【2023年】IOSTのエアドロップはいつ?受け取り方の方法やコインチェックでどうなるか解説

IOSTはいつが買い時ですか?

価格が上がる直前を狙って買うのがおすすめだよ!

今後の成長に伸びしろがあるIOSTは、国内ではCoincheckでしか購入できない暗号資産です。過去に3回のエアドロップが実施されており、配布直後には価格が上昇した実績があります。

IOSTの保有を考えているのであれば、エアドロップ直前での購入がおすすめです。

本記事ではIOSTのエアドロップ内容や受け取り方法について解説しています。IOSTの購入を検討するなら、価格が上がるタイミングを見極めましょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

目次

IOSTの特徴や注目ポイント

  • 次世代アルゴリズム「Proof of Believability」を採用
  • JavaScriptによる開発で今後の普及に期待
  • 非中央集権の確立によりセキュリティ性が向上

IOSTは第3世代のブロックチェーン技術として登場した仮想通貨です。ブロックチェーンを使ったオンラインサービスの確立を目的として開発されており、システムには独自アルゴリズムの「Proof of Believability」を採用しています。

イーサリアムと同じように非中央集権性を実現したことで、高い処理速度とセキュリティ性を兼ね備えている点も特徴のひとつです。従来の暗号資産は処理速度を重視するとセキュリティ性に問題が生じていたので、弱点を克服したと言えるでしょう。

IOSTは多くのエンジニアが使えるJavaScriptで開発されており、さまざまなプロジェクトに応用できる汎用性の高さも魅力です。IOSTの知名度が上がりオンラインサービスに使われるようになれば、価格の上昇にも期待できます。

使いやすいプログラミング言語で作られているんですね。

エンジニアならJavaScriptを使いこなせる人は多いからね。いろんなサービスにIOSTが組み込まれることも考えられるよ。

あわせて読みたい
仮想通貨IOSTの将来性を徹底予想【2023年予想】IOSTは今後の見通しでは100円まで上がる説について解説 IOSTってどんな仮想通貨? 最近上昇幅の大きい注目の仮想通貨だよね IOSTは次世代の次世代のコンセンサスアルゴリズムを基盤としている仮想通貨で、近年かなり注目が集...
あわせて読みたい
【2023年最新】IOSTはどこで買える?日本円での購入方法・買い方を徹底解説!今後価格が上がる前に IOSTって今のうちに買っておくべきですか? 短期間で価格が上がった銘柄で今大注目されているんだ!国内で購入できるのはCoincheckだけだよ。 IOSTは2020年末から現在ま...

IOSTのエアドロップとは?エアドロップの内容を解説

エアドロップは仮想通貨の知名度アップや資金調達を目的に、自社開発のトークンを無料で配るキャンペーンです。

IOSTでは2月17日に2021年度の第1回目となるエアドロップのアナウンスがありました。今回行われたエアドロップの内容を以下にまとめておきます。

エアドロップされる暗号資産Donnieトークン(DON)
エアドロップの量総通貨量の5%
エアドロップ資格条件2021年2月25日までにエアドロップへの参加表明を行った対象の取引所でIOSTを保有

無料でトークンをもらえるなんて、すごくお得な気がしますね。

対象の取引所でIOSTを保有していれば、誰でも受け取れるからトークンをゲットするチャンスだね!

2021年のIOSTのエアドロップはいつか予想

公式サイトによると、2021年は総通貨量の10%をエアドロップで配布すると公表されていました。第1回目では総通貨量の5%が配布されているため、第2回目でも同量の配布を予想できます。

まだ詳細な日程は公表されていませんが、第2回目は2021年の夏ごろに実施される予定です。このため7月下旬から8月にかけてエアドロップのアナウンスが行われるのではないでしょうか。

第1回目実施のアナウンスから期限までには1週間ほどの期間が設けられていました。無料でトークンを受け取る機会を逃したくない方は、アナウンスを確認後すぐに対象の取引所でIOSTを保有しておきましょう。

第1回目で対象となった取引所の口座を事前に開設しておくのがおすすめだよ。

IOSTのエアドロップの受け取り方法

エアドロップの受け取り方には、自動で口座に配布されるパターンと自分で出金申請を行うパターンの2種類があります。IOST第1回目のエアドロップでは自動で口座に配布されていたので、第2回目も同じパターンが採用されると考えて問題ないでしょう。

エアドロップを受け取るには資格条件をクリアする必要もあります。発表された期限までに対象の取引所でIOSTを保有していることが条件です。期限の日時はUTC(協定世界時刻)で表記されており、日本時間とは9時間の時差があるため注意してください。

対象の取引所でIOSTを保有してさえいれば、自動的にトークンを受け取れるんですね。

受け取り方法が変更される可能性は低いけれど、第2回目のアナウンスがあったら再度確認しておくと安心だね。

IOSTのエアドロップ後は価格が高騰する?

エアドロップは仮想通貨の価格を左右するキャンペーンです。IOSTでは過去に3回のエアドロップを行っており、配布の直前に一時的に価格が上昇しています。

過去に行われたエアドロップの内容は以下の通りです。

  • 2018年7月:ユーザー1人に対して100IOSTを配布
  • 2019年5月:総計500,000IOSTを配布
  • 2021年2月:IOST保有者に対して総通貨量の5%にあたるDONトークンを配布

それぞれの内容は異なっていますが、実施をアナウンスした直後から価格の上昇を確認できます。

IOSTはエアドロップ前に購入するのがいいみたいですね!

利用している取引所がエアドロップの対象外でも、IOSTの価格が上昇するから恩恵を受けられるよ。

IOSTのエアドロップはコインチェックで受け取りできる?

2021年5月現在、国内の取引所でIOSTを扱うのはコインチェックだけです。しかしコインチェックはキャンペーンに参加しておらず、エアドロップを受け取れません

日本在住の方がIOSTのエアドロップを受け取るには、BINANCEなど対象となる取引所でのIOST保有が必要です。海外取引所でIOSTを保有する方法には以下の2つがあります。

  • エアドロップ対象の取引所でIOSTを購入する
  • 国内でIOSTを購入して対象の取引所に送金する

海外取引所での購入はハードルが高いと感じる方には国内からの送金がおすすめです。

残念ながら国内でエアドロップの受け取りはできないけれど、IOSTの価格上昇には期待できるよ。

2021年2月のエアドロップは不参加

コインチェックは2021年2月に実施されたエアドロップに不参加です。コインチェックの公式ブログを確認したところ、エアドロップに参加しない理由が記載されていました。

当社では、エアドロップ実施までの期間等を鑑み、お客様の資産管理が安定的に行えない可能性があると判断した為、本エアドロップにおいては参加しない方針です。

アナウンスから実施までの期間は約1週間と短いことが不参加を決定した主な理由です。無料配布されたDonnieトークンはコインチェックで取り扱いがないため、安全性を担保できないことも理由に含まれているのでしょう。

国内の口座でしかIOSTを保有していないから、エアドロップを受け取れないのは残念です。

今後のエアドロップへの参加は未定だが可能性はある

2021年2月のエアドロップには不参加ということで、多くのコインチェック利用者が落胆したことでしょう。夏に控えたエアドロップへの参加もまだ未定ですが、今後コインチェックが参加する可能性もあります。

コインチェックでは過去にビットコインの保有者に対して、ステラルーメン(XLM)を配布しました。このときはステラルーメンの取り扱い開始を機会に暗号資産の付与を行っています。

取り扱い銘柄のエアドロップを実施した際には、コインチェックがキャンペーンに参加する可能性が十分にあるでしょう。

夏に実施されるエアドロップにコインチェックが参加するかどうかに注目が集まるね。

IOSTの購入ならCoincheck(コインチェック)がおすすめ

コインチェック

日本に在住する方がIOSTを購入する場合は、Coincheckの利用をおすすめします。なぜなら国内の取引所でIOSTを扱うのはCoincheckだけであり、金融庁から暗号資産交換業者として認定を受けているからです。

海外にもIOSTを扱う取引所は多数ありますが、言語の壁や安全性の問題で不安が残ります。とくに仮想通貨の取引にまだ慣れていない方は、国内の取引所を利用するほうが安心です。

国内の取引所でIOSTを購入するならコインチェック以外に選択肢はないよ!

あわせて読みたい
Coincheck(コインチェック)の口コミ評判は?口コミの評判について仮想通貨トレーダーが徹底レビュー Coincheckが良いって聞くけど実際の口コミ評判はどうだろう? 事前にCoincheckの口コミ評判をしっかり確認しておこう。 はじめて仮想通貨を購入する際、取引所の候補と...

Coincheck(コインチェック)で口座開設する

CoincheckでIOSTを購入するには口座を開設しなければなりません。まずはスマートフォンのアプリをダウンロードして、アカウントの登録と本人確認を行ってください。

アプリからの「かんたん本人確認」であれば、最短1日ほどで審査が終わり仮想通貨の取引を開始できます。

口座開設って思ったより簡単にできるんですね!

本人確認をスムーズに終えられるように、顔写真付きの身分証明書を用意しておこう。

Coincheck(コインチェック)に日本円を入金する

口座開設が済んだら実際に取引を開始していきます。まず取引の準備として開設した口座に日本円を入金してください。日本円の入金方法には以下3つがあります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

銀行振込は入金手数料がかからないので、メインの入金方法としておすすめです。土日祝の入金ならコンビニ入金またはクイック入金を選択しましょう。

住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行からの入金なら手数料が0円になるよ。

CoincheckでIOSTを購入する

Coincheckの口座に日本円の入金を確認したらIOSTを購入しましょう。Coincheckには販売所と取引所があり、IOSTを購入できるのは販売所のほうです。

販売所のメニューを開いたら、数量と交換する通貨を入力して「購入する」ボタンを押します。Coincheckのアプリは直感的に操作できるデザインなので、通貨の購入で迷う心配はないでしょう。

価格が上がるエアドロップ直前のタイミングを逃さないように購入しよう!

IOSTのエアドロップまとめ

IOSTはブロックチェーン技術としての汎用性や今後の成長に期待が集まる銘柄です。2020年末から大きく価格が上昇しており、エアドロップが実施されるタイミングで高騰した実績があります。

国内で唯一IOSTを扱うコインチェックは残念ながらエアドロップに参加しておらず、トークンの受け取りができません。しかしIOSTはエアドロップのタイミングで価格が上がるので、コインチェックの口座に保有しているだけで恩恵を受けられます。

夏ごろには2021年第2回目のエアドロップの実施が予定されているので、価格が上昇する前の今がIOSTの買い時です。IOSTの保有を検討している方は、価格上昇のタイミングを逃さないように購入することがポイントです。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

(監修者)柴沼直美

(監修者)柴沼直美

https://caripri.com/

保有資格
CFP(R)認定者

プロフィール
生命保険会社勤務を経て渡米。MBAファイナンスを修得後、アナリスト・機関投資家として活動したのち、3人の子育てと親の介護のため家庭に入り以後フリーで活動。不動産投資から教育費捻出、介護施設入所手続きなど多くの経験を踏まえたリアルなアドバイスを提供いたします。

>>監修者ページをみる

あわせて読みたい
【2023年】草コインのおすすめ取引所と買い方を解説!億り人になるには必見の草コイン取引所一覧情報 草コインってどんな通貨なの? 1円未満で価値は低いけれど、仮に価格が高騰すれば億り人になれるかもしれないね! 草コインは現状、価値の低い通貨ですが、知名度が上が...
あわせて読みたい
【PR】仮想通貨取引所のおすすめランキング9選|初心者向けに2023年イチオシの取引所を比較     仮想通貨を始めてみたいけど、とりあえず知ってる取引所で口座を開設しておけば大丈夫かな? 口座を開設する取引所を選ぶ際には手数料やスプレッド、取り...
あわせて読みたい
【2023年】次に来るおすすめ仮想通貨の将来性ランキング!これから伸びる銘柄や1000倍になり得る草コイン これから伸びる可能性がある銘柄を紹介するよ。     仮想通貨の銘柄は数千種類以上と言われており、どれを購入すべきか悩ましいところです。銘柄ごとの違いが...
あわせて読みたい
仮想通貨DeFi関連の銘柄のおすすめ11選【2023年最新版】DeFi銘柄の購入方法・買い方は?大注目のトーク... DeFiが注目されているみたいですけど、難しくてイマイチよくわかりません。 DeFiは中央管理者が存在せず、誰でも利用できる金融サービスだよ。 DeFiはイーサリアムのブ...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次