円安・ドル高が仮想通貨にもたらす影響を解説|為替変動で稼げる仮想通貨の特徴・銘柄も紹介

最近は円安・ドル高だけど、仮想通貨(暗号資産)にも影響はあるのかな?

為替相場の変動が大きいときは、リスクが高いから慎重に投資すべきだよ!

円安・ドル高は仮想通貨市場に大きな影響をもたらします。ここ数か月でも米ドルと連動したステーブルコインの価格が急上昇しました。

仮想通貨投資家が円安・ドル高で撮るべき行動としては、仮想通貨や金融市場に関するニュースを仕入れつつ、慎重に投資活動を行うことです。

この記事では円安・ドル高が仮想通貨市場に与える影響を解説しつつ、どのような投資をすればよいか詳しく解説します。円安・ドル高の状況でも利益を上げたい方は参考にしてください。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

目次

円安・ドル高が仮想通貨(暗号資産)市場に与える影響と相関性

最近は円安・ドル高だけど、仮想通貨(暗号資産)にも影響はあるのかな?

円安・ドル高は仮想通貨市場に大きな影響を与えます。具体的な影響として、以下のようなものが考えられます。

  • ドル高・円安により、米ドル/円と米ドル/BTC(ビットコイン)の逆相関が強まる
  • 米ドルと連動したステーブルコインの価値が急上昇

それぞれの影響について、詳しく確認しましょう。

ドル高・円安により、米ドル/円と米ドル/BTC(ビットコイン)の逆相関が強まる

高金利によるドル高のため、ビットコインを米ドルに交換する投資家が増えました。結果としてビットコインの相対価格は下がりました。

円も同様に、金利が低いため米ドルに交換する人が増加傾向です。これらの事象から、米ドル/円・米ドル/BTCの逆相関が強まりつつあります。

米ドルは利子が高くて需要があるから、みんながドルを買うためにドル高が進んでいるんだね。

あわせて読みたい
【2023年】ビットコインが下落した理由とは?仮想通貨の冬の時代にやるべきこと・さらなる下落への対策... ビットコインの価格は2021年に伸びたものの、2022年を迎えてから下がり気味で冬の時代とも呼ばれています。 ビットコインはアメリカでの金融政策引き締めやテラ(LUNA)の...

米ドルと連動したステーブルコインの価値が急上昇

BTCなどの米ドルと逆相関がある仮想通貨の価格は下落しましたが、1単位=1米ドルのように決定されているステーブルコインの価値は急上昇しました。

USDCやBUSDなどのステーブルコインを持っていた投資家は円安・ドル高の状況で利益を出せたようです。

ステーブルコインは米ドルと正の相関があるから、BTCなど米ドルと負の相関がある仮想通貨と同時に保有することでリスク分散ができるよ!

仮想通貨(暗号資産)投資家が円安・ドル高で取るべき行動

円安・ドル高の状況下で、仮想通貨(暗号資産)投資家はどうすれば良いの?

円安・ドル高での仮想通貨投資は、市場変動の大きさからリスクがあります。投資をする場合は慎重に行動しましょう。円安・ドル高で投資家が取るべき行動は以下の5つです。

  • 金融情勢や経済状況の影響を受けにくいビットコイン(BTC)への投資を行う
  • 価格上昇が見込まれるステーブルコイン「テザー(USDT)」に投資する
  • 仮想通貨や金融市場に関するニュースを常に仕入れる
  • レバレッジをあまりかけずに仮想通貨取引を行う
  • 大きなリターンを得るために生活資金などを使ってまで仮想通貨投資をしない

金融情勢や経済状況の影響を受けにくいビットコイン(BTC)への投資を行う

ビットコインは米ドルと逆相関の関係にありますが、時価総額が大きく比較的安定した仮想通貨です。そのため、価格が短期間で一気に数倍になったり半額以下に落ちたりすることはほとんどありません。

初心者の方は特に、リスクを避けるためにも価格の影響を受けにくいビットコインに投資しましょう。

草コインなんかだと、1日で価格が10分の1まで落ちることもあるからハイリスクだよ!

あわせて読みたい
ビットコインは儲かる?ビットコイン投資が今からでも儲かると言われる理由と知っておくべき注意点 絶対に儲かると言い切れる投資商品はないけど、ビットコインの将来性に期待する人が多いのは事実だよ。 億り人と呼ばれる多くの成功者を出したビットコインですが、「今...

価格上昇が見込まれるステーブルコイン「テザー(USDT)」に投資する

ドル高のときには、ステーブルコインで価格上昇が見込めるテザー(USDT)などに投資することで、ドル高の恩恵を受けられます。

ビットコインのように米ドルと逆相関がある通貨だけを持つより、ステーブルコインにも分散して投資しておくことでリスクを減らせます。

ステーブルコインはドル高が終わりそうなタイミングで手放すことも忘れずに!

仮想通貨や金融市場に関するニュースを常に仕入れる

仮想通貨はちょっとしたニュースでも市場が大きく変動します。そのためニュースサイトやTwitterなどのSNSは常にチェックしましょう。

円安・ドル高に限らず、世界的企業のCEOの発言・戦争関連のニュース・感染症なども仮想通貨市場に影響を与えます。

著名人のツイートはかなりの影響力があるから、フォローして情報を見落とさないようにしておこう!

レバレッジをあまりかけずに仮想通貨取引を行う

レバレッジは保有している通貨以上の額を一気に取引できるため、価格が上がれば大きな利益を上げられます。

しかし、逆に価格が下がってしまうと本来以上の損失が発生するためハイリスクです。円安・ドル高の状況下では価格が落ちやすい通貨も多いため、大損するリスクが高いです。

円安・ドル高の状況下では、あまりレバレッジをかけずに仮想通貨取引を行いましょう。

レバレッジ取引はベテランの投資家向けだから、初心者はあまり手を出さない方が無難だよ!

あわせて読みたい
仮想通貨の先物取引について徹底解説|レバレッジ取引のやり方や先物と現物の違いも紹介 仮想通貨の先物取引は仮想通貨投資のリスクヘッジができたり現物取引より利益を出せたりする場面がありますが、取引方法が複雑でやり方がわからないと悩んでいる方も多...

大きなリターンを得るために生活資金などを使ってまで仮想通貨投資をしない

仮想通貨取引に熱が入りすぎると、生活資金を使って仮想通貨投資をはじめる方も出始めます。生活資金を使ってしまうと生活に支障が出るため、無理な投資は控えましょう。

仮想通貨投資はあくまでお小遣いや剰余金を使って無理ないペースで続けるべきです。

投資のために借金するのも絶対にダメだよ!

円安・ドル高時に仮想通貨(暗号資産)取引をすべきかどうか

円安・ドル高のときは、仮想通貨(暗号資産)に取引するべきではないの?

円安・ドル高のときの仮想通貨取引について、以下の点に注意しておきましょう。

  • 相場の変動が激しい時は取引すべきではない
  • 仮想通貨初心者は金融情勢や経済状況の影響を受けにくいビットコイン(BTC)の保有がおすすめ

相場の変動が激しい時は取引すべきではない

相場の変動が激しいときは、あまり取引をおすすめしません。これから伸びると思って資金を大量投入した直後、価格が暴落することはよくあります。

一旦、円安・ドル高が落ち着いてから将来性を見越したうえで投資しましょう。

1回や2回運よく利益を出せても、長い目で見るとリスクの方が大きいよ!

仮想通貨初心者は金融情勢や経済状況の影響を受けにくいビットコイン(BTC)の保有がおすすめ

どうしても円安・ドル高の状況下で投資をしたい場合、金融情勢や経済状況の影響を受けにくいビットコインを保有しましょう。

ビットコインであればすぐに価格が暴落することは考えづらく、ステーキングなどで長期運用も可能です。

相場変動が激しいときは、比較的安定した仮想通貨を長期間保有して利息で稼ぐ方がリスクも低くて安定して利益を出せるよ!

円安・ドル高が続いている原因

そもそも、なんで円安・ドル高が続いているの?

円安・ドル高が続いている理由として、以下の2点が挙げられます。

  • 金融緩和を続ける日本と利上げを進めるアメリカの金利差の拡大
  • エネルギー価格上昇による貿易赤字

金融緩和を続ける日本と利上げを進めるアメリカの金利差の拡大

円安・ドル高の意味は円が相対的に安くてドルが相対的に高いことです。例えば1$=100円から1$=80円になれば円高・ドル安、1$=120円になれば円安・ドル高です。

出典:外為どっとコム

2022年11月現在は1ドル147円前後で推移しているため、かなり円安が進んでいます。

日本では新型コロナウイルスの影響を考え、追加的な金融緩和が行われました。米国では、高騰する消費者物価の抑制のために利上げしました。

この2つの政策により、金利が高いドルが買われ、金利が低い円は売られるようになったのです。

米ドルの方が利息が高いとなったら、みんな米ドルを買うよね!

参考:円高、円安とは何ですか?

エネルギー価格上昇による貿易赤字

円安・ドル高の状況下で、原油などエネルギー価格の上昇によって輸入額が大幅にアップしました。円安が進むと、多くの円をドルに換えなければいけません。

円をドルに換えたことで市場に多くの円が出回るようになり、円安の加速につながっています。

円の価値が安くなるから市場に円が出回ってさらに安くなると言った悪循環だね・・・

今後も円安・ドル高が進むと言われる理由

今後もしばらく円安・ドル高が進むらしいけど、どうして?

今後も円安・ドル高が進むと考えられる理由は以下の2つです。

  • 日銀が金融緩和維持の意向を表明
  • FRBは米国のインフレが沈静化するまで利上げを行うと発表

それぞれの理由について、詳しく確認しましょう。

日銀が金融緩和維持の意向を表明

日銀の黒田総裁は、「当面、金利を引き上げることはない」と、金融緩和姿勢の意向を表明しました。このことを踏まえると今後も円安が継続していくと考えられます。

具体的にいつまで金融緩和維持政策が進むのかは断定できませんが、外部要因による円相場の修正がない限り続くようです。

見通しはまだ立たないってことだね。

参考:止まらぬ円安はいつまで続くのか?

FRBは米国のインフレが沈静化するまで利上げを行うと発表

FRBによると、「米国のインフレが鎮静化するまで利上げを行う」と発表しました。

現在の高いインフレ率がFRBの目標である2%まで下がるのは、2023年上半期になると予測されています。少なくともその期間までは円安・ドル高が進むと予想されます。

ところでFRBって何?

FRBは米連邦準備制度理事会のことで、米国の中央銀行のことだよ!

円安・ドル高が進むことで日本に起こる問題点

円安・ドル高が進むと日本にはどのような悪影響があるのかな?

円安・ドル高が進むことで日本に起こる問題点も確認しましょう。

  • 物価高騰により家計に大打撃
  • 円だけを持つことによるリスクがうまれる
  • 相場の変動が大きくリターンが得やすいからと詐欺的な投資勧誘がある

物価高騰により家計に大打撃

日本円が安くなることで、輸入品の物価が上昇します。日本は食品・石油・電化製品などあらゆるものを輸入に依存しています。

これらの輸入品の価格が上昇することで、家計に大打撃を与えてしまうのです。

例えばiPhoneやガソリン代が高騰しているのも、円安・ドル高による物価高騰が影響しているんだよ!

円だけを持つことによるリスクがうまれる

円安はまだしばらく続くと予想されています。このまま円を保有し続けると、物価高騰の影響を受け続けるリスクが高いです。

したがって、円以外の通貨を保有してリスクヘッジすることが重要です。円とは逆相関のある通貨を持つことで、リスクを分散しつつ利益を上げることも期待できます。

米ドルや仮想通貨を持っておけばリスク分散ができるよ!

相場の変動が大きくリターンが得やすいからと詐欺的な投資勧誘がある

円安などの不景気のときには、必ずと言ってよいほど「必ず儲かる」「大きく稼げる」と言うような詐欺的な投資勧誘が増えます。

投資に「必ず」はあり得ないため、うまい話に引っかからないよう注意しましょう。

本当に必ず儲かる話があるのなら、わざわざ他の人に教えないよね…

初めての仮想通貨(暗号資産)投資はCoincheckでの購入がおすすめ

これから初めて仮想通貨(暗号資産)投資を始めようと思うんだけど、どこで始めるのがおすすめ?

これから仮想通貨投資を始めるなら、Coincheckがおすすめです。Coincheckの情報を簡潔にまとめました。

取引所名称Coincheck
取扱通貨種類(2022/11/10現在)23種類
取引手数料0円
最低購入金額500円
安全性/セキュリティコールドウォレット/マルチシグ/二段階認証/SSL
レバレッジ取引×
スマホアプリ
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長第00014号
公式HPhttps://coincheck.com/ja/

Coincheckは東証プライム上場企業のネックスグループが主要株主の取引所です。国内取引所の中でも取り扱い銘柄数が豊富な点が特徴です。

サイトやアプリのデザインがシンプルで使いやすく、アプリのダウンロード数は仮想通貨取引所の中で1位を記録しました。スマートフォンがあれば5分でアカウント登録ができ、本人確認も写真を送るだけで良いためすぐに取引を始められます。

過去にはハッキング攻撃を受け、数百億円規模の損失を出した事件もあります。しかし現在は金融庁から暗号資産交換業者として認可を受けており、セキュリティが強化されているため安心です。

取引方法が多様で、ステーキングサービスだけでなくレンディングサービスに対応している点も強みです。

仮想通貨(暗号資産)をCoincheckで購入する手順

Coincheckで仮想通貨(暗号資産)を買う方法を確認しておきたいな!

Coincheckで仮想通貨を買う流れですが、以下における3つの手順を踏むだけです。それぞれ確認しましょう。

  • 1.口座開設の手続きへ必要な書類・資料を準備する
  • 2.取引所で口座開設を開始・2段階認証設定など行う
  • 3.取引所の口座へ日本円を入金し仮想通貨を購入する

1.口座開設の手続きへ必要な書類・資料を準備する

コインチェック公式

まずはCoincheckの公式サイトから口座開設ボタンを押して開設の手続きに進みます。必要な書類・資料を準備してカメラで撮影して送ることで、本人確認は完了します。

必要な書類・資料は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定されます)
  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号(マイナンバー)カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認は早ければ5分ほどで完了するよ!

2.取引所で口座開設を開始・2段階認証設定など行う

本人確認が終われば口座が開設されます。セキュリティの観点から2段階認証設定も行っておきましょう。

2段階認証設定としてハードウェアトークンの導入や、スマホアプリでワンタイムパスワードを設定しておくことで、ハッキング被害を防げます。

2段階認証はログイン後、左側のサイドバーで[設定]→[2段階認証]から設定可能です。

ハッキングされるとせっかく収益が上がっていても、全部盗まれちゃうから2段階認証は必ずしておこう!

3.取引所の口座へ日本円を入金し仮想通貨を購入する

口座開設が無事に終わって2段階認証も済ませたら、日本円を入金して仮想通貨を購入しましょう。日本円をCoincheckに入金する方法として、以下の3つが挙げられます。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

早く取引を開始したいのであれば、所定の口座に振り込むだけで済むクイック入金がおすすめです。入金後、残高が反映されたら仮想通貨を購入しましょう。

ビットコイン(BTC)を購入する例を見てみましょう。数量を指定して購入することも、日本円を指定して購入することも可能です。

最低500円の少額から購入できるから、いきなり大金を入れるのが怖い人でも安心だね!

為替と仮想通貨(暗号資産)の関係についてよくある質問

これから仮想通貨(暗号資産)の投資を始めるにあたって、知っておくべきことはあるかな?

仮想通貨や為替について、よくある質問をまとめました。円安・ドル高の状況下でこれから仮想通貨を始めようとしている方は以下の質問にも目を通しておきましょう。

  • 円安・円高によって仮想通貨を購入して損することはありますか?
  • 円安・ドル高はいつまで続きますか?

円安・円高によって仮想通貨を購入して損することはありますか?

円安・円高のときに仮想通貨を購入すると損をするのかどうかといった質問はよくあります。ステーブルコインを除いて、円安・円高は仮想通貨の価格変動を起こす要因の一つにすぎません。

金融の影響を直接受ける法定通貨の円・ドルの方がリスクは高いケースも多いです。

仮想通貨は円安・円高よりも、アップデート情報や国の規制に影響を受けることの方が多いよ!

円安・ドル高はいつまで続きますか?

円安・ドル高が終わるタイミングですが、明確には誰にも分かりません。FRBが2023年上半期までは米国でインフレが続くと予想しています。

したがって、短くとも2023年上半期までは円安・ドル高が進むと考えられます。

経済のニュースを定期的にチェックすると、今後の経済における動向がつかめるよ!

円安・ドル高が仮想通貨(暗号資産)にもたらす影響まとめ

円安・ドル高のときは仮想通貨(暗号資産)の市場も安定しづらくリスクが高いです。そのため、投資をするならビットコインなど安定した通貨や、ステーブルコインなどドル高で利益が出る銘柄を選びましょう。

これから仮想通貨投資を始めようと考えている方は手軽に口座を開設できて、手数料もかからないCoincheckがおすすめです。

うまく分散投資して円安によるリスクを回避できれば今後しばらく円安が続いても家計への打撃を減らせます。利益を上げるだけでなく、生活水準を確保するためにも、いくつかの銘柄を確保しておくとリスクヘッジになります。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

専門家・佐野 孝矩

円安・ドル高は仮想通貨市場にも私たちの家計にも大きな影響を与えます。円だけを保有していてこのまま円安が進むと確実に家計を圧迫することになるため、ドルや仮想通貨に換えて持っておくこともリスクを避けると言った意味では重要です。日本円しか持っていない方は、今後に備えて米ドルや仮想通貨を保有してみても良いかもしれません。

(監修者)佐野孝矩

(監修者)佐野孝矩

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

保有資格
日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士

プロフィール
一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

専門・得意分野
企業経営理論、経済学、経営情報システム

>>監修者ページをみる

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次