Zaifを使おうと思ったんですが、手数料が高いと聞いて悩んでいます。

確かに、他の取引所に比べるとZaifは少し手数料が高いよ。

Zaifは「ネムの流通量が多い」「独自のトークンを扱う」といった強みをもつ取引所です。その一方、「手数料がやや高い」という口コミも見られます。

 

今回は、Zaifの手数料が本当に高いのかどうか、他の国内取引所との比較を踏まえて解説します。少しでもコストを削減できるように、損のない取引所はどこかをしっかり見極めましょう。

本記事をまとめると・・・
  • Zaifはスプレッドが広い傾向にある。
  • 他の取引所と比べると手数料がやや高い。
  • 手数料を抑えられる取引所はGMOコイン。ムダなコストを避けたい方におすすめ。

GMOコイン

\ 口コミNO.1の人気と実力 /
GMOコインで無料口座開設する
※送金手数料無料

Zaif(ザイフ)の基本情報

名称 Zaif
おすすめ度
取引手数料 販売所 無料
取引所 Maker:0% Taker:0.1%
送金手数料 0.0001~0.01BTC
スプレッド 約5~6%
取引可能時間 いつでも(不定期でメンテナンスあり)
最小発注量 0,001BTC
特徴 独自トークンを扱っている
公式HP https://zaif.jp/

 

Zaifは6種類の主要通貨の他に、複数のトークンを扱っています。

※トークン…既存のブロックチェーン上に作られた、企業や個人が発行する独自の仮想通貨

Zaifで多く取引されている仮想通貨
  • Symbol取引量世界No.1
  • XEM/JPY取引量世界No.1
Zaifの取扱通貨
ビットコイン/シンボル/ネム/モナコイン/ビットコインキャッシュ/イーサリアム/ザイフ/カウンターパーティ/フィスココイン/カイカコイン/ネクスコイン/ゼン/コムサ

 

2018年には不正アクセスによって約70億円の仮想通貨が外部流出する事件が起きましたが、現在は経営体制が一新され、セキュリティ面も向上しています。

Zaifはスプレッドが広い

 

買値 売値 スプレッド
ビットコイン 4,722,517 4,441,437 5.90%
イーサリアム 297,841 272,476 8.52%

※2021年8月1日の情報です。

 

Zaifを利用する際にネックとなるのが、販売所スプレッドの広さです。※スプレッド…仮想通貨を買う時や売る時に発生する価格の差

 

公式HPにはスプレッド相当額0.1%~8.0%と記載があり、価格の急変時はさらにスプレッドが広がる可能性があることも明記されています。(参考:手数料一覧 - Zaif Exchange

 

他の取引所と比較すると高めの設定になっているため、スプレッド分の出費を抑えたい方は注意しましょう。

Zaif(ザイフ)の手数料の種類

Zaifで取引をする際は、以下の手数料が発生します。

  • 口座管理維持手数料
  • 販売所取引手数料
  • Orderbook trading手数料
  • AirFX取引手数料
  • ビットコイン送付手数料
  • アルトコイン送付手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料

順番に見ていきましょう。

口座管理維持手数料

1万円未満 固定100円
1万円以上10万円未満 3%
10万円以上50万円未満 5%
50万円以上100万円未満 7%
100万円以上 10%

早めに本人確認を済ませないと、ずっと損をするよ。

口座管理維持手数料は「本人確認を終えていないユーザーのみ発生する手数料」です。毎月10時時点の残高によって、同月15日に徴収されます。

Zaifを利用するなら、本人確認はすぐに済ませるようにしましょう。

販売所取引手数料

取引手数料 0%
日次手数料 0.039%/日
スワップ手数料/2時間毎 最大値±0.375%

スプレッドが実質手数料のようなものですね。

Zaifの「かんたん売買」(販売所)を利用する際の取引手数料は無料です。

ただし、取引の際は0.1%~8.0%のスプレッドが上乗せされた状態で価格が提示されます。

Zaifの販売所スプレッドは他の取引所に比べると高い傾向にあるため、販売所メインで利用するなら別の取引所の方がコストを抑えられます。

Orderbook trading手数料

通貨ペア Maker Taker
BTC/JPY 0% 0.1%
XYM/JPY 0% 0.1%
XYM/BTC 0% 0.1%
XEM/JPY 0% 0.1%
XEM/BTC 0% 0.1%
BCH/JPY 0% 0.3%
BCH/BTC 0% 0.3%

Maker手数料は指値注文を出す際の手数料、Takerは買い注文を入れる際の手数料だよ。

 

Zaifでは取引所での取引のことを「Orderbook trading」と呼んでいます。Taker手数料が他の取引所と比べると高めに設定されているので、利用の際は注意が必要です。

Zaifより取引手数料が安い取引所
  • CoincheckMaker手数料・Taker手数料が無料
  • GMOコインMaker手数料にマイナス手数料が導入されている(手数料をもらえる)

AirFX取引手数料

取引手数料 0%
日次手数料 0.039%/日
スワップ手数料/2時間毎 最大値±0.375%

証拠金取引のことを、ZaifではAirFXと呼んでいます!

AirFXでは、FXのようにレバレッジをかけた取引が可能です。公式ホームページには取引手数料無しと記載がありますが、日次手数料やスワップ手数料がかかる点を見落とさないようにしましょう。

ビットコイン送付手数料

BTC送金手数料 0.0001~0.01BTC

送金手数料が無料の取引所もあるから、Zaifは少し高く感じるね。

他のウォレットや口座にビットコインを送る際は、送付手数料が必要です。

送付手数料が0.01BTCの場合、ビットコイン100万円を送金すると手数料が1万円かかる計算になります

アルトコイン送付手数料

XYM送金手数料 2〜20XYM
XEM送金手数料 2〜20XEM
MONA送金手数料 0.001〜0.1MONA
BCH送金手数料 0.001〜0.01BCH
ETH送金手数料 0.01〜0.05ETH

銘柄ごとに手数料が変わります!

アルトコインを送金する際の手数料は上記の通りです。

送金を定期的に行うなら、できるだけまとめて送金するようにしましょう。コストカットを目指すなら、送金手数料が無料のGMOコインDMM Bitcoinを利用するのも1つの手です。

入金手数料

銀行振込 自己負担
コンビニ入金 3万円未満:495円
3万円以上:605円
5万円以上:605円+200円(印紙税)
ペイジー入金 3万円未満:495円
3万円以上:605円

3種類の入金方法から選べるよ。

Zaifの振込口座は住信SBIネット銀行となっているため、住信SBIネット銀行から入金すれば振込手数料が無料で済みます。土日や営業時間外でも入金スピードが速い点も優秀です。

住信SBIネット銀行以外の銀行振込は、各金融機関の手数料に準じた料金を支払う必要があります。営業時間外に振り込むと反映に時間が掛かるというデメリットもおさえておきましょう。

出金手数料

日本円の銀行振込 50万円未満:385円
50万円以上:770円

何度も出金してしまうと、積もり積もって大きな額になりますね……。

Zaifでは出金にも手数料がかかります。利用の際はできる限りまとめて出金して、ムダのない運用を心掛けてください

Zaif(ザイフ)の手数料が高すぎると言われる理由

ここからは、Zaifの手数料が高いと指摘される理由をお伝えします。

  • スプレッドが広すぎる
  • コンビニ入金手数料が高すぎる

スプレッドが広すぎる

買値 売値 スプレッド
Zaif 4,722,517 4,441,437 5.90%
DMM Bitcoin 4,628,429 4,521,288 2.31%
GMOコイン 4,639,340 4,506,722 2.86%

※2021年8月1日のビットコインの情報です。

比較すると差がわかりますね……!

Zaifの販売所スプレッドは他の取引所よりも広く設定されています。スプレッド分が目減りしてしまうため、他の取引所よりも収益が上がりにくいのがデメリットといえます。

また、短期で売買を繰り返す人にとっても、スプレッドの広さはネックになるでしょう。

コンビニ入金手数料が高すぎる

Zaif 3万円未満:495円
3万円以上:605円
5万円以上:605円+200円(印紙税)
bitFlyer クイック入金:無料~330円

入出金手数料や送金手数料のコストも気になるところだね。

コンビニ入金に対応しているbitFlyerと比較すると、Zaifのコンビニ入金手数料は高めの設定となっていることがわかります。

このほか、入出金手数料や送金手数料も他の取引所よりも比較的高いため、Zaifを利用する際はコスト面も考慮しながら運用してください。

Zaif(ザイフ)の手数料を他の国内取引所との比較

入金手数料 出金手数料 仮想通貨入金手数料 仮想通貨送金手数料 取引所手数料
Zaif
Zaif
銀行振込:自己負担
コンビニ入金:495円~605円
ペイジー入金:495円~605円
50万円未満:385円
50万円以上:770円
無料 0.0001~0.01BTC 銘柄により変動(BTC/JPY ※Maker:0% Taker:0.1%)
bitFlyer
銀行振込:無料
クイック入金:無料~330円
220~770円 無料 0.0004BTC 無料
Coincheck
銀行振込:無料
コンビニ&クイック入金:770~1,018円
407円 無料 0.001BTC 無料
GMOコイン
GMOコイン
無料 無料 無料 無料 ※Maker:-0.01% Taker:0.05%
DMM Bitcoin
無料 無料 無料 無料 無料(販売所)
bitbank
無料 550円~770円 無料 0.0006BTC 銘柄により変動(BTC/JPY ※Maker:-0.02% Taker:0.12%)

 

 

他の国内取引所に比べ、Zaifは全体的に手数料が高いです。手数料の削減を重視するなら、無料の手数料が多いGMOコインDMM Bitcoinがおすすめです。

\ 今だけキャッシュバックあり /
DMM Bitcoinで口座開設する
※大手DMMだから安心

Zaif(ザイフ)の手数料が高すぎるまとめ

手数料や販売所スプレッドを比較すると、Zaifは他の取引所よりも手数料が高いといえます。Zaif独自のトークンは魅力的ではありますが、コストカットを優先するなら別の取引所の利用も視野に入ります。

 

手数料の安さで注目されているのはGMOコインです。入出金手数料や送金手数料が無料で、オリコン顧客満足度No.1の実績もあり利用者が増えています。

 

自分の運用方法に合った取引所を見つけて、仮想通貨運用の収益を少しでも伸ばしていきましょう!

\ 手数料が軒並み無料 /
GMOコインで無料口座開設する
※送金手数料無料

(監修者)小川 和哉 http://mclinic.jp/

ファイナンシャルプランナー
ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能

おすすめの記事