仮想通貨Verge(XVG/バージ)の買い方・購入方法は?取引履歴が非公開にできるプライバシーコインついても解説


仮想通貨Vergeにはどんな特徴があるのかな?

Vergeは、取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコインだよ!

Vergeには優秀なコミュニティが存在し、ユーザーの寄付によって開発されました。決済スピードも速く、5秒〜10秒程度で通貨の送金ができる実用性の高い仮想通貨です。

この記事では、Vergeの買い方や特徴、将来性について解説していきます。Vergeへの先行投資による利益を狙いたい方は、この記事を参考にしてみてください。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • Vergeは取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコイン
  • 決済スピードも速く、5秒〜10秒程度で仮想通貨の送金が完了する
  • Vergeを購入する場合、Coincheckを経由して購入しよう!

アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

目次

Verge(XVG/バージ)とはどんな仮想通貨?特徴を解説

通貨名 Verge
シンボル XVG
注目度 ★★★☆☆
取扱取引所 Binance・TokoCrypto・MEXC Globalなど
時価総額(2022年8月18日時点) ¥8,561,304,126
公式HP https://vergecurrency.com/

Vergeは2014年10月に誕生した、ビットコインのソースコードをベースにした仮想通貨です。Vergeには、以下のような特徴があります。

  • Verge(XVG/バージ)は、取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコイン
  • Verge(XVG/バージ)は、決済スピードが非常に早く、手数料も安価なので決済に向いている
  • Verge(XVG/バージ)は、コンセンサス・アルゴリズムPoWを採用
  • Verge(XVG/バージ)は、優秀なコミュニティを持っている

    Verge(XVG/バージ)は、取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコイン

    Vergeは取引履歴の公開・非公開が選択でできるプライバシーコインです。「レイス・プロトコル」技術を採用したことで、ブロックチェーン上に公開・非公開の台帳を用意できます。

      Vergeは他にも「ToR」と「I2P」という技術を採用しており、IPアドレスの保存を行う必要もありません。プライバシーに関する機能が充実しているため、匿名性の高い仮想通貨と言えます。

      プライバシーコインの需要は近年高まっており、他にも以下の通貨が存在します。

      • Monero(モネロ)
      • Zcash(ジーキャッシュ)
      • DASH(ダッシュ)

      Verge(XVG/バージ)は、決済スピードが非常に早く、手数料も安価なので決済に向いている

      Vergeは「SPV」という技術によって、高速決済を可能としています。ビットコインで1度決済すると10分程度はかかるものの、Vergeの決済スピードは5秒〜10秒程度と高速です。

      さらに、Vergehはウォレットの対応端末も多く、以下の端末にて使用できます。

      • iOS
      • Android
      • Windows
      • Linux

      1回の送金にかかる手数料も安いことから、決済に向いている仮想通貨と言えます。

      Verge(XVG/バージ)は、コンセンサス・アルゴリズムPoWを採用

      Vergeはコンセンサス・アルゴリズムPoWを採用したことで、マイナーが利益を独占しない仕組みを作りました。

      PoWってなんですか?
      仮想通貨の取引や送金データを正しくブロックチェーンにつなぐ仕組みを意味するよ!

      ビットコインもPoWを採用しているものの、お金のある個人や法人しかマイニングに参加できないのがデメリットでした。しかし、VergeはPoW内にある以下のハッシュ・アルゴリズムを採用したことで、幅広い層のマイニング参加者が集まる仕組みとなっています。

      • Scrypt
      • Lyra2rev2
      • blake2s
      • my-groestl
      • X17

        複数のハッシュ・アルゴリズムを採用したことで、セキュリティ性も高くなりハッキングされる可能性も低いため、安心して通貨を保有できます。

        Verge(XVG/バージ)は、優秀なコミュニティを持っている

        Vergeには優秀なコミュニティが存在し、ユーザーの寄付によって開発が進んでいます。開発はほぼボランティアで成り立っており、コミュニティ内にはVergeを応援する人や支援する人が大勢います。

        例えば、バジリスクをモチーフにした「バージリスク」というキャラクターもコミュニティ内で誕生しました。営利団体や企業に左右されない仮想通貨を目指しており、積極的に活動を展開しています。

        仮想通貨が取引所で上場するためには、積極的に応援してくれる人が必要不可欠だよ。

        Verge(XVG/バージ)は、セキュリティを高く保つための3つのシステムを採用

        Vergeは匿名性が高い仮想通貨です。セキュリティを高く保つためにも、以下のシステムを採用しています。

        • レイス・プロトコル
        • ToR
        • I2P

        それぞれ詳しく解説します。

          レイス・プロトコル

          Vergeには「レイス・プロトコル」という、匿名性の高い機能を採用しています。レイス・プロトコルを活用すれば、ブロックチェーン上における取引の内容を匿名にするかしないかの設定が可能です。

          例えば、プライベートの送金は匿名にして、取引履歴を残したい場合は匿名にしないという設定ができます。プライバシーを守れることから、Vergeは決済や送金時に利用されることが多いです。

          ToR

          匿名送信機能の仕組みを支える1つの技術が「ToR」です。ToRは匿名通信を可能にするソフトで、通信経路を匿名化します。

          通信経路が匿名になると、IPアドレスもわからなくなるよね。

          ただし、ToRの技術では送金内容の匿名化ができません。そのため、通信経路の匿名化はできても、送金内容は公開される仕組みとなっています。

          I2P

          匿名送信機能の仕組みを支えるもう1つの技術が「I2P」です。I2Pは通信内容を暗号化する技術で、通信経路だけでなく送金内容も匿名化します。

          Vergeを送金したかどうかは、取引をした当事者にしかわからないよ!

          I2PとToRを組み合わせたことで、通信経路と送金内容、送受信者情報の匿名化を可能としています。

          なぜプライバシーコインVergeが注目されているのか?

          Vergeを含むプライバシーコインの需要は、近年高まっています。理由は以下の通りです。

          • Web3.0移行によるプライバシー強化の風潮あり
          • Appleの戦略やトラッキング規制などプライバシーが尊重される

          それぞれ詳しく解説します。

          Web3.0移行によるプライバシー強化の風潮あり

          近年はNFTやメタバースが注目され、徐々にWeb2.0からWeb3.0に移行しています。これまで仮想通貨に興味がなかった人も参入し、多量の通貨が流通しました。

          しかし口座間における仮想通貨の取引履歴は容易に調べることが可能なので、過去にどのような取引をしたのか、現在どれくらいの資産があるのかすぐに確認できます。

          そのため、口座レベルでの仮想通貨に対するプライバシーは存在しません。このような問題を解決するために、匿名性の高いプライバシーコインが注目されています。

          Appleの戦略やトラッキング規制などプライバシーが尊重される

          AppleはIDFA(広告主のための識別子)による追跡を許可しないよう、新しいプライバシーポリシーの導入を2020年に発表しました。トラッキング防止機能が全ブラウザに適用され、ユーザー情報であるCookie無効化機能を実装しています。

          Appleがさらなるプライバシー保護強化に動いたため、Web業界におけるプライバシー保護の重要性がより増しました。仮想通貨もWeb上にて取引を行うことから、プライバシーコインが注目されるようになったという背景があります。

          参考:BUSINESS INSIDER

          Verge(XVG/バージ)の2022年現在のチャートと価格変動

          2021年11月、Vergeが暗号資産取引アプリケーション「7b」で取り扱い開始となった際、価格が4.1円台まで上昇しました。その後は1円〜2円台まで落ち込み、2022年5月〜8月には0.5円台まで値下がりしています。

          ここからは、2021年11月以降におけるVergeの価格動向を日本円レートで見ていきましょう。

          • 2021年11月:暗号資産取引アプリケーション「7b」がVergeの取り扱いを開始
          • 2022年3月:Voice Life社が知的財産をF-NFT化したことで1.9円台まで上昇
          • 2022年5月~8月:LUNAとUSTの大暴落の影響を受け、0.5円台で低迷中

            2021年11月:暗号資産取引アプリケーション「7b」がVergeの取り扱いを開始


            出典:CoinMarketCap

            2021年11月11日、暗号資産取引アプリケーション「7b」がVergeの取り扱い開始を発表しました。

            発表した翌日にVergeの価格は高騰し、4.1円台まで上昇しました。

            新しい取引所で取引が開始されると、仮想通貨は価格が高騰する傾向にあるね!

            しかし、2021の年末は米国の金融引き締めによる影響でビットコインなど仮想通貨が下降トレンドに入り、もともと2円台をキープしていたVergeも1円台まで値下がりしています。

            2022年3月:Voice Life社が知的財産をF-NFT化したことで1.9円台まで上昇


            出典:CoinMarketCap

            2022年3月23日、Voice Life社が知的財産でもあるワイヤレス電力伝送技術にまつわるIPをF-NFT化しました。F-NFTとは、1つのNFTを細分化し複数人で保有できるようにしたものを意味します。

            ワイヤレス電力伝送技術にまつわるIPはVergeチーム監修のもと、Vergeのブロックチェーン上にてNFT化されました。F-NFTを保有していれば、Voice Life社の知的財産に関連する利益が分配されます。

            上記の利益が最長で20年間も分配される仕組みを採用しているため、投資家から高い注目を集めました。結果的に、低迷していたVergeの価格も1.9円台まで上昇しています。

            2022年5月~8月:LUNAとUSTの大暴落の影響を受け、0.5円台で低迷中


            出典:CoinMarketCap

            2022年の5月から8月にかけて、Vergeの価格は暴落しました。1円台をキープしていたVergeも0.5円台まで値下がりしています。

            2022年5月にはLUNAやステーブルコインのUSTが大暴落したことで、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体の価値も暴落しました。

            Vergeはビットコインのソースコードをベースにした仮想通貨だから、多大な影響を受けちゃったんだ。

            Verge(XVG/バージ)の購入方法・買い方|どこで買うのか解説

            Vergeを買ってみたいんだけど、どこで購入できるのかな?

            Vergeは日本の仮想通貨取引所で購入できません。日本円で購入する場合は、以下の3つのステップを踏む必要があります。

            • STEP1:Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
            • STEP2:Coincheck(コインチェック)でBTC(ビットコイン)を購入する
            • STEP3:海外の仮想通貨取引所でVerge(XVG/バージ)を購入する

              1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

              コインチェック

              Vergeを購入するためには、まずは国内の取引所にて口座を開設しましょう。どの取引所がいいか迷った際には、大手取引所のCoincheck(コインチェック)を選べば安心です。

              メールアドレスと本人確認書類さえあれば、簡単に口座開設ができます。写真を送るだけで本人確認も完了するため、運転免許証またはマイナンバーカードを用意して手続きを進めていきましょう。

              口座開設は早くて1日で完了するよ!

              2.Coincheck(コインチェック)でBTC(ビットコイン)を購入する

              Coincheckの購入画面

              Coincheck(コインチェック)の口座開設が完了したら、Vergeの購入に必要なビットコイン(BTC)を購入していきましょう。ビットコインを購入するには、日本円の入金が必要です。

              日本円は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金のいずれかにて入金できます。

              銀行振込であれば、入金手数料が無料※ですよ!

              ※振込手数料は振込者が負担

              日本円の入金が完了したら、ビットコインを購入していきます。現物取引であれば、すぐにビットコインの購入が可能です。

              3.海外の仮想通貨取引所でVerge(XVG/バージ)を購入する


              出典:Binance Spot

              購入したビットコインをVergeの購入ができる海外取引所に送金していきます。Vergeが買える取引所は複数ありますが、日本語に対応したBinanceであればスムーズに取引ができるでしょう。

              以下では、CoincheckからBinanceに送金する手順をまとめます。

              • Binanceにてビットコインを入金するためのアドレスを取得
              • Coincheckの「暗号資産の送金」にてビットコインを選択
              • Binanceの入金アドレスを送付先の宛先をペーストし、送金先として登録
              • 送金したいビットコインの額を入力し、Binanceに送金する

              しばらくするとビットコインがBinanceに送金されるため、Vergeを購入していきましょう。「Binance Convert」を使って購入すれば、簡単にトレードできます。

              海外取引所は国内の金融庁から許可が降りていないから、利用する際には自己責任での取引になります。

              Verge(XVG/バージ)の将来性は?気になる価格動向や今後の上げ幅を考察

              Vergeの今後の将来性はどうなっていくのか、詳しく考察していきます。

              • McAfee(マカフィー)の創業者ジョン・マカフィーがTwitterでVergeについて言及し、注目されている
              • Verge(XVG/バージ)をはじめとしたプライバシーコインが決算手段として広まっている
              • Verge(XVG/バージ)は、多くの企業からサポートを受けている

                McAfee(マカフィー)の創業者ジョン・マカフィーがTwitterでVergeについて言及し、注目されている

                ウィルス対策やセキュリティソフトの開発を行うMcAfeeの創業者ジョン・マカフィー氏が、Vergeについて言及していました。

                匿名通貨としてVergeだけでなく、MoneroやZcashにも注目していると発表しています。ジョン・マカフィー氏はTwitter上で多大な影響力を持つことから、この発言によって一時的にVergeの価格も高騰しました。

                世界的に有名な起業家も注目していることから、今後Vergeを購入する人が増えるかもしれません。

                セキュリティ面を気にする人が増えるほど、需要も高まる可能性がありますね。

                Verge(XVG/バージ)をはじめとしたプライバシーコインが決算手段として広まっている

                Vergeをはじめとしたプライバシーコインは、決済手段に最適な仮想通貨として注目されています。これまで仮想通貨の取引をした際、ブロックチェーン上に取引履歴が残る点が問題視されていました。

                しかし、プライバシーコインは取引履歴を第三者に見られる心配はありません。また、Vergeに関しては決済スピードも速く、他の仮想通貨に比べて手数料が安価です。

                プライバシーコインを決済手段として活用する企業が増えれば、Vergeの需要が高まる可能性もありますね!

                Verge(XVG/バージ)は、多くの企業からサポートを受けている

                Vergeは多くの企業からサポートを受けています。一例を紹介すると、以下の通りです。

                • MindGeek
                • Voice Life
                • 7b
                • change NOW
                • NOW Payments

                世界的に有名な情報技術企業のMindGeekをはじめとして、さまざまな企業がサポーター(提携先)となっています。提携先の企業が多いほど、Vergeが評価されているという証明です。

                提携先がさらに増えていけば、知名度も上昇してVergeの価値も上昇していく可能性がありますね。

                  Verge(XVG/バージ)についてよくある質問

                  最後に、Vergeに関するよくある質問をまとめました。

                  • Verge(XVG/バージ)の高騰は見込める?

                    Verge(XVG/バージ)の高騰は見込める?

                    2022年8月時点では低迷しているVergeですが、2017年頃に一時28円まで高騰したこともあります。


                    出典:CoinMarketCap

                    当時、Vergeは日本語サイトを立ち上げたり、公認キャラクターを作ったりと活発的に活動していました。他にも、McAfeeの創業者ジョン・マカフィー氏がVergeについて言及したことも、価格が高騰した要因として考えられます。

                    そのため、プライバシーコインの需要が増えてVergeの応援者が増えるほど、価格は高騰する可能性が高いです。

                    Verge(XVG/バージ)の始め方・購入方法まとめ

                    Vergeは、取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコインです。決済スピードも速く、5秒〜10秒程度で通貨の送金ができる実用性の高い仮想通貨です。

                    プライバシーコインが決算手段として広まっていけば、Vergeの価格が高騰する可能性もあります。世界的に有名な企業や起業家も注目しているため、今のうちに投資を検討したいところです。

                    この機会にCoincheckで口座開設の上、投資をしてみてはいかがでしょうか。

                    本記事をまとめると…

                    コインチェック
                    • Vergeは取引履歴の公開・非公開が選択できるプライバシーコイン
                    • 決済スピードも速く、5秒〜10秒程度で仮想通貨の送金が完了する
                    • Vergeを購入する場合、Coincheckを経由して購入しよう!

                    アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

                    恩田 雅之

                    (監修者)恩田 雅之 http://onda-fp-jimusho.com/

                    CFP(R)認定者証券外務員2種金融知力インストラクター 1959年 東京生まれ 専修大学経営学部卒業後、16年間IT業界の営業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちNPO法人日本FP協会のAFP®の資格を取得。2004年3月にCFP®の資格後同年6月に、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用のセミナーの講師、ブログやコラムの執筆や監修などの業務を中心に活動中。 >>監修者ページをみる

                    あわせて読みたい
                    【2023年】次に来るおすすめ仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる銘柄や1000倍になり得る草コイン これから伸びる可能性がある銘柄を紹介するよ。     仮想通貨の銘柄は数千種類以上と言われており、どれを購入すべきか悩ましいところです。銘柄ごとの違いが...
                    あわせて読みたい
                    【PR】仮想通貨を即日買える・口座開設が早いおすすめの取引所8選|口座開設に必要なものを紹介 仮想通貨取引所によって口座開設までのスピードは異なります。急いでいるなら、最短10分~1時間で取引を始められるDMM Bitcoin・GMOコインへの登録がおすすめです。 今...
                    あわせて読みたい
                    仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の買い方・将来性は?|匿名性の仕組みやマイニングについても解説 仮想通貨のMoneroって将来性のある通貨なのかな?特徴やどんな時に価格が上昇するのか教えてほしい。 仮想通貨Moneroはプライバシー保護に長けていて、匿名性の高いリッ...

                    当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

                    ※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

                    よかったらシェアしてね!
                    • URLをコピーしました!
                    • URLをコピーしました!
                    目次