GMTという仮想通貨が爆上げしてるって聞いたよ!
歩いて稼ぐ「STEPN」のブームを受けて、ものすごい上昇を見せたんだ。

GMT(Green Metaverse Token)は、Move to Earnで知られる「STEPN」に関連した仮想通貨です。20223月には、1か月で200倍以上の急騰を記録しています。

GMT200倍

今回は、GMTの買い方や将来性を徹底解説します。大流行のSTEPNとともに伸びるGMTの価格動向を、今のうちに探っておきましょう。

本記事をまとめると…

  • GMT(Green Metaverse Token)は、歩いて稼げる「STEPN」のガバナンストークン。
  • Binanceなど、海外大手取引所への上場が続いている。STEPNアプリの評判が良く、投資家からも注目を集めている。
  • GMTは海外取引所で購入可能。まずはCoincheckでビットコインを購入し、Binanceに送ってGMTを買うのがおすすめ。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

GMT(Green Metaverse Token)とはどんな仮想通貨?特徴について

GMTとは?

通貨名 GMT/STEPN(Green Metaverse Token)
シンボル GMT
注目度
取扱取引所 Binance・Gate.io・KuCoin
時価総額 ¥139,550,251,267(2022年3月31日時点)
公式HP https://www.stepn.com/

GMT(Green Metaverse Token)とは、歩いて稼げるNFTゲームの「STEPN」で利用できるトークンです。

2022年3月に価格が高騰し、STEPNとともに注目を集めています。

GMTの特徴は以下の通りです。

  • Move to EarnサービスSTEPN(ステップン)のガバナンストークン
  • オーストラリアのFin-Tech企業によって運営。2021年のハッカソンで優勝。
  • Solana(ソラナ)チェーン上に構成される仮想通貨
  • Binance(バイナンス)の上場・ローンチパッドで高騰を記録。一躍トレンド通貨へ。

Move to Earnサービス・STEPN(ステップン)のガバナンストークン

STEPNとは?

出典:STEPN

仮想通貨GMTは、「Move to Earn(歩いて稼ぐ)」で流行中の「STEPN」における、ガバナンストークンです。※ガバナンストークン…プロジェクトの方針に関する投票に参加できるトークンのこと

GMTが持つ役割は以下の通りです。

  • スニーカーのカスタマイズやレベルアップ
  • 靴の生成(ミント)※レアリティによる
  • ジェムのアップグレード
  • ガバナンス投票への参加

GMTトークンはゲーム内で獲得するだけでなく、海外取引所での購入も可能です。現在はゲーム内での使い道が限定されているものの、将来的にはさまざまな用途で活用できるようになります。

ホワイトペーパーによると、GMTにはバーン(焼却して枚数を減らす)や、ステーキング(預けて利子をもらう)という使い道も想定されているよ。

STEPN(ステップン)はオーストラリアのFin-Tech企業によって運営。2021年のハッカソンで入賞。

STEPNはオーストラリアのフィンテック企業である「FindSatoshiLab」によって運営されています。

STEPNのプロジェクトは、2021年に開催されたSolana(ソラナ)ハッカソンのゲーミング部門において、4位入賞を果たしました。※ハッカソン…開発チームが短期間で集中的に開発を行い、成果を競うイベント

2022年2月には、複数の有力投資家から500万ドルの資金調達に成功しています。

資金面のバックアップを受けたことで、STEPNのプロジェクト規模がさらに大きくなっていくね。

Solana(ソラナ)チェーン上に構成される仮想通貨

STEPNやGMTトークンは、Solanaブロックチェーン上に構成されています。Solanaチェーンを採用するメリットは以下の通りです。

広く使われるイーサリアムブロックチェーンは、取引遅延・手数料高騰などのスケーラビリティ問題を抱えています。

STEPNは高速処理を実現したSolanaチェーンを採用し、快適なゲームプレイ環境を生み出しました。

Solanaは時価総額ランキングでも上位をキープしていて、今後の伸びが期待されている仮想通貨なんだ。

Binance(バイナンス)の上場・ローンチパッドで高騰を記録。一躍トレンド通貨へ。

GMTはBinanceに上場を果たし、価格が一気に高騰しました。

Binanceのローンチパッド…上場前の新規トークンセール。価格高騰前のトークンが格安で手に入るため人気が高い。

2022年3月にはBinanceMEXCFTXなど、続々と大手取引所での取扱いが決まっています。

GMTはトレンド通貨として、知名度アップに成功したんだね!

GMT(Green Metaverse Token)の2022年現在のチャートと今後の価格動向

ここからは、GMTGreen Metaverse Token)のチャートと価格動向について見ていきましょう。

  • 2022年310日:Binanceのローンチパッドにより高い上げ幅を記録
  • 2022年3月中旬:STEPNへの期待の高まりから右肩上がりの上昇を続ける
  • 2022年3月末:STEPNのダブルミントキャンペーンの開催。200円オーバーのATHを記録する。

2022年310日:Binanceのローンチパッドにより高い上げ幅を記録

出典:Binance Spot

Binanceは39日にGMTのトークンセールを行いました。配布当日には約1円だったGMTが、たった1日で約15円まで高騰しています。

Binanceのローンチパッドは儲かると評判だから、GMTにも注目が集まったんだ。

2022年3月中旬:STEPNへの期待の高まりから右肩上がりの上昇を続ける

GMTチャート3月中旬出典:CoinMarketCap

Binanceへの上場後も、GMTは右肩上がりの上昇を続けます。STEPN人気や海外取引所への上場ニュースに後押しされ、1週間で2倍近い価格上昇を見せました。

  • 3月14日…約48
  • 3月17日…約60
  • 3月21日…約85

Twitterで口コミ人気が広がっていて、STEPNに興味を持つ人がどんどん増えているよ。

2022年3月末:STEPNのダブルミントキャンペーンの開催。200円オーバーのATHを記録する。

GMTチャート3月後半出典:CoinMarketCap

3月29日には、STEPNのダブルミントキャンペーンが始まりました。靴のミント時に2個のシューボックスが手に入る確率が、期間限定で2倍になるイベントです。

キャンペーンの開催によって、STEPNはさらなる盛り上がりを見せています。GMTトークンは200円を超える最高値を記録しました

  • 3月28日…約95
  • 3月29日…約130
  • 3月30日…約265

たった1か月で、STEPNは200倍以上に爆上げしたんだね!

GMT(Green Metaverse Token)の買い方・購入方法|どこで買えるのか解説

GMT(Green Metaverse Token)は海外取引所で購入できます。海外取引所は日本円に対応していないため、事前に国内取引所を使って送金用のビットコインを用意する必要があります。

GMTの購入方法・買い方の流れは以下の通りです。

STEP1:Coincheck(コインチェック)で無料口座開設する

まずは国内取引所の取引口座を開設しましょう。国内大手取引所のCoincheckを利用すれば、初心者も簡単にビットコインを購入できます。

Coincheck公式ホームページの「会員登録」より、無料口座開設を行ってください。

登録作業は5分ほどで終わります。途中の本人確認作業に備え、手元に免許証かマイナンバーカードを用意しておきましょう。

登録後、最短1日で口座開設完了のお知らせが届くんだ。GMTの取引をいつでも始められるように、先に口座開設を済ませておこう。

STEP2:Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

コインチェック

Coincheckから口座開設メールが届いたら、仮想通貨の購入に移ります。ビットコイン購入に必要な日本円を、取引口座に入金しましょう。

入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金から選択できます。手数料を安く済ませたい方は銀行振込を選んでください。

取引口座に日本円の入金が反映されたら、海外取引所に送金する仮想通貨を購入します。取引に利用しやすいビットコインを選ぶとスムーズです。

スマホアプリを使えば、24時間どこでも手軽にビットコインを購入できるね。

STEP3:海外取引所(Binance/バイナンス)GMT(Green Metaverse Token)を購入する

BinanceでGMTを購入

Coincheckで購入したビットコインを、GMTを取引できるBinanceに送金します。Binanceは日本語に対応しており、口座開設も簡単です。

CoincheckからBinanceに送金する手順は以下の通りです。

  1. Binanceで入金用アドレスを取得(コピー)する
  2. Coincheckにログインし、「暗号資産の送金」からビットコインを選択
  3. 送金先の宛先にBinanceの入金用アドレスをコピペし、送金先を登録
  4. 送金額を入力してビットコインを送金する
 送金先ネットワークや送金先アドレスを間違うと、ビットコインを失ってしまうため注意が必要です。

Binanceの取引口座に届いたビットコインを使って、GMTを購入してください。トレードの「クラシック」を利用すれば、GMTとビットコインの取引ができます。

なお、海外取引所は国内の金融庁の認可を受けていないんだ。リスク管理を徹底しつつ、自己責任で利用しよう。

GMT(Green Metaverse Token)の今後の将来性は?価格動向や今後の上げ幅を考察

ここからは、GMTGreen Metaverse Token)の今後の将来性や、価格動向について見ていきましょう。

  • 現在は過熱市場か、2025年目度に0.6ドルほどで落ち着くとの予想
  • Move to Earnサービスは競合参入で市場が活気。そのなかでトップを維持できるかが鍵
  • STEPN内のスニーカーの高騰により参入ユーザーの減少が懸念

現在は過熱市場か、2025年を目度に0.6ドルほどで落ち着くとの予想

ひと月で200倍以上の急騰を記録したGMTですが、現在は過熱市場ととらえる意見もあります。爆発的なSTEPN人気がある程度落ち着けば、GMTの価格も安定すると考えられます。

海外トレンドサイト「Hastebc」による、GMTの価格予想は以下の通りです。

  • 2024年…0.49ドル(約58円)
  • 2025年…0.60ドル(約72円)
  • 2026年…0.58ドル(約70円)

※2022年3月30日時点の為替レートで計算

GMTは2022年3月30日に260円台をつけたけど、ここから上昇するかは未知数なんだね。
STEPNブームの様子を見ながら、取引するタイミングを見極めよう。

Move to Earnサービスは競合参入で市場が活気。そのなかでトップを維持できるかが鍵

歩くだけで稼げる「Move to EarnM2E)」サービスには、第二のSTEPNを目指す競合が多数存在します。

  • Genopets(ジェノペッツ)…運動してペットを育て、育成したペットでバトルする
  • Dustland(ダストランド)…荒廃した世界を舞台に、走ってミッションをクリアする
  • Fitmint(フィットミント)…SNSの要素が組み込まれている

STEPNの成功モデルをもとにしたMove to Earnゲームは、今後も数多く登場すると予想されています。

ライバルとの差別化を図りつつ、STEPNが今後も市場をリードできるかどうかに注目です。

ユーザーに長く愛されるような、魅力あるアップデートを続けてほしいね!

STEPN内のスニーカーの高騰により参入ユーザーの減少が懸念

STEPNでは初期費用として必要なNFTスニーカーの高騰が続いています。リリース直後は6SOL前後で買えたスニーカーが、20223月時点では9SOL前後に値上がりしました

  • スニーカーの最安値…9.27SOL
  • 1SOLの価格…約14,800
  • スニーカー1足の価格…約137,196

※2022年3月31日時点

数十分歩くだけで数千円が稼げるSTEPNですが、初期費用の高騰から新規ユーザーの減少が懸念されています。

参入障壁を下げるべく、現在はレンタルシステムの開発が進んでいます。

高い初期費用なしで利用できるようになれば、STEPNユーザーが一気に増えそうだね!
ロードマップによると、レンタルシステムの開始は2022年9月と記載されているよ。

GMT(Green Metaverse Token)についてよくある質問

ここからは、GMTGreen Metaverse Token)に関するよくある質問を紹介します。

Q.「GMT(Green Metaverse Token)での流動性プールのやり方は?」

GMTは、Binanceの流動性プールに対応しています。Binanceの流動性ファーミングでは、2種類のトークンを預けて流動性を提供すると、金利にあたるトークンを獲得できます。

申し込み方法の流れは以下の通りです。

  • GMTとペアで預ける仮想通貨を用意する
  • Binanceの「流動性ファーミング」にアクセス
  • Liquid Swap」から、預ける仮想通貨を選択する

BinanceでGMTを購入したら、そのままファーミングするのも有りだね!

Q.「GST(Green Satoshi Token)との違いは?」

GSTは、STEPNのプレイで稼げるユーティリティトークンです。※ユーティリティトークン…特定のサービス内において、実用性のあるトークン

GMTはガバナンストークンであり、プロジェクトの運営に関するガバナンス投票への参加権が得られます。

一方、GSTはゲーム内通貨の位置付けが強く、スニーカーの修理やレベルアップに多く利用されます。

ちなみに、GSTには発行枚数の上限がないんだ。GMTは発行枚数が60億枚と決まっているよ。

枚数に限りがある分、GMTは希少価値が高まりそうだね。

GMT(Green Metaverse Token)の買い方・将来性まとめ

GMT(Green Metaverse Token)は、STEPNのガバナンストークンとして注目を集めている仮想通貨です。STEPNブームを追い風に、今後の将来性が期待されています。

GMTはBinanceで購入できます。まずは国内取引所のCoincheckでビットコインを購入し、Binanceに送ってGMTを取引するとスムーズです。

1か月で200倍の高騰を記録したGMTを、早めにチェックしておきましょう。

5分で無料登録

  • GMTは海外取引所で購入できる。海外取引所は日本円が使えないため、国内取引所からビットコインを送って取引を行う。
  • ビットコインの取引には、国内大手取引所のCoincheckがおすすめ。スマホの操作性が良く初心者も利用しやすい。
  • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行って、GMTの買い時に備えよう。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

監修者

(監修者)飯田 道子  https://paradisewave.jimdofree.com

CFP®︎認定者 CFP認定者。海外生活ジャーナリスト。金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動をおこなっている。海外在住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住相談や金融・保険情報を得意としている。

おすすめの記事