ファントムという仮想通貨が熱いと聞いたよ! 2021年に爆伸びしたんだって?

処理速度が非常に速く、「イーサリアムキラー」として期待されている通貨だよ。

ファントム(FantomFTM)は、イーサリアムの抱える問題を解決できるプロジェクトとして注目を集めています。 2021年の10月には、1か月で292%の驚異的な上昇を見せました。

ファントムチャート

今回は、ファントム(FTM)の買い方や将来性を徹底解説します。 次世代の技術を活用したファントムの価格動向を、今のうちから探っておきましょう。

本記事をまとめると…

  • ファントム(FTM)はスケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクト。
  • 最低限の非中央集権性を保ちつつ、手数料の安さやスピーディな送金を追求している。
  • ファントムは海外取引所で購入可能。まずはCoincheckでビットコインを準備し、海外取引所に送ってファントムを買うのがおすすめ。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

Fantom(FTM/ファントム)とはどんな仮想通貨? 特徴を解説

ファントム

通貨名 Fantom(ファントム)
シンボル FTM
注目度
取扱取引所 BinanceKuCoinFTX
時価総額 ¥606,909,811,774(202222日時点)
公式HP https://fantom.foundation/

仮想通貨FantomFTM/ファントム)は、イーサリアムの抱える問題の解決を目指す仮想通貨プロジェクトです。

FTMは2018年にリリースされ、2021年に大きく価値を上昇させました。

2022年22日時点の時価総額ランキングは29位です。 また、ファントムの公式Twitterのフォロワー数は36万人を超えています。

  • イーサリアムの代替手段として構築されたブロックチェーンネットワーク
  • アルゴリズムに「Lachesis」を採用
  • ベース技術「DAG」の情報処理能力が高い
  • ネイティブトークン「FTM」を発行している
  • スマートコントラクト機能を用いたシステムの構築ができる

それぞれ詳しく解説していきます。

イーサリアムの代替手段を提供するために構築されたブロックチェーンネットワークの1つ、別名「イーサリアムキラー」

ファントムは「イーサリアムキラー」

出典:Fantom

Fantom(FTM/ファントム)は「DAG」技術を活用しており、イーサリアムの代替手段となり得る性能を秘めています。

DeFiやNFTの人気によって需要が伸びたイーサリアムですが、現在はスケーラビリティ問題に直面しています。※スケーラビリティ問題…手数料(Gas代)の高騰、取引の遅延など

一方のファントムは、ブロックチェーンのトリレンマ(三重苦)を解消できるスペックの高さが評価を受けています。「イーサリアムキラー」との呼び声が高いプロジェクトです。

ブロックチェーンのトリレンマとは…

  • スケーラビリティ…拡張性。処理速度など、利用者の増加に適応できる度合い
  • 分散化…非中央集権。複数のコンピュータなどに機能を分散させる
  • セキュリティ面…安全性。ハッキングへの強度を高める

※上記3つのうち2つの概念を重視すると、残り1つの概念が犠牲になる事象を指す

DAG技術を採用したファントムなら、ブロックチェーントリレンマの解消が実現できるんだ。

アルゴリズムに「Lachesis」を採用しており、ビットコインだと10分かかる送金をファントムは2秒で完了できる

ファントム(FTM)の大きな特徴は、コンセンサスアルゴリズムに「Lachesis」を採用している点です。※コンセンサスアルゴリズム…取引を記録する際の合意方法(ルール)

LachesisはビットコインPoWイーサリアムPoS(移行予定)に比べ、処理能力に優れています。ビットコインの送金スピードは10分ほどですが、ファントムは2秒で送金できます。

ファントムは最低限の非中央集権性を保ちつつ、手数料の安さやスピーディな送金を追求しているんだ。

ベース技術としてDAGを採用し、取引データの処理を行うため他と比べて情報処理能力が高い

ファントムはベース技術として「DAGDirected Acyclic Graph/有向非巡回グラフ)」を採用しています。

DAGは仮想通貨を発行する「マイニング」作業が存在せず、マイナー(採掘者)に報酬を支払う必要がありません。

また、従来の「取引データを1つのブロックに格納する」技術とは異なり、取引データを複数のブロックでつなげることができます。

DAGはブロックチェーンの後継とも言われる技術で、スケーラビリティ問題の心配がないんだ。ファントムは仮想通貨の中でも確固たる地位を確立しつつあるよ。

FantomプロジェクトのネイティブトークンであるFTMを発行している

FTMはFantomプロジェクトにおけるネイティブトークンで、主に以下の用途に利用されています。

  • ガバナンストークン…Fantomプロジェクトの開発方針の投票権
  • ステーキングFTMを預けた期間と量に応じて報酬が得られる
  • 手数料支払い…ファントムプラットフォームの手数料に利用できる

FTMの総供給量31億7500枚のうち、すでに約25億枚が流通しているよ。残りはステーキング報酬として配布されるんだ。

スマートコントラクト機能を用いることで管理人が不要なシステムの構築をすることができ、取引を簡単に行える

スマートコントラクト

出典:Fantom

ファントム(FTM)はスマートコントラクトに完全に対応しているのが特徴です。※スマートコントラクト…契約を自動化する仕組み

そのため、イーサリアムとの互換性があり、イーサリアム基盤で作られたDeFiNFTDAppsなどに活用できます。

さまざまなプロジェクトがファントムに対応しており、今後もネットワーク参加者の拡大が見込まれています。

イーサリアムやADAAVAXと同じように、ファントムもスマートコントラクトを持ち合わせているんだ。

Fantom(FTM/ファントム)2022年現在のチャートと今後の価格動向


ファントム(FTM)は2018年のリリース以降、2021年初頭まで02円台で推移しました。

2021年5月以降、ファントムは急激な価格上昇を見せています。主な価格動向は以下の通りです。

  • 2021年5月:Go-Operaアップグレードが開始。100円台へ突入
  • 2021年10月:他のDeFi関連のトークンに影響を受け360円台まで高騰
  • 2021年12月:仮想通貨取引委所バイナンスUSへ上場、140円台から270円台まで急騰
  • 2022年1月:最高値の380円台を更新

2021年5月:Go-Operaアップグレードが開始され、Fantom(FTM)のパフォーマンスと信頼性が劇的に向上し、100円台へ突入(35%上昇)

ファントムチャート2021年5月

出典:CoinMarketCap

2021年420日に、ファントムの「Go-Operaアップグレード」が開始しました。平均トランザクション時間が1秒になるなど、ファントムのパフォーマンスと信頼性が大幅に向上しています。

参考:Introducing Go-Opera | Fantom

Go-Operaアップグレードによって注目が集まり、ファントムの価格が大きく動く要因となりました。

  • 2021年410日…49円台
  • 2021年51日…77円台
  • 2021年510日…98円台

1か月で2倍の値がついたんだね!

2021年10月:他のDeFi関連のトークンに影響を受け150円台から360円台まで200%以上の高騰

ファントムチャート2021年10月

出典:CoinMarketCap

仮想通貨市場全体の盛り上がりにともなって、ファントムも大きな値動きを見せました。DeFi市場やDeFi関連トークンへの期待感が追い風となり、一時389円台まで高騰しました。

  • 2021年91日…83円台
  • 2021年926日…133円台
  • 2021年1026日…389円台

1か月で292%の上昇を見せ、9月からの2か月弱で価格は4倍まで跳ね上がったんだ。

2021年12月:仮想通貨取引所バイナンスUSへ上場、140円台から270円台まで急騰

ファントムチャート2021年12月

出典:CoinMarketCap

2021年1216日、ファントムはBinanceのアメリカ法人であるバイナンスUSに上場しました。参考:Binance.US

12月は相場全体が下落基調になる中、ファントムは12月後半に価値を大きく上昇させています。

  • 2021年1215日…143円台
  • 2021年1225日…239円台
  • 2021年1227日…272円台

新規上場のニュースは価格の押し上げ要因になるんだ。

2022年1月:最高値の380円台を更新

ファントムチャート2022年1月

出典:CoinMarketCap

2021年に123倍まで価格を上げたファントムは、2022年も引き続き「イーサリアムキラー」として注目を集めています。117日には377円台まで再上昇を見せました。

2022年21日時点、ファントム(FantomFTM)の価格は約238円です。時価総額ランキングは29位につけています。

優れた性能を持つファントムは、さらなるプロジェクトの拡大が期待されているんだ。ファントムを購入するなら、価格が停滞しているタイミングを狙いたいところだね。

Fantom(FTM/ファントム)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

Fantom(FTM/ファントム)は国内取引所で扱われていないため、海外取引所で購入する必要があります。

海外取引所は日本円が使えないので、事前に国内取引所で送金用のビットコインを購入し、海外取引所に送る手順が発生します。

ファントムの購入方法・買い方の流れは以下の通りです。

  • Coincheckで無料口座開設をする
  • Coincheckでビットコインを購入する
  • 海外取引所でファントムを購入する

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

まずは海外送金用の仮想通貨を準備するため、国内取引所の口座を開設します。国内大手取引所のCoincheckなら、スマホから簡単にビットコインを購入可能です。

Coincheck公式ホームページの「会員登録」から、口座開設の手続きを開始できます。

登録作業は5分ほどで終わる内容です。本人確認の撮影作業があるため、手元に免許証・マイナンバーカード・パスポートのいずれか1つを用意しておきましょう。

無料登録が終わると、最短1日で口座開設の知らせが届くんだ。いつでもファントムの取引ができるように、先に口座開設を済ませておこう。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

コインチェック

Coincheckから口座開設メールが届いたら、仮想通貨の取引に移ります。ビットコインを購入するために、開設した取引口座に日本円を入金しましょう。

入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金から選択できます。手数料が安いのは銀行振込、スピーディに入金できるのはクイック入金です。

取引口座に日本円の入金が反映されたら、海外取引所に送る仮想通貨を購入します。取引に利用しやすいビットコインを選ぶとスムーズです。

スマホアプリの販売所を利用すれば、初心者も手軽にビットコインを取引できるよ。

3.海外取引所でFantom(FTM/ファントム)を購入する

海外取引所でファントムを購入

ビットコインを準備できたら、海外取引所にビットコインを送金してファントムを購入します。

海外取引所の中には日本語に対応した取引所もあり、簡単に口座開設できます。

しかし、海外取引所には詐欺や倒産などのリスクがつきものです。ファントムの取引は慎重に行う必要があります。

海外取引所は日本の金融庁の許可が下りていないんだ。利用するなら、リスク管理を徹底しよう。

Fantom(FTM/ファントム)の将来性は?気になる価格動向や今後の上げ幅を考察

ここからは、Fantom(FTM/ファントム)の気になる価格動向や将来性について見ていきましょう。

  • 2026年には楽観的な見方だと1540円台到達。現実的な見方でも630円台との海外投資家の意見
  • 大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価Aランクの”Excellent”を獲得し、期待値も高い

2026年には楽観的な見方だと1540円台到達。現実的な見方でも630円台との海外投資家の意見

海外の仮想通貨予想サイト「CryptoNewsZ」による、ファントム(FTM)の2026年の予想価格は以下の通りです。

  • Wallet Investor…13.345ドル(約1531円)
  • Digital Coin Price…5.47ドル(約627円)
  • GOV Capital…2027年末までに14.51ドル(約1665円)

2022年2月に230円台のファントムが、4年後には1500円台を超えるという予想が出ているんだね!

アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価Aランクの”Excellent”を獲得しており、今後の期待も高い

ファントム(FTM)は、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価Aランクを受けています。

ビットコインやイーサリアムよりも高い評価を受けており、期待値の高さがうかがえます。

ファントムは「処理速度を大幅に向上できる可能性を秘めている」と評価されました。

スケーラビリティ問題を解決できるプロジェクトとして、今後の開発が期待されているよ。

Fantom(FTM/ファントム)に関するよくある質問

ここからは、Fantom(FTM/ファントム)に関するよくある質問を紹介します。

Fantom(FTM/ファントム)にステーキング報酬はある?

ファントム(FTM)はステーキングによって報酬を獲得できます。ステーキングの際は、FTMメタマスクの用意が必要です。

2022年22日時点、ファントムによるステーキングの年換算利回り(APR)は14.19%です。

Binanceはファントムチェーンのステーキングに対応しているよ。

Fantom(FTM/ファントム)は海外大手取引所にも上場してる?

Fantom(FTM/ファントム)は、Binance(バイナンス)・KuCoin(クーコイン)・FTXなど、海外の大手取引所に上場しています。

なお、ファントム(FTM)は国内取引所に上場しているファクトムFCT)とは別のプロジェクトです。

Solanaブロックチェーンの暗号資産ウォレット「ファントム(Phantom)」や、GameFiの「Phantom Galaxies(ファントムギャラクシー)」など、混同しやすい名前が多い点には注意が必要です。

海外取引所では人気も高いし、いつか国内取引所に上場される日が来るといいね!

Fantom(FTM/ファントム)の買い方・今後の将来性予想まとめ

ファントム(FantomFTM)は、スケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクトです。2021年に脚光を浴び、今後も将来性が期待されています。

ファントムは海外取引所を利用すれば購入できます。まずは国内取引所のCoincheckでビットコインを準備し、海外取引所に送金してファントムを取引するとスムーズです。

「イーサリアムキラー」との呼び声が高いファントムを、今のうちからチェックしておきましょう。

最短5分で登録

  • ファントムは海外取引所で買える。日本円に対応していないため、国内取引所で仮想通貨を用意して海外取引所に送る必要がある。
  • 国内大手取引所のCoincheckを利用すれば、海外送金用のビットコインを手軽に買える。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行い、ファントムの価格変動に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

監修者

(監修者)内山 貴博 http://ufp.webin.jp/

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士CFP®︎)、MBA(九州大学院経済学府 経営修士課程終了)九州共立大学経済学部非常勤講師 証券会社に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座を担当。また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティングや、日本の生活やお金のことに疑問を抱える外国人向けのFP相談業務を開始。主な著書:「駆け出しFPの事件簿」「お金の使い方テク」。

おすすめの記事