これからFXを始めてみたいんだけど、どの会社を使えばよいのかな??

プロの投資家も使っている安心のFX会社を使うべきだよ!

これからFXを始めようと考えた場合、どのFX会社で口座開設をすべきか迷う方は多いと思います。FX会社は会社ごとに特性が大きく異なるので、会社選びを間違えると大損する可能性もあるのです。また、初心者の場合徹底的なサポートや分かりやすいツール・UIがあった方が安心ですよね。

そこで今回は、初心者の方でも問題なく利用できるようなFX会社を7社絞り、それぞれの会社における特性を紹介していきます。

いずれもプロレベルの方も愛用している、信頼性が高いFX会社です。特徴や各項目の評価を参考にぜひ、ご自身にあったFX会社を見つけてみてください。

この記事をまとめると・・・

  • 投資家のプロが活用しているFX会社を選ぼう
  • スプレッドの低さ・スワップポイントの高さ・約定力の高さなどが重要
  • 一番おすすめのFX会社はDMM FX

FX投資を始めるなら・・・DMMFXで無料口座開設する

プロ厳選!プロが使うFX会社はこの3社

これからいくつかのFX会社と、その選び方を申し上げます。

しかし、結論から申し上げますと、プロが用いているFX会社は以下の3社です。

  • DMM FX
  • GMOクリック証券
  • LIGHT FX

とにかくすぐにFXを始めたいという方は、この3社で口座開設をしておくとよいです。

それぞれのFX会社における概要を端的に紹介します。

DMM FX

DMM FXはDMM.comを運営しているDMMグループが運営しているため、信頼性も高く安心して取引できます。

DMMは仮想通貨やサロンでもよく見かける大手グループだよね!

多くの投資家がメインの口座として利用しており、特別な理由がない限り最初に登録しておくべき会社です。

国内でのFX口座数も80万を突破しているため、多くの投資家から選ばれた実績もあります。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FXの取引高が世界No.1と、非常に人気があるFX会社です。

FXは日本に限定された取引制度ではなく、世界的に取引されています。

その中でもGMOクリック証券は、トップクラスの大手取引所といえるので、信頼性もケタ違いに高いです。

LIGHT FX

LIGHT FXは世界的にも人気の高いチャートソフト「TradingView」を提供していることもあり、すでにご存じの方も多いかもしれません。

口座開設することで有利なツールを無料で利用可能となることからも、口座開設する方が増加傾向にあります。

直接LIGHT FXの口座を使わないにしても、開設しておいて損はないです。

参考:TradingView

投資のプロがFX会社を選ぶ際に重視するポイント

投資家がFXを選ぶ際、重要視するポイントはいくつかあります。

その中でも、特に注意しておくポイントをまとめたので、確認しておきましょう。

    1. スプレッドの低さ
    2. スワップポイントの高さ
    3. 目当ての通貨ペアがあるか=多さは関係ない
    4. FXの情報収集手段として優秀か
    5. 約定力の高さ
    6. 万が一のサポート体制
    7. システムの安定性
    8. ツールやページのUI(使いやすさ)

それぞれ詳しく解説していきます。

スプレッドの低さ

スプレッドが低い方がよいって聞くけど、どういうことなの?

FXにおけるスプレッドとは、通貨ペアを売る際に適用されるBid(売値)と、通貨ペアを購入するさいに適用されるAsk(買値)における差額のことです。

基本的には同じ通貨でも、売るときと買うときでレートが異なっています。

例えば日本円→米ドルに適用されるレート(Bid)と、逆に米ドル→日本円に適用されるレート(Ask)を考えてみましょう。

日本円→米ドル(Bid)が112.02円で、米ドル→日本円(Ask)が112.03円だとします。

このときのスプレッドはAskからBidを差し引いた0.01円となり、この額が手数料となります。

したがって、スプレッドが小さければ小さいほど手数料が小さくなるため、コストを抑えられます。

スワップポイントの高さ

スワップポイントとは、簡単に言ってしまえば2か国間の金利差によって発生する利益です。

日本のような低金利である国の通貨を売却して、トルコ・メキシコ・南アフリカのような新興国における高金利である国の通貨を買うことで、より大きなスワップポイントが得られるようになります。

スワップポイントは、高ければ高いほど金利差の大きさが大きいことを意味しています。そして金利差が大きいほど分利益も大きくなるのです。

このことから、FX会社でもスワップポイントが高いものを選びましょう。

目当ての通貨ペアがあるか=多さは関係ない

FX会社によって通貨ペア(例えば日本円/米ドルなどの組み合わせ)が多いところと少ないところがあります。

しかし重要なポイントは、通貨ペアの多さではなく、目的の通貨ペアがあるかどうかです。

日本円/米ドルの組み合わせが目当てであるにもかかわらず、日本円/中国元・日本円/シンガポールドル・米ドル/メキシコペソ・・・のように、目当ての通貨ペアがなければ意味がありません。そのため、通貨ペアの多い=良いFXとはいえません。

FXの情報収集手段として優秀か

FXを利用するにあたっては、情報収取の手段やツールが必要となってきます。

先ほど触れたLIGHT FXの「TradingView」や、DMM FX・GMOクリック証券などが提供している使いやすいスマホ・PCの取引アプリに準拠したツールを利用できるかどうかは必ず確認しておきましょう。

少なくともこの3社は情報収集のツールが備えられているから安心だね!

約定力の高さ

約定力とは、注文した価格で取引を成立させる力のことです。

FX取引において取引をしてみたところ、注文した価格と実際に取引された価格が異なるケース(スリッページ)が多々起こりえるのです。

スリッページ自体はよく起こり得るため100%防ぐことはできません。せっかくタイミングを見極めたうえで約定しても、そのときよりも不利なポジションで約定してしまっては無駄な損失が発生してしまいます。

スリッページを起こさないようにする力を「約定力」と言います。約定力も会社によって異なり、高ければ高いほど安心した取引ができるので、可能な限り約定力の高いFX会社を選びましょう。

万が一のサポート体制

投資の世界では急にアプリが利用できなくなったり、換金がスムーズに行われず入出金ができなかったりと、トラブルが発生する可能性もあります。

そのようなトラブル時にサポート体制が整っている場合と、整っていない場合では安心感が雲泥の差です。

DMM FXやGMOクリック証券のように、24時間電話サポート対応を行っているFXを選びましょう。

システムの安定性

FX会社のシステムに関して、安定性も非常に重要なポイントです。先ほど触れた約定力の話にも通じますが、一度に注文が集中してサーバーがラグを起こすことでもスリッページは発生します。

極力安定したシステムを持つ会社を選ぶことで、予期せぬ損失を防ぐことができます。

ツールやページのUI(使いやすさ)

初心者の場合は特に、取引の流れを覚えることが重要です。FXは事前の勉強も大事ですが、それ以上にツール選びが肝心なのです。

ツールやページのUI(ユーザーインターフェース)がわかりにくいと操作ミスを起こしたり、投資のタイミングを見誤ったりするリスクも十分考えられます。

したがって、直感的に使いやすいかどうか、わかりやすいかどうかも選択における軸となるのです。

あわせて解説動画やマニュアルがしっかりしているところを選びたいね!

プロが使うFX会社・業者をランキング形式で徹底比較

それでは早速、プロが実際に使っているFX会社を紹介します。

  • 1位:DMM FX
  • 2位:GMOクリック証券
  • 3位:LIGHT FX
  • 4位:外為オンライン
  • 5位:みんなのFX
  • 6位:外為どっとコム
  • 7位:松井証券FX MATSUI FX

それぞれの特徴や各項目についてわかりやすく表にまとめているので、参考にしてください。

1位:DMM FX

名称 DMM FX
おすすめ度 ★★★★★
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1万通貨
通貨ペア(種類数) 21通貨ペア
取引開始日 2006年12月6日
運営会社 株式会社DMM.com証券
公式HP https://fx.dmm.com/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★★★(5.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★★☆(4.0) ★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0)

DMM FXの特筆すべきポイントは、スプレッドの狭さが業界最狭である点です。

取引手数料・口座開設手数料・維持費は実質0円で、手軽に口座開設できる点も大きな魅力といえます。

投資家が実質的に負担する手数料がスプレッドだけであり、その額は米ドル円0.2銭であるため相当狭いです。

24時間サポート体制も整っており、LINEによる質問も可能なので初心者の方にもおすすめです。

迷ったらとりあえずはDMM FXと言われるくらい業界では標準化されてるよ!

2位:GMOクリック証券

名称 GMOクリック証券
おすすめ度 ★★★★★
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1万通貨
通貨ペア(種類数) 20通貨ペア
取引開始日 2005年10月28日
運営会社 GMOクリック証券株式会社
公式HP https://www.click-sec.com/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★★★(5.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★★☆(4.0) ★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0) ★★★★★(5.0)

GMOクリック証券もDMM FX同様に、米ドル円のスプレッドが0.2銭と業界最狭水準です。

電話サポートや取引ツールも充実しており、初心者にとって優しい仕様となっています。

何より、GMOクリック証券はFX取引高が世界第一位である点が大きな魅力ですね!

世界的にも知名度の高いFX取引会社なんだね!

3位:LIGHT FX

名称 LIGHT FX
おすすめ度 ★★★★☆
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1千通貨
通貨ペア(種類数) 29通貨ペア
取引開始日 2018年
運営会社 トレイダーズ証券株式会社
公式HP https://lightfx.jp/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0) ★★★★★(5.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★★★(5.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0)

LIGHT FXは約定力が99.9%と非常に高く、長期投資から短期でのトレードまで幅広くカバーされている安定のFX会社です。

世界的人気ソフトである「TradingView」は、多くの有名トレーダーが利用しており、投資のさいに役に立つことは言うまでもありません。

従来は有料であるプラグインもLIGHT FXで口座開設をすることで、無料での利用が可能となるので、登録だけしておく方も多いそうです。

スワップポイントが高い点もLIGHT FXの強みだよ!

4位:外為オンライン

名称 外為オンライン
おすすめ度 ★★★★☆
スプレッド 米ドル円1.0銭
取引単位 1千単位
通貨ペア(種類数) 25種類
取引開始日 2003年4月28日
運営会社 株式会社 外為オンライン
公式HP https://www.gaitameonline.com/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★☆(4.0) ★★★★☆(4.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★★☆(4.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★★☆(4.0) ★★★☆☆(3.0)

外為オンラインでは、FX自動売買のiサイクル2取引が可能です。

FX自動売買のiサイクル2取引とは、自分で決めたルール通りにシステムが自動で売買取引を行うことです。

設定するルールとしては通貨ペア・売買方向・売買値幅など限定的で、シンプルでわかりやすいため初心者の方も安心して利用できます。

ルールさえ決めておけば後は自動で取引してくれるから、忙しい人におすすめだよ!

5位:みんなのFX

名称 みんなのFX
おすすめ度 ★★★★☆
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1千通貨
通貨ペア(種類数) 29種類
取引開始日 2000年4月
運営会社 トレイダーズ証券株式会社
公式HP https://min-fx.jp/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0) ★★★★☆(4.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★☆☆(3.0) ★★★★☆(4.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★★★(5.0)

みんなのFXはスワップポイントの水準が高いため、スワップポイント狙いの投資を行う場合はおすすめです。

運営会社はLIGHT FXと同じトレイダーズ証券株式会社であるため、LIGHT FX同様「TradingView」が使える点も大きな魅力といえます。

通貨強弱・ヒートマップ・ポジションブックなど、他社にはないツールも揃っているため初心者に限らず中級者やプロの方も幅広く利用されているFX会社です。

6位:外為どっとコム

名称 外為どっとコム
おすすめ度 ★★★☆☆
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1千
通貨ペア(種類数) 30種類
取引開始日 2002年4月1日
運営会社 株式会社外為どっとコム
公式HP https://www.gaitame.com/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0) ★★★★☆(4.0) ★★★★☆(4.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0)

外為どっとコムは、スプレッドが狭くスワップポイントが高いため他のFX会社と比べても何ら引けを取りません。

さらには独自のマーケット分析ツールが揃っており、顧客の注文状況がわかるため買いと売りを比較して投資判断を行うこともできます。

UIも決して見づらくはないのですが、先に紹介したFX会社の方が比較的見やすいためこの順位に落ち着いています。

マーケット分析ツールは便利だから、そのツール目的だけで口座開設するのもおすすめだよ!

7位:松井証券FX MATSUI FX

名称 松井証券FX MATSUI FX
おすすめ度 ★★★☆☆
スプレッド 米ドル円0.2銭
取引単位 1通貨
通貨ペア(種類数) 20通貨
取引開始日 2001年
運営会社 松井証券株式会社
公式HP https://fx.matsui.co.jp/
スプレッド スワップポイント 通貨ペア数 情報ツール
★★★★★(5.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0)
約定力 サポート体制 システムの安定性 UI
★★★★☆(4.0) ★★★★★(5.0) ★★★☆☆(3.0) ★★★☆☆(3.0)

MATSUI FXにおける最大の特徴は取引単位が1通貨から可能である点です。他のFX会社では最低でも千単位からだったため、ハイリスクハイリターンであるといったデメリットがありました。

MATSUI FXの場合は日本円で100円から取引できるため、いきなり大金を掛けて借金を背負うといったリスクも避けられます。

特に初心者のうちにFX投資に慣れるといった目的で利用する場合におすすめです。

加えてスプレッドも業界最狭水準の米ドル円0.2銭であるため、本格的に投資する場合でももちろん問題ありません。

電話サポートが充実しているため、初心者の方でも安心です。

電話サポートの対応時間は7:00~23:00だから、仕事から帰った後でも問い合わせできるよ!

プロが使うFX会社まとめ

今回はプロも使うおすすめのFX会社について解説しました。

特にDMM FXは業界トップクラスのスプレッドで、UIも使いやすく初心者の方でも迷うことはありません。

万が一の24時間サポートも充実しており、スプレッドは業界最狭です。

気になる方はまず登録してみてください。

この記事をまとめると・・・

  • 投資家のプロが活用しているFX会社を選ぼう
  • スプレッドの低さ・スワップポイントの高さ・約定力の高さなどが重要
  • 一番おすすめのFX会社はDMM FX

FX投資を始めるなら・・・DMMFXで無料口座開設する

 

(監修者)佐野 孝矩  https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

日商簿記2級FP2級情報処理安全確保支援士3級ウェブデザイン技能士 一部上場企業での経理・SEの実務実績に加え、個人事業主として2年、法人経営として1年の経験を通し、会計・セキュリティ・教育の面での助言・サポートをさせていただきます。大企業と小規模企業の両方を経験しているからこその視点でお役に立てればと思います。

おすすめの記事