MMPROってどんな仮想通貨なのかな?
MMPROは持っていると他の仮想通貨を早く、安く買えるメリットがあるよ!

MMPROは仮想通貨市場でマーケットメイクを使うために用いられる仮想通貨です。マーケットメイクについては後々詳しく解説しますが、簡潔に紹介すると世界中の仮想通貨取引所が管理を行う仕組みです。

MMPROを保有しておくことで、このマーケットメイクの仕組みを活用して、他の仮想通貨を早期に割引で購入する権利が得られます。まだ認知度が低い仮想通貨だけあって価格は安いですが、大きなポテンシャルを秘めている仮想通貨です。

この記事ではMMPROの将来性や購入方法について解説して行くので、興味がある方は参考にしてください。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • MMPROを持っていることで他の仮想通貨を早く、安く買える権利が手に入る!
  • MarketMakingProが発展するほどMMPROの価値も上がる可能性が高い!
  • MMPROを買うにはCoincheckでビットコインなどを購入して海外送金する必要あり!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

もくじ(タップでジャンプ)

MMPROとはどんな仮想通貨?特徴を解説

通貨名 MMPRO Token
シンボル MMPRO
注目度 ★★★☆☆
取扱取引所 ・Gate.io
・PancakeSwap
・BKEX
時価総額(2022/6/4時点) ¥2,539,665,210
公式HP https://farming.marketmaking.pro/
MMPROって、具体的にはどんな仮想通貨なの?

それでは早速、MMPROの特徴を見ていきましょう。具体的には以下の3つが挙げられます。

  • B2BプラットフォームであるMarket Making Proで使用される仮想通貨
  • Market Making ProでMMPROを保有することでローンチパッドに参加できる
  • Market Making ProでMMPROとペアの高利回りのファーミングができる

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

B2BプラットフォームであるMarket Making Proで使用される仮想通貨

MMPROはB2Bプラットフォームにおけるマーケットメイクのひとつ、Market Making Proで使用されている仮想通貨です。マーケットメイクとは、仮想通貨市場において取引がスムーズに進むように流動性を提供する仕組みのことです。

Market Making ProはB2Bのサービスであるため、知らない方も多いかもしれません。しかし、Market Making Proは以下のような取引所とパートナーシップを連携しており、投資をされている方はすでに関与している可能性も高いです。

これらの仮想通貨取引所は有名だし、日本人でも利用している人は多そうだね!

Market Making ProでMMPROを保有することでローンチパッドに参加できる

MMPROを保有することで、ローンチパットに参加できます。ローンチパッドとは、あるサービスが厳選した仮想通貨プロジェクトの先行販売を支援することであり、ローンチパッドに参加することで将来性の高い仮想通貨に先行投資できるようになります。

過去にはBTCMTやHFTといった仮想通貨がローンチパッドにより先行投資できました。また、実施されているローンチパッドは仮想通貨に限らず、株式も実施されており、金融商品全般に対して先行投資できるのではないかといった期待の声が多いです。

参考:https://launchpad.marketmaking.pro/

Market Making ProでMMPROとペアの高利回りのファーミングができる

MMPROは独自のファーミングも可能で、サイトにアクセスすることで高利回りのファーミングができます。ファーミングとは2種類の仮想通貨をペアとして一定期間預けることで、報酬を得られるサービスで、利子のようなものです。

MMPROの公式サイトでは、現在数種類の仮想通貨ペアでファーミング可能で、利回りが200%を超えるようなペアも見られます。

利回りが年利200%って、本来ありえない数値だから期待できるね!

参考:https://farming.marketmaking.pro/

MMRPOの2022年現在のチャートと価格変動


MMPROの値動きについても確認しておきたいな!
  • ~2022年4月:ローンチから大きな価格変動はなく10円台を保持
  • 2022年4月:MMPROのステーキングプラットフォーム完成により価格急騰して100円を超え、過去最高値を記録する
  • 2022年5月:仮想通貨市場全体の下げ相場に影響を受け30円~50円を推移

~2022年4月:ローンチから大きな価格変動はなく10円台を保持

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

MMPROは2021年12月にローンチされ、最初は変動したもののその後は10円台を保持していました。MMPROに限らず、多くの仮想通貨は上場やローンチ直後は価格が安定しないため、MMPROの初期における価格も誤差の範囲として認識して問題ありません。

2022年4月:MMPROのステーキングプラットフォーム完成により価格急騰して100円を超え、過去最高値を記録する

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年4月にはMMPROのステーキングプラットフォームが完成しました。結果として100円台に上り、過去最高値を記録しています。

ステーキングプラットフォームが完成しただけで価格は跳ね上がるんだね!

2022年5月:仮想通貨市場全体の下げ相場に影響を受け30円~50円を推移

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年5月にはTerra(LUNA)の暴落が原因で、他の仮想通貨を含め全体的に市場は冷え込みました。MMPROも例外なく価格が下がり、30円~50円を推移しています。

安くなった今がチャンスって声も見られるよ!

MMRPOの将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ローンチされてからの動きはわかったけど、MMPROの将来性ってどうなのかな?

MMPROに投資しようと考えている方は、過去の値動きより将来性の方が気になるかと思います。MMPROの将来性を判断する材料として、以下の3つが挙げられます。

  • Binance(バイナンス)を始めとした有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結び、世界中で採用されている
  • TENSETがダイヤモンドサポーターとして支援している
  • ローンチパッドの銘柄次第では人気が急上昇する可能性がある

それぞれについて確認していきましょう。

Binance(バイナンス)を始めとした有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結び、世界中で採用されている

先述の通り、MMPROはBinanceをはじめとする有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結んでいます。Market Making Pro自体はマーケットメイク事業に2017年から取り組んでおり、すでに250以上のプロジェクトに関わってきました。

マーケットメイク事業の先駆者とも言えるポジションを確立しているため、信頼性も高いです。

TENSETがダイヤモンドサポーターとして支援している

MMPROはEverdomeのトークンローンチでも注目されているTENSETがダイヤモンドスポンサーとして支援しています。世界的な大手企業からもすでに大きな後ろ盾を得ているので、将来性は高いです。

参考:https://www.tenset.io/en/news/market-making-pro-diamond-sponsor

ローンチパッドの銘柄次第では人気が急上昇する可能性がある

ローンチパッドで取り扱われる銘柄に関して将来性が高いものであれば、その通貨に投資するためにMMPROの需要が増える可能性は高いです。需要が増えれば必然的に価格が上がります。

どのような銘柄がローンチパッドで取り扱われるか、公式サイトを常にチェックしておきましょう。

MMRPOの購入方法・買い方|どこで買うのか解説

MMPROの将来性が高そうだから今のうちに買っておきたいんだけど、どうやって買えば良いのかな?

MMPROの購入方法も確認しておきましょう。

  • 1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  • 2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  • 3.Binance(バイナンス)にビットコインを送金し、BNBにコンバートする
  • 4.MetaMask(メタマスク)を接続し、BNBを送金する
  • 5.PancakeSwap(パンケーキスワップ)でBNBをMMPROへスワップする

手順は少々長いですが、いずれもそこまで難しい手続きはありません。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック公式

まずはCoincheckにて会員登録しましょう。公式サイトの会員登録ボタンから名前やメールアドレスなどの個人情報を入力して仮登録をします。

次に送られてきたメールアドレスのURLをたどり、本人確認を済ませれば口座開設が完了です。

本人確認には免許証や住民票が必要だから、あらかじめ用意しておこう!

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

Coincheckにて口座開設ができたら、販売所からビットコイン(BTC)を購入しましょう。ビットコイン以外の通貨を購入してしまうと、送金できなかったり手数料が高くついてしまったりするので、あまりおすすめしません。

3.Binance(バイナンス)にビットコインを送金し、BNBにコンバートする

CoincheckからBinanceに送金

Coincheckでビットコインを購入したら、次はBinanceに送金しバイナンスコイン(BNB)へとコンバート(換金)しましょう。送金先アドレスを間違えるとせっかく買ったビットコインを喪失する可能性もあるので、コピー&ペーストを活用してください。

バイナンスコインの買い方については以下の記事も参考にしてね!

4.MetaMask(メタマスク)を接続し、BNBを送金する

次にMetaMask(メタマスク)へと接続し、BNBを送金しましょう。メタマスクはGooglechromeやFireFoxのブラウザ上で起動します。

インストールもそこまで難しくないので、以下の記事を参考にウォレットを作成しておきましょう。

5.PancakeSwap(パンケーキスワップ)でBNBをMMPROへスワップする

次にパンケーキスワップにアクセスしてMetaMaskと接続しましょう。

その後「SWAP」→「BNB」→「MMPRO」の順にクリックしてMMPROを購入しましょう。

パンケーキスワップのサイトは全部英語だから、日本語に変換して利用しよう!

MMRPOのについてよくある質問

MMPROを購入するにあたって、気を付けておくことはあるかな?

MMPROに関してよくある質問や注意すべきポイントも確認しておきましょう。よくある質問としては以下のものが挙げられます。

  • Q.「国内の取引所で購入できますか?」

Q.「国内の取引所で購入できますか?」

MMPROを買うためには結構いろんな手順を踏まないといけないみたいだけど、国内の取引所でそのまま購入することはできないの?

MMPROは2022年6月時点では残念ながら国内取引所でそのまま購入できません。将来的に上場するかどうかも今のところわからないので、購入したい方は先ほどの、Coincheckから海外取引所を経由する手順を踏みましょう。

国内の取引所に上場するまで待っていたら価格が高くなってしまって買えないかも

MMRPOの買い方や将来性まとめ

MMPROは保有するだけでローンチパッドやファーミングを活用できる仮想通貨です。他の仮想通貨を優先して購入できるため、保有するメリットは大きいです。

また、MMPRO自体の将来性も高く、後々値上がりすれば大きな利益を上げられる可能性もあります。興味がある方はCoincheckを経由して海外取引所でMMPROを購入しましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • MMPROを持っていることで他の仮想通貨を早く、安く買える権利が手に入る!
  • MarketMakingProが発展するほどMMPROの価値も上がる可能性が高い!
  • MMPROを買うにはCoincheckでビットコインなどを購入して海外送金する必要あり!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

おすすめの記事