAってどんなことに活用されている仮想通貨なんですか?
IOTAはIoT分野を発展させるために開発された銘柄だよ!

IOTA(アイオタ)は2016年7月にリリースされた仮想通貨(暗号資産)で、IoT分野を支えるために開発されました。IoTと分散型台帳システムを掛け合わせることで、IoT社会の実現を目指すプロジェクトです。

本記事では、IOTAの特徴や活用事例について解説しています。IoTはさらに普及する見込みなので、今のうちにIOTAの買い方を確認しておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • IoTの独自プラットフォーム構築を目指すプロジェクト
  • 世界的な大企業と契約を結び注目を集めている
  • IOTAを購入するなら、Coincheckを経由して海外取引所を利用しよう!

Coincheckから海外送金Coincheckで無料口座開設する

目次

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)とは?特徴や仕組みを解説

IOTA(アイオタ)には以下5つの特徴があります。

  • IOTA(アイオタ/MIOTA)はIoT分野を支えるために生まれてきた仮想通貨
  • 独自の分散型台帳システム「Tangle」を採用
  • 複数の企業や団体と協力して開発を進めている
  • 送金時の手数料が無料
  • セキュリティが問題視されている

IOTA(アイオタ/MIOTA)はIoT分野を支えるために生まれてきた仮想通貨

IOTAはIoT分野を支えるために開発された仮想通貨です。

IoTとは
「Internet of Things」の略で、車や電化製品などもモノとインターネットを接続する仕組みのことです。

IOTAはIoTの独自プラットフォーム構築を目指すプロジェクトです。IoT製品同士の経済関係を可能にするため、人とIoT製品の経済を橋渡しする存在であると言われています。

参考:IOTA

独自の分散型台帳システム「Tangle」を採用

IOTAでは独自の分散型台帳システムである「Tangle」を採用しています。

Tangleとは
Tangleはブロックチェーン技術を応用したDAGをベースに構築された取引承認システムです。従来のブロックチェーンとは異なり、複数のブロックを同時に処理できます。

Tangleではマイナーが存在せず、利用者同士で承認し合うのが特徴です。そのため、マイナーに支払うコストが発生しません。

また、1秒間に約1,000のトランザクションを処理できると言われており、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決できる可能性があります。

トランザクションの処理速度が速く、手数料のかからないプラットフォームとして、さらに注目が集まるでしょう。

具体的には光熱費や電気料金の自動計算や決済に活用できそうです。

参考:IOTA

複数の企業や団体と協力して開発を進めている

IOTAは複数の企業や団体と協力して、プロジェクトの開発を進めています。パートナーシップの数は100を超えており、ビジネス・政府・学界など協力する分野はさまざまです。

以下のように誰もが知る世界的な企業も参入しています。

  • Microsoft
  • 富士通
  • Dell

また、取引所においてはBinanceやHuobi Globalなど世界大手の取引所がIOTAを取り扱っているため、普及する体制が整っていると言えるでしょう。

今後は身近な製品にもIOTAが活用されるかもしれないよ!

参考:IOTA

送金時の手数料が無料

送金時に手数料が発生しないのは、IOTAの大きなメリットです。

一般的に仮想通貨を送金する際には手数料が発生します。しかし、IOTAにはマイナーが存在せず、利用者同士で取引の承認が可能です。

送金時の手数料が無料であり、従来のブロックチェーンのように手数料の高騰などスケーラビリティ問題が起きる心配がありません。

セキュリティが問題視されている

2018年に1,000万ユーロ(12億円相当)のIOTAが盗まれる事件が発生しました。盗難事件の発生は、IOTAのウォレットを保護する81桁のシード(パスワード)が不正に取得されたことが原因です。

IOTAのシステムはまだ開発段階のため、セキュリティの脆弱性が問題視されています。

現在はセキュリティ問題が改善されており、その後は盗難事件が発生していません。将来的にセキュリティ性を高めるアップデート「TheCoordicide」も計画されています。

IOTA(アイオタ/MIOTA)の活用事例

IOTA(アイオタ)には以下のような活用事例があります。

  • サプライチェーン
  • e-ヘルス
  • インダストリー4.0

サプライチェーン

2018年4月に富士通が、IOTAを活用したサプライチェーン管理システムのデモを披露したことで注目を集めました。

サプライチェーンとは
サプライチェーンは企業における調達、製造、販売、消費などの一連の流れのことです。

富士通のデモでは、ロボットとカメラが部品と製造ルートが正しいかを判断するものです。複数工場で連携してデータのやり取りを行うことを前提に価値が見出されています。

参考:IOTA

e-ヘルス

IOTAは健康・医療分野での活躍を期待されています。健康・医療分野においても最新機器が登場しており、e-ヘルスは臨床状況の診断に有効的です。

e-ヘルス分野としては以下のような活用事例があります。

  • 医療記録のデジタル化
  • 遠隔診療
  • 個人で医療記録を管理するシステムの構築

IOTAの強固なセキュリティにより、e-ヘルスサービスの向上が期待されています。

参考:IOTA

インダストリー4.0

IoTの普及に伴い、日本の製造業でもドイツ発の「インダストリー4.0」が注目されるようになりました。

インダストリー4.0とは
2011年にドイツ政府が発表した産業政策であり、和訳すると「第4次産業革命」です。インダストリー4.0では製造業にIT技術を取り入れて、改革することを目指しています。

現代の産業環境は機械やロボットが作業を行っており、IOTAが牽引する「マシン・ツー・マシン」の通信フレームワークが構築されています。

参考:IOTA

IOTA(アイオタ/MIOTA)の買い方・購入方法を解説

IOTAは以下4つのステップで購入できます。

  1. Coincheckで無料口座開設を行う
  2. Coincheckに日本円を入金して目的の仮想通貨を購入する
  3. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  4. 海外の仮想通貨取引所でIOTA(アイオタ/MIOTA)を購入する

IOTAの購入を検討している方は、買い方をしっかりチェックしておきましょう。

1.Coincheckで無料口座開設を行う

コインチェック

まずは国内取引所で無料の口座開設を行いましょう。初めて仮想通貨を購入する方には、大手取引所のCoincheckがおすすめです。

口座開設の申込みは、公式HPの「会員登録」からメールアドレスと任意のパスワードを入力するだけで行えます。

取引所の口座開設では本人確認が必須です。運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を手元に用意しておきましょう。

早ければ最短1日で取引を開始できますよ!

Coincheckの口コミ・評判はこちら。

Coincheckの安全性についてはこちら。

2.Coincheckに日本円を入金して目的の仮想通貨を購入する

引用:Coincheck

Coincheckの口座開設が完了したら、次は日本円を入金してビットコインを購入します。日本円の入金方法には以下の3つがあるので、利用しやすいものを選択してください。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金
3つの中では入金手数料がかからない銀行振込がおすすめだよ!

ビットコインはホーム画面の「販売所(購入)」から購入できます。必要な数量を入力したら「購入する」をクリックして、取引を確定させましょう。

3.海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する

引用:Coincheck

Coincheckで購入したビットコインを海外の仮想通貨取引所に送金します。Coincheckから海外取引所に送金する手順は以下のとおりです。

  1. 海外取引所で入金するためのアドレスを取得する
  2. Coincheckの「暗号資産の送金」でビットコインを選択する
  3. 海外取引所の入金アドレスを送付先の宛先として入力する
  4. 送金したいビットコインの数量を入力し、海外取引所に送金する
送金先のアドレスと数量を間違えないように気をつけましょう!

4.海外の仮想通貨取引所でIOTA(アイオタ/MIOTA)を購入する

引用:Binance

最後に海外取引所にてIOTAを購入します。IOTAの取扱いがある海外取引所は以下のとおりです。

  • Binance
  • OKEx
  • Bitfinex
  • HitBTC
  • Bittrex

IOTAを購入する海外取引所を選ぶ際には、日本語に対応したところがおすすめです。Binanceは日本語に対応しているので、迷うことなくスムーズに取引できます。

IOTA(アイオタ/MIOTA)の2023年現在のチャートと価格動向

2023年現在までのIOTA(アイオタ)の価格動向は以下のとおりです。

  • 2018年1月:ハッキング事件により1年で価格が10分の1まで下がる
  • 2021年4月:2021年1月から約4カ月で価格が800%上昇2022年:仮想通貨市場の低迷により半年間以上下落が続く

2018年1月:ハッキング事件により1年で価格が10分の1まで下がる

引用:CoinMarketCap

2018年1月以降、ドイツや英国をはじめとする欧州でIOTAのハッキング事件が相次ぎました。この事件による被害総額は1,000万ユーロ(約12億円)に及びます。

ハッキング事件によりIOTAのセキュリティに脆弱性が発覚したことで、IOTAの価格は10分の1まで下がってしまいました。

幸いにも犯人は逮捕されましたが、事件がきっかけでIOTAの成長は停滞してしまいます。

2021年4月:2021年1月から約4カ月で価格が800%上昇

引用:CoinMarketCap

2019年から2020年にかけて価格動向が停滞していたIOTAですが、2021年4月に入り価格が高騰しました。2021年1月からのわずか4か月で800%の価格上昇を見せています。

ここまで価格が回復した理由はDeFiやNFTへの注目により、仮想通貨市場が盛り上がりを見せたからでしょう。

2022年:仮想通貨市場の低迷により半年間以上下落が続く

引用:CoinMarketCap

2021年の勢いがそのまま続くことはなく、2022年は低迷の期間が続きました。仮想通貨市場の活気がなくなり、IOTAは半年以上も価格が下がった状態です。

ただし、価格が下がったからといって、IOTAにネガティブなニュースがあったわけではありません。ビットコインを筆頭に仮想通貨市場の下落に追従している状態と言えます。

そのため、仮想通貨市場の回復に伴って、IOTAも価格上昇が期待できるでしょう。

IOTA(アイオタ/MIOTA)の将来性について|話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ここではIOTAの将来性について、以下3点を考察しています。

  • NewsBitcoin24/7は2025年末までに8ドルに上昇する可能性があると予測している
  • IoTの実用化が進むことでIOTAの価値が上がる
  • 提携企業の増加はIOTAの価格上昇を促す

NewsBitcoin24/7は2025年末までに8ドルに上昇する可能性があると予測している

NewsBitcoin24/7の予想によると、IOTAの価格は2025年末までに8ドルまで上昇する見込みです。さらに楽観的な予測では、10ドルまで急激に上昇する可能性もあります。

あくまでも予想であるため、価格動向をチェックしつつ、自己責任でIOTAへの投資を行いましょう。

参考:NewsBitcoin24/7

IoTの実用化が進むことでIOTAの価値が上がる

株式会社グローバルインフォメーションの調査によると、IoTの市場規模は2026年までに6,505億米ドルに到達する見込みです。

IoT市場は以下の要因から今後の成長が期待できると言われています。

  • 低コスト・低消費電力のセンサー技術へのアクセス
  • 高速接続の利用可能性
  • クラウド導入の増加
  • データ処理と分析の利用拡大

参考:PR TIMES

提携企業の増加はIOTAの価格上昇を促す

IOTAは企業とのパートナーシップを積極的に結んでいます。2017年12月にMicrosoftとの提携を発表したことで、IOTAの価格は数日で6倍以上に高騰しました。

大手企業によるIOTAの活用は世界中が注目する話題です。今後もIOTAが大手企業と業務提携を結べば、価格が上昇する可能性に期待できます。

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の買い方・始め方まとめ

IOTA(アイオタ)は、独自のIoTプラットフォームの構築を目指して開発された仮想通貨(暗号資産)です。実際にMicrosoftや富士通が業務提携を結んでおり、実用化が進められています。

2023年現在は仮想通貨市場が落ち込んでおり、IOTAの価格も下がった状態です。しかし、今後の実用化が拡大すれば、価格が上昇する可能性があります。

価格が下がっている今のうちに、Coincheckを経由してIOTAを購入しておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • IoTの独自プラットフォーム構築を目指すプロジェクト
  • 世界的な大企業と契約を結び注目を集めている
  • IOTAを購入するなら、Coincheckを経由して海外取引所を利用しよう!

Coincheckから海外送金Coincheckで無料口座開設する

専門家・鮫島 久彦
IOTAは非常に挑戦的な暗号資産です。これまでのメインストリームであるブロックチェーンでなく、独自の方法でセキュリティを構築しているため、まだまだ不安視されている部分があります。実際に盗難被害にもあっているので、不安な方は多いでしょう。しかし逆に考えれば、Coincheckもそうですが盗難にあったからこそセキュリティに力をより一層入れる、とも考えられます。現在価格は下がっていますが、大企業とも契約を結んでいることから将来性はある程度あると考えることもできます。今のうちに購入しておき、保有するのは一手ですが、必ず余裕資産で行うようにしたほうが良いでしょう。

(監修者)鮫島 久彦 監修者ページはこちら/

ファイナンシャルアドバイザー 個人むけの保険や金融商品、不動産、年金、資産運用の相談・金融知識を含む記事の監修・保険の見直し相談・家計に関する相談やアドバイス・税制についての相談・補助金支援金についての相談・起業等の相談。1000件以上の相談実績。40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能。

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次