StreamCoinってどんな仮想通貨なんですか?
StreamCoinは動画配信に特化した銘柄で、投げ銭のような面白い機能があるよ。

StreamCoinは、ブロックチェーン技術を活用した動画配信プラットフォームです。動画の配信・視聴を行うことで、仮想通貨STRMを獲得できます。

本記事では、StreamCoinの特徴や今後の見通しについて考察しています。仮想通貨STRMの購入を考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • StreamCoinはブロックチェーンを利用したストリーミング配信プラットフォーム
  • 動画の配信・視聴を行うだけでSTRMを獲得できる!
  • STRMを購入するには、Coincheckを経由してビットコインを海外送金するのがおすすめ!

Coincheckから海外送金Coincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

StreamCoin(STRM/ストリームコイン)とはどんな仮想通貨?特徴を解説

引用:StreamCoin公式

StreamCoin(ストリームコイン)は、ブロックチェーン上に構築された動画配信プラットフォームです。

まずはStreamCoinの特徴を詳しく見てみましょう。

  • 動画を配信・視聴することで仮想通貨STRMが獲得できるプラットフォーム
  • YouTubeのようなプラットフォームに手数料を払わず投げ銭できる
  • 日本語の公式サイトとホワイトペーパーがあり、日本人でも使いやすい
  • ストリームNFTマーケットプレイスでは、作成した動画をNFT化し、取引できる
  • マルチストリーミングプラットフォームであるMeiTalkでは、複数の動画配信サービスで同時に配信できる

動画を配信・視聴することで仮想通貨STRMが獲得できるプラットフォーム

引用:StreamCoin公式

StreamCoinは動画を配信・視聴することで、STRMを獲得できるプラットフォームです。

プラットフォームはバイナンススマートチェーン上に構築されており、簡単に説明するとブロックチェーン版のYouTubeというところでしょう。

YouTubeだと、基本的には配信者のみが稼げる仕組みですが、StreamCoinは視聴者も広告を見ることでSTRMを獲得できる仕組みになっています。

StreamCoinの利用で獲得できるSTRMは、BNBに対応したMetaMaskなどのウォレットにて出金が可能です。StreamCoin専用の「MeiTalkWallet」を作成すれば、ステーキングサービスも利用できます。

今流行りの「to Earn系事業」の中では「Watch to Earn」に分類されるよ。

YouTubeのようなプラットフォームに手数料を払わず投げ銭できる

引用:StreamCoin公式

StreamCoinではストリームコインブロックチェーンにより、配信者と視聴者が直接つながっています。そのため、YouTubeのように視聴者から配信者への投げ銭が可能です。

しかも投げ銭機能を使う際には手数料が一切かかりません。第三者にムダな手数料を支払うことなく、お気に入りの配信者を好きなときに応援できるのがStreamCoinの魅力でしょう。

また視聴者が配信者に直接コンタクトを取れるのも、StreamCoinの特徴です。

運営に手数料を取られないので、好きな配信者を最大限に応援できますよ!

日本語の公式サイトとホワイトペーパーがあり、日本人でも使いやすい

StreamCoinは海外発の仮想通貨プロジェクトですが、公式サイトホワイトペーパーは日本語に対応しています。

多くの仮想通貨プロジェクトは、公式サイト・ホワイトペーパーともに英語表記がほとんどです。英語が苦手な方にとって情報収集が難しく、気になっていてもなかなか参入できません。

しかし、StreamCoinはすべての一次情報を日本語で収集できます。また多言語での展開に力を入れているので、世界的に注目される可能性もあるでしょう。

日本語で一次情報を手に入れられるのは安心だね。

ストリームNFTマーケットプレイスでは、作成した動画をNFT化し、取引できる

StreamCoinにはストリームNFTマーケットプレイスも用意されています。NFTマーケットプレイスにはストリーミング配信した動画がNFTとして保存されており、STRMを利用した購入が可能です。

NFT化された動画は容量が大きく、取引に時間がかかるのではと心配な方もいるでしょう。しかし、StreamCoinのストリームチェーンは最大300,000TPSの高速処理に対応しています。

大容量の動画であっても高速かつ、比較的安い手数料での取引が可能です。

配信者と視聴者の双方にメリットがありますね。

マルチストリーミングプラットフォームであるMeiTalkでは、複数の動画配信サービスで同時に配信できる

MeiTalk(メイトーク)はStreamCoinが提供する高性能なマルチストリーミングプラットフォームです。

1回のクリックだけでYouTubeやInstagram、TikTokなどのライブストリーミングサービスで同時配信できます。

MeiTalkのマルチストリーミングは、80以上のプラットフォームに対応しているのが魅力です。

またリアルタイム自動翻訳やリアルタイムコミュニケーション機能も搭載しています。そのため、国や言語を選ばず大勢の方に動画を視聴してもらえるのも特徴です。

配信者にとっては、自分を知ってもらえるチャンスが広がっているよ!

StreamCoin(STRM/ストリームコイン)の2022年現在のチャートと価格変動

StreamCoinに興味がある方は、2022年現在のチャートと価格変動をチェックしておきましょう。

  • 2022年5月:プロジェクトの期待感からリリース直後に29円を記録
  • 2022年5月下旬~6月現在:一時30円台を記録したが、その後は緩やかに下落傾向

2022年5月:プロジェクトの期待感からリリース直後に29円を記録


引用:CoinMarketCap

STRMは2022年の5月6日にリリースされました。リリース直後はプロジェクトへの期待感が高まったことにより、29円台を記録した好調なスタートです。

しかし、リリースから1週間後の5月13日には11円台まで価格を下げています。この下落はビットコインを筆頭とした市場全体の下落が原因でしょう。

その後、じわじわと価格が上昇して、5月19日には最高額の31円台の値をつけています。

2022年5月下旬~6月現在:一時30円台を記録したが、その後は緩やかに下落傾向


引用:CoinMarketCap

2022年5月下旬~6月現在までの価格推移を見ると、5月23日頃までは30円台を維持した状態です。

しかし、その後は緩やかに価格が下がり、6月15日現在は10円台まで下がってしまいました。ここまで価格が下がったのは、STRMリリースから1か月が経ったことで投資家の熱が収まったのも要因でしょう。

StreamCoinは2022年12月頃にベータ版アプリがリリースされる予定です。取引所への上場が発表されれば、ここからの価格上昇にも期待できます。

StreamCoin(STRM)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

2022年6月現在、StreamCoinは国内取引所では取り扱いがありません。STRMを購入する場合は、国内取引所からビットコインを送金して、海外取引所にて購入してください。

  1. Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  2. Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  3. 海外取引所(Binance)にビットコインを送金後、StreamCoin(STRM/ストリームコイン)を購入する

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック

仮想通貨を初めて購入する方は、まず国内取引所で口座開設を行いましょう。多くの投資家が利用するCoincheckで無料の口座開設を行うのがおすすめです。

Coincheckの公式サイトにある「会員登録」から、口座開設の申し込みを行ってください。申込みは、メールアドレスと任意のパスワードを入力するだけで簡単に行えます。

また申込みには本人確認が必須なので、運転免許証やマイナンバーカードを手元に用意しておきましょう。

申込みが済んだら最短1時間で取引を始められますよ。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

引用:Coincheck公式

Coincheckで口座開設が完了したら、マイページにログインしてビットコイン購入用の日本円を入金してください。

日本円の入金方法には以下の3つがあり、手数料の安い銀行振込がおすすめです。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

日本円の入金後はマイページの販売所(購入)からビットコインを購入しましょう。販売所のページではビットコインの数量を入力して「購入する」をクリックするだけで、送金用のビットコインを入手できます。

Coincheckではスマホアプリからも気軽に購入できるよ。

3.海外取引所(Binance)にビットコインを送金後、StreamCoin(STRM/ストリームコイン)を購入する

引用:Bybit公式

Coincheckでビットコインの購入後は、海外取引所にてSTRMを購入します。STRMを扱う海外取引所は以下のとおりです。

 海外取引所は金融庁から認可を受けていません。詐欺やハッキングなどのリスクを理解したうえで、自己責任のもと利用してください。

多くの海外取引所では日本語に対応しておらず、取引には英語の知識が必要です。英語に自信がない方は、BybitやMEXCなど日本語で利用できる取引所を選びましょう。

海外取引所は高レバレッジでの取引もできますが、リスクが高いので注意してください。

StreamCoin(STRM/ストリームコイン)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

StreamCoinは「to Earn系プロジェクト」として、多くの投資家から注目されています。ベータ版のアプリがリリースされれば、既存のストリーミングプラットフォームからの参入者が増えるでしょう。

ここではStreamCoinの将来性について考察しています。

  • 有力な投資家とパートナーシップを結んでいる
  • 今話題のto Earn系事業「Watch to Earn」の先駆者
  • 開発チームが優秀で期待が高い

STRMに投資する前に、今後の見通しをチェックしてみてください。

有力な投資家とパートナーシップを結んでいる

StreamCoinは仮想通貨界における有力な投資家とパートナーシップを結んでいます。公式サイトで公表されている投資家は以下のとおりです。

世界最大規模の取引所であるBINANCEや大手VCから出資を受けており、プロジェクトの将来性を期待されていることが伺えます。

今後もSTRMを扱う取引所が増えると予想できるね。

今話題のto Earn系事業「Watch to Earn」の先駆者

StreamCoinは「to Earn系事業」における「Watch to Earn」の先駆者です。同様のプロジェクトが誕生する気配はまだなく、ベータ版のリリース後は市場を独占するかもしれません。

近年はSTEPNFitmintなど「Move to Earn」系のプロジェクトが話題となっています。特にSTEPNの成功により、Move to Earnは今まで仮想通貨に触れてこなかった方からも注目されました。

StreamCoinは動画を楽しみながらSTRMを稼げるので、今後は人気に火がつく可能性も高いでしょう。

多くのユーザーが楽しんで稼げるコンテンツを求めていますね。

開発チームが優秀で期待が高い


引用:StreamCoin公式

StreamCoinの開発チームには優秀な人材が集まっており、期待度の高いプロジェクトです。

CEO兼リーダーのMichael Ein Chaybeh氏は有名なブロックチェーンスピーカーで、メタバースの分野でも積極的に活動しています。

またCTOとして、ブロックチェーンゲーム「PlayFuel」の最高責任者であるAwais Sakhi氏が参加しているのも注目したいポイントです。

StreamCoinは総勢30名の優秀なチームによって開発が進められているよ。

今後の機能実装予定・ロードマップを紹介

公式サイトにて今後のロードマップが公開されています。

2022年6月 MeiTalkにライブストリームプラットフォームを統合
2022年10月 MeiTalk デスクトップのベータ版を起動
2022年12月 MeiTalkアプリ・デスクトップのベータ版をローンチ
2023年1月 MeiTalkのサービス開始
2023年5月 ストリームチェーン(メインネット1.0)の起動
2023年7月 ストリームチェーンブロックチェーンのAPIソリューションを起動

参照:ホワイトペーパー

ロードマップの予定が実行される際には、STRMの価格上昇に期待できるので、しっかり確認しておきましょう。

StreamCoin(STRM/ストリームコイン)についてよくある質問

StreamCoinについてよくある質問として、以下の2つを紹介します。

  • Q.「ICO(プレセール)はいつ行われるの?」
  • Q.「StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は国内の取引所で買える?」

Q.「ICO(プレセール)はいつ行われるの?」

StreamCoinのICO(プレセール)は2022年の2月に実施されました。このICOにより、StreamCoinは2月~4月までの3か月間で1,170万ドルの調達に成功しています。

ICOに参加した投資家はNTCグループのホワイトリストに登録され、今後のエアドロップやイベントなどで恩恵を受けられる予定です。

ICOがすでに終了しているので、STRMを手に入れる方法は取引所での購入になりますね。

Q.「StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は国内の取引所で買える?」

2022年6月現在、STRMは国内の取引所で購入できません。しかし、公式サイトが日本語に対応しているので、国内の取引所に上場される可能性が高いです。

またStreamCoinではSTRMを100以上の取引所に上場することを、2022年の目標として掲げています。STRMが国内取引所に上場されるのを待ちながら、公式からの情報をチェックしておきましょう。

プロジェクトへの期待度が高いから、ゆくゆくは国内でも上場される可能性があるよ。

StreamCoin(STRM/ストリームコイン)の買い方や将来性まとめ

StreamCoinは「Watch to Earn」の先駆者となる動画配信プラットフォームです。BINANCEや大手VCから出資を受けており、その将来性を期待されています。

STRMはまだ国内取引所には上場されておらず、購入するには海外取引所を利用しなければなりません。

STRMの投資に興味がある方はCoincheck経由でビットコインを送金し、今のうちからSTRMを購入しておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • StreamCoinはブロックチェーンを利用したストリーミング配信プラットフォーム
  • 動画の配信・視聴を行うだけでSTRMを獲得できる!
  • STRMを購入するには、Coincheckを経由してビットコインを海外送金するのがおすすめ!

Coincheckから海外送金Coincheckで無料口座開設する

新井智美

(監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

>>監修者ページをみる

 

おすすめの記事