ボンク(BONK)とは?|今話題の犬コインの将来性や買い方を解説

BONK_main

最近、仮想通貨の動向をチェックしているんだけど、特にBONKが気になってる。ビットコインが下がってるみたいだけど、BONKはどうなの?

実はBONK、安定しているのよ。ビットコインの下落にも関わらず、しっかりと価値を保っているみたい。

BONKはソラナという最新技術を使った仮想通貨で、とても速くて安全な取引が可能です。この記事では、BONKがどのように機能するのか、そしてその魅力について初心者にも分かりやすく説明していきます。BONKについて知れば知るほど、その投資価値の高さが見えてくるはずです。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
顧客満足度No.1の実力!GMOコインで無料口座開設
  • GMOコインは手数料が非常に安い
  • スプレッドが広がることもあるので見極めが大切
  • 取引通貨が多い+レバレッジ可能+ステーキングありなので普通におすすめ
  • 口座一つで仮想通貨もFXも利用可能

\ 顧客満足度No.1の実力/

目次

ボンク(BONK)とは?

BONK_logo

引用:https://twitter.com/bonk_inu

仮想通貨名Bonk
ティッカーシンボルBONK
価格(2024年5月時点)¥0.003838
時価総額(2024年5月時点)¥254,503,740,834
公式HPhttps://bonkcoin.com/
参考:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bonk1/

ボンク(BONK)はソラナブロックチェーン上での最初の犬コインなんだね。

2023年12月にクラーケンにも上場して、海外の主要取引所にはほぼ上場したんだね。

特徴、歴史、将来性についてそれぞれ掘り下げて解説します。

ボンク(BONK)の仕組み・特徴

ソラナプラットフォームとの関係 – BONKがソラナに基づいている理由とそのメリット

BONKはソラナブロックチェーンを利用し、プルーフオブヒストリー(PoH)とプルーフオブステーク(PoS)のハイブリッド型コンセンサスアルゴリズムを採用しています。これにより、トランザクションの安全性と速度が大幅に向上しており、BONKの信頼性と効率を保証しています。

コミュニティエアドロップの革新 – BONK配布の独特な方法とコミュニティへの影響

BONK仮想通貨は、2022年のクリスマスにソラナコミュニティに向けて無料でエアドロップされたことで注目を集めました。この戦略的な配布は、一般的なICOやトークンセールとは異なり、大量のエアドロップを通じて行われました。これにより、多くのユーザーがトークンを受け取り、コミュニティの急速な成長と活発な参加を促進しました。このエアドロップは、BONKがWeb3における第1のコミュニティコインとなることを目指し、ソラナブロックチェーンの発展に貢献する一環です。

ミームコインとしての役割と人気 – ソーシャルメディアでの影響力と市場への貢献

BONKは犬をモチーフにしたデザインと楽しいブランディングで、特にソーシャルメディア上で大きな注目を集めました。このミームコインのカルチャーは、特に若い投資家や初心者に親しみやすく、仮想通貨の楽しさを伝える一助となっています。BONKの人気は、これらの要素が組み合わさることでさらに加速され、ソーシャルメディアでの影響力も大きく、市場での注目度を高めています。

SagaスマートフォンとBONKエアドロップ – 特典としてのアービトラージの機会

2023年にリリースされた「Saga」スマートフォンは、ソラナと互換性のある暗号資産を管理可能なWeb3スマートフォンとして登場しました。購入者には3,000万BONKがエアドロップされ、BONK価格の高騰時には、このエアドロップされたBONKを売却することでスマートフォン本体価格以上の利益が出ることがありました。この現象は、多くの人々が利益を求めて大量購入する動きを引き起こしました。

チャートで見るボンク(BONK)の歴史

ボンク(BONK)の購入を決める前に、これまでのチャートを確認しておきましょう。

2022年1月〜の価格動向

BONK_chart_2022

参照元:https://www.coingecko.com/

2022年は、BONKが市場に登場し、その存在感を発揮した年でした。特にクリスマスに行われた大規模なエアドロップが注目を集め、短期間で価格が急上昇しました。この時期の価格変動は、新しいミームコインの可能性と、市場のボラティリティに対する反応を示す貴重なデータを提供します。初心者にとって、この時期の動向は、仮想通貨市場の急変動に備える上で重要な教訓となります。

2023年1月〜の価格動向

BONK_chart_2023

参照元:https://www.coingecko.com/

2023年には、BONKの価格が一定の動きを見せましたが、市場全体の不安定さにも関わらず、いくつかの時期には価格が持ち直す場面もありました。この年の特筆すべき点は、他の主要仮想通貨が苦戦する中で、BONKが比較的安定した価格を維持していたことです。この動向は、BONKの耐久性と市場での位置づけを反映しており、投資家にとって重要な指標となりました。

2024年1月〜の価格動向

BONK_chart_2024

参照元:https://www.coingecko.com/

2024年、BONKを含むソラナベースのミームコインが他の主要仮想通貨と比較して価値を保持しています。この年は、特にビットコインなどの主要通貨が価格下落を経験している中、BONKが緑を保つことができたのは注目に値します。この持続的な価値保持は、BONKが市場の不安定性に対してどのように耐えうるかを示しており、将来的な価値投資としてのポテンシャルを示唆しています。

ボンク(BONK)の将来性

テクノロジーと市場の進化 – BONKが対応している最新技術と市場動向

BONKは、ソラナの技術進化と共に成長しています。ブロックチェーン技術の新たなアップデートが適用されるたびに、BONKもその恩恵を受け、より効率的で安全なトランザクションが可能になります。この進化は、将来的にBONKがさらに多くのアプリケーションで利用される可能性を示しています。

投資家との連携ポテンシャル – 投資家にとっての魅力とBONKの成長機会

BONKの独特な市場ポジションは、投資家に新しいチャンスを提供します。特に、コミュニティ主導のアプローチは、投資家がプロジェクトの発展に参加し、その成長に貢献できる機会を創出しています。これは、投資家にとってプロジェクトへの影響力を持ち、より深い関与を可能にする要因です。

競合との差別化 – 他のミームコインと異なるBONKの独自の価値

市場には多くのミームコインが存在しますが、BONKは特にソラナブロックチェーンの技術を活用している点で差別化されています。この技術的基盤とコミュニティ主導のアプローチは、他のコインとは一線を画し、BONKに独自の市場ニッチを確立させています。この差別化戦略は、将来的にもBONKの持続的価値を保ち続ける要因とされています。

ボンク(BONK)の買い方/購入方法

2024年5月現在、ボンク(BONK)は国内取引所では取り扱いがありません。BONKを購入する場合は、国内取引所からビットコインを送金して、海外取引所にて購入してください。

1.GMOコインで無料口座開設をする
2.GMOコインでビットコインを購入する
3.海外取引所にビットコインを送金後、BONKを購入する

GMOコインで無料口座開設をする

GMOコイン

仮想通貨を初めて購入する方は、まず国内取引所で口座開設を行いましょう。国内大手ITグループのGMOグループ企業であり、各種手数料が国内最安クラス、取扱銘柄が国内最大級の「GMOコイン」がおすすめです。

まずはGMOコインの公式HPにアクセスし、口座開設を押すとメールアドレスの入力欄が表示されるので、メール認証をしましょう。仮口座開設までは5〜10分程度で終わるので、スキマ時間でも簡単です。

その後本人確認を行います。この本人確認には、免許証・マイナンバーなどを用意するスマホ認証と、書類を郵送する認証方法があります。

スマホ認証の場合、カメラで書類や自分の顔を写すだけなので、手続きがスムーズでおすすめです。

GMOコインでビットコインを購入する

口座開設が完了したら、ビットコイン購入用の日本円を入金しましょう。日本円の入金方法としては即時入金・振込入金がありますが、以下の銀行がある場合は即時入金の方が早くておすすめです。
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行

日本円の入金後はマイページからビットコインを購入しましょう。

海外取引所にビットコインを送金後、BONKを購入する

GMOコインでの購入後は、海外取引所にてBONKを購入します。BONKは比較的新しい通貨なので、まだ対応している取引所はそこまで多くありません。

海外取引所は金融庁から認可を受けていません。詐欺やハッキングなどの被害を受けても補償されないリスクを理解したうえで、自己責任のもと利用してください。

ボンク(BONK)のまとめ

ボンク(BONK)は、ソラナブロックチェーン上で展開されるユニークなミームコインで、特にコミュニティ主導のアプローチと大規模なエアドロップを通じて注目を集めました。この通貨は、その誕生から現在に至るまで、市場の波に乗りながらも一定の価値を保持し続けています。初心者にとってBONKは、仮想通貨市場のダイナミクスを理解する入門書としても機能し得ます。また、その技術的な基盤と市場での実績は、将来的な投資の可能性を示唆しており、安定した成長と共に、新たなイノベーションの機会を秘めています。これらの点を踏まえると、BONKは今後も多くの投資家や市場アナリストから注目される存在であり続けるでしょう。今のうちにBONKに投資しておきたい方は、まずはGMOコインの無料口座開設から始めましょう。

仮想通貨を始めるなら、まずは口座開設
顧客満足度No.1の実力!GMOコインで無料口座開設
  • GMOコインは手数料が非常に安い
  • スプレッドが広がることもあるので見極めが大切
  • 取引通貨が多い+レバレッジ可能+ステーキングありなので普通におすすめ
  • 口座一つで仮想通貨もFXも利用可能

\ 顧客満足度No.1の実力/

(監修者)佐藤 一清

https://musashi-gyosei.com/

保有資格
行政書士

プロフィール
武蔵行政書士事務所 代表。
行政書士として警察署に提出する許認可業務を中心に取り扱う。また、IT企業での法務部長の経験やWEBマーケティング(SEO)業務の経験を活かし、企業法務・コンサルティングや、法律関連のWEBマーケティングに関するライティング・監修や講演等も積極的に取り組む。

専門・得意分野
相続・許認可・内容証明・契約書確認

>>監修者ページをみる

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

※当サイトにおける「仮想通貨」の名称は「暗号資産」のことを指します。NFTゲームは暗号資産を用いるゲームのことを指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次