仮想通貨(暗号資産)とFXはどっちが儲かる?それぞれの違いや向いている人の特徴を解説

仮想通貨(暗号資産)とFXってどっちが儲かりますか?

レバレッジをかけない前提だけど、仮想通貨のほうが値動きが大きいから、タイミング次第ではFXより利益を獲得できる可能性があるよ!

仮想通貨とFXは儲け方や特徴が異なります。それぞれ特徴が異なるため、どちらの方法が自分にとって向いているかどうかを見極めることが大切です。

この記事では、仮想通貨やFXの儲け方や特徴の違い、向いている人の特徴について解説していきます。仮想通貨やFXで儲けるためのポイントや注意点も紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1

\ DL数No.1の仮想通貨アプリ/

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

目次

仮想通貨(暗号資産)とFXそれぞれの儲け方の違い

仮想通貨(暗号資産)とFXの儲け方は以下のように異なります。

  • 仮想通貨は通貨の売買以外にもさまざまな儲け方がある
  • FXは2国間の通貨ペアを売買して儲ける

これから投資を始めるなら、それぞれの儲け方を知ることが大切です。それぞれ詳しく解説します。

仮想通貨は通貨の売買以外にもさまざまな儲け方がある

仮想通貨(暗号資産)で儲ける方法の代表例として、「安い時に通貨を購入して高くなったら売却する」があります。現物取引やレバレッジ取引を行なって、利益を獲得する方法が一般的な儲け方です。

仮想通貨で儲ける方法は他にもあるよ。

儲け方によって、稼ぎやすさや難易度は異なります。そのため、それぞれの特徴を理解してから投資をすることが大切です。

FXは2国間の通貨ペアを売買して儲ける

FXは、2国間の通貨ペアを売買してお金を稼ぐ手法です。日々変化する為替レートの差額によって、どれだけ儲かるかが決まります。

例えば、「1米ドル=100円」の時に10,000円で100米ドルを買ったとしましょう。その後「1米ドル=110円」と値上がりした時に100米ドルを売却すれば、「110円×100米ドル=11,000円」となります。

1,000円の利益を獲得したことになるね!

FXを利用するためには、取引所に証拠金を預ける必要があります。証拠金を預けて信用力を得ることで、2国間の通貨ペアの売買が可能です。

仮想通貨(暗号資産)とFXはどっちが儲かるのか

仮想通貨(暗号資産)とFXは金融商品の性質が異なり、人によって向き・不向きがあります。そのため、どちらが儲かるかは断言できません。

これから初めて投資をする初心者であれば、まずは両方とも少額でやってみるのが得策だよ。

仮想通貨は世界的にも認められた金融のため、将来性の高いものと言えます。また、24時間365日いつでも取引可能で、気になる銘柄を長期保有しておき儲けることも可能です。

仮想通貨(暗号資産)とFXの異なる特徴を比較

仮想通貨(暗号資産)とFXは以下のように特徴が異なります。

  • 仮想通貨は休日も取引できるがFXは平日のみ取引できる
  • 仮想通貨は儲けた金額によって税率が変わるがFXは一定の税率
  • レバレッジをかけられる倍率は仮想通貨が2倍、FXが25倍まで可能
  • 投資の対象が仮想通貨が1,000種類ほどに対してFXは150種類前後
  • 仮想通貨はFXと比較すると価格の変動幅が大きい

それぞれどのような違いがあるか詳しく解説します。

仮想通貨は休日も取引できるがFXは平日のみ取引できる

仮想通貨は24時間365日、いつでも取引できます。土日祝関係なく通貨の売買ができるため、平日忙しい人でも取引が可能です。

FXが取引できるのは、平日の24時間のみとなります。土日の取引はできないため、平日仕事の人にはおすすめできません。

また、仮想通貨とFXは常に価格変動が起きており、急に価格が上昇することもあれば下落する恐れもあります。そのため、急な価格の変化にすぐ対応したい場合には、いつでも取引できる仮想通貨を選んでおけば安心です。

仮想通貨は儲けた金額によって税率が変わるがFXは一定の税率

仮想通貨で儲けた金額によっては、税率が変化するため注意が必要です。仮想通貨は累進課税制度が適用され、稼いだ金額が多くなるほど税金が高くなります。

仮想通貨の最大税率は55%。少しずつ法整備が整いつつあるけど、税率が改正されるのはまだ先になりそうだね。

FXであれば、税率は一律の「20.315%」です。どれだけ利益を獲得しても税率は変わりません。

そのため、多額の利益獲得を目的とした投資であれば、FXを選んでおけば税金で悩む心配もなくなります。

レバレッジをかけられる倍率は仮想通貨が2倍、FXが25倍まで可能

仮想通貨とFXはそれぞれレバレッジ取引に対応しています。

レバレッジって何ですか?

レバレッジとは、取引所に証拠金を預けて担保にすることで、証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことだよ!

仮想通貨であれば、証拠金の2倍までのトレードが可能です。FXであれば25倍までレバレッジがかけられるため、多額の利益獲得が期待できます。

ただし、急激な価格変動が起こり損失が拡大すると、口座に預けた資金以上の金額を失う恐れもあるため注意しましょう。

投資の対象が仮想通貨が1,000種類ほどに対してFXは150種類前後

投資の対象の数も仮想通貨とFXで大きく異なります。取引所ごとに投資できる通貨は限られているものの、仮想通貨はトータルで1,000種類以上の銘柄に投資可能です。

例えば、国内取引所コインチェックなら23種類、DMM Bitcoinは27種類の銘柄を取り扱っているよ。

仮想通貨はビットコインといったメジャーな銘柄だけでなく、アルトコインといったマイナーな銘柄もあります。FXは投資対象が150種類なのに対して仮想通貨は種類が豊富で、中には元の価格よりも数百倍の価値を生み出した通貨も存在するほどです。

ただし、アルトコインは価格変動が激しく損失が大きくなる可能性もあるため、取引の際には注意しましょう。

仮想通貨はFXと比較すると価格の変動幅が大きい

仮想通貨はFXに比べて、価格の変動幅が大きいのが特徴です。知名度の低いアルトコインの価格が急上昇する事例も多く、多額の利益獲得も期待できるでしょう。

急激な仮想通貨の値下がりによって、多額の損失を被る可能性もあるから注意してね!

FXは法定通貨を投資対象としているため、価格変動幅は比較的安定しています。ただし、投資するタイミングや投資先によって相場が大きく変動する場合もあるため注意しましょう。

仮想通貨(暗号資産)への投資が向いている人の特徴

仮想通貨(暗号資産)への投資を検討している人は、以下の特徴に当てはまっているか確認しましょう。

  • 投資対象としてだけでなくブロックチェーンなどの技術にも関心がある人
  • 常に自分から積極的な情報収集ができる人
  • 投資に関して他人の意見に惑わされない人

それぞれ詳しく解説します。

投資対象としてだけでなくブロックチェーンなどの技術にも関心がある人

ビットコインを初めとした仮想通貨には、ブロックチェーン技術を採用しています。ブロックチェーンを活用したことで、信頼性と高いセキュリティが担保されているのも特徴の1つです。

また、法定通貨に縛られない仮想通貨を利用する際には、ブロックチェーンの知識は必要不可欠です。そのため、新たな技術に関心のある人ほど仮想通貨への投資に向いています。

NFTやメタバースに興味がある人も、仮想通貨投資に向いているよ!

常に自分から積極的な情報収集ができる人

自分から積極的に情報収集ができる人であれば、仮想通貨への投資が向いています。仮想通貨市場は情報の移り変わりが激しいため、常に調べる癖がある人ほど向いている世界です。

情報を収集する方法として、Twitterやメディア、ブログなどがあります。

場合によっては、英語で情報収集をする場面も存在するよ。

もし日頃から金融関連の情報に目を向けていれば、抵抗なく仮想通貨投資をスタートできるでしょう。

投資に関して他人の意見に惑わされない人

投資の世界に参入する人の中には、周りの意見を参考にして投資先を決める人が多いです。しかし、仮想通貨投資は他人の意見に惑わされない人が向いています。

SNSでは仮想通貨についての予想を示す情報が発信されていますが、全てが正しいとは限りません。

中には、嘘の情報を発信して詐欺をはたらく人もいるよ!

そのため、他人の意見を鵜呑みにせずに自分で情報を集め、自己責任のもと投資をする人に仮想通貨投資は向いています。

FXが向いている人の特徴

FXへの投資を検討している人は、以下の特徴に当てはまっているか確認しましょう。

  • 短期的な目線と並行して長期的な目線でも物事を考えられる人
  • 投資に関して継続して勉強をし続けられる人
  • 自営業や学生といった平日にまとまった時間が取れる人

それぞれ詳しく解説します。

短期的な目線と並行して長期的な目線でも物事を考えられる人

FXは仮想通貨に比べて価格変動が小さく、初心者がいきなり短期で利益を獲得するのは難しいのが現状です。そのため、短期だけでなく長期的な目線でも物事を考えつつ、日々変化する為替レートを見ながら投資ができる人に向いています。

また、FXはレバレッジ取引が25倍まで可能です。もしレバレッジをかけて短いスパンで価格の上下を予想してしまうと、損失を被るリスクもあります。

1ヶ月といった長期目線で物事を考えることが求められるよ。

投資に関して継続して勉強をし続けられる人

FXや株などは、市況によって有効となる指標が変化します。学ぶことも多いため、事前に知識を得ておくことが大切です。

また、日々為替レートの価格は上下しますが、なぜ価格が変化するかも理解しておく必要があります。FXは世界情勢によって儲かるかも変化するため、ニュースやメディアなどで勉強し続けられる人こそ向いていると言えるでしょう。

投資の世界において、勉強は必須ですね。

自営業や学生といった平日にまとまった時間が取れる人

FXは仮想通貨と違って、平日のみ取引が可能です。そのため、平日に取引ができて時間の余裕がある人にこそFXは向いています。

一部の調査だと、自営業や学生といった平日にまとまった時間が取れる人ほど、FXで勝っているという結果も出ているよ。

参考:PR TIMES|「FXに向いてる」のは男性より女性!男性ほどリスクをとって負ける傾向に!

土日はFXの取引ができないため、平日にどれだけFXに時間を費やせるかを考えてみると良いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)やFXで儲けるためのポイント

仮想通貨(暗号資産)やFXで儲けるためにも、以下のポイントを抑えることが大切です。

  • 自分に合う時間軸でトレードをする
  • チャートが読めるようにテクニカル分析を身につける
  • 資金管理を徹底する

それぞれ詳しく解説します。

自分に合う時間軸でトレードをする

仮想通貨やFXに投資をする場合、自分に合う時間軸でトレードをしましょう。例えば、トレード方法の一例をまとめると以下の通りです。

  • スキャルピング・・・数秒から数分で決済をする取引方法
  • デイトレード・・・1日で取引を完結させる取引方法
  • スイングトレード・・・数時間から数日同じポジションで決済をする取引手法
  • 長期トレード・・・数ヶ月から数年単位でトレードを行う取引方法

人によって投資に割ける時間は限られるため、普段の生活サイクルに合わせてトレード方法を選びましょう。

チャートが読めるようにテクニカル分析を身につける

仮想通貨やFXで儲かりたいならば、チャートが読めるようにテクニカル分析を身につけましょう。テクニカル分析とは、過去の値動きを見て将来的にどのような値動きをするか予想する分析方法です。

チャートが読めるようになるためには、さまざまな指標を理解する必要があります。そのため、本・雑誌・金融メディアなどからの情報収集を怠らず、常に勉強し続けることが大切です。

資金管理を徹底する

仮想通貨やFXを始めるならば、資金管理を徹底しましょう。資金管理とは損失しても問題ない金額を事前に決めておき、損切りラインを超えたら決済を行う方法です。

もし資金管理をせずに投資を始めてしまうと、大きな損失が出てもそのまま投資を続ける可能性が高いです。結果、大きな損害を生み出してしまい、普段の生活に支障をきたす恐れもあります。

そのため、自身で損切りラインを決めておくことが大切です。

仮想通貨(暗号資産)やFXで儲けるための注意点

仮想通貨(暗号資産)やFXで儲けたいならば、以下の点に注意しましょう。

  • 投資をする際には生活資金には手をつけずに余剰資金で行う
  • 最初は少額から投資を始めるようにする
  • ロスカットされる可能性を理解する

それぞれ詳しく解説します。

投資をする際には生活資金には手をつけずに余剰資金で行う

仮想通貨やFX投資を始める際には、生活資金ではなく余剰資金で行いましょう。投資は儲かる可能性を秘めていますが、大きな損失を被るリスクもつきものです。

もし生活資金にて投資をしてしまい大きな損害が出てしまうと、多額の借金を背負う可能性もあります。そのため、生活に支障をきたさない程度のお金で投資をしましょう。

投資はギャンブルじゃないから、お金の管理には注意しないといけませんね!

最初は少額から投資を始めるようにする

投資初心者であれば、最初は少額から投資を始めましょう。知識のない状態でいきなり高額投資をしてしまうと、大きな損失が出る可能性もあります。

投資の世界において大切なことは、小さな成功体験を積み上げていくことです。そのため、まずは少額投資にて利益を獲得する体験をし、徐々に慣れてきたら金額を上げていきましょう。

仮想通貨なら500円からでも投資をスタートできるよ!

ロスカットされる可能性を理解する

仮想通貨やFXに投資をする際には、ロスカットされる可能性を理解しましょう。ロスカットとは取引所が定める証拠金維持率を下回った際に、損失を強制的に確定する仕組みを意味します。

証拠金維持率は、取引所に預けた証拠金と取引金額のバランスを示した数値です。

強制的に決済が完了してしまうことから、思わぬ損害が出てしまう可能性が高いです。ロスカットを避けるには、証拠金維持率が下回らないように常にチェックする癖をつけましょう。

仮想通貨(暗号資産)の購入がおすすめな国内の取引所

仮想通貨(暗号資産)の購入にて儲けたいとお考えであれば、以下の国内取引所の利用を検討してみてください。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin

それぞれの特徴を解説します。

Coincheck

コインチェック

取引所名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨種類23種類
取引手数料無料
安全性/セキュリティコールドウォレット/マルチシグ/二段階認証/SSL
登録までの時間5分
レバレッジ取引未対応
貸仮想通貨(レンディング)対応
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長第00014号
公式HPhttps://coincheck.com/ja/

Coincheckは、国内最大級の仮想通貨取引所です。スマホアプリダウンロード数No.1となっており、仮想通貨を初めて購入する人にも適しています。

また、国内取引所の中でも取り扱っている通貨の種類も豊富で、初心者にも利用しやすいというのが特徴的です。さらに、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」も運営しているため、NFT投資を検討している人にも最適と言えます。

国内取引所を利用するなら、まずはCoincheckの口座を開設しましょう!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

取引所名称DMM Bitcoin
取扱通貨種類27種類
取引手数料無料
安全性/セキュリティコールドウォレット/二段階認証/SSL
登録までの時間5分
レバレッジ取引対応
貸仮想通貨(レンディング)未対応
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長第000010号
公式HPhttps://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、大手企業であるDMM.comが運営する仮想通貨取引所です。レバレッジ取引に対応している銘柄数も25種類と多く、投資先の選択肢が広いといった特徴があります。

国内でも最大級の銘柄数ですよ!

セキュリティはコールドウォレット・二段階認証・SSLに対応しており、非常に強固です。加えてサポート体制も充実していて365日いつでも相談できるため、初心者でも安心して利用できます。

Coincheckに登録してから仮想通貨(暗号資産)を購入するまでの流れ

Coincheckで仮想通貨(暗号資産)を買うにはどうしたらいいかな?

Coincheckで仮想通貨を買う流れは以下の通りです。

  • 1.口座開設の手続きへ必要な書類・資料を準備する
  • 2.取引所で口座開設を開始・2段階認証設定など行う
  • 3.取引所の口座へ日本円を入金し仮想通貨を購入する

1.口座開設の手続きへ必要な書類・資料を準備する


出典:Coincheck

最初に、Coincheckの公式サイトから会員登録ボタンを押して手続きを済ませましょう。必要な書類・資料を準備してカメラで撮影して送ることで、本人確認は完了します。

必要な書類・資料は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認は5分程度で完了するよ!

2.取引所で口座開設を開始・2段階認証設定など行う

本人確認が終われば口座が開設されます。セキュリティの観点から2段階認証設定も行っておきましょう。

設定方法として、ハードウェアトークンの導入やスマホアプリでワンタイムパスワードを設定すれば、ハッキング被害を防げます。2段階認証はログイン後、左側のサイドバーで[設定]→[2段階認証]から設定可能です。

ハッキングされるとせっかく儲けたお金もすべて盗まれちゃうから、2段階認証は必ずしておこう!

3.取引所の口座へ日本円を入金し仮想通貨を購入する

Coincheck(コインチェック)の口座開設が完了したら、仮想通貨を購入していきます。仮想通貨の購入には日本円の入金が必要です。

日本円の入金方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3種類から選べます。銀行振込であれば、振込手数料が必要になるものの入金手数料が無料のためお得です。

日本円を入金したら、まずはビットコイン(BTC)の購入をしていきましょう。

現物取引を選択して通貨の数量を入力すれば、初心者でも簡単に購入できます。

仮想通貨(暗号資産)とFXはどっちが儲かるのかまとめ

仮想通貨とFXは儲け方や特徴が異なります。それぞれ特徴が異なるためには、どちらの方法が自分にとって向いているかどうかを見極めることが大切です。

レバレッジをかけない前提でお話すると、仮想通貨のほうが値動きが大きいため、タイミング次第ではFXより利益を獲得できる可能性があります。これから仮想通貨投資を始めるなら、手軽に口座を開設できて手数料もかからないCoincheckで取引をスタートしてみてください。

専門家・小川和哉

記事とは意見が異なりますが、私は相場感を掴むなら暗号資産よりFXをお勧めします。暗号資産はどちらかというと知識や経験よりも情報を元にしたタイミングが重要です。小さな値動きにはテクニカルも有効ですが、大きな値動きは何らかの情報の発表が元になることが多い印象です。投資初心者がどちらかを選ぶのなら、FXでレバレッジをかけず、身近なドル円で少額で始めるのがお勧めです。アメリカが何を発表したら相場が動くのか経験し、相場感が掴めてきたらアメリカや日本の株式投資にチャレンジしてもよいでしょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
  • 仮想通貨を始めるならまずコレ
  • アプリダウンロード数No.1

\ DL数No.1の仮想通貨アプリ/

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

(監修者)小川和哉

(監修者)小川和哉

http://mclinic.jp/

保有資格
ファイナンシャルプランナー

プロフィール
ジャンルの垣根を超えたオールラウンドなアドバイスが特徴。ライフスタイルに合わせたお金のため方ふやし方、備え方など、オーダーメイド設計と適度なアフターフォローが特に20〜40代に好評。家庭の家計相談から個人事業主の経理・経営相談までお金に関することなら何でもワンストップで対応可能。

専門・得意分野
家計管理・節約・投資・経理/経営相談

>>監修者ページをみる

あわせて読みたい
株と仮想通貨はどっちが儲かる?特徴の違いや具体的な儲け方を紹介 仮想通貨(暗号資産)と株はどっちが儲かるのかな?どっちに投資するか迷っているから教えてほしい。 仮想通貨と株は両方良いところがあるけど、どっちに投資するべきなの...
あわせて読みたい
ビットコインの売り買いの繰り返しについてメリット・デメリットと利益を出すコツを紹介 ビットコインは繰り返し売り買いをすれば儲けられる? ビットコインの売り買いの繰り返しで儲けるにはコツが必要で、知らないと一瞬の判断ミスで大きく損をするリスクが...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次