Kadenaという仮想通貨が熱いと聞いたよ!
電力消費量の削減に成功した、将来性のあるプロジェクトだよ。

Kadena(カデナ/KDA)は環境問題をクリアしつつ、高速処理を実現したプロジェクトです。2021年に高騰を記録し、今後の値動きに注目が集まっています。

チャート2021年11月出典:CoinMarketCap

今回は、Kadenaの買い方や将来性を徹底解説します。優秀な開発陣がそろっているKadenaの価格動向を、今のうちに探っておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • KadenaはPoWを採用しつつ、電力消費問題の解決を実現したプロジェクト。
  • 処理性能が高く、ガス代のコストを抑えられるためdAppsの開発がしやすい。
  • Kadenaは海外取引所で購入できる。まずはCoincheckで仮想通貨を用意し、海外取引所に送金してKadenaを取引するのがおすすめ。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

Kadena(KDA)とはどんな仮想通貨?特徴を解説

Kadena

通貨名 Kadena
シンボル KDA
注目度
取扱取引所 Binance・Gate.io・KuCoin
時価総額 ¥37,214,431,813
(2022年5月中旬時点)
公式HP https://kadena.io/

Kadenaはブロックチェーン技術の課題解決に取り組んでいるプロジェクトです。メインネットは2019年にローンチされ、着実な開発が進んでいます。

2022年5月中旬時点、時価総額ランキングは114位です。公式ツイッターのフォロワー数は20万人を超えています。

Kadenaの特徴は以下の通りです。

  • PoWの課題である高い電力消費を解決した環境にやさしい仮想通貨
  • 他の仮想通貨の数倍のスケーラリビティ(処理速度)を実現しており将来性も高い
  • ガス代がほとんどかからずdAppsの開発がしやすい
  • JPモルガン出身の優秀な技術者が開発を担当、注目度も高い

PoWの課題である高い電力消費を解決している環境にやさしい仮想通貨

PoWの課題である高い電力消費を解決している環境にやさしい仮想通貨出典:Kadena

KadenaはコンセンサスアルゴリズムにPoWを採用しています。PoWはマイニングによる電力消費量が問題視されていますが、KadenaはPoWの持つ課題を解消しました

  • コンセンサスアルゴリズム…ブロックチェーンにおける、ブロックを追加する際の合意方法(ルール)
  • PoW(プルーフ・オブ・ワーク)…ビットコインが採用している。セキュリティは高いが、電力消費量が多い
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)…イーサリアムが移行予定。電力消費を抑えられるが、トークンの流通量が減りエコシステムが発展しづらくなる
環境に配慮したプロジェクトとしてPoSが取り上げられることが多いけど、KadenaはPoWを採用しつつ電力問題を解決したんだ。

他の仮想通貨の数倍のスケーラリビティ(処理速度)を実現しており将来性も高い

2020年のアップグレードによって、Kadena秒間48万トランザクションの処理が可能になりました。

トランザクションの処理件数はビットコインが約7件、イーサリアムは約30件であり、Kadenaとの差は歴然です。

Kadenaは「Chainweb」という技術によって、複数のネットワークを並行稼働させることに成功したんだ。

ガス代がほとんどかからずdAppsの開発がしやすい

Kadenaはガス代(手数料)が非常に安く、低コストで利用できるのも大きな特徴です。

ガス代の高騰が問題視されているイーサリアムに比べ、Kadenaはコストを抑えられるプラットフォームとして注目を集めています。

dAppsの開発がしやすく、今後もKadenaエコシステムが拡大していく可能性があります。

ガス代が安く済むのは、利用者も開発者もうれしいよね!

JPモルガン出身の開発者が優秀で注目度も高い

Kadenaには優秀な開発者がそろっており、リリース前から大きな話題を集めました。

  • スチュアート・ポープジョイ…JPモルガン出身。取引システム構築の実績を持つ
  • ウィル・マルティーノ…JPモルガン出身。証券取引委員会(SEC)での勤務経験を持つ
  • スチュワート・ハーバー…ブロックチェーン技術のスペシャリスト

JPモルガン:ニューヨークに本拠地を置く世界有数の金融機関

豪華開発陣の大型プロジェクトとして、2018年の時点で1,500万ドル超の資金調達に成功しているよ。

Kadena(KDA)の2022年現在のチャートと価格変動


ここからは、KadenaKDA)のチャートと価格変動について見ていきましょう。

  • 20218月:上場から約1年、大きな価格変動を見せることもなく50円前後を堅調に推移
  • 2021年11月:800円台から2,700円台まで急騰、最高値を更新
  • 2022年1月:年末から下降トレンドに入り1,300円台から一時600円台まで下落
  • 2022年5月:300500円台を推移、今後の動きに注目

20218月:上場から約1年、大きな価格変動を見せることもなく50円前後を堅調に推移

チャート〜2021年8月出典:CoinMarketCap

Kadenaは2020年に上場しました。着実な開発を背景に、価格は50円前後を堅調に推移していました。

2021年4月には、市況の盛り上がりを受けてKadenaも一時190円台まで高騰しました。その後は市場の失速に伴い下値を探る動きを見せ、7月下旬には30円台まで下落しました。

ビットコインの価格に影響を受けつつ、堅調な値動きをしてきたんだね。

2021年11月:800円台から2,700円台まで急騰、最高値を更新

チャート2021年11月出典:CoinMarketCap

2021年9月から11月上旬にかけて、仮想通貨市場は上昇相場に移ります。Kadena9月・10月と順調に価格を上げ、11月には過去最高値となる2,700円台まで急騰しました。

この時期にはKadenaの海外取引所への上場ニュースも重なって、価格に良い影響を与えたんだ。

2022年1月:年末から下降トレンドに入り1,300円台から一時600円台まで下落

チャート2022年1月出典:CoinMarketCap

2021年12月頃より、市場全体が冷え込みを見せ始めます。12月上旬に1,900円台をつけていたKadenaは、20211月に一時540円台まで価格を下げました。

2月には1,000円台に回復し、3月は700800円台で推移しています。

3月11日にはBinanceに上場したんだ。この日は870円台まで価格が上昇したよ。

2022年5月:300500円台を推移、今後の動きに注目

チャート2022年5月出典:CoinMarketCap

仮想通貨市場の下降トレンドは続いており、Kadenaも大きく価格を落としています。4月上旬には900円台をつけていたものの、5月のはじめには500円台まで下落しました。

5月中旬には世界的な市況の悪化やステーブルコインUST」の暴落に影響を受け、Kadena200円台まで急落しています。

5月中旬に入って、あらゆる仮想通貨が価格を落としているんだね。この冬を耐えながら、Kadenaの買い時を探るのが良さそうだよ。
4月末には128億円のWeb3.0ファンドをローンチするなど、Kadenaには明るいニュースもあったんだ。着実な開発を続けるKadenaの将来性に期待しよう。

Kadena(KDA)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

Kadena(KDA)は海外取引所で購入できます。海外取引所は日本円の入金に対応していないので、国内取引所から仮想通貨を送金して取引を行いましょう。

Kadenaの購入方法・買い方の流れは以下の通りです。

  • Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  • Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  • 海外の仮想通貨取引所でKadena(KDA)を購入する

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

 

まずは国内取引所の取引口座を用意します。国内大手取引所のCoincheckを使うと、スマホから簡単に仮想通貨を購入できます。

Coincheck公式サイトにアクセスし、「会員登録」をタップして無料登録を行ってください。

「かんたん本人確認」を利用すれば、5分ほどで登録作業が終わります。本人確認書類として、免許証かマイナンバーカードを準備しておきましょう。

無料登録後、最短1日で口座開設の通知が届くよ。Kadenaの取引に備えて、先に口座開設を済ませておこう。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

コインチェック

口座が開設されたら取引に移ります。取引に使う日本円を、開設された口座に入金しましょう。

入金方法は銀行入金・コンビニ入金・クイック入金の3種類から選択できます。手数料の安い銀行入金がおすすめです。

口座への入金が反映されたら、海外取引所に送る仮想通貨を購入しましょう。Kadenaの購入にそのまま利用できるビットコインを選ぶと、スムーズに取引できます。

スマホアプリから簡単にビットコインを買えるんだね!

3.海外の仮想通貨取引所でKadena(KDA)を購入する

海外の仮想通貨取引所でKadena(KDA)を購入する出典:Binance Spot

Coincheckで用意したビットコインを、Kadenaを購入できる海外取引所に送金します。

バイナンスを利用する際の流れは以下の通りです。

  • バイナンスで無料口座開設し、ビットコインの入金用アドレスをコピーする
  • コインチェックの「暗号資産の送金」からビットコインを選択
  • 送金先の宛先にバイナンスの入金用アドレスをコピペし、送金先の登録を行う
  • 送金額を入力してビットコインを送金する
 送金先アドレスや送金ネットワークを間違えると、ビットコインを失う恐れがあります。十分に確認した上で送金しましょう。

バイナンスのウォレットにビットコインが着金したら、Kadenaを購入します。トレードの「コンバート」か「現物」をクリックして、ビットコインとKadenaの取引を行ってください。

なお、海外取引所は国内の金融庁の許可が下りていないから、利用は自己責任となるよ。余剰資金の範囲内でKadenaを取引しよう。

Kadena(KDA)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ここからは、KadenaKDA)の今後の将来性や、価格動向・上げ幅について見ていきましょう。

  • 2026年には現実的に見ると11.4ドル(1,400円台)、楽観的に見ると13.8ドル(1,800円台)になるとの海外投資家の意見あり
  • マイニング時にかかる電力消費量を抑える仮想通貨として注目を浴びる可能性もある

2026年には現実的に見ると11.4ドル(1,400円台)、楽観的に見ると13.8ドル(1,800円台)になるとの海外投資家の意見あり

海外の仮想通貨価格予想サイト「CryptoNewsZ」における、KadenaKDA)の予想価格は以下の通りです。

  • 2024年…年末までに12.04ドル(約1,550円)に到達
  • 2025年…年末までに13.63ドル(約1,760円)に到達
  • 2026年…最安値11.48ドル(約1,480円)、年内に13.84ドル(約1,790円)に到達

※2022年5月中旬の為替レートで計算

2022年5月に200円台をつけていたKadenaが、4年後には約8倍に上昇するという予想が出ているんだね!

マイニング時にかかる電力消費量を抑える仮想通貨として注目を浴びる可能性もある

ビットコインをはじめとするPoW採用の仮想通貨は、マイニングにかかる電力消費量が課題とされています。

参考:3rd-global-cryptoasset-benchmarking-study

一方、Kadenaは環境問題に配慮したメカニズムによって、電力消費を抑えることに成功しました。

環境負荷を減らしつつ処理速度を高めているKadenaは、時代の流れに合う仮想通貨として注目を集める可能性があります。

PoWの弱点をカバーできるKadenaは、存在感を増していくかもしれないね。

Kadena(KDA)に関するよくある質問

ここからは、KadenaKDA)に関するよくある質問を紹介します。

  • Kadena(KDA)でステーキングはできる?
  • Kadena(KDA)は国内の取引所で購入できる?

Kadena(KDA)でステーキングはできる?

現時点では、Kadenaステーキングに対応していません。

KadenaのDEXである「Kaddex」において、KDXトークンのステーキングができるシステム開発が進んでいます。

なお、CoinMetroなどの海外取引所では、KDAステーキングが提供されているよ。

Kadena(KDA)は国内の取引所で購入できる?

Kadenaは国内取引所で扱われていないため、海外取引所で購入する必要があります。

海外取引所は日本円の入金ができないので、国内取引所から仮想通貨を送ってKadenaを購入しましょう。

送金用の仮想通貨を購入する際は、国内大手取引所のCoincheckがおすすめです。

Coincheckなら、初心者でも失敗なくビットコインを購入できるよ。

Kadena(KDA)の買い方や将来性まとめ

Kadena(カデナ/KDA)は、PoWの持つ課題を解消した仮想通貨プロジェクトです。環境に配慮したブロックチェーンとして、今後の将来性が期待されています。

Kadenaは海外取引所で入手可能です。まずはCoincheckでビットコインを準備し、海外取引所に送ってKadenaを取引するとスムーズに購入できます。

優秀な開発陣がそろった注目のKadenaを、今からチェックしておきましょう。

5分で無料登録

コインチェック
  • Kadenaは海外取引所で購入できる。海外取引所は日本円を入金できないので、国内取引所経由で仮想通貨を送金する必要がある。
  • ビットコインの購入におすすめなのはCoincheck。使い勝手の良さからアプリダウンロード数No.1を誇る、国内大手の取引所。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録して、Kadenaの買い時に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

柴沼 直美

(監修者)柴沼 直美 https://caripri.com/

CFP(R)認定者 生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

おすすめの記事