2021年からシータって仮想通貨が伸びているらしいんだけど、どんな特徴があるのかな?

時価総額も一時期第9位まで伸びたって聞くし、相当注目されてる仮想通貨だね!

シータは非中央集権型である動画プラットフォームの構築を目指している仮想通貨です。

YouTubeをはじめとし動画プラットフォーム市場は年々広がっていますが、大体は中央集権型によるプラットフォームであるため、運営都合による配信停止やサーバの不具合による閲覧制限といったリスクがありました。

しかし、非中央集権型であることはこれらのリスクを避けられ、世界的な注目を集めています。

今後非中央集権型の動画プラットフォームが普及するにつれて、シータの注目度合いや時価総額も上がることが期待できます。

そこで今回はこのシータについて、特徴や今後どれくらい伸びて行くのかといった考察、購入方法などを解説していくので、興味がある方は参考にしてください。

本記事をまとめると・・・

GMOコイン
  • シータ(THETA)は、非中央集権型である動画プラットフォームを基軸とした仮想通貨で、近年大注目のNFT(非代替性トークン)関連銘柄。関連銘柄のなかでは時価総額ランキングが一番高い。
  • シータ(THETA)は、日本国内取引所での購入は不可。しかし、海外取引所で買う際は日本円をBTCに替えなければいけない。
  • 日本円をビットコインに替えるためにおすすめの取引所はGMOコイン。手数料の安い国内仮想通貨取引所。

NFT関連銘柄大注目GMOコインで無料口座開設する

仮想通貨シータ(THETA)とはどんな仮想通貨?シータの特徴を解説

通貨名 シータ
シンボル THETA
注目度 ★★★★★
取扱取引所 バイナンス Gate.io など
時価総額
(2022年3月現在)
356,186,235,113円
公式HP https://www.thetatoken.org/

シータは2018年に公開された比較的新しい仮想通貨で、アドバイザーにはYouTubeの共同創業者であり元最高責任者でもあるSteve Chen氏もかかわっています

元YouTubeの最高責任者が関わっているってだけで驚きだね!

シータの注目すべき特徴としては以下の4つが挙げられます。

  • 非中央集権型の動画プラットフォーム(THETA.tv)を提供。ブロックチェーン技術を応用。
  • PoSを用いたステーキングサービスが利用可能。
  • 4つの巨大ファンドが100億円相当を保有。
  • マルチレベルのBFTを用いており、高度なセキュリティを維持。

それぞれについて、詳しく確認していきましょう。

非中央集権型の動画プラットフォーム(THETA.tv)を提供。ブロックチェーン技術を応用。

シータはブロックチェーンを用いた非中央集権的な動画プラットフォームであるTHETA.tvを提供しています。

今まで主流だったYouTubeなどでは、中央集権型と呼ばれるプラットフォームを用いています。

中央集権型のメリットは、一元管理はしやすいことにありますが、反面サーバ維持に高いコストがかかったり、運営元が権限をすべて握ったりするなど、動画クリエイターやユーザーからは不都合な面もいくつかありました。

一方で、非中央集権型の動画プラットフォームでは、多くのユーザが個々に通信をして中央サーバを介さないため、負荷分散が図れ、高品質な動画の提供を可能としています。

P2Pとは「Peer-to-Peer」の略称のことで、不特定多数の端末(スマホなど)がサーバを介さずに、端末同士で直接データファイルを共有することができる通信技術、またはソフトウェアのことを指します。

非中央集権型プラットフォームでは、今後主流になるであろう4Kや8Kにもより柔軟に対応できると期待されているんだ!

また、ユーザ同士が各々プラットフォームを管理できるため、権限も分散されより多くのクリエイターやユーザが参入可能となります。

PoSを用いたステーキングサービスが利用可能。

シータは、PoS(Proof of Steak)と呼ばれる分散型アルゴリズムを用いており、ネットワーク内に参加するユーザーが多ければ多いほど報酬が得られる仕組みです。

従来のアルゴリズムであるPoW(Proof of Works)では、参加者が報酬を得るためにはコンピュータを用いて演算(マイニング)する必要がありました。

しかし、PoSでは所有するだけで報酬を得られるためユーザの負担が減っています。(参考:Proof of Stakeとは?

一定数以上の口数を保有しているだけで報酬を得られる制度をステーキングと呼びます。

ステーキングの仕組みについては以下の記事も参考にしてみて!

4つの巨大ファンドが100億円相当を保有。

シータは、すでに4つの巨大ファンドが100億円相当を保有しています。

具体的なファンドは以下の4つです。

また多くの企業と連携済みで、以下のような大企業がすでに出資をしており、価格が高騰しています。

既に世界規模の企業に注目されていることから今後も期待できますね。

どの企業も聞いたことがあるよ!

マルチレベルのBFTを用いており、高度なセキュリティを維持。

シータのブロックチェーン技術には、Multi-Level BFTと呼ばれるものを採用しています。Multi-Level BFTは、アルゴリズムを高速化させつつも、高度なセキュリティを保てると言われています。

Multi-Level BFTは、次世代ビデオストリーミングに必要なリソースを、大量のノードでカバーしており、さらにアクティブな回路ブロックを2つに分割することで負荷分散を実現しています。

特に4K・8Kではデータ量も増えるから負荷分散は大きな課題だったんだね!

また、一つでもノードが改ざんされると値が変わってしまい不整合が生じるため、セキュリティの面でも高度と言われています。(参考:Multi-Level BFT Consensus Algorithm - Top Hyips

仮想通貨シータ(THETA)の2021年〜今後の価格動向


2021年に入ってからのシータの値動きも確認してみましょう。

具体的に注目すべき点としては、以下の3点が挙げられます。

  • 2021年2月:NFTプロジェクトの始動により価格が390円を突破。
  • 2021年3月:Thetaアップデートにより価格急騰。1,400円を超える。
  • 2021年7月:NFT需要の高まりから下落幅は少なく、600円台を推移。

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

2021年2月:NFTプロジェクトの始動により価格が390円を突破。

引用:CoinMarketCap

シータは2021年、NFTプロジェクトを始動することにより大企業を中心に注目を集め、取引価格も400円近くにまで伸びました。

NFTって??

NFT(非代替性トークン)は、コピーが容易なデジタルコンテンツに対して唯一無二な資産的価値を付与します。

そのため、例えばゲーム内アイテムなどで希少価値を出しやすく、大手のゲームメーカーなどを中心に注目度がましています。

日本では実際にスクエア・エニックス社が導入を検討しているようです。

ThetaはこのNFTの開発にコミットし、イーサリアムやその他のネットワークとの共同開発にも取り組む計画を明かしました。

今後情報資産の価値が重要視される中、NFTを導入したシータが注目されています。

2021年3月:Thetaアップデートにより価格急騰。1,400円を超える。


引用:CoinMarketCap

2021年3月には、シータのVer2.2.0と呼ばれる大型アップデートが行われました。

このアップデート内容は、大容量ノードに対しての処理パフォーマンスを向上させる内容でした。

より多くのユーザーが、以下のような理由からと言った理由により注目を集め、価格は一気に1,400円程まで上がりました。

  • シータネットワークに参加しても問題ない点
  • 取引が迅速に行えるようになった点
  • より多くのステーキングサービスによる報酬を得られるようになった点

一か月といった短期間で4倍程まで伸びてるんだね!

参考:Theta protocol code v2.2.0 released with important performance-related updates

2021年7月:NFT需要の高まりから下落幅は少なく、600円台を推移。

引用:CoinMarketCap

2021年5月、テスラ社がビットコインマイニングが与える環境負荷を理由に、ビットコイン決済による販売を停止しました。

それに伴い、ビットコイン価格が暴落、後を追うようにほとんどの仮想通貨も価格が暴落しました。

なかには10分の1くらいにまで減った仮想通貨もあったよね

もちろんシータも価格暴落の影響を受け、かなりの下落幅が見て取れます。

しかし、NFT需要の高まりもあって7月段階で600円台を維持しており、年始と比較すると伸びています。

参考:テスラ、ビットコイン決済を停止「環境負荷を懸念」

仮想通貨シータ(THETA)の将来性は?今後の見通しについて

2021年上半期におけるシータの動向は分かったけど、今後はしっかりと伸びるのかな??

これからシータに投資しようと考えている方にとって重要なのは今後の伸び率や将来性でしょう。

シータの将来性に関して、海外投資家の意見を見てみると、以下のようなものが挙げられました。

  • 動画ストリーミングとWeb広告の活性化による市場成熟を期待
  • 2021年はおおむね1,700〜2,000円で着地するとの海外投資家の意見
  • 2025年には5,000円を突破する見込みもあるとの意見

それぞれの意見について詳しく確認してみましょう。

動画ストリーミングとWeb広告の活性化による市場成熟を期待

シータは非中央集権的な動画プラットフォームにより、4K・8Kを利用した高品質なサービスを受けられます。

さらにはVRも可能って声も見られるね!

そのため、以前まではハイスペックPCでしか再生できないと言われていた4K動画やVRなどの高画質なストリーミングサービスも、誰でも柔軟に受けられると期待されているのです。

また、動画プラットフォームはWeb広告との相性も良く、一般ユーザーへもスムーズに普及されることが予測されています。

2021年はおおむね1,700〜2,000円で着地するとの海外投資家の意見

海外の投資家による意見を確認してみましょう。

シータの価格動向は、2021年段階ではそこまで大きな伸びを見せることは無いものの、現時点でも徐々に回復傾向にあります。

この傾向が続けばいかにもあるように、年末には20ドル(1,700~2,000円程)で着地すると言った意見がみられました。

There is a flattish trend predicted, and the THETA token may record recovery from the current drop and continue to trade around $20 by the end of 2021.

2025年には5,000円を突破する見込みもあるとの意見

2025年になると50ドル(約5,000円)を突破する見込みがあると言った意見も見られました。

THETA price might reach $20 in 2021 and by 2025 going up to $50.

動画の需要が増えることを考えると可能性は十分にあると考えられます。

スペックが高くないPCでも高画質で動画再生できるプラットフォームなら伸びそうだよね!

仮想通貨シータ(THETA)の買い方・購入方法

GMOコイン

ところでシータって日本の取引所だと売ってないの!?

シータは残念ながら、2021年8月段階では国内の取引所に上場しておらず購入できません。

そのため日本円で入出金をしたい場合、以下の3つの手順を踏む必要があります。

  1. GMOコインで無料口座開設する
  2. 日本円をGMOコインに入金し、ビットコイン(BTC)を購入
  3. 海外取引所で仮想通貨シータ(THETA)を購入

1.GMOコインで無料口座開設する

GMOコイン

 

まずは国内の取引所のGMOコインにて口座開設をします。

次に、URLをクリックした後にメールアドレスを登録しましょう。

その後は基本的な情報を入力して本人確認書類の写真を送れば登録完了です。

本人確認は免許証や住民票の写真を送るだけでOK!

2.日本円をGMOコインに入金し、ビットコイン(BTC)を購入

日本円にてGMOコインに入金したらビットコインを購入します

具体的な購入手順としては以下のようにすれば購入できます。

  1. 通貨(BTC)を選択
  2. 購入ボタンタップ
  3. 購入金額を入力
  4. ボタンをタップ

3.海外取引所で仮想通貨シータ(THETA)を購入

最後にGMOコインと海外取引所を連携させ、ビットコインを経由してシータを購入します。

シータを取り扱っている取引所の中でもバイナンスは、日本語対応していてサポートも充実しているため安心して取引できます。

仮想通貨シータ(THETA)の買い方まとめ

シータは今後も需要が伸びるであろう動画プラットフォームと密接な関係を持ち、注目されてます。

4Kや8Kが主流になることでさらにシータは伸びることが予測できるので、今のうちに保有しておくメリットは大きいです。

ステーキングサービスによって長期保有することも可能なので、興味がある方はGMOコイン経由で購入してみてください。

本記事をまとめると・・・

GMOコイン
  • シータ(THETA)は、非中央集権型である動画プラットフォームを基軸とした仮想通貨で、近年大注目のNFT(非代替性トークン)関連銘柄。関連銘柄のなかでは時価総額ランキングが一番高い。
  • シータ(THETA)は、日本国内取引所での購入は不可。しかし、海外取引所で買う際は日本円をBTCに替えなければいけない。
  • 日本円をビットコインに替えるためにおすすめの取引所はGMOコイン。手数料の安い国内仮想通貨取引所。

NFT関連銘柄大注目GMOコインで無料口座開設する

 

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士
一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

 

おすすめの記事