仮想通貨MMPRO Token(MMPRO)の買い方は?将来性やステーキングについてチャートを用いながら解説

MMPROってどんな仮想通貨なのかな?

MMPROは持っていると他の仮想通貨を早く、安く買えるメリットがあるよ!

MMPROは仮想通貨市場でマーケットメイクを使うために用いられる仮想通貨です。マーケットメイクについては後々詳しく解説しますが、簡潔に紹介すると世界中の仮想通貨取引所が管理を行う仕組みです。

MMPROを保有しておくことで、このマーケットメイクの仕組みを活用して、他の仮想通貨を早期に割引で購入する権利が得られます。まだ認知度が低い仮想通貨だけあって価格は安いですが、大きなポテンシャルを秘めている仮想通貨です。

この記事ではMMPROの将来性や購入方法について解説して行くので、興味がある方は参考にしてください。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

目次

MMPROとはどんな仮想通貨?特徴を解説

通貨名MMPRO Token
シンボルMMPRO
注目度★★★☆☆
取扱取引所・Gate.io
・PancakeSwap
・BKEX など
時価総額
(2023年11月29日時点)
$5,511,267
Twitterhttps://twitter.com/MarketmakingPro
公式HPhttps://farming.marketmaking.pro/

MMPROって、具体的にはどんな仮想通貨なの?

それでは早速、MMPROの特徴を見ていきましょう。具体的には以下の4つが挙げられます。

  • B2BプラットフォームであるMarket Making Proで使用される仮想通貨
  • Market Making ProでMMPROを保有することでローンチパッドに参加できる
  • Market Making ProでMMPROとペアの高利回りのファーミングができる
  • 定期的にバーンが実施されトークンの需給バランスを調整している

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

B2BプラットフォームであるMarket Making Proで使用される仮想通貨

MMPROはB2Bプラットフォームにおけるマーケットメイクのひとつ、Market Making Proで使用されている仮想通貨です。マーケットメイクとは、仮想通貨市場において取引がスムーズに進むように流動性を提供する仕組みのことです。

Market Making ProはB2Bのサービスであるため、知らない方も多いかもしれません。しかし、Market Making Proは以下のような取引所とパートナーシップを連携しており、投資をされている方はすでに関与している可能性も高いです。

これらの仮想通貨取引所は有名だし、日本人でも利用している人は多そうだね!

Market Making ProでMMPROを保有することでローンチパッドに参加できる

MMPROを保有することで、ローンチパットに参加できます。ローンチパッドとは、あるサービスが厳選した仮想通貨プロジェクトの先行販売を支援することであり、ローンチパッドに参加することで将来性の高い仮想通貨に先行投資できるようになります。

過去にはBTCMTやHFTといった仮想通貨がローンチパッドにより先行投資できました。また、実施されているローンチパッドは仮想通貨に限らず、株式も実施されており、金融商品全般に対して先行投資できるのではないかといった期待の声が多いです。

参考:https://launchpad.marketmaking.pro/

Market Making ProでMMPROとペアの高利回りのファーミングができる

MMPROは独自のファーミングも可能で、サイトにアクセスすることで高利回りのファーミングができます。ファーミングとは2種類の仮想通貨をペアとして一定期間預けることで、報酬を得られるサービスで、利子のようなものです。

MMPROの公式サイトでは、現在数種類の仮想通貨ペアでファーミング可能で、利回りが200%を超えるようなペアも見られます。

利回りが年利200%って、本来ありえない数値だから期待できるね!

参考:https://farming.marketmaking.pro/

あわせて読みたい
仮想通貨のイールドファーミングとは?意味や仕組みを徹底解説|おすすめのDEX(分散型取引所)も紹介   イールドファーミングは、仮想通貨を預けて利回りを得る運用方法です。銀行よりも非常に年利が高く、数十~数千%の年利が設定されているサービスも存在します。...

定期的にバーンが実施されトークンの需給バランスを調整している

MMPROは定期的にバーンが実施されています。

🔥100k MMPro tokens are burned!🔥

So we have burned 100k tokens we had received as payment for the MM bot.

Such efforts help make our project attractive and increase the price of out tokens which makes investors happy. 💪

Transaction below 👇https://t.co/Pt9PbmIRbf pic.twitter.com/XTTNwlHvUS

— Market Making Pro (@MarketmakingPro) April 22, 2022

バーンにより供給量が一定以上にならないため、価格が暴落しにくいです。

バーンとは運営元が意図的に通貨の流通量を減らすことだよ!

仮想通貨MMPRO Tokenの2023年現在のチャートと価格変動

MMPROの値動きについても確認しておきたいな!

  • ~2022年4月:ローンチから大きな価格変動はなく10円台を保持
  • 2022年4月:MMPROのステーキングプラットフォーム完成により価格急騰して100円を超え、過去最高値を記録する
  • 2022年5月:仮想通貨市場全体の下げ相場に影響を受け30円~50円を推移
  • 2022年6月:20円台をキープするも8日を境に12円台まで下落
  • 2022年7~8月:7月は10円台を推移するも8月に入って10円台直前まで下落。中旬から14円台付近まで回復
  • 2022年9~12月:8月の価格回復から一転して下落トレンドへ。年末には8円台まで落ち込む
  • 2023年1~3月:年末の冷え込みが続くも微増。3月中旬に急騰し一時40円台に到達。
  • 2023年4〜6月:4月16日の34円を最後に下落が続き、6月には10円台に突入
  • 2023年7~8月:11円台に回復して堅調に推移するも8月末には10円台へ落ち込む
  • 2023年9~10月:9月後半から一気に値を戻し13円目前まで回復するが再度落ち込み8円台まで落ち込む

~2022年4月:ローンチから大きな価格変動はなく10円台を保持

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

MMPROは2021年12月にローンチされ、最初は変動したもののその後は10円台を保持していました。MMPROに限らず、多くの仮想通貨は上場やローンチ直後は価格が安定しないため、MMPROの初期における価格も誤差の範囲として認識して問題ありません。

2022年4月:MMPROのステーキングプラットフォーム完成により価格急騰して100円を超え、過去最高値を記録する

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

🔥Dear friends,

We are happy to announce that the development of the MMPRO staking platform has been completed.🎇

👌🏻If you would like to be included in the closed pool of beta testers, please fill out the form below.https://t.co/mN78sxbASI pic.twitter.com/OyTTXmiHfr

— Marketmaking.pro (@MarketmakingPro) March 30, 2022

2022年4月にはMMPROのステーキングプラットフォームが完成しました。結果として100円台に上り、過去最高値を記録しています。

ステーキングプラットフォームが完成しただけで価格は跳ね上がるんだね!

2022年5月:仮想通貨市場全体の下げ相場に影響を受け30円~50円を推移

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年5月にはTerra(LUNA)の暴落が原因で、他の仮想通貨を含め全体的に市場は冷え込みました。MMPROも例外なく価格が下がり、30円~50円を推移しています。

安くなった今がチャンスって声も見られるよ!

2022年6月:20円台をキープするも8日を境に12円台まで下落

MMPRO_1687705200-1693925999_graph_coinmarketcap (1)

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年6月8日を境に、さらに下落しました。一時26円台だったMMPROの価格は、12円台まで落ち込んでいます。

仮想通貨の下落トレンドの影響を受け、この時期から停滞していくことになるよ…

2022年7~8月:7月は10円台を推移するも8月に入って10円台直前まで下落。中旬から14円台付近まで回復

MMPRO_1Y_graph_coinmarketcap

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年6月の下落を受けて7月は16~17円台付近を推移していました。しかし、8月に入ってから再び下落を始め、10円台に突入する手前まで落ちています。

ただ、8月中旬から18円台まで急回復しました。回復も長くは続かず、8月下旬は14~15円付近に落ち着く形となっています。

チャートを見ると価格の上下が激しいね…!

2022年9~12月:8月の価格回復から一転して下落トレンドへ。年末には8円台まで落ち込む

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2022年9月以降、8月までの回復基調から一転して弱気市場へと遷移しました。

仮想通貨市場全体が冷え込んだ要因として、FTXの破綻が大きいです。

FTXの破綻は仮想通貨全体に大きな影響を与えたよね。

2023年1~3月:年末の冷え込みが続くも微増。3月中旬に急騰し一時40円台に到達。

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2023年1月~3月も、年末からそこまで回復せず低空飛行していました。

しかし、3月中旬には40円台にまで急騰し、4月現在、27円前後に落ち着いています。

2023年1月以降価格が乱高下している理由として、MMPROを保有することでWOW NFTをお得に利用できることが考えられます。

mmproは他の通貨がヨコヨコの時でもUPトレンドになる事が多いにあるから素晴らしいし、事業としても最高🚀🚀🚀 https://t.co/k24w03W48a

— tenseter (@YIicyan) April 8, 2023

2023年4〜6月:4月16日の34円を最後に下落が続き、6月には10円台に突入

2023年4月からは下落基調が続いています。原因として、金融政策の引き締めが考えられており、MMPROに限らずほぼすべての仮想通貨が下落しました。

4月16日時点で34円だったMMPROは、6月には10円台まで落ちています。

1月~3月まではMMPROが好調だったから、先を見越して投資した人も多そうだね。

2023年7~8月:11円台に回復して堅調に推移するも8月末には10円台へ落ち込む

MMPRO_1687705200-1693925999_graph_coinmarketcap (1)

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

2023年6月末から11円台に回復し、7~8月中は上下を繰り返しながらも11円台を保ち続けました。

ただ、9月に入る頃には下落傾向が見え始め、10円へ突入しました。

堅調に推移しているように見えますが、4月からの下落トレンドが続いており、今もなお下がっていることがわかります。

仮想通貨の全体的な冷え込みはまだ続きそうですね…

2023年9~10月:9月後半から一気に値を戻し13円目前まで回復するが再度落ち込み8円台まで落ち込む

MMPRO_1693062000-1699196399_graph_coinmarketcap

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/mmpro-token/

9月まで長く続いてきた下落トレンドにより、9月半ばには9円台まで下がりました。

しかし、9月後半からMMPROの価格は急騰し、13円目前まで上がります。その後は11円台まで下がったり12円半ばまで戻ったりと上下しています。

10月後半に入ると10円を割り、一時8円台まで下がりました。

下落トレンドは終わったかに思えましたが、まだ低迷の時期は続きそうですね

MMPROの購入方法・買い方|どこで買うのか解説

MMPROの将来性が高そうだから今のうちに買っておきたいんだけど、どうやって買えば良いのかな?

MMPROの購入方法も確認しておきましょう。

  1. Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする
  2. Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)にビットコインを送金し、BNBにコンバートする
  4. MetaMask(メタマスク)を接続し、BNBを送金する
  5. PancakeSwap(パンケーキスワップ)でBNBをMMPROへスワップする

手順は少々長いですが、いずれもそこまで難しい手続きはありません。

1.Coincheck(コインチェック)で無料口座開設をする

コインチェック公式

まずはCoincheckにて会員登録しましょう。公式サイトの会員登録ボタンから名前やメールアドレスなどの個人情報を入力して仮登録をします。

次に送られてきたメールアドレスのURLをたどり、本人確認を済ませれば口座開設が完了です。

本人確認には免許証や住民票が必要だから、あらかじめ用意しておこう!

2.Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する

Coincheckにて口座開設ができたら、販売所からビットコイン(BTC)を購入しましょう。ビットコイン以外の通貨を購入してしまうと、送金できなかったり手数料が高くついてしまったりするので、あまりおすすめしません。

3.Binance(バイナンス)にビットコインを送金し、BNBにコンバートする

CoincheckからBinanceに送金

Coincheckでビットコインを購入したら、次はBinanceに送金しバイナンスコイン(BNB)へとコンバート(換金)しましょう。送金先アドレスを間違えるとせっかく買ったビットコインを喪失する可能性もあるので、コピー&ペーストを活用してください。

バイナンスコインの買い方については以下の記事も参考にしてね!

あわせて読みたい
BNB(バイナンスコイン)の買い方・将来性は?バイナンスの基軸通貨の価格動向についても解説 BNBは、仮想通貨取引所のバイナンスが発行した仮想通貨で、2022年2月時点で時価総額ランキング4位を誇る人気のある仮想通貨です。 その名にふさわしく、バイナンスで利...

4.MetaMask(メタマスク)を接続し、BNBを送金する

次にMetaMask(メタマスク)へと接続し、BNBを送金しましょう。MetaMaskはGooglechromeやFireFoxのブラウザ上で起動します。

インストールもそこまで難しくないので、以下の記事を参考にウォレットを作成しておきましょう。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)の使い方・始め方|便利なERC20のホットウォレットを利用して効率よくブロックチェ... イーサリアム系の仮想通貨に投資する場合、MetaMask(メタマスク)があると便利って聞いたんだけど、何のこと?? 仮想通貨ウォレットの1つで、口座開設すると手軽に仮想...

5.PancakeSwap(パンケーキスワップ)でBNBをMMPROへスワップする

次にパンケーキスワップにアクセスしてMetaMaskと接続しましょう。

初期状態の場合はMMPROが検索してもリストにないため、検索欄にコントラクトアドレスを入力して追加しましょう。

[aside type=”normal”]コントラクトアドレス:0x6067490d05f3cf2fdffc0e353b1f5fd6e5ccdf70[/aside]

その後「SWAP」→「BNB」→「MMPRO」の順にクリックしてMMPROを購入しましょう。

パンケーキスワップのサイトは全部英語だから、日本語に変換して利用しよう!

仮想通貨MMPRO Tokenの将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

ローンチされてからの動きはわかったけど、MMPROの将来性ってどうなのかな?

MMPROに投資しようと考えている方は、過去の値動きより将来性の方が気になるかと思います。MMPROの将来性を判断する材料として、以下の7つが挙げられます。

  • Binance(バイナンス)を始めとした有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結び、世界中で採用されている
  • TENSETがダイヤモンドサポーターとして支援している
  • ローンチパッドの銘柄次第では人気が急上昇する可能性がある
  • MMPROの投資ユニットが1億5,000万ドル相当の二次株式を保有し安定した財源を持つ
  • 最大10%の収益を分配する独占的な投資家クラブ「MMPROラボ」を展開
  • 世界5か国以上で開催中のWeb3カンファレンス「WOWサミット」を共催している
  • IPO前の企業の株式投資を支援する「MMPro Trust Ventures」を提供

それぞれについて確認していきましょう。

Binance(バイナンス)を始めとした有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結び、世界中で採用されている

先述の通り、MMPROはBinanceをはじめとする有名仮想通貨取引所とパートナーシップを結んでいます。Market Making Pro自体はマーケットメイク事業に2017年から取り組んでおり、すでに250以上のプロジェクトに関わってきました。

マーケットメイク事業の先駆者とも言えるポジションを確立しているため、信頼性も高いです。

TENSETがダイヤモンドサポーターとして支援している

MMPROはEverdome(エバードーム)のトークンローンチでも注目されているTENSETがダイヤモンドスポンサーとして支援しています。世界的な大手企業からもすでに大きな後ろ盾を得ているので、将来性は高いです。

参考:https://www.tenset.io/en/news/

ローンチパッドの銘柄次第では人気が急上昇する可能性がある

ローンチパッドで取り扱われる銘柄に関して将来性が高いものであれば、その通貨に投資するためにMMPROの需要が増える可能性は高いです。需要が増えれば必然的に価格が上がります。

どのような銘柄がローンチパッドで取り扱われるか、公式サイトを常にチェックしておきましょう。

MMPROの投資ユニットが1億5,000万ドル相当の二次株式を保有し安定した財源を持つ

MMPROの投資ユニット、MMPRO Trustは、EU・米国のコンプライアンスポリシーに従って合法的に構成された二次株式を1億5,000万ドル相当保有しています。

日本円でおよそ200億円相当あり、この財源が枯渇することはまず考えられません。

参考:Market Making Pro

最大10%の収益を分配する独占的な投資家クラブ「MMPROラボ」を展開

MMPROは、最大10%の収益を分配するMMPROラボを展開しています。MMPROラボは、大量のトークンを保有することで得られる特権です。

引用:https://nft-store.marketmaking.pro/mmpro-labs

MMPROラボになるためには、20万枚ほどのトークンを保有する必要があります。MMPROラボになれる条件は難しいです。

しかし、投資の期待収益率(IRR)は開始時点で50%なのでかなり高いです。

どんなに有望なベンチャーキャピタルや投資ファンドでもIRRが15%~20%まで行くことは稀だよ!

世界5か国以上で開催中のWeb3カンファレンス「WOWサミット」を共催している

MMPROは世界5か国以上で開催されているWeb3カンファレンス「WOWサミット」を共催しています。

WOWサミットではMMPRO tokenを使って購入できるNFTも多いです。WOWサミットは2023年に香港で行われる予定で、かなり注目が集まっています。

ちなみにWOWサミットは2021年にアラブ首長国連邦、2022年にポルトガルで実施されたよ!

参考:WOW SUMMIT

IPO前の企業の株式投資を支援する「MMPro Trust Ventures」を提供

MMPROは、IPO前の企業の株式投資を支援する「MMPro Trust Ventures」を提供しています。

MMPro Trust Venturesでは、投資判断しにくいIPO前の企業の株式情報がまとまっており、投資家のポートフォリオ作成に役立ちます。

また、投資先が見つからない場合のスカウトサービスもあります。

個人から機関投資家まで、あらゆる層の投資家がIPO前の企業に安全に投資できるようサポートしているよ。

仮想通貨MMPRO Tokenをステーキングする方法

MMPROはどうやってステーキングすればよいのかな?

MMPROのステーキング方法についても確認しておきましょう。具体的には以下の3ステップで可能です。

  1. MMPROと仮想通貨BNBを用意して公式サイトへアクセスする
  2. ステーキングページに移動しメタマスクを接続する
  3. ステーキングする数量を入力しMMPROを送金する

1. MMPROと仮想通貨BNBを用意して公式サイトへアクセスする

MMPROをステーキングする場合、手数料としてBNBが必要です。BNBを用意して公式サイトへアクセスしましょう。

引用:https://staking.marketmaking.pro/

MMPROをどれだけ持っていても、BNBが0枚だとステーキングできないため注意が必要です。

BNBをまだ持っていないなら、あらかじめ用意しておこう!

2. ステーキングページに移動しメタマスクを接続する

引用:https://staking.marketmaking.pro/

ステーキングページに移動したら、Connect Walletを押してメタマスクへと接続しましょう。

すでにMetaMaskのアカウントを持っていれば、サイトにアクセスした段階で自動的に接続されます。

3. ステーキングする数量を入力しMMPROを送金する

MetaMaskとMMPROを接続できたら、ステーキングする数量を入力し送金しましょう。

引用:https://staking.marketmaking.pro/

ステーキング期間を長くすればするほど利回りも大きくなります。

長期間のステーキングは高利率だけど、期間中は売却できないから暴落時のリスクも考慮しておこう!

MMPROのについてよくある質問

MMPROを購入するにあたって、気を付けておくことはあるかな?

MMPROに関してよくある質問や注意すべきポイントも確認しておきましょう。よくある質問としては以下のものが挙げられます。

  • Q.「MMPROの発行枚数の上限は?」
  • Q.「MMPROの過去最高値は?」
  • Q.「MMPROは国内の取引所で購入できますか?」

Q.「MMPROの発行枚数の上限は?」

MMPROはどれくらい発行されるの?

MMPROの発行枚数上限は1億枚といわれています。発行枚数上限が決まっているため、どんなに購入されても希少性が変わらないため、一定の価格から落ちにくいです。

Q.「MMPROの過去最高値は?」

MMPROは過去どれくらいまで値上がりしたの?

MMPROの過去最高値は、2022年4月10日の102円台です。2023年6月のおよそ10倍ありました。

今後も100円台に戻る可能性はあるから、買うなら今がチャンスかも?

Q.「MMPROは国内の取引所で購入できますか?」

MMPROを買うためには結構いろんな手順を踏まないといけないみたいだけど、国内の取引所でそのまま購入することはできないの?

MMPROは2023年11月時点では残念ながら国内取引所でそのまま購入できません。将来的に上場するかどうかも今のところわからないので、購入したい方は先ほどの、Coincheckから海外取引所を経由する手順を踏みましょう。

国内の取引所に上場するまで待っていたら価格が高くなってしまって買えない可能性が高いよ。

MMPROの買い方や将来性まとめ

MMPROは保有するだけでローンチパッドやファーミングを活用できる仮想通貨です。他の仮想通貨を優先して購入できるため、保有するメリットは大きいです。

また、MMPRO自体の将来性も高く、後々値上がりすれば大きな利益を上げられる可能性もあります。興味がある方はCoincheckを経由して海外取引所でMMPROを購入しましょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1
  • 国内No.1の仮想通貨アプリ

\ 国内No.1の仮想通貨アプリ/

(監修者)佐野孝矩

(監修者)佐野孝矩

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

保有資格
日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士

プロフィール
一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

専門・得意分野
企業経営理論、経済学、経営情報システム

>>監修者ページをみる

あわせて読みたい
将来有望の注目アルトコインおすすめランキング【2023年】これから伸びる銘柄は何?億り人を目指すために アルトコインは多すぎてどれが良いのかわかりません。 まずは注目されている8つの銘柄から知っていくのがおすすめだよ。 アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨を...
あわせて読みたい
【2023年】アルトコインのおすすめ取引所と買い方を解説!手数料やスプレッドがお得なアルトコイン取引... アルトコインへの投資も始めたいけれど、どこの取引所を利用するのが良いですか? 購入したい銘柄の取り扱いがあるのかと、手数料やスプレッドにも注目して選ぶのがおす...
あわせて読みたい
【2023年】草コインのおすすめ取引所と買い方を解説!億り人になるには必見の草コイン取引所一覧情報 草コインってどんな通貨なの? 1円未満で価値は低いけれど、仮に価格が高騰すれば億り人になれるかもしれないね! 草コインは現状、価値の低い通貨ですが、知名度が上が...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次