仮想通貨は18歳から口座開設や購入が可能?注意点やメリット・デメリットを解説

成人年齢が18歳に引き下げられたから18歳から仮想通貨投資を始めたいんだけど、どの取引所なら口座開設できる?

18歳から口座開設できるおすすめのお取引所を紹介するね。

仮想通貨投資は国内では基本的に20歳以上から口座開設できますが、成人年齢の引き下げにより18歳になったことで、国内取引所でも18歳以上から口座開設できる取引所が増えました。

本記事では18歳以上から口座開設できる国内取引所や、18歳から仮想通貨投資を始める際に注意しておく点を解説していきます。

注意点を把握しておかないと借金を背負う可能性もあるので、よく読んでおきましょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • DMM Bitcoinは、レバレッジ取引銘柄数が国内No.1
  • 取引手数料が無料。(※BitMatch取引手数料を除く)サポート面が充実しているため初心者におすすめ。

\ 大手DMMで安心安全/

目次

仮想通貨は18歳から口座開設・購入が可能

仮想通貨は2022年以前は基本的に成人年齢に達した20歳から始められましたが、2022年4月から18歳から始められるようになりました。

また、仮想通貨だけでなく、証券会社やFX会社の一部も同様に口座開設年齢を18歳に引き下げています。

18歳から始められるようになった理由や始める際の特徴は以下の通りです。

  • 法改正により成人年齢が18歳まで引き下げられた
  • 18歳での取引方法には制限がかけられる場合がある

1つずつ解説していきます。

法改正により成人年齢が18歳まで引き下げられた

平成30年6月13日に民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げる内容とする民法を改正する法律が成立しており、2022年4月から施行されました。

以前は国内取引所だと20歳から口座開設できる取引所がほとんどで、20歳以下の未成年者は海外取引所を利用する必要があったのです。

ただ、海外取引所は日本の金融庁から「無登録で仮想通貨交換業を行う者」と警告を受けており、利用は自己責任になるので国内取引所のように安全性は担保されていません。

しかし、今回の法改正により成人年齢が18歳に引き下げられたことで、18歳以上の方は海外取引所を使う必要がなく、国内取引所で安全に仮想通貨を始められるようになりました。

参考:法務省

18歳での取引方法には制限が設けられる場合がある

18歳以上から国内取引所の口座開設はできるようになったものの、取引方法の一部に制限がかけられている場合があります。

例えば国内取引所の1つであるDMM Bitcoinは口座開設が18歳からできるようになっていますが、18歳かつ高校生(職業欄が学生)である方はレバレッジ取引におけるリスク等を考慮して「現物取引」しか利用できません。

また、投資経験の少ない方に関しては取引所の運営会社によるリスク確認を実施しています。

参照:DMM Bitcoin

レバレッジ取引は現物取引と呼ばれる通常の投資よりリスクが大きいからだね

現物取引とレバレッジ取引の違いをまとめると以下のようになります。

現物取引レバレッジ取引
送金・決済できるできない
取引方法の種類少ない多い
リスク最悪、資産が0になる最悪、借金を負う
取引難易度低い高い

現物取引は仮想通貨そのものを売買する一般的な投資手法です。対してレバレッジ取引は実際に仮想通貨そのものを売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを予想して注文を出し、決済することで利益を獲得する手法です。

レバレッジ取引は自分の持つ資金以上にお金をかけられるため、取引がうまくいけば現物取引より大きな利益を獲得できます。

ただ、その分取引がうまくいかなかったときのリスクも増加し、予算以上にかけてしまうと借金を負う可能性があるのです。

そのため、レバレッジ取引ではなく現物取引を行いましょう。

18歳から口座開設が可能な仮想通貨取引所

18歳から口座開設が可能になった仮想通貨取引所は以下5種類です。

  • bitbank
  • DMM Bitcoin
  • BITPOINT
  • ZAIF
  • ディーカレット

それぞれの特徴は以下の通りです。

名称取扱通貨数取引手数料安全性/セキュリティ登録までの時間スマホアプリ
bitbank29種類メイカー:⁻0.02%

テイカー:0.12%

※一部銘柄を除く

コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

1日あり
DMM Bitcoin33種類無料

※BitMatch取引手数料を除く

コールドウォレット(95%以上)

マルチシグ

二段階認証

SSL

5分あり
BITPOINT13種類無料コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

SSL

不明あり
Zaif14種類無料コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

不明あり
ディーカレット5種類無料コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

1日あり

2022年6月時点では5種類の国内取引所で18歳から口座開設できます。

中でもおすすめな取引所はDMM Bitcoinです。DMM Bitcoinは取扱通貨数が33種類と多く、運営元がDMMグループなので安心できます。

DMM Bitcoinのアプリは100万ダウンロードを超えており、PC版に引けを取らない機能を備えているため、スマホで手軽に仮想通貨投資を行えるでしょう。

18歳では口座開設が不可能な仮想通貨取引所

18歳では口座開設が不可能な国内取引所は以下の6種類です。

  • GMOコイン
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • BitTrade(旧Huobi Japan)
  • SBIVCトレード
  • 楽天ウォレット

それぞれの特徴は以下の通りです。

名称取扱通貨数取引手数料安全性/セキュリティ登録までの時間スマホアプリ
GMOコイン24種類販売所…無料
取引所…Maker:-0.01%,Taker:0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
              Maker:-0.03%,Taker:0.09%(その他)
コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

10分あり
Coincheck23種類無料コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

SSL

5分あり
bitFlyer14種類無料コールドウォレット(80%以上)

マルチシグ

二段階認証

SSL

5分あり
BitTrade(旧Huobi Japan)34種類無料コールドウォレット

マルチシグ

二段階認証

最短即日あり
SBI VCトレード23種類

取引所:Maker -0.01Taker 0.05%

販売所:無料

コールドウォレット

マルチシグ

高強度パスワード採用

不正ログイン防止

翌日営業あり
楽天ウォレット5種類無料コールドウォレット

二段階認証

最短即日あり

上記の取引所は20歳以上から口座開設ができます。ただ、DMM Bitcoinは他の取引所と変わらないほどの取扱通貨数を誇っているため、取引に目立った不都合が生じる可能性は低いでしょう。

仮想通貨取引所での口座開設方法・購入方法

仮想通貨取引所での口座開設方法と購入方法を解説していきます。

  • STEP1:Coincheckで無料口座開設をする
  • STEP2:SMS認証や本人確認書類の提出を行う
  • STEP3:仮想通貨を購入する

1つずつ解説していきます。

STEP1:国内取引所で無料口座を開設する

仮想通貨の取引を行うには、まずCoincheckで口座を作る必要があります。国内取引所で口座を開設する場合は、Coincheckがおすすめです。

  • ビットコインを経由した面倒な送金が発生しない
  • アプリを利用すればスマートフォン・タブレットから簡単に取引可能

口座開設は無料だから、いくつか口座を持っておくと便利だね。

 STEP2:Coincheckに日本円を入金する

本人確認が無事に終わると、本格的な取引をできます。Coincheckで仮想通貨を購入する場合、まずはCoincheckに日本円を入金しなければいけません。日本円の入金には大きく分けて3通りあります。

  • 銀行振り込み
  • コンビニ入金
  • クイック入金

いずれもクレジットカードが使えず、直接振り込まないといけないのでその点は注意しておきましょう。

STEP3:Coincheckで仮想通貨を購入する

日本円での入金を終えたら、JPYの残高が増えていることを確認しましょう。そのあとは最低額である500円から指定して購入できるので、欲しい分だけ入力して購入するのボタンを選択します。

18歳で仮想通貨投資を始めるメリット・デメリット

18歳から仮想通貨を始めるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・金融の勉強になる

・若いうちから投資経験を積める

・他の金融商品よりリスクが大きい

・勉強をしないと詐欺やトラブルに遭う可能性がある

若いうちから仮想通貨投資を始めると他の人より早く投資経験を積むことで、将来の資産形成をスムーズに進められる可能性があります。

金融の知識は身につけておいて損はないので、身を持って勉強できるメリットは大きいでしょう。

ただ、仮想通貨は株や債券など他の金融商品と比べて値動きの幅が大きく、短期的に資産を大きく減らしてしまう可能性もあります。

価格が暴落したときにお金が足りなくならないよう、予算の範囲内でリスクを低くして投資しよう。

18歳で仮想通貨の口座開設・購入をする際の5つの注意点

18歳で仮想通貨の口座開設・購入をする際の注意点は以下の5つです。

  • 口座開設・仮想通貨の購入前に保護者へ相談する
  • 海外の取引所など情報が少ないものへは気軽に手を出さない
  • 徹底した資金管理のもと余剰資金で投資を行う
  • 仮想通貨投資のために借金をしない
  • 投資はリスクを理解した上で自己責任で行う

1つずつ解説していきます。

口座開設・仮想通貨の購入前に保護者へ相談する

仮想通貨を始める際は、どれくらいの金額を投資するのかを必ず保護者に相談しましょう。

身の丈に合わない資金を投資してしまうと、急にお金が必要になったときなどにお金が足りなくなる可能性があり、取り返しのつかないことになります。

お金のトラブルを未然に防ぐため、相談したうえで少額から始めよう。

海外の取引所など情報が少ないものへは気軽に手を出さない

海外取引所は国内取引所より取扱通貨数が多い取引所が多く、特定の取引所でしか取り扱っていない仮想通貨もあります。

しかし、海外取引所は日本から警告を受けている取引所がほとんどであり、資金を入金すると出金できなくなる詐欺目的の取引所も存在します。

特に情報が少ない新興の海外取引所は危険性が高いので、気軽に手を出さないようにしましょう。

DMM Bitcoinであれば33種類もの仮想通貨を取引できるため、主要な通貨を取引するには十分です。

あわせて読みたい
セキュリティが強固な仮想通貨取引所3選|個人でできるセキュリティ対策・ハッキング対策を6つ紹介 仮想通貨がハッキングされたら困るなぁ…。自分でできる対策方法はあるのかな? セキュリティが強固な取引所を利用して、仮想通貨を守るといいよ。 仮想通貨はデジタル上...

徹底した資金管理のもと余剰資金で投資を行う

仮想通貨に限らず投資全般に言えることですが、資金管理を徹底して余剰資金で行いましょう。

なぜなら投資は必ず儲かるわけではなく、大きな資金を投資してしまうと生活に支障を与える可能性があるからです。

貯金がない方はまず貯金を優先し、貯金額を引いて残った余剰資金で投資しましょう。

仮想通貨投資のために借金をしない

仮想通貨は値動きが大きいため、一発逆転を狙えると考えて借金をするのは危険性が高いです。

もちろん一発逆転ができる可能性がゼロではありませんが、仮想通貨を始めたばかりの方が大きな利益を狙える可能性は極めて小さく、運に左右されてしまいます。

反面、リスクは大き、仮想通貨が値上がりしなければ大きな損失を出します。その結果、借金を背負うことになり、保護者や周りの方にも迷惑をかける可能性があるでしょう。

最悪失ってもいい金額で始めよう。

投資はリスクを理解した上で自己責任で行う

投資は稼げる場合もあれば損失が発生する場合もあり、リスクのあることを理解した上で行いましょう。

特に仮想通貨は他の金融商品と比べてリスクが大きいので、より一層リスク管理を徹底して始める必要があります。

ただ、リスク管理を徹底して安全に投資を行えば長期的に利益を獲得できる可能性は十分ある資産です。

欲張らず、コツコツと投資していくのがよいでしょう。

18歳で仮想通貨を始める方法や注意点まとめ

日本では2022年4月から法改正により、18歳から国内取引所で口座開設ができるようになりました。

18歳から仮想通貨を始められる取引所は5種類ありますが、中でもDMM Bitcoinで口座開設をするのがおすすめです。

DMM Bitcoinは取扱通貨数が33種類と国内取引所の中でも多く、運営元がDMMグループというさまざまなサービスを手掛けている企業なので比較的安心だといえるでしょう。

資金管理やリスク管理を徹底した上で、仮想通貨投資を始めてみるのもいいでしょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • DMM Bitcoinは、レバレッジ取引銘柄数が国内No.1
  • 取引手数料が無料。(※BitMatch取引手数料を除く)サポート面が充実しているため初心者におすすめ。

\ 大手DMMで安心安全/

(監修者)柴沼直美

(監修者)柴沼直美

https://caripri.com/

保有資格
CFP(R)認定者

プロフィール
生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

>>監修者ページをみる

あわせて読みたい
審査が早いおすすめの仮想通貨取引所4選|審査で落ちる人の特徴や審査にかかる時間を紹介 仮想通貨取引所で口座開設するには審査に通らないといけないんだけど、審査基準ってどんな感じなのかな?落ちたときの対処法なども教えてほしい。 取引所の審査に落ちる...
あわせて読みたい
JPYCとはどんな仮想通貨?前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインの買い方や将来性を解説 JPYCは日常のショッピングに使える仮想通貨って本当ですか? 日本円に連動していて、国内での決済手段として開発されたんだよ。 JPYC(JPY Coin)は日本円と連動するステ...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次