仮想通貨のICOは稼げるチャンスがあると聞いたよ!
有望なトークンを格安で入手できるかもしれないね。

仮想通貨のICO(プレセール)は、将来性のあるプロジェクトを早期のうちに見つけられる可能性があります。ICO期間中はトークン価格が割安となるケースが多く、先行者利益が狙えるのが特徴です。

今回は、仮想通貨のICOの参加方法や、メリット・デメリットを徹底解説します。プレセールを有効活用して、利益の獲得を目指しましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • ICO(プレセール)は事業者・投資家の両方にメリットがある資金調達方法の1つ。
  • 少額から投資しやすいので、資金力のない個人投資家も気軽に参加できる。
  • ICOの参加には仮想通貨が必要。国内大手取引所のCoincheckを使えば、簡単に仮想通貨を用意できる。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

仮想通貨のICO(別名:プレセール)とは?仕組みを紹介

ICOとは、事業者が発行したトークンを投資家に販売し、資金調達する方法のことです。上場前にトークンが販売される期間はプレセールと呼ばれ、安くトークンを購入できる可能性があります。

事業者にとって、これまでの資金調達方法は「銀行からお金を借りる」「株式を発行する」といった形に限られていました。しかし、仮想通貨を用いたICOという仕組みによって、事業者・投資家の両方に新たなチャンスが生まれました。

なお、資金調達の方法として、ICO以外にIPOIEOなどが実施されています。

  • IPO…新規株式公開(Initial Public Offering)。株式を発行して資金調達する
  • ICO…新規通貨公開(Initial Coin Offering)。仮想通貨を発行して資金調達する
  • IEO…仮想通貨取引所を介して行われる資金調達方法(Initial Exchange Offering)。取引所がトークン販売や上場をサポートする

ICO(プレセール)のメリット

ICO(プレセール)を行うメリットは以下の通りです。

  • 将来値上がりするコインを安く購入できる
  • 少額から投資することができる
  • IPOと異なり企業の参入障壁が低く、アイデアに富んだ仮想通貨が生まれやすい          
  • 事業者は配当や利子の支払いがない

将来値上がりするコインを安く購入できる

ICO期間中はトークンの販売価格が安く設定されており、将来的に値上がりする可能性のあるトークンを格安で入手できます

価格上昇が保証されているわけでありませんが、プロジェクトによっては数年後に大きな利益を得られるかもしれません。

上場後すぐに高騰する銘柄もあるし、ICO投資は夢があるよね!

少額から投資することができる

ICOは少額から仮想通貨投資しやすいのも特徴です。

IPOによる株式発行の場合は数十万~数百万円の資金が必要となるケースがありますが、ICOなら資金力のない個人も参加できる可能性があります。

証券会社やファンドへの仲介手数料が発生しないのもICOの特徴だよ。

IPOと異なり企業の参入障壁が低く、アイデアに富んだ仮想通貨が生まれやすい          

IPO(新規株式公開)の場合、事業者は証券取引所の厳しい審査を受ける必要があります。しかし、ICOIPOよりも実施ハードルが低いため、さまざまなプロジェクトが登場する可能性を秘めています。

コストを抑えつつ、スピーディに資金調達できるのもポイントです。

実績が必要なIPOよりも、ICOの方が実施しやすいんだね。世界中から資金調達できるのもすごいなぁ。

事業者は配当や利子の支払いがない

ICOでトークンを発行した場合、事業者は配当を支払う必要がありません

また、資金を借りてトークン発行をしているわけではないので、借金の利子にあたるコストも発生しません。

投資家はトークンの価格上昇に期待しているから、配当は求めていないんだよね。
ICOは事業者側・投資家側の両方にとって、メリットがある仕組みなんだ。

ICO(プレセール)のデメリット・注意点

メリットの多いICOですが、一方でデメリットも存在します。損を避けるためにも、注意点をおさえておきましょう。

  • 競争の激しい仮想通貨市場で伸びるプロジェクトを見極めるのが難しい
  • ハイリスクで詐欺も多いため注意が必要
  • ICOに関する法整備が整っておらず、国ごとに法律が違う

競争の激しい仮想通貨市場で伸びるプロジェクトを見極めるのが難しい

2万種類の銘柄が存在する仮想通貨市場において、将来性のあるプロジェクトを探し出すのは至難の業です。

参考:CoinMarketCap

  • ICO価格で購入したトークンが上場直後に急落した」
  • ICO投資したけど上場されず、売れずに困っている」
  • 「プロジェクトが進まず、トークン自体が発行されていない」

上記のように、ICOに参加して損をしてしまう人も多くいます。伸びる銘柄を探すためには、自分自身でプロジェクトをしっかり見極める必要があります。

プロジェクトの内容が良くても、市況の悪さから暴落することもあるし、悩ましいところだね。

ハイリスクで詐欺も多いため注意が必要

ICOは実施や参加がしやすい反面、詐欺行為も横行しています

架空のプロジェクトで投資を呼び掛ける・集めた資金を持ち逃げする、といったトラブルが相次いでいます。

ICOに参加する際は、トークン発行元が本当に信頼できるかどうかを確かめましょう。投資は余剰資金の範囲内で行い、リスク管理を徹底してください。

ICOにはIPOのような規制がない分、ハイリスクな投資になるんだね。

ICOに関する法整備が整っておらず、国ごとに法律が違う

ICOは世界中のプロジェクトに投資できる一方で、国によって法律が異なる点には注意が必要です。

法整備が追い付いていない国もあるため、参加する際は法律に抵触していないかどうかをチェックしてください。

ICOは各国で規制が進み始めていて、日本では基準をクリアした事業者しか実施できない形に変わってきたんだ。

ICO(プレセール)の参加方法・買い方

ここからは、ICO(プレセール)への具体的な参加方法・買い方を紹介します。

  1. Coincheck(コインチェック)の口座開設を行い、ICO投資の準備をする
  2. 各仮想通貨のICO情報をホワイトペーパー、Discordなどから集める
  3. ICO投資のための仮想通貨を用意する
  4. ウォレットを作成する
  5. プレセールに参加する
  6. トークンを受け取る

1.Coincheck(コインチェック)の口座開設を行い、ICO投資の準備をする

コインチェック

ICOに参加するには仮想通貨が必要となるため、まずは国内取引所の口座を開設しましょう。

国内取引所のおすすめは、アプリダウンロード数No.1を誇るCoincheckです。国内大手の取引所であり、国内初のIEOパレットトークンの上場)を実施したことでも話題になりました。

Coincheckのアカウント登録はスマホから5分程度で終わります。最短即日で口座が開設されるので、先に登録を済ませておくとスムーズです。

Coincheckでは今後もIEO実施が予定されているよ。ICOやIEOによる先行者利益を狙いたい人は登録しておこう。

2.各仮想通貨のICO情報をホワイトペーパー、Discordなどから集める

仮想通貨のICOに参加する際は、「どのプロジェクトに投資するか」が重要なポイントになります。仮想通貨の情報をホワイトペーパーやDiscordなどから収集し、投資対象としての価値を見極めましょう。

開発の進み具合やSNSで運用状況をチェックし、詐欺かどうかを判断するのも大切です。

「インフルエンサーが勧めていたから」「聞いたことがあるプロジェクトだから」といった理由だけでICOに参加するのは危険だよ。

自分でしっかり情報収集しないといけないね。ICO投資で利益を上げるためにも、入念に調査しよう!

3.ICO投資のための仮想通貨を用意する

ICOは日本円では参加できないケースが多いため、事前に仮想通貨を用意しておきましょう

多くの場合、イーサリアムやビットコインが用いられます。各ICOに対応している銘柄を確認した上で、Coincheckを使って購入しましょう。

口座に日本円を入金し、希望する仮想通貨を取引してください。

送金時に発生する手数料を考えると、余裕を持って仮想通貨を買っておいた方が良さそうだね。

4.ウォレットを作成する

次に、ICOによるトークンを受け取るための仮想通貨ウォレットを作成します。ICOの銘柄に対応したウォレットをダウンロードしましょう。

ウォレット作成時に表示されるリカバリーフレーズは「お財布の鍵」の役割を持っています。必ず紙などにメモを取り、大切に保存してください

ウォレットの用意ができたら、コインチェックで購入した仮想通貨を送金しましょう。

送金ミスをしないように、まずは届くかどうかを少額で試すと安全だよ。

5.プレセールに参加する

ウォレットの準備ができたらプレセールに参加します。購入したいトークンの量に応じた仮想通貨を、プレセールで指定されたアドレスに送金しましょう

なお、トークンはプレセール・クラウドセールという期間内に購入できます。プレセールは関係者だけが参加できる販売会にあたり、クラウドセールよりも安くトークンを入手できるのが特徴です。

早い時期に参加した方が、利益を得やすいかもしれないね。

6.トークンを受け取る

自分のウォレットから仮想通貨を送金すれば、新規トークンが受け取れます。

トークンを手に入れたら、上場後にタイミングを見計らって売却したり、プロジェクトに利用したりしましょう。

ICOで購入したトークンが取引所に上場されれば、価格の高騰が期待できるね。
上場後は価格変動が激しいから、購入したトークンの情報は欠かさずチェックしておこう。

ICO(プレセール)に成功した企業一覧

出典:金融庁

2017年から2018年にかけて、ICOによる資金調達が活発に行われました。

当時のICOで成功したプロジェクトの中には、2022年時点でも精力的に開発が続いており、有望なアルトコインとしての地位を築いている銘柄が存在します。

多額の資金調達に成功したICOとして、以下のプロジェクトが挙げられます。

  • 1位:EOS42億米ドル)
  • 5位:Huobi3億米ドル)
  • 6位:ファイルコイン(2.6億米ドル)
  • 7位:テゾス(2.3億米ドル)
  • 12位:ポルカドット(1.4億米ドル)

※2018年9月時点

ICOに成功したものの、開発の停滞・トークン発行を断念したプロジェクトもあるんだね。
近年は各国でICOの規制が進んでいて、ICO自体が下火になっている点もおさえておこう。

EOS(イオス)

EOSはdApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームを構築するプロジェクトです。処理速度が速く、技術的に高い評価を得ています。

ICOの史上最高額となる資金調達に成功し、EOSは一躍有名になりました。現在も開発が進められており、イーサリアムキラーになり得るプロジェクトとして期待が寄せられています。

ICO終了後にプラットフォームがローンチされて、新トークンへの交換が行われたんだ。

Filecoin(ファイルコイン)

ファイルコインはブロックチェーンを用いた「分散型ストレージネットワーク」を開発するプロジェクトです。AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)などのクラウドサービスに置き換わる、次世代の分散型ストレージとして将来性が見込まれています。

2017年に行われたICOの中では最も多くの資金調達に成功しており、2020年にメインネットが公開されました。

仮想通貨の時価総額ランキングでは、一時8位にランクインするほどのポテンシャルがある銘柄だよ。

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアム20147月~9月にICOを行い、約1,800万米ドルの調達に成功しました。

取引を自動化する「スマートコントラクト」を実装した、dAppsのプラットフォームが開発されています。2015年に正式にリリースされ、現在はあらゆる分野での活用が進んでいます。

ICO時の1ETHの価格は約0.3ドルで、7年後の2021年には1万倍以上の価格まで高騰しました。

ビットコインに次ぐ仮想通貨として信頼性が高く、今後の大型アップデートにも期待されているよ。

ICO(プレセール)を事前に知る方法

引用:CoinMarketCap

ICOの情報は、CoinMarketCapなどのサイトを使うとスムーズに探せます。ICOカレンダーをまとめているサイトをチェックして、投資先の候補を絞り込みましょう。

また、プレセール情報は海外サイトに記載されているケースが多いため、英語が苦手な方は翻訳機能を使いながら情報を集めてください。

良いICOを見つけるには、根気よく情報収集するのが大切だよ。気になるICOを見つけたら、公式のホワイトペーパーを読みに行こう。

ICO(プレセール)についてよくある質問

ここからは、ICO(プレセール)についてよくある質問を紹介します。

Q.「おすすめのICOはありますか?」

ICO投資を行う際は、以下のポイントをチェックした上で参加を検討しましょう。

  • ロードマップや進捗状況が発信されているか
  • チームメンバーの顔や名前が公開されているか
  • 有力な企業・VCから支援を受けているか

将来性のあるプロジェクトかどうか、ホワイトペーパー・DiscordSNSなどさまざまな情報から見極めるのがおすすめです。

ICOには詐欺案件が混ざっている可能性もあるため、自分の目でしっかり見極めたうえで投資判断をしてください。

コミュニティが盛り上がっているかどうかも判断材料になりそうだね!
質疑応答が的確なプロジェクトを探すのも手だよ。自分の大事な資産を投資するのだから、しっかり調査しよう。

ICO(プレセール)の参加方法まとめ

仮想通貨のICO(プレセール)に参加すれば、将来性のある仮想通貨を安く購入できる可能性があります。

ICOに参加するには仮想通貨が必要です。国内大手取引所のCoincheckでイーサリアムやビットコインを購入し、ICOに参加するとスムーズです。

先行者利益が狙えるICOのプロジェクトを、早めにチェックしておきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • ICO(プレセール)は事業者・投資家の両方にメリットがある資金調達方法の1つ。
  • 少額から投資しやすいので、資金力のない個人投資家も気軽に参加できる。
  • ICOの参加には仮想通貨が必要。国内大手取引所のCoincheckを使えば、簡単に仮想通貨を用意できる。

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

恩田 雅之

(監修者)恩田 雅之 http://onda-fp-jimusho.com/

CFP(R)認定者証券外務員2種金融知力インストラクター 1959年 東京生まれ 専修大学経営学部卒業後、16年間IT業界の営業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちNPO法人日本FP協会のAFP®の資格を取得。2004年3月にCFP®の資格後同年6月に、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用のセミナーの講師、ブログやコラムの執筆や監修などの業務を中心に活動中。 >>監修者ページをみる

おすすめの記事