板取引って聞いたことはあるけれど、実際にどんな取引ができるのかイマイチわかりません……。

板取引ではほかの投資家を相手に仮想通貨の取引ができるんだよ。

取引所には販売所形式と取引所形式の2種類があります。取引所形式ではほかの投資家が注文した価格から相場を把握して、自分が注文する価格を決める板取引が可能です。

しかし板取引には知識が必要であり、初心者には難しいと感じる方も多いでしょう。

本記事では板取引のやり方や、取引の際に注意したいポイントについて解説しています。板取引におすすめの取引所も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事をまとめると…

  • 板取引では投資家同士で売買を行える。
  • 板情報の見方を理解すれば相場を把握できるようになる。
  • 板取引を行うなら各種手数料の安いGMOコインがおすすめ。

顧客満足度No.1の実力GMOコインで無料口座開設する

仮想通貨の板取引とは?取引所と販売所の違いも解説

仮想通貨の板取引について理解するには、取引所と販売所の違いを知ることも必要です。ここでは以下2つについて詳しく解説しています。

  • 取引所とは?板取引はここで行われる
  • 販売所とは?スプレッドが特徴

それぞれ詳しく解説していきます。

仮想通貨取引所とは?板取引はここで行われる

取引所では仮想通貨の投資家同士で売買注文が表示されたボードを使って取引を行います。Coincheckの場合は「買い板/売り板」と表示された部分が板取引を行うボードです。

板取引では現在の買値と売値が表示されており、投資家は表示された価格から相場を把握して自分が売買する価格を決定できます。

板取引で必ず確認する板を簡単に説明すると「投資家の注文状況」です。販売所では買値と売値はひとつずつしか表示されませんが、取引所形式では複数の価格がリアルタイムで表示されます。

自分で相場を把握するのってなんだか難しそうですよね。何かしらの得があるなら、利用してみたいと思います。

ちょっと難しそうだけど販売所よりも手数料を抑えられるのは魅力的だよ。

販売所とは?スプレッドが特徴

販売所では投資家が各取引所を相手に通貨の売買を行います。一般的に販売所では買値と売値がひとつずつ表示された「2Wayプライス」です。

取引所のように板はなく、初心者でも迷わずに通貨を売買できます。初心者が通貨の取引に取り組むなら、まずは販売所から始めるのが良いでしょう。

一般的に販売所の取引手数料は無料ですが、手数料の代わりとしてスプレッドがあります。スプレッドは買値と売値の差額であり、実質の手数料として取引所に収めなければなりません。

初心者にとって取引しやすいのは販売所のほうなんですね。

ただしスプレッドが広い傾向があるから、取引コストを抑えたいなら取引所がおすすめだよ。

仮想通貨の板取引でよく使われる用語解説

取引所を利用する前に板取引でよく使われる以下4つの用語を確認しておきましょう。

  • 指値
  • 成行
  • 板が厚い・薄い
  • 流動性が高い・低い

それぞれ詳しく解説していきます。

指値(さしね)

指値は購入または売却する価格を指定して注文を出す方法です。買い注文では指値以下、売り注文では指値以上の価格になったときに注文が約定します。

相場が動いて希望価格に達すると自動で取引が成立するため、常にチャートに張り付く必要はありません。

成行(なりゆき)

成行は指値のように売買する価格を指定せずに、リアルタイムの市場価格で注文を出す方法です。買い注文では現時点の最低価格で、売り注文では最高価格で注文が約定します。

相場の変動が激しいと希望する価格での売買ができない可能性があるので注意が必要です。

板が厚い・薄い

仮想通貨の板取引では注文数が多いことを「板が厚い」、また注文数が少ないことを「板が薄い」と表します。

板の厚い・薄いでその通貨の売買がどれだけ活発に行われているのかを判断可能です。

また板が厚いと流動性が高く、板が薄いと流動性が低いとも読み取れます。

流動性が高い・低い

流動性が高い市場は価格変動が比較的小さく、安定した取引が可能です。逆に流動性の低い市場は価格変動が大きいので、相場が急変する要因にもなりえます。

流動性が高い市場のほうが取引を行う投資家が多く、注文から約定までが早いのも特徴です。

実際どうやるの?仮想通貨の板取引のやり方解説

実際の板取引は以下4つのステップで行えます。

  1. 購入または売却する仮想通貨の銘柄を選択する
  2. 希望するレートを入力または買い板/売り板からレートを選択する
  3. 注文量を入力する
  4. 買いまたは売りを選択して「注文する」をクリック

ここで紹介した例のように価格を指定した注文方法が「指値注文」です。Coincheckの場合はレートと注文量を入力することで、概算を自動で計算してくれます。

注文を確定しても市況やレートによってはすぐに約定しないことがあります。また、板に並んだレートから注文する場合は、最も早い注文が約定されるので注意しておきましょう。

板取引ってもっとややこしいものだと思っていました。

板から相場の流れを読み取る必要はあるけれど、基本を押さえれば初心者でも取引に取り組めるよ。

仮想通貨の板取引におけるメリット・デメリット

板取引では望んだ価格で取引しやすいのが魅力的ですが、いくつかのデメリットも存在しています。実際の取引を始める前に板取引のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット
  • 希望額で取引しやすい
  • 取引手数料が少ない
デメリット
  • 板が薄いと取引が成立しにくい
  • 初心者には難しく感じることもある

板取引は2Wayプライス方式とは異なり、スプレッドがなく手数料を抑えられます。指値注文や成行注文を出すことで、希望する価格で仮想通貨を取引することも可能です。

しかし板が薄いと注文数が少ないので、思うように取引を成立させられません。またレートがズラッと並んだ板を見て相場を把握することも、初心者にとっては難易度が高いでしょう。

仮想通貨板取引をするためのおすすめ取引所の選び方

板取引をするための取引所を選ぶ際には、以下4つのポイントに気をつけましょう。

  • 流動性が高い
  • 各種手数料が安い
  • 取扱コインが豊富である
  • セキュリティが万全

それぞれ詳しく解説していきます。

流動性が高い

仮想通貨において各取引所が独占市場を持っているため、取引所ごとに流動性が異なります。取引所を選ぶ際にはできるだけ流動性の高いところを選んでください

流動性とは市場に参加する投資家の数や注文量を表しています。参加する投資家が多いほど取引価格が安定し、希望する価格で注文を約定しやすくなるのが特徴です。

望んだ価格で仮想通貨を取引するためにも、できるだけ流動性が高い取引所を選ぶことが大切だよ。

各種手数料が安い

利用する取引所を選ぶ際には各種手数料が安いところを選びましょう。以下に各取引所の手数料をまとめました。

名称 取引手数料 送金手数料 スプレッド
GMOコイン Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料 約0.03%
Coincheck 無料 変動手数料制 約0.04%
DMM Bitcoin 無料 無料 約1.02%
bitFlyer 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
0.0004BTC 約0.03%
bitbank Maker:-0.02%
Taker:0.12%
0.0006BTC 約0.002%

一般的に販売所の手数料は無料ですが、取引所の手数料は各社で異なっています。取引コストをできるだけ抑えるには、各種手数料に注目して安いところを選ぶのがおすすめです。

販売所のスプレッドも取引所によって異なるから注意しておきたいですね。

取扱コインが豊富である

板取引を行う際にはリスクを分散する意味でも、取扱コイン数が豊富な取引所を選んでください。以下に各取引所の取扱通貨数をまとめてあります。

名称 取扱銘柄数
GMOコイン 14種類
Coincheck 17種類
DMM Bitcoin 13 種類
bitFlyer 12種類
bitbank 10種類

取引所で取り扱う銘柄数は多ければ多いほど、投資する銘柄の選択肢も広がります。このため最低でも10種類以上の銘柄を取り扱う取引所を選ぶのがおすすめです。

またひとつの銘柄だけに投資を行うと価格が暴落した際に大きな損失が発生しますが、複数の銘柄に投資しておくことでリスク分散にもなります。仮想通貨の取引で利益を上げるチャンスを獲得するためにも、取扱コインが豊富な取引所を選んでおきましょう。

ビットコインだけを購入するのではなく、イーサリアムやリップルにも投資してリスク分散しておくことが大事だよ。

セキュリティ体制が万全

取引所を選ぶ際にはセキュリティ体制が万全であるかどうかにも注意してください。国内取引所の多くはセキュリティに力を入れており、コールドウォレットや二段階認証を導入しています。

しかしセキュリティに弱い部分があったことでハッキング事件が起きた取引所があることも事実です。預け入れた資産をしっかりと守ってくれる、セキュリティ体制が整った取引所を選択しましょう。

金融庁から暗号資産交換業者として認可を受けた取引所は、セキュリティが一定水準を満たしているから安心ですね。

板取引におすすめの仮想通貨取引所5選

板取引におすすめの取引所として以下の5社を紹介します。

  • GMOコイン
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • bitbank

各取引所について詳しく見ていきましょう。

①GMOコイン

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
おすすめ度 ★★★★★
取扱銘柄数 14種類
最低注文数量 0.001BTC
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%/Taker:0.05%
取引手数料(販売所) 無料
特徴 各種銘柄の送金手数料が無料
公式HP https://coin.z.com/jp/
  • 大手企業による運営でセキュリティが安心
  • Makerとして注文を約定させるとマイナス手数料
  • 送金手数料が無料で送金に優れている

GMOコインは大手企業のGMOインターネットグループが運営する取引所です。取扱銘柄数も14種類と豊富であり、板取引を行うのにも適しています。

現物取引のほかにもレバレッジ取引や貸暗号資産やステーキングなどサービスが豊富なので、初心者だけでなく上級者も満足して利用できるでしょう。

板取引ではMakerとして注文が約定するとマイナス手数料となり、約定金額の0.01%が日本円で還元されます。取引コストをできるだけ抑えたい投資家にとって、このシステムは魅力的です。

GMOコインにはGMOクリック証券で培ったセキュリティが導入されており、安全性が高いのも利用をおすすめするポイントです。コールドウォレット管理やマルチシグ対応はもちろんのこと、顧客資産の分別管理やサイバー攻撃対策も整っています。

FX取引でGMOクリック証券を利用したことがある方は多そうですね!

運営元には25年の歴史があるし、2017年には金融庁から認可を受けているから安心して利用できるよ。

②Coincheck(コインチェック)

取引所名 Coincheck
おすすめ度 ★★★★★
取扱銘柄数 17種類
最低注文数量 500円相当額
取引手数料(取引所) 無料
取引手数料(販売所) 無料
特徴 取扱銘柄数が国内最多の17種類
公式HP https://coincheck.com/ja/
  • 国内では投資先として選べる銘柄数がダントツで多い
  • 500円相当額から注文できて気軽に少額投資が可能
  • 取引所も販売所も手数料が無料

Coincheckはネット証券を運営するマネックスグループの傘下にある取引所です。過去にハッキング事件が発生しましたが、マネックスグループによる買収後はセキュリティが大幅に改善されています。

取引所として最大の特徴は取り扱い銘柄数の多さであり、その数は国内最多の17種類です。投資先の選択肢が多いことで、多くの投資家から支持を集めています。

Coincheckでは以下5つの銘柄で板取引が可能です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONACOIN)
  • パレットトークン(PLT)

板取引に対応した銘柄は多くありませんが、メジャーな銘柄からハイリターンに期待できる銘柄までそろっています。販売所だけでなく取引所の手数料も無料なので、取引コストを抑えたい方は口座を開設しておきましょう。

銘柄数の多さを重視するならCoincheckがおすすめですね。

Coincheckのアプリは板取引に対応していないから、ブラウザからログインして利用してね。

③DMM Bitcoin

取引所名 DMM Bitcoin
おすすめ度 ★★★★★
取扱銘柄数 13種類
最低注文数量 0.001BTC
取引手数料(取引所) -
取引手数料(販売所) 無料
特徴 各種手数料が無料
公式HP https://bitcoin.dmm.com/
  • 販売所方式と板取引のハイブリット注文が可能
  • DMM BitMatchは6銘柄の現物取引と12銘柄のレバレッジ取引に対応
  • 口座開設の申し込みから最短1時間で取引を開始できる

DMM Bitcoinはオンラインゲームや動画配信などのWebサービスで有名なDMM.comグループが運営する取引所です。

取引所としては販売所形式を採用していますが、DMM BitMatchでは販売所形式と板取引のハイブリット注文に対応しています。BitMatch注文ではスプレッドを気にせず、コストを抑えた取引が可能です。

取引所方式がないにもかかわらずスプレッドを気にせずに済むのは、レバレッジ取引を行う投資家にとって魅力的でしょう。

またDMM Bitcoinの口座開設は約5分ほどで申し込みができ、実際に取引を開始するまでの時間は最短1時間と早いのも特徴です。すぐにでも取引を始めたい方にもおすすめできる取引所となっています。

DMM Bitcoinは取引手数料だけでなく、入出金手数料や送金手数料も無料なんだよ。
日本円の出金手数料がかかる取引所が多いから、頻繁に出金する方にとっては嬉しいですね。

 

④bitFlyer

取引所名 bitFlyer
おすすめ度 ★★★★☆
取扱銘柄数 12種類
最低注文数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
取引手数料(取引所) 約定数量×0.01~0.15%
取引手数料(販売所) 無料
特徴 古参の取引所で運営ノウハウを持っている
公式HP https://bitflyer.com/ja-jp/
  • ビットコインの取引量が国内No.1で流動性が高い
  • 不正出金や盗難に対する補償制度がある
  • 主要メガバンクが出資しているから取引所が破産する可能性が低い

bitFlyerは2014年にサービスを開始した国内でも古参の取引所です。投資家からは国内最大級の取引所として知られており、ビットコインの取引量で国内No.1を2014年から獲得し続けています。

長年の運営ノウハウを持っているからこそセキュリティ体制が万全であることも特徴のひとつです。万が一不正アクセスによる日本円の出金が発生した際には、最大500万円までの補償を受けられるので安心感があります。

またbitFlyerは三井住友銀行グループやみずほフィナンシャルグループなどの主要メガバンクから出資を受けています。このため運営上の問題もなく、取引所が破産する可能性も低いでしょう。

不正な日本円の出金に対する補償制度があるのは国内でbitFlyerだけなんですね。

補償制度の対象となるのは二段階認証を設定済みのユーザーだけだから、口座を開設したら必ず設定しておこうね。

⑤bitbank

 

取引所名 bitbank
おすすめ度 ★★★★☆
取扱銘柄数 10種類
最低注文数量 取引所:0.0001BTC/販売所:0.00000001BTC
取引手数料(取引所) Maker:-0.02%/Taker:0~0.12%
取引手数料(販売所) 無料
特徴 各銘柄の取引量が多く流動性が高い
公式HP https://bitbank.cc/
  • 10種類の銘柄で板取引ができる
  • Makerとして注文を約定させれば約定金額の0.02%が還元される
  • 「ICORating」の取引所セキュリティレポートで国内No.1の評価

bitbankは2014年からサービスを行う国内では古参の取引所です。2021年10月現在は10種類の銘柄を取り扱っており、CoinMarketCapの調査によると2021年2月の取引量で国内No.1を獲得しています。

多くの投資家が利用しているため板取引にも適した取引所と言えるでしょう。

bitbankの板取引でMakerとして注文を約定させると、約定金額の0.02%が還元されます。このため取引コストをできるだけ抑えたい方にもおすすめです。

また「ICORating」の取引所セキュリティレポートで、bitbankは国内No.1の評価を受けています。コールドウォレットやマルチシグによるハッキング対策も万全のため、メインで利用する取引所としてセキュリティ面も申し分ありません。

Makerとして約定したときの還元率はGMOコインよりも高いですね!

流動性も高いしセキュリティもしっかりしているから、メインの取引所としてもおすすめできるよ。

初心者には難しい?ここだけは押さえたい仮想通貨の板取引の見るべきポイント

販売所での取引経験しかない初心者にとって板取引は難しく感じるものです。板取引にチャレンジする前に以下3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 仮想通貨の板情報の見方は?
  • 仮想通貨各銘柄の注文数|流動性に直結
  • 売り注文と買い注文のバランス

それぞれ詳しく解説していきます。

仮想通貨の板情報の見方は?

板取引を行う前提として、まずは板情報の見方を理解しなければなりません。Coincheckの板情報を例に、気配値と売り板・買い板について解説します。

気配値は板を見たときにレートと表示された下にズラッと並ぶ20個の数字のことです。レートの下には投資家が注文した価格が並んでおり、すべて指値注文による価格となっています。

気配値は上に表示されるほど高く、下に表示されるものは低いのが特徴です。表示された20個の価格は一部だけなので、全体の価格を知りたい方は右上の「全て表示」から確認してください。

また売り板は「売」と赤字で表示された部分、買い板は「買」と緑字で表示された部分のことです。

通貨を売却したいときには売り板を、購入したいときには買い板を確認してね。

仮想通貨の各銘柄の注文数|流動性に直結

各銘柄の注文数は流動性の高さ・低さに直結しているので、注文を出す前に必ず確認しましょう。

注文数が多い状態を「板が厚い」と呼び、買い板が厚い場合にはその通貨が活発に購入されています。対して注文数が少ない状態は「板が薄い」と表されるので覚えておいてください。

また板が厚いと流動性が高い、板が薄いと流動性が低いのような判断も可能です。

流動性が高いほど望んだ価格で約定しやく、流動性が低いとなかなか約定させられない場合があるよ。

売り注文と買い注文のバランス

板情報の見方を理解していれば、板を見るだけで売り注文と買い注文のバランスを把握できます。

売り注文が多く、それに見合う買い注文が出ていないため値段がつかない状況は売り気配と呼ばれ、通貨の価格が下がる可能性があります。同じく買い注文が多く、それに見合う売り注文が出ていないため値段がつかない買い気配では、多くの投資家が通貨を購入しようとしているため、価格が上がる可能性があると予測可能です。

しかし売り注文と買い注文のバランスを把握しても、相場を100%予測できるわけではありません

100%予測できなくても自分が売買するときの参考にはなりますね!

仮想通貨の板取引に関するよくある質問

板取引に関するよくある質問として以下3つを紹介します。

  • そもそも何で「板取引」っていうの?
  • 板情報から分析した予測は当たる?
  • 板取引はなんでスプレッドが発生しないの?

それぞれ詳しく解説していきます。

そもそも何で「板取引」っていうの?

板取引と呼ばれるのは、ユーザーが注文した取引価格が並ぶ様子が板のように見えるからです。

また仮想通貨が誕生する前の話ですが、証券取引所では売買注文の価格を黒板に書き込んでいた時代がありました。デジタル取引が行われる現在でも、過去の名残として「板」と呼ばれています。

仮想通貨の取引以外では株の取引でも板が使われていますね。

板取引ができるのは販売所ではなく、取引所だけだから注意してね。

板情報から分析した予測は当たる?

板情報を分析して予測した相場は必ず当たるわけではありません。例えば買い気配で価格が上昇すると判断しても、逆の値動きを見せる「ダマシ」が発生する可能性もあります。

板情報を分析してある程度の予測を立てるのは可能ですが、100%信用しないように気をつけましょう。

また取引を行う際には板情報だけでなく、移動平均線などのチャートやファンダメンタルズなどの情報も並行して確認するのが大切です。

投資に100%はないので、あくまでも判断材料として参考にしようね。

板取引はなんでスプレッドが発生しないの?

板取引では仮想通貨の投資家同士で取引を行うので、スプレッドが存在していません

一方で取引所の運営会社を相手とする販売所では、通貨を高く売却して安く購入することで利益を上げています。このため一般的に3%前後のスプレッドが実質的な手数料として発生します。

販売所の取引手数料は基本的に無料ですが、スプレッドが広いと取引コストが大きくなるので、コストを抑えたい方は取引所を利用するのがおすすめです。

通貨の売買に慣れてきたら取引所に移行する投資家が多ですね。

まとめ

販売所での取引と比べて板取引は初心者にとって難しい印象です。しかし板情報の見方を理解すれば迷わずに板取引ができるでしょう。

板取引を行うには板情報の見方だけでなくチャートやファンダメンタルズの分析も必要ですが、板を使いこなせるようになれば投資の幅を広げられます

板取引を行うならGMOコインCoincheckのように、各種手数料の安い取引所がおすすめです。販売所での取引に慣れたら板取引を覚えて、本格的な取引に取り組んでみましょう。

監修者

(監修者)内山 貴博 http://ufp.webin.jp/

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士CFP®︎)、MBA(九州大学院経済学府 経営修士課程終了)九州共立大学経済学部非常勤講師 証券会社に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座を担当。また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティングや、日本の生活やお金のことに疑問を抱える外国人向けのFP相談業務を開始。主な著書:「駆け出しFPの事件簿」「お金の使い方テク」。

おすすめの記事