仮想通貨Quant(クアント/QNT)の将来性や買い方を紹介|Quantが開発しているOverledger Networkの仕組みを解説


Quant(クアント/QNT)という仮想通貨(暗号資産)が最近注目されているみたいだけど、どんな仮想通貨なのかな?

Quantは複数のブロックチェーンに相互作用を持たせるプロジェクトだよ!

Quantは複数のブロックチェーンを繋ぐことを目的として考案された仮想通貨です。

複数のブロックチェーンに互換性を持たせる場合、変換に処理が必要なため大抵の仮想通貨やプロジェクトでは遅延が生じます。

しかし、Quantは効率性を落とすことなく、各種ブロックチェーンを世界規模で接続できます。ブロックチェーン同士をつなぐ技術は、今後も需要がなくなりません。

Quantに投資をするなら今がチャンスです。この記事を参考にQuantの購入方法を確認していきましょう。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • Quantはブロックチェーン同士をつなぐ期待の仮想通貨
  • Quantはまだ国内に上場していないため、海外の仮想通貨取引所で購入しなければいけない
  • 海外に資産を送るためには、Coincheckで口座を開設しよう!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

目次

Quant(クアント/QNT)とは?プロジェクトの概要や特徴を解説

通貨名 Quant
シンボル QNT
注目度 ★★★★☆
取扱取引所 ・Binance
・KuCoin
・Kraken など
時価総額(2022/11/23時点) ¥184,449,087,954
公式HP https://quant.network/
Quant(クアント/QNT)の具体的な特徴について知りたいな!

Quantの特徴として、以下6つがあげられます。それぞれの特徴について確認していきましょう。

  • 複数のブロックチェーン同士での連携を可能にする
  • 世界でも有数な企業・研究機関とパートナー関係
  • インターネットとブロックチェーンの接続が可能になる
  • MAppsの開発プラットフォーム
  • ユーティリティトークン「QNT」が発行されている
  • Quantの設立者はブロックチェーン業界のスペシャリスト

複数のブロックチェーン同士での連携を可能にする

Quantにはオーバーレジャーと呼ばれる機能があります。従来の仮想通貨では、2つのブロックチェーンに互換性を持たせる機能はありましたが、3つ以上をつなぐことは不可能でした。

しかし、オーバーレジャーを活用すれば、複数のブロックチェーン間でもシームレスな通信を実現できます。

それぞれのブロックチェーンが互換性を持つことで、複数の取引所を経由しなくても簡単に取引できるようになるよ!

世界でも有数な企業・研究機関とパートナー関係

Quantはすでに世界的に有名な企業・研究機関とパートナー関係を結んでいます。提携している具体的な組織の一例をご紹介します。

  • Amazon
  • オラクル
  • 中国商務省
  • マスターカード
  • HUW Hamberg大学
  • LACChain

参考:Quant Network Becomes Amazon AWS Partner

世界的なIT企業やブロックチェーンをけん引している企業ともパートナー関係にあるから、それだけ期待されているんだね!

インターネットとブロックチェーンの接続が可能になる

現在はインターネット上のデータベースとブロックチェーン同士による接続は困難です。

しかし、Quantのオーバーレジャー機能では、データベースをブロックチェーン上に移動可能とされています。

インターネット上のデータをブロックチェーン上に移動することで、企業や研究機関は機密データをより安全に扱えると期待されています。

ブロックチェーンを活用することで、より迅速かつ安全に研究開発ができると期待されているよ!

MAppsの開発プラットフォーム

Quantによって、MAppsの開発プラットフォームがユーザーに提供される点も、大きな特徴です。

MAppsとはMulti-Chain Applicationの略称で、複数のブロックチェーン上で動作するアプリケーションを意味しています。

各ブロックチェーン上で管理されているデータを連携することで、企業間取引や共同開発にも貢献できると期待されています。

MAppsは観光・医療・金融などさまざまな業界で役に立つよ!

ユーティリティトークン「QNT」が発行されている

Quantは独自のユーティリティトークンQNTを発行しています。QNTは開発者・運営チームへの報酬として割り当てられます。

ある技術者がMAppsで開発し、ユーザーが利用料としてQNTを支払う形式です。

そもそもユーティリティトークンって何?
ユーティリティトークンは、何らかの実用性を持ったトークンのことだよ!トークン自体には金銭的価値がないことが一般的なんだ。

Quantの設立者はブロックチェーン業界のスペシャリスト

Quantの設立者、Gilbert Verdian氏はモバイル決済ネットワークサービスを主に展開する世界的企業vocalink社や、英国法務省でセキュリティ業務を担当したブロックチェーン業界のスペシャリストです。

共同設立者のPaolo Tasca氏も世界各国における金融機関でブロックチェーンに関する技術顧問を務めており、世界的に知られています。

この二人がQuantにおける設立者であるため、将来性が高いと分析する投資家は多いです。

この二人はイベントや会議によく参加するから、投資家からの印象もかなり良いんだよ!

Overledger Networkがブロックチェーンにもたらす影響

Quant(クアント/QNT)のオーバーレジャーが実現したら、ブロックチェーンに対して具体的にどんな影響があるの?

オーバーレジャーの影響について、詳しく確認していきましょう。

  • 複数のブロックチェーン同士で連携ができる
  • Dappsではできないかった複数のブロックチェーンを利用したマルチアプリケーションの制作が可能

複数のブロックチェーン同士で連携ができる

オーバーレジャーにより、複数のブロックチェーン同士で連携ができることは冒頭でも説明しました。

この連携で各ブロックチェーンが抱える問題点を解決できます。例えばイーサリアムブロックチェーンであればガス代やスケーラビリティ問題が挙げられます。

当時はイーサリアムにとって代わってSolanaやバイナンススマートチェーンなど、別のブロックチェーンにユーザーが流れました。

ブロックチェーンが増えるとそれぞれの問題は解決できますが、各ブロックチェーンにおいて互換性がなければ利便性が下がり、管理も煩雑になります。

オーバーレジャーでは、それぞれのブロックチェーンに互換性を持たせることで、これらの問題点も解決できるのです。

オーバーレジャーは今後ブロックチェーン業界に革命をもたらすかもしれないね!

Dappsではできないかった複数のブロックチェーンを利用したマルチアプリケーションの制作が可能

オーバーレジャーの技術を活用すると、Dappsではできなかった複数のブロックチェーンを利用したアプリケーション作成を実現できます。

同時に複数の開発を並行して進められるため、Dappsよりもさらなる開発速度の向上が期待できます。

Dappsって何だっけ?
DappsはDecentralized Applicationsの略称で、分散型アプリのことだよ!分散管理しているから処理速度は速いけど、スケーラビリティ問題があったんだ。

仮想通貨Quant(クアント/QNT)の買い方・始め方

Quant(クアント/QNT)に投資してみたいんだけど、どうやって始めれば良いのかな?

Quantに投資するためには、以下の3ステップを踏みましょう。国内で日本円からQuantを直接は購入できないため、仮想通貨取引所を経由しなければいけません。

  1. Coincheckで無料口座開設をする
  2. Coincheckでビットコインを購入する
  3. 海外の仮想通貨取引所でQNTを購入する

1.Coincheckで無料口座開設をする

CoinCheck

まずはCoincheckにて無料で口座を開設しましょう。Coincheckは国内でも金融庁から認可を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です。

口座開設にはマイナンバーカードや住民票を写真で送る必要があるため、あらかじめ準備しておいてください。

Coincheckは確か、口座開設までが5分くらいでできてすぐに投資を始められるんだよね!

2.Coincheckでビットコインを購入する

Coincheckで口座開設を済ませたら、日本円を入金してビットコインを購入しましょう。

ビットコイン以外だと、海外仮想通貨取引所への送金手数料が高かったり、そもそも送金できなかったりといったリスクがあります。

特に理由がなければビットコインを選んだほうが無難です。

ビットコインなら送金手数料も抑えられるからおすすめだよ!

3.海外の仮想通貨取引所でQNTを購入する

Coincheckでビットコインを購入したら、海外の仮想通貨取引所に送金してQNTを購入しましょう。

Coincheckから海外取引所に送金

海外仮想通貨取引所でQNTを扱っているところとしては、以下のようなところが挙げられます。

  • Binance
  • KuCoin
  • Coinbase
特にBinanceは日本語対応もしていて安心できるよ!
あわせて読みたい
Binance(バイナンス)の日本円の入金方法は?手数料を安く抑えるおすすめの方法を紹介 Binance(バイナンス)の入金方法や安い手数料で入金する方法を知りたい 入金方法と手数料を抑えながら安く取引を始める方法を解説していくよ Binance(バイナンス)では、...

仮想通貨Quant(クアント/QNT)の2022年現在のチャートと価格動向

Quant(クアント/QNT)って、実際にはどんな値動きをしているの?


2022年までのQuantにおける値動きについて、注目すべきタイミングは以下の通りです。

  • 2021年9月~11月:Overledger Networkの開始により最高値の376.5ドル(約43,299円)を記録
  • 2022年1月~3月:仮想通貨市場の低迷によりQNTの価格も下落
  • 2022年11月:プロジェクトが順調に進んでおり価格も上昇

大きな値動きがあったタイミングでのできごとについて、確認していきましょう。

2021年9月~11月:Overledger Networkの開始により最高値の376.5ドル(約43,299円)を記録

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/quant/

2021年9月~11月にかけて、Quantが持つ最大の特徴でもあるオーバーレジャーネットワークがローンチされました。

この影響を受けてQuantにおける価格も上昇し、過去最高値の約43,299円を記録しています。

 

2022年1月~3月:仮想通貨市場の低迷によりQNTの価格も下落

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/quant/

2022年1月~3月になると、仮想通貨市場全体か落ち込みました。QNT自体も価格が落ちていますが、QNTに問題があったわけではありません。

ビットコインやイーサリアムみたいな主要通貨が暴落すると、QNTみたいなアルトコインも軒並み下がることがあるよ。

2022年11月:プロジェクトが順調に進んでおり価格も上昇

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/quant/

2022年11月現在、プロジェクトは順調に進んでおり価格も上昇しています。一時期はTerraの暴落やBTCに対する法規制により価格が暴落していましたが、ようやく持ち直しました。

仮想通貨は社会情勢の影響や他の銘柄による影響をすぐに受けるから、最新情報を常に確認しよう!

Quant(クアント/QNT)の将来性は?話題の仮想通貨の価格動向や今後の上げ幅を考察

Quant(クアント)に投資しようか迷っているんだけど、今後伸びる可能性はあるのかな?

Quantの将来性を判断する要因として、以下の4つが挙げられます。それぞれの要因について確認していきましょう。

  • 2025年には500ドルに到達している可能性もある
  • マルチアプリケーションの普及がカギになる
  • Quantの類似プロジェクトにも注意が必要
  • 新規上場により価格が高騰する可能性もある

2025年には500ドルに到達している可能性もある

投資家・専門家の予想によると、2025年には約560ドルの高値を記録し、安値は過去最高値である 419.20 ドルに到達するとされています。

QNT hit highs of around $560 with possible lows coinciding with the asset’s previous all-time high of $419.20.

Quant Price Prediction 2022 – 2030

あくまで予想であるため、必ず伸びるとは限りません。しかし専門家の意見であるため信ぴょう性は高いです。

投資をするなら自己責任だよ!

マルチアプリケーションの普及がカギになる

Quantの収入源はQuant Networkによる利用料がすべてです。したがって、Quant Networkを利用したMAppsの開発が進めば、QNTの価格高騰も見込めます。

現時点で多くの企業や研究機関とパートナー関係を結んでいるため、アプリケーションの普及については期待できます。

MAppsでどれだけ良いアプリを提供できるかどうかがダイレクトにQNTの将来に関わってくるね!

Quantの類似プロジェクトにも注意が必要

Quantのように、ブロックチェーン同士の懸け橋になるプロジェクトはいくつか出ています。

今後もQuantに類似したプロジェクトが出る可能性は高いです。Quantよりもさらに利便性が高いプロジェクトが登場した場合、価格が下がることも考えられます。

新規上場により価格が高騰する可能性もある

現在、QuantはBinanceやKuCoinをはじめとする仮想通貨取引所に上場しています。

すでに多くの取引所で取引されていますが、認知度が上がり多くの取引所に上場すれば都度価格は上がります。

上場が発表されてから実際に上場するまでが投資のチャンスだよ!

Quant(クアント/QNT)に関してよくある質問

Quant(クアント)を始めるにあたって、注意しておくべきポイントってあるかな?

Quantに関するよくある質問をまとめました。これからQuantに投資しようと考えている方は、事前に確認しておきましょう。

  • Q.「国内の取引所で購入できますか?」
  • Q.「QNTの発行上限枚数はどのくらいですか?」
  • Q.「今後QNTの価格が下がる可能性はありますか?」
  • Q.「Quant(クアント/QNT)の最新情報はどこで手に入りますか?」

Q.「国内の取引所で購入できますか?」

Quantは国内の仮想通貨取引所で買えるの?

2022年11月22日時点では、国内の取引所でQuantは購入できません。

今後Quantが評価され、金融庁から認可を得られることで上場する可能性はあります。

国内でQuantの上場が決まれば、注目を浴びて時価総額が上がる可能性は高いよ!

Q.「QNTの発行上限枚数はどのくらいですか?」

Quantはビットコインのように、発行上限があるの?

Quantの発行上限ですが、14,612,493枚と決まっています。発行上限が決まっており希少性があることから、価格が下がりにくいです。

発行上限枚数もほかの銘柄と比較して少ないから、希少価値は高いかも!

Q.「今後QNTの価格が下がる可能性はありますか?」

仮想通貨は乱高下が激しい銘柄が多いけど、Quantも価格が暴落する可能性はあるのかな?

Quantも少なからず、価格が暴落する可能性はあります。要因としては類似プロジェクトの登場や法規制が考えられます。

しかし、Quantにおける相互運用テクノロジーは特許取得済みです。したがって、類似プロジェクトが登場するリスクは低いです。

仮想通貨は社会情勢や経済の影響を受けやすいから、Quantも必ず上がり続けるわけではないよ。

Q.「Quant(クアント/QNT)の最新情報はどこで手に入りますか?」

Quantの最新情報を仕入れたいんだけど、どこを参考にすればよいかな?

Quantの最新情報は公式サイト白書Twitterなどから入手できます。

特にTwitterはリアルタイムな情報を入手できるため、アカウントをフォローしておきましょう。

最新情報を手に入れて投資のタイミングを逃さないようにしよう!

仮想通貨(暗号資産)Quant(クアント/QNT)の将来性や買い方まとめ

仮想通貨(暗号資産)Quant(クアント/QNT)は、ブロックチェーン同士をつなぐ将来性の高い仮想通貨です。

ブロックチェーン技術が発達すればするほど、Quantの価値も上がっていくと予想できます。日本円で購入するには、まずCoincheckで口座開設をしましょう。

Quantに投資したいと思っている方は、価格が控えめの今がチャンスです。

本記事をまとめると…

コインチェック
  • Quantはブロックチェーン同士をつなぐ期待の仮想通貨
  • Quantはまだ国内に上場していないため、海外の仮想通貨取引所で購入しなければいけない
  • 海外に資産を送るためには、Coincheckで口座を開設しよう!

国内No.1の仮想通貨アプリCoincheckで無料口座開設する

専門家・佐野 孝矩
仮想通貨の種類が増えてきた今、各仮想通貨の互換性を持たせるQuantの存在は大きいです。今後もブロックチェーンを利用した仮想通貨が増えれば、Quantの需要は比例して上がる可能性が高いです。国内で直接購入はできないため、購入にはひと手間かかりますが、投資する価値はあると思います。

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

あわせて読みたい
仮想通貨Suiの買い方や将来性について解説|今後のエアドロップについても言及 Suiってどんな仮想通貨なんですか? スケーラビリティ問題を解決するために開発された仮想通貨だよ Suiは新興L1ブロックチェーンとして誕生した仮想通貨(暗号資産)で...
あわせて読みたい
IMPT(IMMOPET Token)の買い方を紹介|将来性の高い仮想通貨(暗号資産)プロジェクトの特徴を解説 IMPTにはどんな特徴があるのですか? IMPTは二酸化炭素の排出量削減を目指すプラットフォームだよ! IPMTは二酸化炭素の削減を推奨する仮想通貨(暗号資産)プロジェク...
あわせて読みたい
「Aptos(アプトス)」の買い方|FTX・Binanceに上場!稼ぎ方・給付金のもらい方や代表的なプロジェクトの... 新しいブロックチェーンのAptosが注目されているみたいなんだけど、どんな特徴があるのかな? 仮想通貨の冬と言われている2022年に大手投資期間から450億ドルもの出資を...
あわせて読みたい
KLAY(クレイトン)の買い方や今後の価格上げ幅など将来性について解説 KLAYはブロックチェーンアプリを作る際に利用できるだけでなく、ビットコインやイーサリアムと比べて処理速度も高速という特徴があります。OpenSeaからもサポートを受け...

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次