シンボル(Symbol/XYM)ってネムコインから派生したみたいだけど、違いはあるのかな?

シンボルはネムコインをアップデートさせた仮想通貨だから、セキュリティの強固さや複数処理のスムーズさが強みだよ!

シンボル(Symbol/XYM)は2021年3月からメインネットワークが稼働し、ネム保有者に対して1:1の割合で付与されたことから始まりました。ネム(NEM/XEM)にカタパルトアップデートを実装し、まったく新しくなった仮想通貨がシンボルです。処理スピードが大幅に速くなったことからも大きな期待を集めています。

2021年10月にはGMOコインがシンボルを取り扱い始めたこともあり、時価総額を爆発的に伸ばしました。

この記事ではシンボルの特徴を、ネムコインと比較しながら紹介し、将来性や購入方法についても解説していきます。

本記事をまとめると・・・

  • シンボルはネムコインから派生した仮想通貨
  • セキュリティが強固でアグリゲートトランザクションを用いた複数処理機能も注目されている。2021
  • シンボルを購入するならGMOコインがおすすめ。取引手数料も安く、オリコン満足度No.1の国内取引所

GMOコインの登録はこちらから!GMOコインで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

シンボル(Symbol/XYM)とは?ネム(NEM/XYM)から派生した通貨

通貨名 シンボル
シンボル Symbol
注目度 ★★★★☆
取扱取引所 GMOコインbitbankZaif
時価総額
(2021年11月8日現在)
2,043,865,703円
公式HP https://nemedia.jp/official/
シンボル(Symbol/XYM)って具体的にどんな特徴があるのかな?

シンボルの具体的な特徴は、以下5つが挙げられます。

  • ネム(NEM/XYM)の特徴を引き継ぎながら2021年3月にアップデートを経た仮想通貨
  • パブリック・プライベートの両方を兼ね備えたハイブリッドブロックチェーン技術を採用
  • ネムよりもセキュリティが強固なマルチレベルマルチシグを搭載
  • アグリゲートトランザクションによる複数処理を一括でできる機能
  • コンセンサスアルゴリズムがPoIからPoS+へ

それぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

ネム(NEM/XYM)の特徴を引き継ぎながら2021年3月にアップデートを経た仮想通貨

シンボル(Symbol/NEM)は、2021年3月にネムに対して実装されたカタパルトアップデートによって派生しリリースされました。そのため、ネムの特徴も引き継いでいます。具体的にはビットコインの1/10にもなる処理スピードなどです。

もちろん、単純に引き継いでいるだけでなくそれぞれの機能は強化され、一層使いやすくなっています。

ネムは不正流失した過去もあるから、そのときの対策といった意味合いもあるかもしれないよ!

ネムの上位互換と言うこともあり、投資家を含め世界各国から注目を集めている仮想通貨です。ネムについて詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてみてください。

パブリック・プライベートの両方を兼ね備えたハイブリッドブロックチェーン技術を採用

シンボル(Symbol/XYM)は、パブリックチェーンとプライベートチェーンの双方における機能を兼ね備えた、ハイブリッドブロックチェーンを採用しています。

パフリック?ハイブリッド??

それぞれの技術における特徴は以下の通りです。

名称 特徴
パブリックチェーン ・分散型ネットワーク
・単一組織に依存しない価値交換が可能
プライベートチェーン ・プライバシー、規制、カスタマイズ、効率性に特化
・プライベートなシステム

ハイブリッドチェーンは、これら2つのよいところを兼ね備えています。親密性が高いエコシステムを維持しつつも、データにおける分散ハブとして機能するパブリックチェーンとの通信も自由に行えます。

結果として、不要なコストや複雑な処理が不要となり、ブロックチェーン技術を活用したい組織が利用しやすい状況を生み出せます。

シンボル(Symbol/XYM)は、パブリックチェーンとプライベートチェーン双方に互換性があるため、まさにハイブリッドチェーンの役割を果たせます。

ネムよりもセキュリティが強固なマルチレベルマルチシグを搭載

シンボル(Symbol/XYM)のセキュリティはネムよりも強固と言われています。ネムに搭載されていた一般的なマルチシグ機能はもちろん、複数レイヤーを対象としたマルチシグ機能の利用も可能です。

マルチシグ(Multisig)とは、マルチシグネチャー(Multi Signature)の略語で、インターネット上におけるセキュリティ技術のひとつです。特にビットコインを初めとした暗号資産(仮想通貨)の世界では、その送付のために複数の電子署名を必要とする状態をマルチシグと呼んでいます。

具体的には、署名者をグループ(レイヤー)に分け、各グループの代表者のみが署名をするなど複雑な取引形態にも対応できます。加えて、アカウント制限と言った特定のアカウントに限定してトランザクションを行う機能も保有しており、安全性は非常に高いです。

アグリゲートトランザクションによる複数処理を一括でできる機能

シンボル(Symbol/XYM)には、アグリゲートトランザクションと呼ばれる機能も備わっています。アグリゲートトランザクションとは、使い捨てのワンタイムパスワード的なスマートコントラクトを生成することで、複数トランザクションの一括処理が可能です。

この機能によって「信用要素が不要なトラストレストークンの交換」「他ユーザへの手数料支払いの肩代わり」「トランザクションの第三者預託」などを実現可能としました。結果的に取引がスムーズになり、パフォーマンスの向上につながっています。

コンセンサスアルゴリズムがPoIからPoS+へ

シンボル(Symbol/XYM)のコンセンサスアルゴリズムには、PoS(Proof Of Stake)の修正版であるPoS+(Proof Of Stake Plus)が採用されています。

PoS+は、NEMで用いられていたPoI(Proof Of Importance)と同じく、シンボル(Symbol/XYM)の保有量やエコシステムへの貢献度を表すインポータンス・スコアをもとに、報酬の付与する額や確率を決定するのです。

PoS+は、XYMにおける保有量や取引にかかる支払手数料の額に加え、ネットワークでの最新活動状況や、他ユーザからのハーベスティング委任量も考慮している点でPoIと大きく異なります。

結果として、XYMの保有量が少ないユーザでも、ブロックを生成できる確率が上昇し、より公平にシステム構築ができると考えられているのです。

シンボル(Symbol/XYM)の2021年11月現在のチャートと価格動向


具体的にシンボル(Symbol/XYM)ってどんな値動きをしてきたのかな?

2021年3月にシンボルがリリースされてから、11月までの間にどのような値動きをしたか確認しましょう。

具体的には以下の期間で大きな値動きを見せています。

  • 2021年3月:ネムのシンボルアップデート実施。最高値の79.64円を記録
  • 2021年6月:仮想通貨市場全体の不況から反落。下落傾向にあり19円台へ。
  • 2021年10月:価格安定傾向から一転、35円へ高騰。 bitbankへの取扱開始がきっかけ。
  • 2021年11月:ネムとのハードフォークを実施。独立した通貨になることで45円前後へ。

それぞれ詳しく解説していきます。

2021年3月:ネムのシンボルアップデート実施。最高値の79.64円を記録

引用:CoinMarketCap

2021年3月、ネムのアップデートによりシンボルが実装されました。注目度の高いネム(NEM)から派生し、さらにさまざまな欠点を解消するアップデートとして投資家の期待も高かったのが特徴です。実装時に最高値を記録し、79.64円を記録しています。

実装当時は注目されるからどうしても高くなるよね!

2021年6月:仮想通貨市場全体の不況から反落。下落傾向にあり19円台へ。

引用:CoinMarketCap

2021年6月はビットコインやイーサリアムといった主要通貨を始め、仮想通貨全体の価格が暴落しました。その煽りを受けてシンボル(Symbol/XYM)も19円台まで落ち込んでいます。

ビットコインが暴落した原因は、中国で暗号資産マイニングが禁止されたことが大きいみたい

2021年10月:価格安定傾向から一転、35円へ高騰。 bitbankへの取扱開始がきっかけ。

引用:CoinMarketCap

2021年10月には価格が35円へと高騰しました。大きな要因としては、bitbankなど国内を含んだ多くの取引所へ上場したことが考えられます。

シンボルを取扱う国内仮想通貨取引所は、GMOコインbitbankZaifの3つのみです。この国内取引所への上場は、シンボル(Symbol/XYM)の期待を高めました。

日本でも買えるから興味があったら登録してね!

2021年11月:ネムとのハードフォークを実施。独立した通貨になることで45円前後へ。

引用:CoinMarketCap

2021年11月にはネムと完全に独立を果たすハードフォークが実施されました。ハードフォークとは、従来の通貨と完全に分離され、別の通貨として取引をされることを指します。過去にはビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムとイーサリアムクラシックなど、多くの通貨がハードフォークを実施しています。

この過程で独立したことにより価格はさらに上昇し、一時期45円まで伸びています。

その後若干下がりましたが、40円台と言った高水準で推移していることがわかりますね!

シンボル(Symbol/XYM)の将来性はない?今後の将来価格を予想

シンボル(Symbol/XYM)の過去における動きはわかったけど、将来的にはどうだろう?

これからシンボルに投資しようと考えている方は、過去の動きよりも将来性が気になるところだと思います。

100%伸びるといった確証はないものの、以下のポイントを押さえておくことである程度予測を立てられるので、一度確認してみてください。

  • ネムのオープンソース化によってエンジニアの参入障壁が下がる
  • 2022年に80円台・2025年には100円台を突破するとの海外投資家の意見
  • NFT Driveなど、急成長のNFT市場への参入も計画中

それぞれ詳しく解説していきます。

ネムのオープンソース化によってエンジニアの参入障壁が下がる

ネムは2020年9月にエコシステムの展望を打ち出し、その際オープンソース化を発表しました。オープンソース化とは、シンボル(Symbol/XYM)を構成するソースコードを一般公開することです。

ソースコードを一般公開することにより、プロジェクトの自立分散性・透明性・独立性が強まり、企業やエンジニアも気軽に開発できるようになります。

その結果、多くのユースケース(使用用途)につながることもあり、結果として価値が上がる可能性も十分考得られます。

便利になればなるほど需要も増えるよね!

参考:ネム&シンボルが新章突入へ、近日中に複数の発表を予告

2022年に80円台・2025年には100円台を突破するとの海外投資家の意見

海外において仮想通貨の動きを予測するサイト、Digitalcoinによると2022年は$0.65(=80円台)、2025年は$1.13(=100円台)と堅調に伸びていくと予測されています。

必ずしも伸びるとは言い切れないものの、プロの投資家やAIによる予測であるためかなり信ぴょう性は高いでしょう。

5年間でおよそ倍と考えると、短期的な投資よりも長期的な投資に向いてそうだね!

参考:Symbol (XYM) Price Prediction - Symbol (XYM/USD) Price Forecast

NFT Driveなど、急成長のNFT市場への参入も計画中

シンボル(Symbol/XYM)は急成長のNFT市場への参入も計画しています。具体的にはNFT Driveといったサービスへの参入です。NFT Driveとは絶対にデータが消えることがないサービスとして発足したサービスです。

すでにNFT市場に参入した仮想通貨で最近急激に伸びているケースもよく見られます。NFT市場の活況とともに、シンボルも参入後は期待できそうです。

NFTに関しては以下の記事をご覧ください。

シンボル(Symbol/XYM)を取扱う取引所

シンボル(Symbol/XYM)って国内でも買えるらしいんだけど、どこで買えるのかな?

国内でシンボルを購入するなら、以下の取引所がおすすめです。

  • GMOコイン
  • bitbank
  • Zaif

それぞれの取引所について、特徴を紹介するので、気になる取引所があればぜひ登録してみてください。

GMOコイン

GMOコイン

公式HP:https://coin.z.com/jp/

取引所名 GMOコイン
おすすめ度 ★★★★★
取扱銘柄数 14種類
最低注文数量 新規・決済ともに 0.1 BCH / 回
取引手数料(取引所) 0.05%
取引手数料(販売所) 無料(スプレッド負担)
特徴 2021年度のオリコン顧客満足度でNo.1を獲得
GMOインターネットグループで信頼性が高い
公式サイト https://coin.z.com/jp/

GMOコインは最近CMにも力を入れているため、ご存じの方も多いことと思います。2021年度オリコン顧客満足度で1位を獲得した実績があり、初心者の方でも安心して取引できる取引所です。

取引手数料も無料ではないものの、0.05%と非常に小さいので気になりません。

FXや証券の利用も可能で、移動平均線やMACDといった中級者以上の方に嬉しいツールも揃っています。

GMOコインは初心者から上級者まで幅広く使っているよ!

bitbank

公式HP:https://bitbank.cc/

取引所名 bitbank
おすすめ度 ★★★★☆
取扱銘柄数 11種類
最低注文数量 0.0001 BTC
取引手数料(取引所) メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
※一部銘柄を除く
取引手数料(販売所) 無料(スプレッド負担)
特徴 2021年2月は国内取引量No.1
スプレッドの狭さは業界最狭クラス!
公式サイト https://bitbank.cc/

株式会社ビットバンクが運営するbitbankは、2021年の取引量が国内No.1を記録しています。

理由としてはスプレッドの狭さが挙げられ、利益を上げやすいためユーザからの人気も高いです。

入金スピードが這う合い点もbitbankの強みであり、24時間365日いつでもスピーディに入金ができます。

入金が遅れて買いどきを逃す心配がないので、愛用している投資家も多いです。

Zaif

取引所名 Zaif
おすすめ度 ★★★☆☆
取扱通貨 8種類
最低注文数量 0.0001 BTC
取引手数料(取引所) 0円
取引手数料(販売所) 0.1%~8.0%
特徴 取引手数料が無料
シンプルでわかりやすいチャートがあるから初心者でも安心
公式サイト https://zaif.jp/?lang=ja

株式会社Zaifが運営するZaifは、Trading Viewと呼ばれるチャートを提供しており、初心者でもわかりやすいと好評を得ています。

Trading Viewはシンボルのチャートのところにも埋め込んであったやつだよ!

CoincheckやGMOコインほど有名な取引所ではないものの、テクニカルツールを活用したい方はあえてZaifを使うケースもあるようです。

セキュリティ面も強固でハッキングのリスクは低いと言われているので安心ですね。

シンボル(Symbol/XYM)の購入方法・買い方

シンボル(Symbol/XYM)って具体的にはどうやって買えば良いの?

シンボルの具体的な購入方法も押さえておきましょう。

流れは非常にシンプルで、以下の3STEPを踏むだけです。

  • 1.GMOコインで無料口座開設する
  • 2.GMOコインの口座へ日本円を入金する
  • 3.GMOコインの現物取引にてシンボル(Symbol/XYM)を購入する

それぞれの流れについて確認していきましょう。

1.GMOコインで無料口座開設する

シンボル(Symbol/XYM)は国内では複数の仮想通貨取引所で購入できますが、中でもGMOコインはスプレッドも狭くサポートも手厚いのでおすすめです。

そこで、まずはGMOコインで口座を開設しましょう。メールアドレスを入力し、送られてきたメールに情報を入力します。

本人確認が無事通ればSTEP1はクリアです。

混み具合にもよるけど、10分くらいで認証できるみたい!

2.GMOコインの口座へ日本円を入金する

無事に口座開設できたら、GMOコインへ日本円を入金しましょう。

入金方法としてはログイン後の会員ページにて、[入出金]→[日本円]を選択するだけです。

入金方法には振込入金・即時入金の2種類があり、振込入金ではGMOあおぞらネット銀行または楽天銀行のいずれかを選ぶことになります。

即時入金の場合は該当する金融機関を選択して入金指示にしたがってください。

クレジットカードには対応していないから注意!

3.GMOコインの現物取引にてシンボル(Symbol/XYM)を購入する

日本円の入金が反映されたら、取引所からシンボルを選んで購入しましょう。

購入するにあたっては日本円での金額指定と、シンボルでの数量指定が可能です。

どちらの入金方法を選んでも手数料などに差はないので、お好みで問題ありません。

シンボル(Symbol/XYM)の将来性まとめ

今回はシンボル(Symbol/XYM)について紹介しました。

ネム(NEM/XYM)から派生した仮想通貨で、セキュリティが強固かつ複数トランザクション処理が可能な将来性の高い仮想通貨です。

海外の投資家やAIによれば毎年堅調に伸びていくと予測されており、投資する価値は十分にあることでしょう。

興味がある方はGMOコインを経由して購入してみてください!

本記事をまとめると・・・

  • シンボルはネムコインから派生した仮想通貨
  • セキュリティが強固でアグリゲートトランザクションを用いた複数処理機能も注目されている
  • シンボルを購入するならGMOコインがおすすめ!

GMOコインの登録はこちらから!GMOコインで無料口座開設する

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

おすすめの記事