空港ラウンジを使ってみたいのですが、どのクレカを選ぶべきでしょうか?

おすすめのカードをラウンジの使い方と合わせて解説するよ。

旅行や出張で空港を使う際、時間を持て余してしまうことはありませんか?「移動で疲れた体を休ませたい……」という方におすすめなのが「空港ラウンジ」です。

この記事を読むと分かること

・空港ラウンジの種類

・空港ラウンジ利用にぴったりのクレカ4選

・空港ラウンジの利用方法

空港ラウンジをうまく活用して、快適な空の旅を楽しみましょう!

空港ラウンジの種類

飛行機

空港ラウンジは、大きく3種類に分けられます。

空港ラウンジの種類

・カード会社ラウンジ

・航空会社ラウンジ

・プライオリティパスラウンジ

それぞれ詳しく説明します。

カード会社ラウンジ

カード会社ラウンジは、ゴールドカード以上のクレジットカード会員が利用できるよ。
ポイント

・ソファでくつろげる

・ソフトドリンク無料

・スマホやパソコンの充電可能

・新聞や雑誌が読める

他のラウンジに比べると利用のハードルが低く、ゴールドカードを持っていれば無料で利用できるのが魅力です。

航空会社ラウンジ

グレードが上がる分、利用条件が厳しくなるよ。ファーストクラス・ビジネスクラスを利用する人や、航空会社の上級会員が利用できるんだ。
ポイント

・ソフトドリンク、アルコール無料

・ビュッフェ形式の食事が無料

・シャワールーム無料

・搭乗ゲートに近いラウンジが多い

カード会社ラウンジに比べると高級感があり、サービスも充実しています。

プライオリティパスラウンジ

プライオリティパスラウンジは海外にあるんだ。特定のクレジットカードを持っていれば利用できるよ。
ポイント

・世界140か国、1300か所以上で利用可能

・ソフトドリンク、アルコール無料

・軽食無料

・シャワールームが使えるラウンジもある

海外旅行先でも無料で軽食やドリンクのサービスが受けられます。慌ただしい移動の合間にひと息つける空間を確保できるのは嬉しいですね。

空港ラウンジを利用できるクレジットカードの選び方

クレジットカード

ここからは、空港ラウンジを利用できるクレカを選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

クレジットカード選びのポイント

・年会費無料かどうかで選ぶ

・空港ラウンジのサービスで選ぶ

・利用できる空港で選ぶ

それぞれ解説します。

空港ラウンジを利用できるカードが年会費無料かどうかで選ぶ

年会費無料でラウンジを利用したい場合は、初年度無料のゴールドカードや、条件を満たせば年会費分のポイントがもらえるカードを選びましょう。

空港ラウンジのサービスで選ぶ

家族旅行など複数人での利用が中心なら、同伴者も無料になるカードを選ぶとお得です。

手荷物無料宅配などの便利なサービスが付いているカードもあります。

利用できる空港で選ぶ

ゴールドカードで利用できるのは、日本国内のラウンジが中心です。

海外旅行が多い方はプライオリティパスの付いたカードがおすすめです。

空港ラウンジが利用できるおすすめクレジットカード比較

 

 

今回おすすめするカードを比べてみよう。

 

年会費 ポイント還元率 国際ブランド 利用できる空港 付帯保険 特徴
三井住友プラチナプリファード 33,000円 1.00%~10.00% Visa 国内32空港/海外1空港 国内:最大5,000万円/海外:最大5,000万円 ポイント還元率の高さに特化
楽天プレミアムカード 11,000円 1.00%~5.00% Visa/Mastercard/JCB/AmericanExpress 148か国/600以上の地域 国内:最大5,000万円/海外:最大5,000万円 プライオリティパスの発行が無料
ANAアメリカンエキスプレス 7,700円 0.50%~1.00% AmericanExpress 国内28空港/海外1空港 国内:最大2,000万円/海外:最大3,000万円 ラウンジ利用が同伴者1名無料
dカードGOLD 11,000円 1.00%~5.00% Visa/Mastercard 国内32空港/海外1空港 国内:最大5,000万円/海外:最大1億円 ドコモ月額料金10%ポイント還元

 

ここからは、クレジットカードごとの特徴を詳しく説明します。

三井住友カード プラチナプリファード

クレジットカード

公式ホームページ:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/platinum-preferred.jsp

最大10%の還元率は魅力的ですね!

「三井住友カード プラチナプリファード」は、ポイント還元率の高さに特化したカードです。

おすすめポイント

・最大10%の還元率

・入会&継続特典40,000ポイント

・海外での外貨決済がお得     

最大10%の還元率

1%のポイント還元率に加え、特約店を利用することで1~9%の追加ポイントがもらえます。

 

<還元率の例>

  • 宿泊予約サイト「エクスペディア」…+9%
  • ETC…+2%
  • ローソンなどの大手コンビニ3社…+2%

 

入会&継続特典40,000ポイント

新規入会の3か月後末までに40万円以上利用すると40,000ポイント、2年目以降は前年度の利用金額に応じて最大40,000ポイントがもらえます。カード払いを多く利用すれば実質年会費無料で済むのが特徴です。

 

海外での外貨決済がお得

海外のVISA加盟店で外貨決済を行うと2%のポイントが上乗せされ、お得に買い物できます。

ブランド 年会費 還元率
Visa 33,000円 1.00%~10.00%

 

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

公式ホームページ:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

格安でプライオリティパスが利用できるのは嬉しいですね!

海外のラウンジを利用できる「プライオリティパス」が、年会費11,000円という安さで付いているのが「楽天プレミアムカード」の魅力です。

おすすめポイント

・プライオリティパスの発行が無料

・楽天市場でポイント5倍

・ライフスタイルに合わせて選べる3サービス

プライオリティパスの発行が無料

海外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」を無料で発行できます。海外でのサポートや各種保険も充実しているため、海外旅行好きの方におすすめです。

 

楽天市場でポイント5倍

楽天市場で利用すればポイントが5倍貯まります。誕生月にはさらに1%が加算されるシステムも用意されています。

 

ライフスタイルに合わせて選べる3サービス

  • 楽天市場コース…買い物でポイントを貯めたい
  • トラベルコース…旅行や出張が多い
  • エンタメコース…自宅で映画や音楽を楽しみたい

    自分に合ったコースを選べば、さらにポイントをお得に貯めることが可能です。

    ブランド 年会費 還元率
    Visa/Mastercard/JCB/AmericanExpress 11,000円 1.00%~5.00%

    ANAアメリカン・エキスプレス(アメックス)・カード

    ANAアメリカンエキスプレス

    公式ホームページ:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/ana-classic-card/

    マイルが着実に貯められるカードだよ。

    ANAアメリカン・エキスプレス(アメックス)・カードは、ANAマイルが貯まりやすく、国内外の空港ラウンジも利用できるカードです。

    おすすめポイント

    ・最大30,000マイルの入会特典

    ・ラウンジ同伴者無料

    ・空港での買い物がお得

    最大30,000マイルの入会特典

    入会すると1,000マイルのポイントがもらえます。さらに、入会後3か月以内に60万円分を利用すれば、トータルで30,000円分のマイルが獲得可能です。

     

    ラウンジ同伴者無料

    アメリカン・エキスプレスが提供する国内外29空港の空港ラウンジが利用できます。同伴者1名も無料で利用できるのが嬉しいですね。

     

    空港での買い物がお得

    • ANA国内線・国際線での機内販売が10%オフ
    • 全国の空港にある「ANA FESTA」で5%オフ
    • ANAグループでのカード利用でポイント1.5倍
    • 空港から手ぶらで帰れる「手荷物無料宅配サービス

    など、空港を利用する際に嬉しいサービスがそろっています。

    ブランド 年会費 還元率
    AmericanExpress 7,700円 0.50%~1.00%

     

    dカードGOLD

    dカードGOLD

    公式ホームページ:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html

    ポイント還元率が高いから、ドコモユーザーなら持っていて損はないよ。
    おすすめポイント

    ・ドコモ月額料金10%ポイント還元

    ・最大10万円のケータイ補償

    ・家族カードの1枚目が無料

    ドコモ月額料金10%ポイント還元

    ドコモのケータイと「ドコモ光」の利用料から毎月10%還元されるため、ドコモユーザーにとっては嬉しいカードです。(※端末代金など一部対象外あり)

     

    最大10万円のケータイ補償

    購入から3年間は最大で10万円の補償を受けられ、紛失や全損でも再購入費用の一部が補償されます。

     

    家族カードの1枚目が無料

    家族カードのドコモ利用料金も10%還元の対象となるため、家族でドコモケータイを使っているとさらにお得です。

    ブランド 年会費 還元率
    Visa/Mastercard 11,000円 1.00%~5.00%

     

    空港ラウンジの使い方・入り方を解説

    海外旅行

    空港ラウンジを使うには、当日の搭乗券と必要な会員証を提示する必要があります。カード会社ラウンジの場合、ゴールドカード以上のクレジットカードを会員証として利用できます。

     

    「空港ラウンジをとりあえず試しに使ってみたい」という方は、現金での利用も可能です。カード会社ラウンジは1,000円前後で利用できるため、当日の搭乗券を持って受付しましょう。

    ラウンジ利用者の間で話題!羽田空港のパワーラウンジ

    パワーラウンジ

    画像引用:https://tokyo-haneda.com/service/facilities/lounge.html

    羽田空港にオープンしたラウンジが大人気ですね!

    パワーラウンジは広々とした空間とスタイリッシュなデザインが特徴で、仕事がしやすいカウンター席や非日常に浸れるおしゃれなソファ席が用意されています。充実したフリードリンクに加え、焼きたてのクロワッサンも無料で楽しめます。

     

    また、「スマートピックアップ」というパワーラウンジ限定のサービスも人気です。公式サイト内で事前に欲しいおみやげを予約して、指定したラウンジで受け取れるサービスとなっており、混み合うショップに行く必要がなくなります。

    今回紹介した4つのカードなら、パワーラウンジを無料で利用できるよ。

    よくある質問

    Q&A

    ここからは、空港ラウンジを利用する際のよくある質問にお答えします。

    Q.「空港のラウンジは子供・同伴者無料ですか?」                                   

    基本的に、同伴者は有料です。複数人で空港ラウンジを利用する際は、同伴者分の別途料金を支払う必要があります。子供の場合は割引価格で入れるラウンジもあるため、利用するラウンジを確認しましょう。

     

    なお、同伴者が指定人数まで無料になるカードもあります。家族旅行などの利用が多い方は、同伴者が無料になるカードを選ぶのも1つの手です。

    今回紹介したカードの中では、ANAアメリカン・エキスプレス・カードが同伴者1名まで無料となっているよ。

    Q.「空港のラウンジ利用にはdカードとNTTグループゴールドカードどっちがいいですか?」

    ポイント還元率と特典が優れているdカードGOLDがおすすめです。ポイント還元率はdカードGOLD1%、NTTグループゴールドカードが0.6%程度となっています。dカードGOLDはドコモの月々の料金に対して10%のポイント還元があるのもメリットです。

     

    他にもケータイ補償10万円や、100万円利用で10,800円相当の還元特典も付いているのもdカードGOLDの魅力といえます。

    ドコモユーザーにはdカードGOLDをおすすめするよ。

    Q.「空港のラウンジは到着後にも利用できますか?」          

    基本的に、空港ラウンジは到着後の利用はできません。ただし、羽田空港の第1旅客ターミナル1階と第2旅客ターミナル3階にある「パワーラウンジセントラル」については、到着後も利用できます。

     

    参考:https://www.mile-lounge.com/?p=1016            

    まとめ                        

    今回は、

    • 空港ラウンジの種類
    • 空港ラウンジが利用できるおすすめクレジットカード4選
    • 空港ラウンジの使い方

    をご紹介しました。

    おすすめクレジットカード4選

    三井住友カード プラチナプリファード

    楽天プレミアムカード

    ANAアメリカン・エキスプレス(アメックス)・カード

    dカードGOLD

    今回ご紹介したクレジットカードを利用すれば、空港ラウンジを気軽に利用できます。慌ただしい旅先での待ち時間を、ちょっとしたくつろぎタイムにしてみてはいかがでしょうか。

     

    監修者

    (監修者)内山 貴博 http://ufp.webin.jp/

    ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士CFP®︎)、MBA(九州大学院経済学府 経営修士課程終了)九州共立大学経済学部非常勤講師

    証券会社に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座を担当。また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティングや、日本に住む外国人向けのFP相談業務を開始。主な著書:「駆け出しFPの事件簿」「お金の使い方テク」。

    おすすめの記事