おすすめの仮想通貨海外取引所ランキング7選|海外取引所を使うメリット・デメリットや選ぶポイントを解説


興味がある銘柄が日本の取引所だと扱っていないみたい・・・

海外の取引所ならいろんな銘柄が買えるから、試してみても良いかも!

海外の仮想通貨取引所では、日本で取り扱っていないような銘柄がたくさんあります。また、多くの仮想通貨取引所では手数料やスプレッドが低かったり、本人確認なしで利用できたりと取引しやすいです。

この記事では、おすすめの7つの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。海外で仮想通貨取引所の口座開設をしようとしている方は参考にしてください。

特にFTX Japanは日本金融庁認可登録を受けており、国内でも簡単に口座開設ができるためおすすめです。

この記事をまとめると…

HEXA
  • 仮想通貨海外取引所を使うと国内で買えない通貨も買える
  • 金融庁の認可がない取引所もあるため、自己責任であるといったリスクもある
  • FTXであれば日本国内にも取引所があり安心!

\国内唯一のパーペチュアル取引/FTXJapanに無料登録する

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)
目次

仮想通貨海外取引所比較一覧表

それぞれの仮想通貨海外取引所の特徴を簡潔に表にまとめてみました。

仮想通貨取引所 取引手数料 安全性/セキュリティ 登録までの時間 レバレッジ取引 日本語対応
FTX 取引:0.07%
送金:0円
30分 対応
最大2倍
Bybit 取引:0.075%
送金:0円
10分 対応
最大100倍
BINANCE 取引:0.1%
送金:0円
10分 対応
最大125倍
Coinbase 取引:1.99%
送金:110円~
5分 非対応
KuCoin 取引:0.1%
送金:0.1%
1時間 対応
最大10倍
CryptoGT 取引:0円
送金:0.0005BTC
30分 対応
最大500倍
MEXC 取引:0円
送金:0.2%
1時間 対応
最大125倍

失敗しないおすすめの仮想通貨海外取引所の選び方

仮想通貨海外取引所ってどうしても怖いイメージがあって・・・どうすれば失敗せずに始められるかな?

仮想通貨の海外取引所のなかには、金融庁が認めておらずリスクの高い取引所も少なからずあります。

そこで、まずは失敗しないための仮想通貨海外取引所の選び方を押さえておきましょう。

  • 取り扱い銘柄の数が多い仮想通貨取引所を選ぶ
  • セキュリティ対策が行われている仮想通貨取引所を選ぶ
  • 手数料やスプレッドが安い仮想通貨取引所を選ぶ
  • 日本語対応している仮想通貨取引所を選ぶ

取り扱い銘柄の数が多い仮想通貨取引所を選ぶ

海外の仮想通貨取引所は、日本国内の取引所と比較して圧倒的に取り扱い銘柄数が多いです。

国内では20銘柄くらいが最大でも、海外だと1,000銘柄以上扱っている仮想通貨取引所が普通です。

日本では決して買えない銘柄が多々あるため、できるだけ取り扱い銘柄の数が多い仮想通貨取引所を選びましょう。

取扱い銘柄が多いってことは、それだけ信頼されているあかしでもあるよ!

セキュリティ対策が行われている仮想通貨取引所を選ぶ

海外取引所には金融庁が認めていない取引所が多いです。

したがって、万が一通貨が流失したり盗難されたりした場合、自己責任となって泣き寝入りとなるリスクもあります。

まずはセキュリティ対策をしっかりしている仮想通貨取引所を選びましょう。

今回紹介する仮想通貨海外取引所はセキュリティ面では問題ないから安心してね!

手数料やスプレッドが安い仮想通貨取引所を選ぶ

海外取引所を選ぶさいは、手数料やスプレッドが安い仮想通貨取引所を選びましょう。

日本の仮想通貨取引所よりも、海外の仮想通貨取引所の方が全体的に手数料が安い傾向にあります。

そのなかでも手数料が安くスプレッドが安定している取引所を選ぶことで、取引時のコストを大幅に下げられます。

日本語対応している仮想通貨取引所を選ぶ

海外の仮想通貨取引所で万が一トラブルがあった場合、日本語対応しているとサポートもスムーズに受けられるため安心です。

特に大きな仮想通貨取引所では日本語に対応している可能性が高いです。規模の大きな仮想通貨取引所を積極的に選んでいきましょう。

日本語対応しておらず、英語でのやり取りとなると英語に自信がない方にすれば苦行です。

ただでさえ投資の勉強をしないといけないのに、加えて英語の勉強もしないといけなくなったら大変だね!

おすすめの仮想通貨海外取引所ランキング7選

それぞれの仮想通貨海外取引所の特徴を見ていきたい!

多数ある仮想通貨海外取引所の中でも、日本人投資家におすすめのものを7つピックアップしました。

  • FTX(エフティーエックス)
  • Bybit(バイビット)
  • BINANCE(バイナンス)
  • Coinbase(コインベース)
  • KuCoin(クーコイン)
  • CryptoGT(クリプトジーティー)
  • MEXC(エムイーエックスシー)

それではさっそく、それぞれの仮想通貨海外取引所の特徴を見ていきましょう。

FTX(エフティーエックス)

取引所名称 FTX(エフティーエックス)
取扱通貨種類
約180種類(2022/8/19時点)
取引手数料 Maker:0.02%
Taker:0.07%
安全性/セキュリティ ・顧客資産の分割管理
・二段階認証
・アカウントロック機能
登録までの時間 30分
レバレッジ取引 最大2倍
日本語対応 対応
公式HP https://ftx.com/jp
  • ステーキングを利用できる
  • エンゼルスの大谷翔平選手とパートナー契約を結んでいる
  • 日本人が直接利用することはできないが、代わりにFTX JPを利用できる

FTXは、上場企業が運営しており、世界的に見ても取引量が多く取り扱い銘柄数も種類が豊富です。

2021年11月にはエンゼルスの大谷翔平投手とパートナーシップを結んでおり、日本での認知もじわじわと上がってきています。

しかし、本家のFTXは日本からの金融庁の認可が受けられなかったことなどを理由に、日本IPからの口座開設が現時点で不可能です。

日本からは2022年6月に設立された「FTX JP(Liquid by FTXから名前変更)」であれば利用可能です。

FTX JPは金融庁認可登録済の仮想通貨交換業者に選ばれているため、安心して取引できます。

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)

Bybit(バイビット)

取引所名称 Bybit(バイビット)
取扱通貨種類 約170種類(2022/8/19時点)
取引手数料 Maker:-0.025%
Taker:0.075%
安全性/セキュリティ ・コールドウォレット
・二段階認証
登録までの時間 10分
レバレッジ取引 最大100倍
日本語対応
公式HP https://www.bybit.com/ja-JP/
  • 最大レバレッジが100倍
  • 追証なしのゼロカットシステム採用
  • 注文スピードが早い

Bybitはシンガポールに本社を置く仮想通貨取引所です。

デリバティブ取引ではレバレッジを100倍までかけられるため、ハイリターンな取引を実現できます。

さらには追加証拠金が0であるため、損失のリスクを抑えられる点も大きな魅力です。

注文スピードが早いから、決断のタイミングが遅れるリスクも避けられるよ!

BINANCE(バイナンス)

取引所名称 BINANCE(バイナンス)
取扱通貨種類 1,000種類以上(2022/8/19時点)
取引手数料 Maker:0.1%
Taker:0.1%
安全性/セキュリティ ・二段階認証
・指紋認証
・パターン認証
登録までの時間 10分
レバレッジ取引 最大125倍
日本語対応
公式HP https://www.binance.com/ja
  • 取り扱い銘柄数がダントツ
  • 公式アプリが使いやすい
  • セキュリティが強固でサポートも手厚い

BINANCEは日本人からも人気の高い海外の仮想通貨取引所です。

取り扱っている銘柄数が非常に多く、ほかの取引所では見ないような銘柄もバイナンスにはいくつも存在しています。

公式アプリではチャートをわかりやすくみられるため、初心者投資家の方にもおすすめです。

過去に何度か流出事件があったことを教訓に、セキュリティ対策にも積極的です。

ほかの仮想通貨取引所で気になる銘柄が見つからなかったら、バイナンスでも探してみよう!

Coinbase(コインベース)

 

取引所名称 Coinbase(コインベース)
取扱通貨種類 約170種類(2022/8/19時点)
取引手数料 1.99%
安全性/セキュリティ ・二段階認証
・コールドウォレット
登録までの時間 5分
レバレッジ取引 非対応
日本語対応
公式HP https://coinbase.com/ja/
  • セキュリティが高く、資産に保険が掛けられている
  • 手数料は明瞭だが高い
  • レバレッジ取引はできない

Coinbaseは、2021年8月に開設された新しい暗号資産取引所です。

初期は5つの銘柄しかなかったものの、およそ1年で約170種類まで増えました。

Coinbaseではレバレッジ取引ができないといったデメリットもありますが、セキュリティの強固さと手数料が明瞭である点が強みです。

ほかの取引所では相場の状況によってスプレッドが決まるため、その都度手数料も調べなおさないといけません。

しかし、コインベースでは手数料が約1.99%で一律で、わかりやすい仕組みです。

今後も取り扱い銘柄数が増えていく可能性が高いから、注目の仮想通貨取引所だね!

KuCoin(クーコイン)

取引所名称 KuCoin
取扱通貨種類 約300種類(2022/8/19時点)
取引手数料 Maker:0.1%
Taker:0.1%
安全性/セキュリティ ・二段階認証
・モバイルバインドサービス
登録までの時間 1時間
レバレッジ取引 最大10倍
日本語対応
公式HP https://www.kucoin.com/ja
  • 独自のトークンKCSを発行している
  • KCSの保有量によって配当がもらえる
  • 他人を紹介して稼ぐアフィリエイトシステムがある

KuCoinは香港発の仮想通貨取引所です。

UIが使いやすいことから、1日当たりのユーザー登録者数が10万人を超えており、第二のBINANCEとも呼ばれています。

手数料が0.1%と安いことから使いやすいという声が多く、独自トークンのKCSの保有量次第ではさらに手数料を安くできます。

ほかの人にKuCoinを紹介して登録してもらうと報酬が発生するアフィリエイトシステムがある点もユニークです。

KuCoinは規模の大きさとサービスの充実具合からも第二のBINANCEって呼ばれているよ!

CryptoGT(クリプトジーティー)

取引所名称 CryptoGT(クリプトジーティー)
取扱通貨種類 約60種類(2022/8/19時点)
取引手数料 無料
安全性/セキュリティ ・マルチシグネチャウォレット
・アンチウイルス
・二段階認証
登録までの時間 30分
レバレッジ取引 最大500倍
日本語対応
公式HP https://cryptogt.com/jp/website-home
  • 最大レバレッジが圧倒的に高い
  • 仮想通貨を証拠金として使える
  • 各種手数料が安かったり無料だったりする

CryptoGTは、2018年にキプロスで設立された比較的新しい仮想通貨取引所です。

仮想通貨FX専門の取引所として、最大500倍でのレバレッジ取引ができたり、追証がなかったりなど、ほかの取引所では見られない特徴をいくつも持っています。

レバレッジが高倍率な分、ロスカットの条件も厳しく、投資初心者が手を出すと大きな損失を出す可能性もあります。

CryptoGTで投資を始める場合は、ある程度FXの知識をつけてからにしましょう。

レバレッジ倍率500倍は魅力的だけど、当然リスクも高いから気を付けて!

MEXC(エムイーエックスシー)

取引所名称 MEXC(エムイーエックスシー)
取扱通貨種類 約100(2022/8/19時点)
取引手数料 Maker:0.200%
Taker:0.200%
安全性/セキュリティ ・コールドウォレット
・マルチシグ
登録までの時間 1時間
レバレッジ取引 最大125倍
日本語対応
公式HP https://nocre.jp/cryptocurrency/mexc/
  • 独自トークンMXを発行している
  • IEOに参加可能
  • 日本語への対応が不十分

MEXCは、トークンを保有することでIEOに参加できるといった独自性のある仮想通貨取引所です。

ユーザー数は200万人を超えており、多くの方から愛用されていることがわかります。

最大レバレッジも125倍と、ほかの取引所より倍率が高いです。ハイリターンを狙うなら口座開設をしてみましょう。

仮想通貨海外取引所を使うメリット

改めて、仮想通貨海外取引所を使うメリットって何があるのかな?

海外の仮想通貨取引所を使うメリットですが、国内の取引所では得られないようなものばかりです。

具体的には以下の4つがあげられます。

  • 国内取引所に比べて取扱仮想通貨が多い
  • 多くの海外取引所は本人確認なしで取引が始められる
  • 国内の仮想通貨取引所と比べて手数料やスプレッドが安い
  • 多くの海外取引所ではゼロカットを採用していること

国内取引所に比べて取扱仮想通貨が多い

海外の仮想通貨取引所で取扱われている仮想通貨銘柄数は、国内と比較すると非常に多いです。

テザーやBNBといった、仮想通貨の時価総額ランキングでTOP10に入るような有名な銘柄でも、購入したければ海外取引所を経由しなければいけません。

国内で取り扱われていない銘柄でも、将来伸びる可能性の高い仮想通貨は多いため、投資したい方は海外の仮想通貨取引所を活用しましょう。

国内取引所だと日本の金融庁が認めた仮想通貨だけが上場するから、どうしても数が少なくなっちゃうんだよ!

多くの海外取引所は本人確認なしで取引が始められる

多くの海外取引所では本人確認なしで取引が始められます。

マイナンバーカードや住民票の用意が面倒と感じている方や、紛失してしまい準備に時間がかかるため、なかなか仮想通貨投資を始めようと思えない方も多いです。

そこで、本人確認なしで手軽に始められる仮想通貨海外取引所は人気があります。

ただし本人確認をしていない仮想通貨取引所ではサポートもイマイチなことが多いから、その点は注意しておいたほうが良いよ!

国内の仮想通貨取引所と比べて手数料やスプレッドが安い

海外の仮想通貨取引所は日本の仮想通貨取引所と比較しても、手数料やスプレッドが安い傾向にあります。

そのため日本の口座に送金したり、入金したり、またはほかの仮想通貨と交換する場合にコストを抑えられます。

少額投資などで取引頻度が上がりそうな方も安心してください。

多くの海外取引所ではゼロカットを採用していること

多くの海外の仮想通貨取引所では、ゼロカットを採用しています。

ゼロカットとは、為替相場の急激な変動によってロスカットが間に合わず、損失が発生したときに業者が損失分の負担をしてくれるシステムです。

海外の仮想通貨取引所で購入できる銘柄の中には価格の乱高下もよく見られます。

ゼロカットのおかげで安心して投資ができるため、長期的な投資運用も可能です。

仮想通貨海外取引所を使うデメリット

仮想通貨海外取引所ってメリットが大きそうだけど、デメリットもあるの?

仮想通貨海外取引所にはメリットだけでなくデメリットも多々あります。したがって、取引をするときは十分に注意しましょう。

具体的なデメリットは以下の通りです。

  • ハイリスクな通貨を扱っていることがある
  • 金融庁が認めていない取引所が多いため、満足したサポートが受けられない可能性がある
  • 多くの海外取引所が日本円の入出金に対応していない

ハイリスクな通貨を扱っていることがある

海外で取り扱われている銘柄は値動きが激しく、急落・暴落するものも多いです。

これらのハイリスクな通貨に投資をしてしまうと資産を大量に失う可能性もあります。

最近ではTERAの暴落が記憶に新しいかと思いますが、今後も似たように暴落する可能性のある銘柄もあります。

投資のさいには注意しましょう。

暴落するってことは急騰する銘柄もあるかもしれないから、ハイリターンでもあるんだけどね!

金融庁が認めていない取引所が多いため、満足したサポートが受けられない可能性がある

海外で購入した銘柄やその取引所については、金融庁が認めていないケースが多いです。

万が一何らかのトラブルになったとしてもサポートされず、大きな損失が発生する可能性も考慮しておきましょう。

例えば送り先を間違えた場合とか、ハッキングにあった場合とかでもサポートしてもらえない可能性はあるよ

多くの海外取引所が日本円の入出金に対応していない

多くの仮想通貨取引所では、日本円の入出金に対応していません。

したがって、国内の仮想通貨取引所で一度アカウントを開設し、その後海外取引所に送金するといった流れになります。

送金するときには手数料や時間がかかるため、その点は注意しておきましょう。

時間や手数料を抑えたいなら一度に大量に送金するのが良いんだけど、送り先の間違いだけは気を付けてね!

安全に仮想通貨海外取引所を使って取引する方法

仮想通貨海外取引所はデメリットやリスクが多そうだけど、安全に取引するにはどうしたら良いのかな?

海外の仮想通貨取引所は一見リスクも高そうですが、しっかりと安全に利用する方法はあります。

具体的な方法としては以下の通りです。

  • 不正ログイン防止のため2段階認証を設定する
  • ハードウェアウォレットを使用して資産を管理する
  • アルトコインへの投資やレバレッジ取引をする際は細心の注意を払う

不正ログイン防止のため2段階認証を設定する

特に大手の仮想通貨海外取引所では不正ログイン防止のため、2段階認証が用いられています。

2段階認証とはその名の通り、2つの認証方法を用いる方法で具体的にはIDとPWでの認証に加え、ワンタイムパスワードだったり指紋認証だったりが該当します。

2段階認証を設定できる場合、必ず設定しておいてください。

2段階認証を設定しておけば万が一パスワードが流出しても資産を守れるよ!

ハードウェアウォレットを使用して資産を管理する

ハードウェアウォレットを利用することで、仮想通貨をオフライン上で管理可能となります。

したがって、ネットワーク上からの不正出金や流出を防げます。

ハードウェアウォレットの特徴としては以下の通りです。

  • コールドウォレット(オフラインでの管理)である
  • カギは自分で管理する
  • 複数の銘柄を管理できる
ハードウェアウォレットは便利だし安全だから作っておこう!

アルトコインへの投資やレバレッジ取引をする際は細心の注意を払う

アルトコインは価格の上下幅が大きく、伸びているから今後も伸びると予測して大量に投資した結果、直後に暴落して大損したという話をよく聞きます。

また、レバレッジは手元の資金を担保に、数倍の金額で取引できる手法です。

少ない資金でハイリターンを狙える半面、損をしたときのリスクも跳ね上がります。

特に初心者のうちに手を出してしまうと取り返しがつかないことになるため、まずは通常の取引からはじめましょう。

特にレバレッジ取引はある程度慣れてきて自信がつくまでは、手を出さないようにしよう

仮想通貨海外取引所についてよくある質問

後から失敗しないためにも、仮想通貨海外取引所に関するよくある質問も見ておきたいな!

仮想通貨海外取引所に関するよくある質問もまとめてみました。

  • 海外仮想通貨取引所を日本人が利用するのは違法ですか?
  • 海外取引所で利益を得た場合は税金がかかりますか?

それぞれの質問についてみていきましょう。

海外仮想通貨取引所を日本人が利用するのは違法ですか?

仮想通貨海外取引所って、そもそも日本人が使って良いものなの?

海外の仮想通貨取引所を日本人が使うことについて、基本的には問題ありません。

しかし、今後規制によって取り締まりが厳しくなる可能性があり、利用できなくなるリスクは考えられます。

例えばBitMEXは2020年5月に日本人の利用が禁止されちゃって、登録もできなくなったよ

海外取引所で利益を得た場合は税金がかかりますか?

仮想通貨海外取引所で稼いだ場合って、税金はどうなるの?

海外の仮想通貨取引所で投資をして稼いだ場合も、税金は日本の法律に則って課税されます。

収入をごまかすと後々追徴金が発生するため、収益が上がった場合は必ず納税してください。

確定申告の際に必要な税金計算におすすめの損益計算ツールまとめ記事はこちら

おすすめの仮想通貨海外取引所ランキング7選まとめ

海外の取引所で口座開設をすれば、日本では購入できないような銘柄も取引できるようになります。海外取引所では口座開設キャンペーンも随時実施しているためお得に取引を始めることも可能です。

海外取引所は英語ができないといけないかと不安になる方も多いかもしれません。しかし、ほとんどは日本語対応しているためご安心ください。

特にFTXであれば日本でも金融庁認可登録を受けているため、問題なく利用できます。海外で口座開設しようと思っている方はまず、FTX Japanで口座開設してみましょう。

この記事をまとめると…

HEXA
  • 仮想通貨海外取引所を使うと国内で買えない通貨も買える
  • 金融庁の認可がない取引所もあるため、自己責任であるといったリスクもある
  • FTXであれば日本国内にも取引所があり安心!

\国内唯一のパーペチュアル取引/FTXJapanに無料登録する

2022年11月10日現在・FTX.comにおける一連の騒動をうけ、FTX JPにおいて入出金が停止中です。続報が入り次第、お金の知恵袋では記事内容の加筆修正を実施します。
参考:当社親会社に関する報道について(FTX Japan公式)

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

あわせて読みたい
仮想通貨Verge(XVG/バージ)の買い方・購入方法は?取引履歴が非公開にできるプライバシーコインついても... Vergeには優秀なコミュニティが存在し、ユーザーの寄付によって開発されました。決済スピードも速く、5秒〜10秒程度で通貨の送金ができる実用性の高い仮想通貨です。 こ...
あわせて読みたい
FTX Earn(旧Blockfolio)のやり方とは?ステーキング報酬を獲得できる仕組みやメリット・デメリットを解説 FTX Earn(旧Blockfolio)は、大手取引所FTX Japanが提供するステーキングサービスです。FTX Japanの口座に仮想通貨(暗号資産)を持っていれば、年間最大8%の利回りを得ら...
あわせて読みたい
仮想通貨の先物取引について徹底解説|レバレッジ取引のやり方や先物と現物の違いも紹介 仮想通貨の先物取引をしたいんだけど、先物は現物と何が違うの? 先物取引は、期日までに決済をすれば良い取引で、特徴や取引のやり方を解説するね。 仮想通貨の先物取...
あわせて読みたい
【初心者向け】海外仮想通貨取引所への入金方法を解説|日本円の入金方法や海外取引所への送金方法も紹介 海外取引所へ入金したいんだけど、日本円や仮想通貨(暗号資産)の入金方法を教えてほしい。 基本的に海外取引所を利用する際は仮想通貨入金がおすすめだよ。理由や入金方...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次