海外にあるKuCoinという仮想通貨取引所には、どのような特徴があるの?
KuCoinでは取引通貨が600種類以上あって、日本では取り扱っていないアルトコインも扱っているよ!

KuCoinは香港を拠点とした、海外の仮想通貨取引所です。取引手数料が0.09%~0.1%程度と安く、初心者でも5分程度で口座開設ができます。

この記事では、KuCoinの特徴や使い方について解説していきます。アルトコインの購入に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • KuCoinは香港を拠点とした、海外の仮想通貨取引所。
  • 取引通貨が600種類以上で、取引手数料は0.09%~0.1%程度と安い!
  • KuCoinで仮想通貨を買うためには、Coincheckでの口座開設が必要!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

海外仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)とは?

取引所名称 KuCoin(クーコイン)
取扱通貨種類 600種類以上
取引手数料 0.09%~0.1%程度
本社所在地 FLAT/RM A 20/F KIU FU COMM BLDG
300 LOCKHART RD WAN CHAI
HONG KONG
代表者 Michael Gan
公式HP https://www.kucoin.com/ja

KuCoinは中国系企業の『アリババ』のグループ会社に勤めていた、Michael Gan氏とJohnny Lyu氏によって設立されました。特徴をまとめると、以下のようなものがあげられます。

  • 仮想通貨の現物取引高ランキングで5位の取引高を誇る
  • 取扱通貨は600種類以上で日本の取引所で扱っていないアルトコインも扱っている
  • 取引手数料が0.09%~0.1%程度と低めに設定されている
  • ハッキングの被害後にセキュリティを強化
  • 日本円などの法定通貨の入金は不可

    それぞれの特徴について、確認していきましょう。

    仮想通貨の現物取引高ランキングで5位の取引高を誇る

    KuCoinの仮想通貨・現物取引ランキング
    出典:CoinMarketCap

    KuCoinは現在、100か国以上で利用されている仮想通貨取引所です。もともと2017年の設立当初、ユーザー数や取引高が伸び悩んでいました。

    しかし、2022年6月時点では現物取引高ランキングが5位と高順位に位置しています。24時間の取引高も約1,800億円となっており、500万人を超える登録ユーザーがいます。

    仮想通貨取引所としての歴史はまだ浅いものの、注目の取引所と言えるでしょう。

    取扱通貨は600種類以上で日本の取引所で扱っていないアルトコインも扱っている

    KuCoinの取扱通貨は600種類以上と豊富です。日本では売買できないアルトコインも多く取り扱っていることから、アルトコイントレーダーからも注目されています。

    また、KuCoinでは独自トークン「KCS(クーコインシェアズ)」の発行も可能です。所有していれば、KuCoinが取引手数料にて得た利益の50%分が配当金として獲得できます。

    さらに、保有量に応じて取引手数料の割引特典が受けられます。ただし、「1,000KCSなら1%の割引」「30,000KCSなら最大30%の割引」など、適応条件があるので注意しましょう。

    取引高に応じてKCSの価値も上昇するので、ユーザーが増えるほど高値で売買される可能性が高まると言えるでしょう。

    取引手数料が0.09%~0.1%程度と低めに設定されている

    KuCoinの最大のメリットは、取引手数料が低めに設定されているという点にあります。取引手数料は0.09%~0.1%程度と低く、世界の仮想通貨取引所と比べてもトップクラスです。

    ハッキングの被害後にセキュリティを強化

    KuCoinは2020年9月26日に、ハッキングを受けたという過去があります。被害額は約300億円で、2020年に起きたハッキング事件としては最大規模です。

    しかし、KuCoinはハッキング後の対応が早く、被害を受けたユーザーの仮想通貨を全額補償しています。さらに、以下のような取り組みを行うことでセキュリティを強化しました。

    • 多層暗号化を導入
    • マイクロウォレットを採用
    • 監査部門の設置

    ハッキング事件を乗り越えたことで、信頼できる仮想通貨取引所として注目が集まっています。

    日本円などの法定通貨の入金は不可

    KuCoinは海外の仮想通貨取引所で、日本円などの法定通貨による入金はできません。KuCoinにて取引を進めるためには、まず日本の仮想通貨取引所にてビットコインを購入する必要があります。

    購入したビットコインをKuCoinに送金をすれば、取引が可能となるので注意しましょう。

    KuCoin(クーコイン)を利用するメリット・デメリットを比較

    KuCoinで取引するメリットやデメリットって何かな?

    KuCoinを利用するメリットとデメリットをまとめると、以下の通りです。

    メリット ・取扱通貨が600種類以上
    ・取引手数料が0.09%~0.1%程度と安い
    ・口座開設が5分程度でできる
    デメリット ・過去にハッキングされた事例がある
    ・日本語に対応していないページがある
    ・日本円などの法定通貨による入金が不可

    KuCoinは取扱通貨が600種類以上と多く、さまざまなアルトコインの購入ができるというメリットがあります。また、取引手数料が0.09%~0.1%程度と安めなのも魅力の1つです。

    ハッキングされたという過去があるものの、セキュリティ面を強化したことで信頼獲得に成功しています。中には日本語対応していないページがあるものの、シンプルな仕様なので慣れれば抵抗なく利用できるでしょう。

    5分程度で口座開設が完了する、初心者におすすめの取引所ですね。

    仮想通貨入金にはCoincheckでの口座開設がおすすめ

    KuCoinは日本円の法定通貨による入金ができないので、利用するためには国内仮想通貨取引所の口座開設が必須となります。国内の取引所はいくつかありますが、手数料の安さや口座開設の手軽さからCoincheckがおすすめです。

    Coincheckのアプリダウンロード数は3年連続No.1を誇り、初心者でも利用しやすいのが特徴的です。さらに、口座開設をすればビットコインがもらえるキャッシュバックキャンペーンも適用されます。

    最初からお得に取引できるのは嬉しいポイントですね!
    セキュリティ面もしっかりしているから、初心者も安心して利用できるよ。キャンペーン期間中に登録をしておこう。

    KuCoin(クーコイン)のCoincheck経由での仮想通貨入金方法・使い方

    ここからは、Coincheck経由で仮想通貨をKuCoinに入金する方法を紹介します。パソコン・スマホとで入金方法は異なるので、順番に見ていきましょう。

    パソコン(PC)を使う方法

    パソコンからKuCoinに仮想通貨を入金する方法は以下の通りです。

    • Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
    • Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
    • KuCoin(クーコイン)の公式サイトにログイン
    • ヘッダーからアセットアイコンを選択
    • 入金したいコインとネットワークを選択
    • 表示された入金アドレス宛にCoincheckから仮想通貨を送金

    順番にわかりやすく解説していきますので、KuCoinに仮想通貨を送金してみましょう。

    1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

    まずはCoincheckで口座を開設し、KuCoinへ入金するビットコインを用意します。Coincheck公式ホームページにアクセスし、「会員登録」から無料登録を行なっていきましょう。

    「かんたん本人確認」を利用して登録すれば、5分ほどで手続きが完了します。

    登録した後は、最短1日で口座が開設されるよ。サクッと登録して、KuCoinへ入金するための準備を進めよう。

    2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

    Coincheckの購入画面

    Coincheck(コインチェック)の口座が開設できたら、日本円を入金してビットコイン(BTC)を購入しましょう。

    ビットコイン以外の仮想通貨を選んじゃダメなの?
    ビットコインであれば、ほとんどのアルトコインを購入できるから便利なんだ。

    Coincheckにて購入したビットコインは、最終的に海外取引所へ送金します。送金する際に手数料がかかるものの、ビットコインであれば安く抑えられるのでおすすめです。

    3.KuCoin(クーコイン)の公式サイトにログイン

    KuCoin(クーコイン)の公式サイト

    次にKuCoinの公式サイトへと進み、「サインアップ」から無料登録を行なっていきましょう。登録する際にはメールアドレス、もしくは携帯電話番号が必要です。

    認証コードとログインパスワードの設定が完了したら、「今すぐ登録」をクリックすることで本登録・ログインが完了します。登録時にはセキュリティ設定も忘れずに行っておきましょう。

    簡単に登録できるから、初心者でも安心だね!

    4.ヘッダーからアセットアイコンを選択

    KuCoinホームページを開いたら、画面右上にあるアセットアイコン「Assets」を選択します。

    ヘッダーからアセットアイコンを選択

    選択後、「Main Account 」をクリックしましょう。

    5.入金したいコインとネットワークを選択

    Main Accountが開いたら、KuCoinに入金したいコインとネットワークを選択していきます。今回はビットコインを送金するので、検索欄に「BTC」と入力しましょう。

    ビットコインが表示されたら、画面右側に書かれている「Deposit」を選択します。

    6.表示された入金アドレス宛にCoincheckから仮想通貨を送金

    入金したいコインとネットワークを「BTC」に設定したら、入力アドレスが表示されます。

    アドレスをコピーしたら、以下の手順で送金をしていきましょう。

    • Coincheckの「暗号資産の送金」にてビットコインを選択
    • KuCoinの入金アドレスを送付先の宛先をペーストし、送金先として登録
    • 送金したいビットコインの額を入力し、KuCoinに送金する
    入金先のアドレスや付加情報を間違えると、誤送付により仮想通貨を失うこともあります。入力する際には、間違えないように注意してくださいね。

    しばらくするとビットコインがKuCoinに送金されるので、仮想通貨の売買を始めてみましょう。

    スマホアプリを使う方法

    コインチェックで仮想通貨を購入後、スマホからKuCoinに仮想通貨を入金する方法は以下の通りです。

    • AppStore/Google Play Storeより公式アプリをダウンロード
    • 右下の「Assets」より「入金」をクリック、送金したい仮想通貨を選択
    • 入金用のアドレスとタグをコピーし別の取引所から送金する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    1.AppStore/Google Play Storeより公式アプリをダウンロード

    Kucoin公式アプリ

    まずは以下から、KuCoinの公式アプリをダウンロードしましょう。

    登録する際にはメールアドレス、もしくは携帯電話番号が必要です。認証コードとログインパスワードの設定が完了したら、「今すぐ登録」をクリックすることで本登録・ログインが完了します。

    2.右下の「Assets」より「入金」をクリック、送金したい仮想通貨を選択

    登録が完了したら、「Assets」より「入金」をクリックします。

    入金先の選択画面へと移行するので、送金したい仮想通貨を選択しましょう。今回はコインチェックからビットコインを送金する必要があるので、「BTC(ビットコイン)」を選択します。

    検索欄に「BTC」と入力すれば、すぐにビットコインが表示されて便利ですよ!

    3.入金用のアドレスとタグをコピーし別の取引所から送金する

    入金用のアドレスとタグが表示されたら、コピーしてコインチェックから送金をしていきます。具体的な手順は以下の通りです。

    • Coincheckアプリを開き、「ウォレット」をタップ
    • ビットコインを選択し、「送金」をタップ
    • KuCoinの入金アドレスを送付先の宛先をペーストし、送金先として登録
    • 送金したいビットコインの額を入力し、KuCoinに送金する
    一度入金アドレスを登録しておけば、2回目以降は手軽に送れるよ!

    KuCoin(クーコイン)への入金ができない・反映されない時の対処法

    ここからは、KuCoinへの入金ができない・反映されない時の対処法をお伝えします。

    • 入金先アドレス・タグなどの入力間違いがないか確認
    • カスタマーサポートへ問い合わせ

      入金先アドレス・タグなどの入力間違いがないか確認

      登録した入金アドレスやタグの入力間違いがないか、履歴から確認してみましょう。入金先アドレスに間違いがあると、KuCoinへの送金が正しく行われません。

      銘柄によっては、「宛先タグ」や「取引メモ」などの付加情報の入力も必要です。入金先のアドレスや付加情報を間違えると、誤送付により仮想通貨を失うこともあるので注意してください。

      カスタマーサポートへ問い合わせ

      しばらくしても入金の確認が取れない場合は、カスタマーサポートに問い合わせをしましょう。KuCoinのカスタマーサポートは24時間365日対応しています。

      問い合わせ方法は以下の通りです。

      • ライブチャット
      • リクエストを送信
      KuCoin IDや入金したコインの金額、TXIDなどの情報を提供することで、入金できない原因を突き止めてくれるよ!

      KuCoin(クーコイン)の入金方法についてよくある質問

      ここからは、KuCoinの入金方法に関するよくある質問を紹介します。

      • 日本在住でもKuCoin(クーコイン)での取引は可能?
      • 入金の反映にはどのくらいの時間がかかる?遅い?
      • 入出金時のアドレスやタグを忘れた場合の対処法は?
      • 誤ったアドレスへトークンを入金した場合の対処法は?

        Q.「日本在住でもKuCoin(クーコイン)での取引は可能?」

        日本在住でもKuCoinでの取引は可能です。現物取引やレバレッジ取引にも対応しており、問題なく利用できます。

        ただし、日本円などの法定通貨による入金はできません。取引を開始するには、日本の仮想通貨取引所にて仮想通貨を購入し、KuCoinに送金をすることで利用できます。

        一部、日本語対応していないページがあるので注意しないとですね。

        Q.「入金の反映にはどのくらいの時間がかかる?遅い?」

        入金の反映には数分で済むこともあれば、数時間かかる場合もあります。トランザクションが混み合っている場合は、入金に時間がかかるので注意しなくてはいけません。

        ブロックチェーンのトランザクションが混み合っているかは、KuCoinの入金ページにあるノードを見て確認できます。状況を確認してみて、入金が完了していない場合は今しばらく待ってみましょう。

        入金申請ができているなら、しばらく待ったら入金されるはずだよ。

        Q.「入出金時のアドレスやタグを忘れた場合の対処法は?」

        入出金時のアドレスやタグを忘れた場合は、カスタマーサポートへ連絡をしましょう。連絡する際にはKuCoin IDや入金したコイン、TXIDなどの情報を記載してリクエストを送信すれば、対処方法がメールに送られてきます。

        入出金時において困ったことがあった場合、カスタマーサポートに連絡すれば安心ですね。

        Q.「誤ったアドレスへトークンを入金した場合の対処法は?」

        誤ったアドレスへトークンを入金した場合は、カスタマーサポートへ連絡してみましょう。連絡する際にはKuCoin IDや入金したコイン、TXIDなどの情報を記載してリクエストを送信すれば、対処方法がメールに送られてきます。

        ただし、間違って入金した仮想通貨は取り戻せない場合もあるので、注意しなくてはいけません。

        トークンを入金する場合は、細心の注意を払おう!

        まとめ:海外仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)は自己責任で利用しよう

        KuCoinでは取引通貨が600種類以上あり、取引手数料が安い海外仮想通貨取引所です。初心者でも5分程度で口座開設ができるので、まずは日本の取引所に登録をしてから仮想通貨を入金してください。

        なお、海外取引所は、国内の金融庁から許可が降りていません。利用する際には自己責任となるので注意しましょう。

        5分で無料登録

        コインチェック
        • KuCoinは取引通貨が600種類以上の銘柄を取り扱う世界有数の取引所。
        • KuCoinに仮想通貨を送る際は、国内大手取引所のCoincheckを利用するとスムーズに入金できる。
        • 口座開設まで最短1日。今すぐ登録を行って、KuCoinへの入金準備に取り組もう。

        アプリダウンロード数No.1Coincheckで無料口座開設する

        新井智美

        (監修者)新井智美 https://marron-financial.com/

        CFP(R)認定者一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー証券外務員 個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、年間100件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

        おすすめの記事