Theta Fuel(TFUEL)とは?YouTubeに代わるプラットフォームを目指す仮想通貨の買い方・将来性を解説

Theta Fuelに投資しようか迷っているんだけど、どんなプロジェクトなの?将来性や買い方を知りたいな。

Theta Fuelは非中央集権型の動画配信サービスだよ。動画を観るとトークンが稼げるし、トークンは今後YouTubeのように急成長する可能性があるね。

Theta Fuelは非中央集権型の動画配信サービスを目指すプラットフォームで、YouTubeの共同創業者も支援しているほど期待されているプロジェクトです。

本記事ではTheta Fuelの特徴や今後の将来性、トークンであるTFUELの購入方法などについて解説していきます。

TFUELは2021年に前年比約250%も価格上昇しており、CMCの仮想通貨時価総額ランキング9位まで上り詰めた将来性のあるトークンです。今後も急上昇をする可能性があるため、購入しておくのはアリでしょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

目次

仮想通貨Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)とは?特徴を解説

Theta Fuel
通貨名Theta Fuel
シンボルTFUEL
注目度
3
取扱取引所Binance、Bybitなど
時価総額(2023年1月時点)¥32,933,023,415
公式HPTheta Network

Theta Fuelはブロックチェーンを利用して非中央集権型の動画配信サービスを運営しているプロジェクトです。主な特徴は以下の3つです。

  • YouTubeに代わる非中央集権型動画配信サービスを目指す仮想通貨
  • 動画を見ることでトークンを獲得することができる
  • Theta Fuel(TFUEL)とTheta Token(THETA)の2種類の仮想通貨がある

1つずつ解説していきます。

YouTubeに代わる非中央集権型動画配信サービスを目指す仮想通貨

Theta FuelはYouTubeに代わる非中央集権型の動画配信サービスを目指すプロジェクトです。

従来の中央集権型の動画配信サービスは、大量のデータを1つのサーバーに保存するので高解像度で映すにはサーバーに大きな負担がかかります。

しかし、Theta Fuelはブロックチェーンを利用して非中央集権型で運営しているため、データを世界中のコンピュータに分散でき、従来のネットワークより負担を軽減できます。

Theta FuelはERC-20に準拠しているのでイーサリアムのエコシステムを利用できますが、ネットワークの高速化のためにコンセンサスアルゴリズムに「Multi-Level BFT」を採用しています。

Multi-Level BFTは一般的なPosより処理速度が早いと言われているから、動画がサクサク観れるね。

動画を観ることでトークンを獲得することができる

YouTubeは動画を投稿して一定の条件を満たせば収益を得られますが、Theta Fuelは動画を観るとトークンの「TFUEL」を獲得できます。

獲得したTFUELトークンは配信者への投げ銭や商品購入に利用でき、スマートコントラクトを活用するため収益の透明性が確保されています。

また、Thetaネットワークの視聴者は、余っているネットワーク帯域幅をスマホやPCなどを通じてThetaネットワークに共有することでもTFUELを獲得できます。

Theta Fuel(TFUEL)とTheta Token(THETA)の2種類の仮想通貨がある

ThetaネットワークにはTFUELとTHETAの2種類のトークンがあり、それぞれの役割は以下の通りです。

  • TFUEL:Thetaネットワークのユーティリティトークン
  • THETA:Thetaネットワークのガバナンストークン

TFUELトークンは投げ銭や商品購入、動画配信のガス代などユーティリティトークンに当たり、THETAトークンはネットワークを運営するためのガバナンストークンに当たります。

ThetaネットワークのノードにはGoogleやサムスン、Binanceなど大手企業が参加しており、どちらも注目の仮想通貨です。

ガバナンストークン「THETA」とは?

THETAはThetaネットワークのガバナンストークンです。

ガバナンストークンとは分散型で運営しているプロジェクトの意思決定に使われるトークンで、THETAトークンは以下の意思決定の際に使用されます。

  • バリデータとしてのステーキング
  • ブロックの生成
  • プロジェクトのガバナンスへ参加

THETAブロックチェーンが発行しているもう1つの「TFUEL」トークンは投げ銭や商品購入、動画配信のガス代など、ユーティリティトークンとして機能している違いがあります。

また、TFUELトークンは発行枚数に上限がないのに比べ、THETAトークンは10億枚と発行枚数が決められている違いがあるよ。

Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)の2023年現在のチャートと価格変動


TFUELトークンのこれまでの価格変動をチャートを参考にしながら解説していきます。

TFUELトークンは2023年1月時点で0.04ドル付近を推移しています。2023年1月はビットコイン価格が急騰していますが、それに伴いTFUELトークンの価格も上昇しています。

2021年4月:LINEブロックチェーンがインセンティブ・プログラムの開始により価格上昇するも、仮想通貨市場全体の下げ相場に影響を受ける

TFUEL

大手メッセージアプリのLINEは、2021年4月頃にThetaネットワークのサービスであるTheta.tvのユーティリティトークン「HEARTS(TFUELと同様)」の保有量に応じて、FINSCHIAと交換可能な「FINSCHIA引換券」を付与するインセンティブ・プログラムの開始しました。

TFUELにとっては良いニュースですが、2021年4月頃は仮想通貨市場が全体的に下げ相場で、TFUELも影響を受けてわずかではありますが下落してしまいました。

2021年6月以降:最高値72円を記録後、価格を高水準で維持

TFUEL

2021年6月以降は最高値72円をつける急騰をしており、1か月ほどは価格を高水準で維持していました。

2021年6月頃は仮想通貨市場がNFTを始めとしたブームで上昇相場になっており、ビットコインの価格上昇にあわせて他のアルトコインも上昇したのではないかと考えられます。

ただ、2ヵ月後には上昇した値をすべて戻す勢いで下落してしまってるね。

2022年5月以降:仮想通貨市場全体の下落により10円を下回るも、価格を維持している

TFUEL

2022年5月以降は以下の要因で仮想通貨市場が全体的に下落しており、10円を下回ってしまいます。

  • アメリカのインフレ抑制するための利上げ
  • Terraショック

ビットコインは米国株の影響を受けやすく、アルトコインはビットコインの価格に釣られやすいので、米国株が利上げの影響で下落すれば仮想通貨は全体的に下落します。

TFUELは10円は下回っているものの価格は7〜8円を推移しており、最低限の価格は保っています。

2023年1月:長続きする冬の時代のため5円台を維持する

TFUELトークン

仮想通貨業界は2022年を通して価格が低迷している冬の時代に入っており、2023年1月はビットコインが11月のFTX事件前の水準まで価格を戻す勢いではあるものの冬の時代は続いています。

アルトコインはビットコイン価格に釣られる傾向があるため、冬の時代に伴いTFUELトークンも5円台と最高値の62円と比較すると低迷しています。

Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

TFUELは国内取引所で取り扱っていないので、海外取引所で購入する必要があります。

TFUELの購入方法は以下の手順で行います。

  • 1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  • 2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  • 3.海外取引所にビットコインを送金後、Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)を購入する

1つずつ解説していきます。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

まずは国内取引所の口座を開設しましょう。国内取引所は大手のCoincheckを利用するのがおすすめです。

Coincheck公式ホームページにアクセスし、「会員登録」より無料登録を行ってください。

「かんたん本人確認」を選べば5分ほどで登録できます。本人確認書類として、運転免許証かマイナンバーカードを用意しておきましょう。

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

口座開設ができたら、日本円を入金して送金用のビットコインを購入します。

入金は送金制限がない銀行振込がおすすめです。

入金が完了したら、取引所でビットコインを購入します。Coincheckは送金手数料に0.0005BTCがかかるので、送金手数料を考慮してビットコインを購入しましょう。

3.海外取引所にビットコインを送金後、Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)を購入する

TFUELは海外取引所の大手であるBinanceで取り扱っているため、CoincheckからBinanceへ送金します。

Binanceの入金アドレス

まずはBinanceへログインして入金アドレスを取得します。

CoincheckからBinanceに送金

次にCoincheckへログインして送金画面を開きましょう。

Binanceで取得した入金アドレスをペーストして送金すれば送金完了です。

Binanceへ着金できたら、ビットコインでTFUELを購入しましょう。

Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

Theta Fuelの将来性は明るいのでしょうか?価格を左右する上で欠かせない要因は以下の3つです。

  • LINEやGoogleなどの大手企業と提携している
  • 視聴者・クリエイター・広告主それぞれにメリットがある
  • 日本市場でのサービスの展開を目標としている

1つずつ解説していきます。

LINEやGoogleなどの大手企業と提携している

Theta Fuelは大企業が複数提携やパートナー契約、ノードへの参加をしています。

パートナー企業の一部

  • LINE
  • NASA
  • Decentraland
  • Chainlink

ノード企業の一部

  • Google
  • Binance
  • SONY
  • SAMSUNG
  • gumi

大企業が多くがTheta Fuelに期待していると考えられ、LINEのように今後共同でサービスを提供する可能性もあります。

視聴者・クリエイター・広告主それぞれにメリットがある

Theta FuelはYouTubeが実現しにくい、視聴者・クリエイター・広告主それぞれにメリットを享受できます。

  • 視聴者:高解像度の動画をスムーズに観れる
  • クリエイター:仲介者がいないため収益を増加できる
  • 広告主:インフラ構築の費用を削減でき、広告やサブスクリプションの収益を増やせる

Theta Fuelは高解像度の動画でもブロックチェーンを利用して負荷を軽減しているため、YouTubeよりスムーズに動画を観れます。

クリエイターは動画配信で収益を向上しながらNFT販売や投投げ銭で視聴者とコミュニケーションを図ることが可能になり、広告主はコスト削減ができます。

既存の中央集権型プラットフォームではプラットフォーム側が有利に動く側面があるので、中央集権型の課題を解決できるTheta Fuelは期待できるでしょう。

日本市場でのサービスの展開を目標としている

Theta Fuelの戦略責任者であるウェス・レヴィット氏は、日本市場でのサービス展開も目標にしています。

日本企業のGREEやgumi、Sony innovation fundなどから出資を受けており、日本市場で成長できるようなプロジェクトに発展する可能性があるので、期待できるでしょう。

動画配信市場規模

動画市場は4,230億円(前年比114%)まで成長していて、2026年には5,250億円まで成長すると予測されています。

成長市場のためプロジェクトが成長しやすいのも価格が上昇する1つの材料です。

参考:prtimes

非中央集権動画サービス「Theta.tv」とは?

Theta.tvとはTHETAブロックチェーンの主なプロダクトの1つで、非中央集権的な動画配信プラットフォームです。

ユーザーはYouTubeのように動画を投稿したり閲覧したりすることができ、今後サムスン社のGalaxyシリーズのスマホに搭載される予定です。

Galaxyシリーズのスマホは世界中で合計7500万台あるため搭載されればTherta.tvの普及が大きく進む可能性があり、TFUEL・THETAトークンの価格上昇にも期待できます。

YouTubeのような中央集権的なプラットフォームではないから、権限が分散されてクリエイターが動画を投稿しやすくなるのも強みだね。

NFT売買プラットフォーム「ThetaDrop」とは?

ThetaDropとはThetaブロックチェーンを基盤としたNFTプラットフォームであり、動画NFTを中心とした売買が行われています。

NFTの購入は基本的に仮想通貨でしか行えず、仮想通貨に普段触れない人は購入からウォレットへの送金など、複雑な手順を踏む必要があり難しいですが、ThetaDropではクレジットカード決済が可能です。

そのため、仮想通貨やNFTに普段触れない人でも参入しやすく、NFTがマス層に認知されるほど魅力的なプラットフォームになるでしょう。

もちろんTFUELトークンでも支払いができるよ。

ThetaDropはWorldPokerTourの名シーンをNFTにしたり、Samsungとパートナーシップを結んでいたりなど、すでに大企業とコラボしているため今後も注目です。

今後の機能実装予定・ロードマップを紹介

Theta Fuelロードマップ

Theta Fuelの今後のロードマップは以下のようになっています。

2022年第2四半期

  • ビデオオンデマンド用Elite Edge Nodeエンコーディング
  • NFTベースのデジタル著作権管理
  • TDROP分散型ガバナンスの立ち上げ

2022年第3四半期

  • EdgeStore Alphaゲートウェイ
  • Theta Video API アドバンスド・アナリティク
  • Theta Video API ライブストリーミング対応(ベータ版)

2022年第4四半期

  • EdgeStoreベータ版リリース
  • Metachainのテストネットターゲットローンチ
  • Mainnet 4.0 MetachainとSDKのターゲットリリース

2023年以降

  • EdgeStoreのプロダクションリリース
  • エンコード、保存、中継のための分散型シータビデオAPI
  • Edge Streaming、ストレージ、コンピューティングの新しいユースケース

参考:https://www.thetatoken.org/

Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)についてよくある質問

Theta Fuelについてよくある質問をまとめました。

  • Q.「日本語に対応していますか?」
  • Q.「国内の取引所で購入することはできますか?」

1つずつ解説していきます。

Q.「日本語に対応していますか?」

Theta Fuelは2022年8月2日時点では日本語に対応していません。

ただ、ウェス・レヴィット氏が日本市場への展開を目標としているため、今後は日本語に対応する可能性が高いね。

Q.「国内の取引所で購入することはできますか?」

TFUELトークンは2022年8月2日時点では国内取引所で購入できません。購入には国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所へ送金して購入する必要があります。

LINEがTheta Fuelと提携をしているので、今後はLINE BITMAXに上場する可能性はあります。

Theta Fuel(TFUEL/シータフューエル)の買い方・将来性まとめ

Theta Fuelは中央集権型の動画配信サービスの問題を解決するために誕生した非中央集権型の動画配信サービスです。

YouTubeのような中央集権プラットフォームは負担の増加や不透明さがデメリットになりますが、Theta Fuelはデメリットを解決できます。

視聴者、クリエイター、広告主のすべてが収益を上げやすい構造になっているので、今後ブロックチェーンサービスが普及していくと利用者が増える可能性が高いでしょう。

Theta FuelのトークンであるTFUELやTHETは国内取引所では購入できず海外取引所での購入になるため、まずは国内取引所で口座開設して送金用の仮想通貨を購入しておきましょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

(監修者)小川和哉

(監修者)小川和哉

http://mclinic.jp/

保有資格
ファイナンシャルプランナー

プロフィール
ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能。

専門・得意分野
家計管理・節約・投資・経理/経営相談

>>監修者ページをみる

あわせて読みたい
StreamCoin(STRM/ストリームコイン)とはどんな仮想通貨?動画を見るだけで稼げるWatch to Earn StreamCoinってどんな仮想通貨なんですか? StreamCoinは動画配信に特化した銘柄で、投げ銭のような面白い機能があるよ。 StreamCoinは、ブロックチェーン技術を活用し...
あわせて読みたい
【PR】仮想通貨取引所のおすすめランキング9選|初心者向けに2023年イチオシの取引所を比較     仮想通貨を始めてみたいけど、とりあえず知ってる取引所で口座を開設しておけば大丈夫かな? 口座を開設する取引所を選ぶ際には手数料やスプレッド、取り...
あわせて読みたい
【2023年本命】NFT関連仮想通貨銘柄おすすめランキング!そもそもNFTとは?なぜ注目されているか将来性... 最近話題のNFTってなんですか? NFTはブロックチェーン技術を用いたデジタル資産のことだよ。 著名人がNFTに参加したことで2021年に入ってから話題に上がるようになりま...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次