仮想通貨の流失リスクが不安です……。

安全性の高いハードウェアウォレットを使ってみたらどうかな?

仮想通貨を利用する際に気になるのは資産を守る方法です。仮想通貨を保管する「ウォレット」にはいくつかの種類がありますが、その中でもハードウェアウォレットはセキュリティの固さで知られています。ハッキングリスクをなくせるため、多くの人に利用されています。

大切な資産を守るために、自分の用途に合ったハードウォレットを手に入れましょう!

本記事をまとめると・・・
  • ハードウェアウォレットとは、通信環境から切り離して保管する仮想通貨専用のウォレットです。仮想通貨のオンライン上のみの保管は、ハッキング被害のリスクがあるため避けるべきです。
  • ハードウェアウォレットはパソコンに挿すだけで簡単に操作可能。
  • 資産の保有は分散するのがおすすめ。仮想通貨投資をする人は、1つは持っておくべき。
  • ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」を買っておけば間違いなし。世界的人気・対応通貨トップクラスのNo.1ハードウェアウォレットです。

 

\資産が盗まれてからじゃ遅い/
Ledger nano S 公式サイトをみる
※公式サイトが最安値です。

ハードウェアウォレットとは?ハードウォレットの仕組み

ハードウェアウォレット

仮想通貨を保管する「ウォレット」のうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスをハードウェアウォレットといいます。仮想通貨を通信環境から切り離した状態で管理できるため、取引所や通信環境下のホットウォレットに起こり得るハッキングリスクから守れるのが特徴です。媒体形式としてUSB型やカード型が知られています。

 

秘密鍵とは、銀行口座でいう暗証番号にあたるもので、所有者だけが知る文字列のことです。ハードウェアウォレット内に保管されているのは仮想通貨ではなく、仮想通貨のアクセスに必要な秘密鍵です。

 

仮想通貨を管理するためにはハードウェアウォレットをPCに接続して利用します。パソコンにウォレットアプリをインストールすればアクセス可能です。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットにはメリットとデメリットがあるため、利用の際は特徴をしっかり押さえておきましょう。

安全性が高い

ハードウェアはオフラインで秘密鍵を管理するため、ハッキングリスクにさらされる恐れがないのが大きなメリットです。秘密鍵がネットワークから遮断された状態をコールドウォレットと呼び、常時ネットワークに接続されているホットウォレットに比べて安全面に優れます。

 

また、取引所やウェブウォレット提供企業は倒産したり、ハッキングされたりする可能性がゼロではありません。取引所などは仮想通貨の保管量が多いためハッカーに狙われやすく、2段階認証をしていないウォレットは危険性が高く、注意が必要です。

対応している通貨が多い

ハードウェアウォレットは、一般的な国内取引所に比べ、さまざまな種類の通貨やトークンを保管できます。海外取引所で購入したアルトコインが国内取引所に預けられない場合も、ハードウェアウォレットで管理可能です。

 

製品によって対応している仮想通貨は異なるので、ハードウェアウォレットを購入する前に確認しましょう。

利便性に優れている

ハードウェアウォレットは、パソコンに接続すればウォレットを管理できるため、すぐに利用できます。安全性の高いコールドウォレットとしてペーパーウォレットもあるのですが、ペーパーウォレットは秘密鍵を毎回手打ちする必要があるので頻繁な入出金には不向きです。

 

どの端末からもアクセス可能で、特定のパソコンを使う必要はないため、急な場合にもネット環境とハードウォレットがあれば操作できます。サイズもUSBやカード程度なので、持ち運びがしやすいのも特徴です。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウォレットには、一定数デメリットもあります。

価格が高い

ハードウォレットは他のウォレットと比べると、ハードウェアウォレットは値段が高いです。製品にもよりますが1~2万円前後となっており、仮想通貨の保有量が多くない方は購入を悩むかもしれません。

とはいえ、高額の資産を管理している場合は、安全面を考慮して購入するのをおすすめします。リスク回避のため、セキュリティをしっかりと高めておきましょう。

使用方法がやや複雑

ハードウォレットはパソコンにアプリをインストールし、設定する必要があります。日本語対応していないハードウェアウォレットもあるため、はじめのうちは戸惑うかもしれません。

ただ、慣れれば問題なく利用できるようになるので、ウォレットの説明を確認しながら使ってみましょう。

人気商品が品切れになりやすい

仮想通貨を運用する人が一気に増えたため、ハードウェアウォレットは全体的に品薄となっています。特に人気商品は品切れになりやすいので、購入を考えている方は在庫の有無も確認しておきましょう。

おすすめのハードウェアウォレット6選を比較 

ここからは、人気の高いハードウェアウォレットを紹介するよ。
名称 価格 特徴
Ledger Nano S(レジャーナノエス) 8,990円(税込) 対応通貨が多い
Trezor(トレザー) 48.76ユーロ(約6,340円) ネム・モナコインに対応
Keepkey(キープキー) 49ドル(約5,390円) メモリ容量が多い
SafePal(セーフパル) 59.99ドル(約6,600円) キャンペーン開催あり
Cool Wallet S(クールウォレットエス) 99ドル(約10,890円) カード型デバイス
Digital Bitbox(デジタルビットボックス) 109ユーロ(約14,170円) MicroSDカードにバックアップ可能

 

ledger Nano S(レジャーナノエス)

名称 Ledger Nano S
価格 8,990円(税込)
対応通貨 31種類以上
セキュリティ セキュアエレメント・PINコード
保証 1年間
公式HP https://hardwarewallet-japan.com/

Ledger Nano Sは世界的にもトップクラスの人気を誇るハードウェアウォレットだよ。

対応通貨が非常に多い

ビットコイン(BTC)・イーサリアム・ライトコイン・リップルなど、31種類以上の主要通貨に対応しています。

アップデートによって対応通貨が増えているため、今後もさらに拡大が予想されます。異なる仮想通貨のアカウントも、同じデバイス内に保管できますよ。

 

頑丈なセキュリティ

デバイスにボタンとスクリーンがついており、これらを利用することで秘密キーの完全オフライン管理が可能です。秘密キーはパソコンとつながなければインターネットに接続されません。秘密キーは情報が抜き取られないよう、高度な暗号式となってLedger Nano S内に保管されます。オフラインの秘密キーに加え、安全性をさらに高めるためのPINコードも用意されています。

パソコンにつなげば、取引所を仲介することなく簡単に送金・受取が可能です。送金速度を設定できるため、急ぎの時は早める調整もできます。Ledger Nano Sの接続を解除すれば、送金・受取は一切できなくなるため安全です。

 

使いやすい設計

アプリケーションが直感的に分かりやすく、利便性に優れます。日本の正規代理店が正規品を販売しているため、購入もしやすく説明も分かりやすいです。いざという時に問い合わせしやすいのもうれしいですね。

 

価格は8,990円(税込)と、1万円を切る料金設定となっています。上位モデルとしてBluetooth接続可能&パソコンを介さずすべての操作ができるLedger Nano Xも発売されており、こちらは17,380円(税込)です。用途や予算に合わせて選んでください。

 

\資産が盗まれてからじゃ遅い/
Ledger nano S 公式サイトをみる
※公式サイトが最安値です。

Trezor(トレザー)

名称 Trezor
価格 48.76ユーロ(約6,340円)
対応通貨 10種類以上
セキュリティ 高度な暗号化・PINコード
保証 1年間
公式HP https://trezor.io/

TrezorはLedger Nano Sと並ぶ、メジャーなハードウェアウォレットです!

ネムやモナコインに対応

対応通貨数はLedger Nano Sより少ないものの、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨やネム・ダッシュ・モナコインなどのアルトコインに対応しています。MyEtherWalletMyceliumArcBitなどのデスクトップウォレットやiOSウォレットと連携して、残高の確認や送金・受取が可能です。

高度な暗号化技術

高度な暗号化が可能なため信頼性も高く、インターフェイスもシンプルで使いやすいデバイスです。デバイスを用いた2段階認証が必要なので、従来のパスワードより流出しにくい仕様となっています。

 

人気が高く品薄気味

価格は48.76ユーロとなっており、1ユーロ130円で換算すると約6,340円です。最新型のTrezor Model Tはリップルやイオスなど対応通貨が増えており、180ユーロ(約23,400円)で購入可能です。人気が高く在庫切れになっていることが多いため、購入の際は在庫を見ながら検討してください。

\資産が盗まれてからじゃ遅い/
Trezorの公式サイトをみる
※正規販売店が最安値です。

Keepkey(キープキー)

Keepkey

名称 Keepkey
価格 49ドル(約5,390円)
対応通貨 7種類以上
セキュリティ PINコードのシャッフル機能
保証 1年間
公式HP https://shapeshift.com/keepkey

Keepkeyはビットコイン・イーサリアム・ライトコインなど7種類以上の仮想通貨に対応しています。通貨をインストールするメモリの容量が2.2GBと多いため、多くのコインやトークンを入れられるのが特徴です。また、PINシャッフル機能がついているため、不正アクセスを防ぎやすくなっています。

 

公式サイトの価格は49ドルで、1ドル110円で換算すると約5,390円です。公式サイトが日本語に対応していないため、利用のハードルはやや上がります。楽天やAmazonで販売されていることもありますが、公式元以外での購入はリスクが高いため避けるようにしましょう。

SafePal(セーフパル)

SafePal

名称 SafePal
価格 59.99ドル(約6,600円)
対応通貨 20種類以上
セキュリティ デバイス認証メカニズム
保証 1年間
公式HP https://www.safepal.io/

SafePalは、世界的な仮想通貨取引所のBinanceから出資を受けて開発されました。1.3インチの液晶にQRコードを表示し、スマホに読み取らせることで出入金が可能です。デバイス認証メカニズムなど、4つのセキュリティ機能を搭載しています。

 

ビットコイン・イーサリアム・リップルなど、20種類以上の仮想通貨に対応しています。公式サイトの価格は59.99ドルで、1ドル110円で換算すると約6,600円です。割引価格で39.99ドルとなっていることもあるので、購入を考えている方はキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

Cool Wallet S(クールウォレットエス)

Cool Wallet S

名称 Cool Wallet S
価格 99ドル(約10,890円)
対応通貨 7種類以上
セキュリティ 非接続型でハッキングリスクが低い
保証 1年間
公式HP https://www.coolwallet.io/ja/

Cool Wallet Sは、世界初のカード型ハードウェアウォレットです。クレジットカードと同じ大きさで、財布やスマホケースに収納して持ち運べるスタイリッシュなデザインが魅力です。Bluetoothでスマホに接続すれば、スマホで操作が完結します。

 

対応通貨はビットコイン・イーサリアム・リップルなど7種類以上です。公式サイトの価格は99ドルで、1ドル110円で換算すると約10,890円になります。SBIホールディングスが出資したことで知られており、今後の拡大に注目が集まっています。

 

Digital bitbox(デジタルビットボックス)

Digital Bitbox

名称 Digital Bitbox
価格 109ユーロ(約14,170円)
対応通貨 6種類以上
セキュリティ デュアルチップセキュリティ
保証 1年間
公式HP https://shiftcrypto.ch/

Digital BitboxはUSB型のハードウェアウォレットです。金融的信用度の高いスイスで作られたデバイスで、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなど6種類以上に対応しています。MicroSDカードにバックアップでき、簡単に復元できるのが特徴です。

 

現在はBitBox01の生産が終了し、新モデルのBitBox02が販売されています。公式サイトの価格は109ユーロで、1ユーロ130円で換算すると約14,170円です。日本語に対応したサイトでの購入は難しいですが、出店者が不明の店舗では購入を避けてください。

ハードウェアウォレットが壊れたらどうする?

ハードウェアウォレット本体が故障しても、仮想通貨がなくなることはないよ。

端末自体に入っているのは仮想通貨ではなく、ブロックチェーンにアクセスするための秘密キーです。そのため、秘密キーを復元するためのリカバリーフレーズがあれば復元できます。新しい本体が届き次第、復元作業を行いましょう。

 

製品にもよりますが、ハードウェアウォレットは1年前後の保証がついているケースが多いです。ただ、ハードウェアウォレット自体が品薄になりやすく、すぐに入手できない可能性もあります。事前にバックアップ用として複数台を持っておけば安心です。

 

なお、リカバリーフレーズは他人に知られると不正アクセスの恐れがあるため、厳重に管理してください。

ハードウェアウォレットの使い方(送金方法)

仮想通貨

ここでは、Ledger Nono Sを利用する際の流れを解説するよ。

1)初期設定

新品未開封であるかチェックしつつ、中身がすべて入っているかを確認します。

PINコードとリカバリーフレーズを設定する必要があるので、忘れないように記録します。リカバリーフレーズは他人に知られると不正アクセスの危険があるため、記録したメモなどは厳重に管理してください。

 

2)データの復元方法を確認

念のために復元方法を試しておくと安全です。「メモしたリカバリーフレーズが間違って復元できない」といった事態を防ぐためにも、仮想通貨を管理する前に確認しておきましょう。

リカバリーフレーズをすべて入力するのは時間がかかりますが、一度試しておくことでいざという時に焦らずに済みます。

 

3)アプリのインストール

デバイスの設定が終わったら、PCやスマホの専用アプリをインストールします。自分の利用する仮想通貨の設定を導入しましょう。

入金(受信)方法
Ledger Nono Sの場合はとてもシンプルです。アプリ内の「受信」を選択し、画面の指示に従いながらアドレスやQRコードを使って送金します。入金後の履歴も残るので、はじめてでも分かりやすいです。
出金(送信)方法
アプリ内の「送信」を選択し、金額・送金先アドレス・手数料を入力します。Ledger Nono Sデバイスのボタンを押せば送金完了です。

Amazonのハードウェアウォレットはどう?

信頼できる業者から買わないとダメです!

ハードウェアウォレットの販売を悪用した詐欺がすでに起きているため、各メーカーの公式サイトや正規代理店以外から購入するのはやめましょう。

 

新品未開封で購入したはずの製品が、すでに開封されていて情報を抜かれていた」というような犯罪が実際に発生しています。出品者の信頼性が不明だと、このようなリスクにさらされてしまうのです。

 

ハードウェアウォレットは、秘密キーが漏れていれば同期されてしまい、資金の流出に直結します。また、不当に高い値段をつけて販売しているケースもあるので、公式サイトで品薄状態だとしても慌てて買わないようにしましょう。悪意を持った出品者を回避するためにも、必ず公式サイトや正規代理店を利用してください。

おすすめのハードウェアウォレットまとめ

ハードウェアウォレットはオフラインで秘密鍵を管理するため、ハッキングから自分の資産を守れます。仮想通貨を安全に運用したい方や、保有量が多い方はハードウェアウォレットの利用を強くおすすめします。

 

今回紹介したハードウェアウォレットのうち、特に人気が高いのはLedger Nano S(レジャーナノエス)Trezor(トレザー)です。Ledger Nano Sの正規代理店は日本円で購入でき、いざという時の問い合わせにも便利です。

 

仮想通貨の運用に力を入れていくなら、安全面の強化は必須です。大切な資産を守るためにも、強固なセキュリティを誇るハードウェアウォレットをぜひ導入してください!

\資産が盗まれてからじゃ遅い/
Ledger nano S 公式サイトをみる
※公式サイトが最安値です。

(監修者)祖父江 仁美 https://jin-design-official.com/

2級FP技能士DCコンサルタント®
企業型確定拠出年金の導入や従業員向けの投資教育、数字が苦手な女性経営者を専門に「事業」と「家計」2つのマネーサポートをしております。

おすすめの記事